Home > 自分語り?哲学? > バカにする

バカにする


この言葉、たまに言う人がいるんだけど
その意図がわからなかった。
 
人が人をバカにする事は、普通にある。
でも私にそのつもりがない時に、「バカにしてるの?」 と言う人は
何をそう感じて言うんだろう? と、本当に不思議だったんだ。
 
 
そもそも、この “私” が人をバカにする場合は
槍で相手の胸を突いてえぐるように、徹底的にするので
「バカにしてるの?」 など、訊くまでもないからだ。
 
ああ、でもこれは “罵倒” だな。
“バカにする” は、もっと軽いよな。
対等性もない気がするなあ。
 
私は何様だけど、知能的にも経験的にもアホウだと自覚しているんで
対等じゃない付き合いは、そのほとんどを相手が上だと見なすんだ。
そんな相手をバカにする・・・、ないよな。
 
 
だからきっと、私のふざけた態度が
バカにしているように見えているんだろう、と思っていた。
だったら違うよ、誤解だよ
私は真面目にふざけてるんだよ、とも言ってきた。
 
だけどブログを書き続けてきた、この10年、ムダじゃなかった。
コメントでのやり取りで、ちょっとわかったよ。
“バカにする” と言う心理が!
 
 
人が自分やその関係の話をする時に
自分が気に入らない評価だと
“バカにしている” と思う人がいるのである。
 
単なる感想も、正当な文句も、悪口も
私がよくする “面白がる” のも、果ては起きた事実を言うだけでも
自分が納得しないと、全部 “バカにしている” になる。
 
 
これは、自分を過剰に守っているのだと思う。
大抵の人は、自分が何かを言われた時には
“言われた理由”、つまり自分の言動を省みる。
 
ところが絶対に傷付きたくない人は
被害者意識を強くして、自分を守るのである。
「バカにしてる?」 = 相手がヒドい と非難しているわけだ。
 
いやいや、そうじゃなく、こういう事なんだよ
と説明しても、そういう思考のクセが付いている人は
自分の思う通りの評価をされていない事にしか、目が行かないのだ。
言われるだけの原因が自分にあるかも知れないのに、それを探そうとしない。
 
 
こういう心理は、誰でもわかるであろう。
だって傷付きたくないもんな。
私なんてほぼ9割方は、付く必要のない傷で
人生ムダに苦労してるなあ、と我ながら悲しいけど、それも
 
自業自得! もしくは 自己責任!
 
とか、えらい格好良い事を言うとるが、その実態は
うわあん、また非難されたー、きついよー、悲しいよー
と、のたうち回っているだけだ。
 
年老いて得した事と言えば、物忘れがより一層良くなったんで
昨日腹壊したのに、今日またアイスを食うような真似が出来るとこだな。
つまりは、1個も学習していないんで
年寄りへの忠言はムダ、という見事な生き証人だよな。
 
 
直す直さない、八つ当たる八つ当たらないは別として
私は自業自得、自己責任、天罰ドーン! は
恐々ながらも受け入れているので、それが不幸な出来事だとは思わない。
いや、充分に不幸だけど、納得できるだけマシっちゅうか。
 
でも、責任を取りたくない、バチなんて当たりたくない
悪いのは私じゃなく他の人よ環境よ、と言う人は
バカにしてるバカにしてる、と騒ぎたくなるんだろう。
 
 
ここまでは、普通の道筋による思考。
こっからは経験による答。
 
「バカにしてるの?」 は、言葉だけで思われるのではない。
その場その場にあった、適切な言動をしていないと
そいつがふざけているように見えるのだ。
つまり、これからは “言われる側に非がある” という説。
 
 
和を尊ぶ日本では、意思の統一が重要視される。
狭い島国ではそうやって治めないと、逃げ場がないからだ。
 
だからTPOが、ものすごく大事になってくる。
この “TPO”、何の略かというと
Time (時)、Place (場所)、Occasion (場合)。
 
何でいちいち英語を使うのか
日本にはこれをひとことで表わす素晴らしい言葉があるのに。
 
空 気
 
 
TPOに合わせない人は、つまり空気を読まない人は
その場にいる人のみならず、その場を穢す事にもなりかねない。
その良い例が、冠婚葬祭である。
 
日常の場面でも、あまりにも周囲とかけ離れた言動を繰り出すと
その場に “軽蔑” という雰囲気が生まれる。
「バカにしてるの?」 と言いながら
その実は、こっちが相手をバカにしているのである。
「おめえ、ちっとは空気を読んでくれよ!」 と。
 
 
私がどっちの意味で言われてるのか、
きっと両方の意味で、満遍なく怒られてるのだろう。
 
そういう頭の悪いヤツにも、最後のチャンスはちゃんと残されている。
それは、“愛すべきバカ”。
バカにされる事と愛は、どうやら関係ない時もあるみたいなんだ。
 
空気を読むのがヘタでも、周囲に合わせて
わからない時や怪しい時は、口も手も出さずに大人しくしておこう。
それを3回のうち1回成功させていれば
そう悪気はない、と世間様は受け取ってくれるかも知れない。
 
いずれにしても、良い意味でも悪い意味でも
愛・最強! だな。
 
 
いやあー、にしても、まさか自分が “愛されバカ” とか
そういう情けない地位を、視野に入れる事になるとは思ってもいなかったよ。
 
だって私は天才でナイスバディーなんだから
尊敬されてしかるべき! と自信満々でいたら、あれえ? だったよ。
人の評価というのは、本当に思いがけない方向に行くよな。
 
しょうがねえ、私は今はバカで良いや。
“能ある鷹は爪を隠す” の、ことわざにもあるように
私にも爪がどっかに隠れているんで、えっと
いや、その隠した場所がどこか、ちょっと忘れて
うるせえ! その内、ノーベル平和賞でも取って
実はわたくし本当に天才でしたのよほほほほほ、と奢り高ぶるよ。
あの18金のメダルは換金させてもらうがな。
 
↑ こういう言動がバカにされる原因。
 
 

評価:

Public Design/Floyd


¥ 2,625

コメント:アフィっといて何だけど、こういうのを買うヤツは ど う か し て る ぜ! “メダル” の検索で出てきた中でも、目を引いた逸品。 他にも色んな模様があるから、ネタ的プレゼントとしては、一瞬だけ面白いかも。

コメント:6

なかり 12-08-28 (火) 18:58

本日の記事で、以前勤めていた会社の先輩(男性)を思い出しました。
その先輩は、器量良し、仕事は有能で真面目…と
聖人君子のような方でした。
なのに同世代の他の社員に比べて出世せず、役職がつかず…

ある日のこと
先輩と上司(課長)が営業担当をしている取引先の社員さんが亡くなり
二人は、その葬儀に出席しました。
お坊さんの読経が始まったその時、先輩が小声で上司に告げました。
「課長、僕、ここ(会場)来る前に犬の×××踏んでしまいました。」
上司は葬儀の場で笑いを堪えるのに必死だったそうです。

先輩は老若男女問わず社内では人気がありました。
彼の「怒り」「慌てる」といった、負の感情を見た人間は一人もおらず
常に穏やかな方でしたので。
ただ役職を与えるか否かは、結構反対意見があったようでした。

恐らく「空気が読めずとも愛される」とはこのような方なのかな…と。

ICE 12-08-29 (水) 12:27

天才だって馬鹿にされる時はされるよね。
私、エジソンと友達でも一生馬鹿にしてると思う。
私が俺様だからかな?

馬鹿にされてると感じる時は
歯の浮くようなお世辞を言われたと時な。
「こんな見え透いたこと言われて喜ぶと思われてるんだ」と感じる。

あとは「はいはい、分かった、分かった」と相手にされない時かな。

愛すべき馬鹿はかわいいけど、私のような人間にかかると、いたぶられて遊ばれてしまう(好きな子を苛める心理)ので、本人が「それと気付かないぐら馬鹿」でないと辛いかも。

ただ、中にはわざと遊ばれてあげてる「愛すべき馬鹿ぶりっ子」もいてさ・・・そいつは、さすがにこっちが馬鹿にされている気分になる。この場合どっちが上手をとるか真剣勝負だよ(笑)。

あしゅ 12-08-29 (水) 14:35

なかりちゃん、その先輩、役職つかずか・・・。
愛玩には良いけど、立場をどうするか
そういう存在は、永遠の命題だよな。

今、戦国無双3脳ですまんが
元服したい蘭丸みたいなものかな。

蘭丸、ちゃんとした武家の長子で
剣の腕も確かだったそうだけど、なんせキレイだったんで
信長は手放したがらないわ、他の武士たちは低く見るわで
処遇に困っていた、という説を聞いた事があるよ。

・・・ちょっと違うか・・・。
いや、ちょっとどころか、全然関係ないか。

その先輩も、“変わり者” だったのかも。
でも変わりどころが
溜飲が下がるような場合ってあるじゃん。

全員思っていても言えない事を
サラッと言う、みたいな空気の読めなさとか
そういうのは愛される場合が多いと思うよ。

:::::::::::::::

ICEちゃん、人間関係が激しそう(笑)

バカにされてる、と感じるのは、よくある話だけど
バカにするバトルが、もう取っ組み合いレベル(笑)

“対等” って意外に、ないもんだよねえ。
人は色んな事を総合して、上下を決めてるようだ。

“対等”“同じ人間として” と言うのは
必ず上の地位の人だけ。
でも、上の地位が優位というわけではなく
それを利用する人たちがいる。

“平等” とか理想論なのに・・・
と、私は冷めた目で見てしまうよ。

私はそういうパワーバランスを考えるのが面倒なんで
全・下の地位にいるようにしているよ。
下の方が甘えが利くし、責任も少ないし。

でも、ここでも面倒をみてもらってるので
どこでも基本的に、下が私の定位置だと感じるなあ。
私の性格的にも居心地が良くて
上手い位置取りが出来てる、と
自分で自分を褒めてあげたい。

さあ、自分へのご褒美は
・・・VITA貯金でも始めるか・・・。

ICE 12-08-29 (水) 15:56

大丈夫だよ~激しくはナイナイ。

愛すべき馬鹿って、好きなんだけど、ちょっと言ってやりたいムズムズ感を感じる事があるじゃないか、そんな時に少しお茶目さんをやる程度だから。

愛すべき馬鹿ぶりっ子の方はさ、
例えば、お約束のいじりがてら、何かこっちが気づいたことを言ってあげたとするだろ?
するといじりに乗りつつ「ICEさん、すごい~、私何にもしらなくて~~」みたいにしてこっちの虚栄心をくすぐって、有効な情報をどんどん引き出そうとしたり、私を使役しようとするんだよ。
これに乗っちゃうと負けだから、おだてに気づかぬ振りで「頑張ってね」ってかわす。
すると向こうは逃がすまいとして「じゃあこんな感じかな~?」ってわざと間違えてみせる。
「へ~、なかなか器用な事をするのね」と、良いとも悪いともあえて言わないで相手をイライラさせる。

・・・というような内容を展開するわけだ。
たまにはうっかり相手の思う壺にはまったりして、やられた!とは思うけどそんなに気分は悪くない。まあ遊びに乗っかってもらってるからたまにはいいかと。

リアルはどうか知らないけど、あしゅちゃんはここでは下じゃないよ。
主催者はやっぱオピニオンリーダーだもん。あしゅちゃんのブログだから皆読んでるんだよ。

なかり 12-08-29 (水) 19:18

蘭丸は目標なり野心があるでしょう?
その男性は無欲に近く、とにかく他人と競わない方でした。
上の者には従い、下の者には優しく…

私も目標や野心とやらは持っていませんが、
自分の意にそぐわない事には徹底的に反発します。

変わり者、確かに。他にもこの先輩に関する逸話は沢山ありました。
ズレている性格ではあったようです。
(社会不適合の私に、ズレていると評価されるのは何とも気の毒ですが)

溜飲が下がるような、同感です。
性格、容姿、能力…どんな分野でも、一線を越えてしまうと
周囲を黙らせる力が宿りますよね。

あしゅ 12-08-30 (木) 15:53

ICEちゃんのお茶目、恐 ろ し や(笑)

その例え話、私はまったく逆の反応をするわ。
「知らなくて」 で、説教 & 特訓が発動。
嫌われる同僚No.1になりそうだ・・・。

て言うか、それ、プレイだと思う。
ICEちゃん、高度な遊びをやっとるのお。

え? 私ここで下じゃないんか・・・?
じゃあ、リアルでもわかったもんじゃないわ。

うわ、私、自分の立ち位置を
正しく把握できてるんだろうか?
やべえ、不安になってきた。

:::::::::::::::

なかりちゃん、無欲で場にそぐわぬ言動
・・・総合すると、知能的な問題を心配するんだけど
普通の会社に入社して、やっていけてるんだよね?
恋愛とかしてるんだろうか?

会った事がないタイプかも。
興味があるなあ。

私さ、その越えた一線が特殊すぎると
面倒くさいんで、最初の内に聞いちゃう事があるよ。
どうするのが望ましいのか。
気を遣うと怒る人、いるじゃん。

私も面倒なんで、弱みは最初に言う。
耳悪い喉悪い顔悪い頭悪い、って冗談も交えて。
ああ? 冗談になってねえって?
じゃあ、“性格悪い” も入れるよ、チッ・・・。
(単なるカミングアウト羅列)

コメントフォーム
Remember personal info

Home > 自分語り?哲学? > バカにする

フィード
メタ情報

Return to page top