Home > 自分語り?哲学? > 親の死

親の死


今、日本中が浅田真央選手を思いやっている事であろう。
かくいう私も、飯時にちょっとTVを点けたら
ニュースでその話をやってて
食わなきゃ体が冷えて動かなくなる、この寒い時期に
むっちゃ飯、大事なのに、もらい泣き号泣で食欲ダウン
 
ここ数年、TVを点けて良い事があった試しがねえ!
 
 
それでなくとも冬場は、年寄り仲間がひとり抜けふたり抜け
と、するので、暗鬱たる気分になるのだが
ここは、そういう自分の寿命グチは置いといて
世の子供たちに教えておこう。
 
親の死は当たり前!
 
 
うちのかあちゃんは、本来なら私を産む前に
とっくに死んでいるはずの難病を患っていたので
幼い私に向かって、「あなたが小学校に入るまで生きていられたら」
小学生の私に、「あなたが中学生になるまで生きていられたら」
中学生では、「あなたが高校生になるまで生きていられたら」
 
で、私が高校生になって、ようやく
自分が死ぬ死ぬ詐欺をやってた事に気付いたのか
Death系の話題はしなくなったが
どういう出番を感じたのか、次はとうちゃんが大晦日の度に
「来年も家族皆で正月を迎えられると良いんじゃが・・・。」
と、始めるようになった。
 
明日がその、“来年の正月” なんだが
と突っ込むと怒られそうなので、黙っていたのは親孝行!
 
 
とまあ、親が年老いてから産まれた子供は
常に親からの、寿命カウントダウンのプレッシャーが掛けられ
家を出る度に、これが最後かも、と思い続けてきたわけだ。
 
うちの親の凄いところは、その最期。
とうちゃんは、死因もわからない変死だし
かあちゃんは、院内感染で私の顔を見た途端に危篤だし
最後の最後まで、さすがうちの親だと感心させられる展開。
 
 
で、親の死を覚悟していた子供は
立派に親を見送れたのか? というと
 
兄妹ともどもパニくって、超・変なテンション!
 
 
何かもう、覚悟は済んでるはずなのに、親が死んだとわかってるのに
悲しみが1個もなくて、次なんだっけ? 葬儀社の手配?
誰呼ぶの? いつ呼ぶの? どうやって呼ぶの? みたいな
まるで、大爆笑しながらライオンに追われているような数日間だった。
 
いや、兄と私がバカ過ぎるだけなんだけど
うちの親の葬儀は、どっちも “葬式狂想曲” みたいな
てんやわんやのしっちゃかめっちゃかな雰囲気で
あの葬式で成仏できるなら、世話ないと思う・・・。
 
 
私が真に泣けたのは、かあちゃんが死んでから丁度30日目に
夢でかあちゃんが別れに来てくれた時だった。
かあちゃんが行くのを、1秒でも引き止めようとしていた私は
やっと親の死を悲しむ子供になれた。
 
ちなみにとうちゃんの時は、死神みたいな白装束のじいさんが来て
おまえの父親は地獄?に堕ちた?みたいな事を
覚えられない仏教用語多用で怒鳴ってきたので
あーあ、とうちゃん、やらかしたな、と思った。
 
私の話は絶対に “良い話” で終わらせねえぞ。
ま、とうちゃんの成仏を祈ってるけどさ。
 
だから今でも、葬儀で泣いている人を見ると
瞬時に現実を受け止められるなんて、本当に凄いと尊敬するよ。
 
 
そういう、マトモじゃない事ばかりやってる私に
何ひとつ助言されたくはないだろうが
私が、したり顔で偉そぶって言いたいんで聞け。
 
親は必ず死ぬ。
 
死ななければ、ちょっとヤバい生き物かも知れない。
というホラー好きの間の悪い冗談はともかく、
“逆縁”(ぎゃくえん) って言葉を知ってるか?
 
親より先に、子供が死ぬ事だ。
これ以上の悲しみは世にない、とされている。
 
まあ、親子関係にも色々あろうけど
とにかく自分の死を子供に見せる事が、親の最後の子育てなのだ。
 
親の死を喜べ、とは言わないけど
逆縁をしなくて済んだのは、良かったと思うべきだと言いたい。
いつだって、見送る側がより悲しいんだ。
その悲しみを持って生きて行くのが、子供の義務だ。
 
 
ちょっと不安になって、“逆縁” を調べてみた。
元は仏教用語で、悪い事をして反省して仏門に入る事だってさ。
 
基本的には、“順序が逆” って事を指して
姉より妹が先に結婚する、とかいう場合にも使われるらしい。
 
その中に、年長者が年下の者の葬式をする事、とあって
もちろん親が子の葬式をする事も含まれているんで
私の記憶は、やっぱり天才的だったわけだ。
めでたし、めでたし、と。
 
 
 

評価:

新宿銀の蔵


¥ 6,430

コメント:何か最近、皆こういうのをしてるよなー。 一体どこで誰が流行らせたんだ? と、常々疑問だったところに、知人がしてたんで意味を訊いたら、真面目な宗教だった・・・。 年齢層でガチさが違うものだと実感!

コメント:8

momo 11-12-14 (水) 17:08

浅田さん、コメントが立派すぎる…。涙腺の弱い年寄りは感心を通り越し参りました。 かく言う私も、親の死がこわくてこわくてたまらない、それというのも、正面から向かい合えない複雑な関係だからよけいかな? 以前テレビで見た、母娘の関係が悪いのを、マザー何とかいう病名みたいなのがついているそうで、それに自分はぴったりとあてはまり、そんな人たくさんいるんだなと思ったしだいです。 でも、あしゅさんが、化粧品を使い切る話で、人生を使い切るって、おっしゃっていたのを読み、そう考えたら、少しだけ怖い気持ちが減りました。だから、あしゅさん本当にありがとうございます。感謝です。

奈々 11-12-14 (水) 20:05

欠場するなんて!
知らせをGP終わってからにしろよ
とか、散々喚いてる奴が居たけど、マオちゃんへの期待の現れなんだろうけど
自分に置き換えて考えて見ろよ!

と、巨大掲示板で書き込んでたアタシが通りますよ

最近、『花咲くいろは』が面白いと思う

さしみつま子 11-12-14 (水) 22:38

親の死、、、私は養女だったので親が4人いたんです。
そのうちもう3人他界していて 残ったのは実母。
これが、あしゅさんのご両親の様に 最近では
来年まで生きられるかどうか?と言い始めました。

何人親がいても 死を見送る側としては 本当に辛いものです。
でも仰る通り 死ぬのは当たり前ですね!
いかに満足させて逝かせるか!心残り無いようにさせる事が
できるか?と思うようになりました。究極の親孝行ですかね(笑)
でね、まだ生き残ってる実母ですが 信じられない事かもしれませんが
先に亡くなった他の3人の親と夢とかで通信したりしてるのです。 ちょっと霊感&霊媒系体質なので白昼夢も見ることもありで 無くした捜し物とかを聞いておいてくれたりします(笑) なんか変な感じですが 今はこの実母に十分生きた!満足だーと思える死を迎えさせてやりたいと思ってます・・。 長文失礼です(^^;)

あしゅ 11-12-15 (木) 14:29

momo、うんうん
年を取ると、とにかく泣けるよね。

身も蓋もない事を言うけど
老化によって、脳の感情を司る部分が劣化して
ちょっとした事で、感情爆発するんだってさ。

親との関係は、それを受け入れる方が良いと思う。
自分が完璧な子供じゃないように、親も完璧なのはいない。
この親にしてこの子あり、で
向き合わなかった親子関係もアリだよ。

うちも、親子は最後まで一方通行同士で
真に向き合ってないし、わかり合えなかったけど
そういう距離のあるヘンな愛情も
味わい深いっちゃあ味わい深いもんだ。

不安なら、今できる事をしてみれば
万が一の時の後悔もないはず。

て言うか、後悔する人は何をしても悔いを残すよ。
だから、どう自分を納得させるのか
そっちを主軸に悩む方が、応用が利く性格になれて
今後も色々と便利だと思うんだ。

それは大変な事だけど
親子関係を理想的にするのも大変だろ?
同じ大きな課題を持つなら
自分を変える方を断然お勧めするよ。

奈々、ああ、なるほどーーー!
えらい復帰を早くするんだな、と不思議だったけど
そういう事を言う人がいる、とわかっているからなんだな。
浅田選手、さすがのトップアスリートだな!

私は、浅田選手本人が決める事だから
知らせるのは当然だという意見だな。

現に浅田選手は、自分がどんなに辛くても
人の期待に応えようとしているし。
亡きお母さんのためか、家族のためか
ファンのためかはわからないけど
人のために自分の感情を抑えて、頑張ろうとしている。

「楽しみたい」 などと言う他の選手とは
やっぱり一線を画した、超一流選手なんだ
と、賞賛しかないよ。

浅田選手の覚悟は、皆わかったと思うんで
無理をしてほしくないよね。

花咲くいろは?
ggrsrnks、ちょっと調べてくる。

“花咲くいろは” という “漫画” が面白い
まで書いてくれよーーー!!!

皆、面白いらしいぞー。

さしみつま子、長文失礼くないって!
ここ、長文推奨だから。

養女というと、悲惨な状況を思い浮かべる人も
いるかも知れないんで、まず補足させて。

古い家とか、跡継ぎ必須のとことか
養子養女婿取り 等が普通にされる事も多いんだよ。

聞くに、さしみつま子んとこも
そういう感じの縁組みのような気がするんだけど
もし間違ってたら、ごめん。

かあちゃん、凄いな!
亡くなった人と連絡取れるなんて。

あ、でもさ、あの世があって
先に亡くなった人たちが、変わりなく存在している
と、かあちゃんにはわかっているんだから
死ぬのも抵抗ないんじゃないか?

逆に、残されるさしみつま子を心配してるかもよ。
おめえはあの世通信は出来ないんだろ?

さしみつま子は4人の親に見守られるんだな。
そこらへん、かあちゃんによく確認を取っておけよ。
「死んでも側にいてくれるよね?」 って。

ちなみに、私の場合は
かあちゃんは、盆等にしばらく行き来してたみたいだけど
完全に成仏したっぽい。

代わりに地獄にいる (予定の) とうちゃんが
不定期で夢に出てくるようになったが
まさか道連れ・・・
と、相変わらず妙な事になっとるぞ。

マユ 11-12-16 (金) 10:15

今回のこの記事、
もやもやしている自分の心に「活」を入れていただきました。

実は2週間ほど前に
現在54歳の母が、悪性腫瘍であると、転移の可能性も高いとの宣告を受けました。

母はただでさえ鬱を患っており、
そこへこれで。

離れて暮らしている私は、すぐにでも飛んで行きたい気持ちはありますが、
どうにか気持ちを強く持って
自分の仕事をしています。
(母のことは近くに住んでいる私の妹がみてくれています)

親は必ず死ぬ

それが最後の子育て

という言葉が、どしん、と響きました。

別に、今すぐ死ぬと決まったわけではないですが、

もっとしっかり母と妹のサポートが出来るようにと思います。

ありがとう、あしゅさん。

パワーストーンは芸能界の方々がしていることや、特にゴルフの石川遼くんがしていることも
一役買っているようですよ。

あしゅ 11-12-16 (金) 14:57

マユ、今が一番辛いと思う。
物事は過ぎ去って、記憶になるんだから
いつだって、“今” が一番辛い。

親の死への対応に、正解も正義もないから
マユがしたいようにすれば良いと思うよ。
後悔があっても、それ自体が “経験” のひとつだから。

私自身は、何も乗り越えてきてはいないんだ。
悲しみも寂しさも、ただ抱えているだけで
昇華させていない。

それでも生きていけるんだから
無理に背筋を伸ばす必要はないと思うんだ。

幸せだの不幸だの、型通りの言葉に惑わされずに
“自分” でいれば良いよ。

パワーストーン情報、ありがとうー。

芸能人が・・・?
それ、何か商売的な作為を感じるなあ。

あーみんZ 11-12-19 (月) 5:02

父は長生きの家系なので70代ですが・・・
まだまだ長生きすると思います。
(祖父が90代でなくなりました。)

むしろ母が心配です。

アレルギー喘息にアレルギー皮膚炎、高血圧になりました。
昨日、母が急に具合悪くなったので
父が布団を敷いて、母は足が冷たいというので
湯たんぽを準備して布団の中に入れておきました。

わたしが持病をかかえて…なかなか社会復帰できないので
両親が「お前を残してあの世に行くわけにはいかない」
と言われてます。

ある意味わたしは親不孝者です。

あしゅ 11-12-19 (月) 14:50

あーみんZ、大丈夫大丈夫。

私なんて、「心配させるのが親孝行」
と公言して、ひんしゅくを買ってたんだから。

だって私がマトモになっちゃったら
かあちゃんの、私を心配する気持ちが
必要なくなっちゃうじゃん。

いつまでもあの子は、と思い続けている方が
娘への愛を実感するってもんだろ。

(自分を誇りに思ってもらおう
 という頭はまったくなし)

現に、うちのかあちゃんは寝込んだ時に
私に知らせるな、とずっと言ってて
私が妙な勘で兄に連絡して知っちゃって、駆けつけたら
2ヶ月ぐらい入院してたのに
まだ生死うんぬんの状態じゃなかったのに
私の顔を見た翌日に、いきなり危篤だよー。

安心させちゃったら、これだよーーー!

私は、“どこに出しても恥ずかしい娘” byかあちゃん
だけど、可愛くて可愛くてしょうがない娘だったさ。

あーみんZの存在も、親の精神力になってると思うよ。
人生を何回やり直しても
あーみんZの親の子供は、あーみんZになってたよ。

全然フォローになってないどころか、ケナしてるけど
キレイでなくても、便利でもなくても、使えなくても
大事なものってあるんだよ。

コメントフォーム
Remember personal info

Home > 自分語り?哲学? > 親の死

フィード
メタ情報

Return to page top