Home > イキテレラ | パロディ小説 > イキテレラ 4

イキテレラ 4


イキテレラが会場に着くと、あたりにどよめきが起こった。
「あの美しいお嬢さんはどちらの方かしら?」
誰も街の端っこの貧乏貴族の娘だとは気付かない。
 
皆の注目をよそに、イキテレラはテーブルへと真っ直ぐに向かった。
テーブルの上には、ナビスコリッツパーティーレベルのおつまみしかない。
給仕係が、ショートグラスの乗ったトレイを差し出してくる。
 
空腹にアルコールなんて、冗談じゃないわ
イキテレラは手を振って断った。
 
 
舞踏会は晩餐会とは違うのね・・・。
ガックリしたイキテレラが、とにかくクラッカーでもいいから
腹に入れよう、と伸ばしたその腕を掴まれた。
 
「私と踊っていただけますか?」
「あ、いいえ、わたくしあまり踊れませんの。」
男性の顔も見なかったのは、面倒くさかったからである。
 
「どうか断らないでください。」
懇願している口調とは裏腹に
男性はイキテレラを強引にホールの中央に連れて行く。
イキテレラは、空腹の上に運動までせねばならない事に
果てしなく落胆した。
 
 
しょうがないわ、適当に踊ったらさっさと切り上げましょう
そう思うのだが、男性が手を離してくれない。
 
空腹と疲労で注意力が散漫になっているせいか
気付かなかったのだが、かなり背が高い男性で
イキテレラはほぼ抱えられる形で振り回されていた。
 
男性がしきりに何かをささやきかけるが
イキテレラの神経は、テーブルの上のカナッペに注がれていた。
ああ・・・、どんどん食い散らかされていく・・・。
 
 
「あの、どうかもうこのへんで・・・。」
「ダメですよ、私は今宵あなたに魅了されたのですから。」
 
何なの? この人、色キチガイなの?
変質者に捕まってしまったのかしら・・・
イキテレラは自分の運のなさに、悲しくなってきた。
 
「あなたに一体何があったのです?
 その憂いを秘めた瞳が私を捉えて離しません。」
 
離さないのはあなたの方でしょう
わたくしはお腹が空いて欝ってるのです!!!
メルヘンはどっかよそでやってくださいーーーーー (泣)
イキテレラは、目でリッツをずっと追っていた。
 
 
時計の音が響いた。
イキテレラはハッとした。
「今、何時ですの?」
「時間などふたりには関係ないでしょう?」
 
時刻すら答えられないとは
この人は、どこまで能無しの役立たずなのかしら?
イキテレラはグルグルとタ-ンをされながら、時計を探した。
 
あ、あった、さっきのは11時の時報だわ
家からここまで馬車で1時間は掛かった。
もう帰らないと、途中で魔法が解けてしまう。
 
イキテレラは、男性のスネを思いっきり蹴った。
男性がうっ、と怯んだ瞬間、出口へと走り出した。
 
 
階段を駆け下りるイキテレラの背後で声がした。
「待ってください、姫!」
 
信じられない、思いっきり蹴ったのに!
わけのわからない執着心といい、この人、人間なの?
イキテレラはケダモノに襲われる恐怖に駆られた。
その瞬間、高いヒールが傾いた。
 
 
転んだイキテレラに、男性が迫る。
「大丈夫ですか? 姫」
 
いやああああああああ、来ないでえええええええ
 
イキテレラは思わず、靴を男性に投げつけた。
 
パリーンと割れる音が聞こえたけど、構わずに馬車へと急ぐ。
「猫に言葉が通じるかわからないけど、急いで帰って!」
馬車に乗り込んだイキテレラは、御者に叫んだ。
 
 
走り出した馬車の中から振り返ると、階段に人が群がっていて
その中心に倒れているであろう男性の足が見えた。
 
ごめんなさいね、イキテレラは心の中で謝った。
でも、しつこいあなたがいけないのよ。
 
 
 続く
 
 
関連記事 : イキテレラ 3 10.5.17
       イキテレラ 5 10.5.21
       
       カテゴリー パロディー小説

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > イキテレラ | パロディ小説 > イキテレラ 4

フィード
メタ情報

Return to page top