Home > アーカイブ > 2012-06

2012-06

ババアの歯の磨き方

30年ぐらい前 (!) に、歯科衛生士の友人に教わった方法。
 
1.歯ブラシを歯と歯茎の境い目に直角に当てる。
2.その当てた歯ブラシを、グッと押さえ
  歯の先端方向側に45度倒す。
3.すると、歯と歯茎の境い目に歯ブラシの毛?が数本入り込む。
4.そのまま軸を動かさず、つまり絶対にこすらずに
  左右に細かく歯ブラシを揺らす。
 
これが、歯1本の磨き方だそうだ。
全体的に歯を磨いた後に、歯石が出来やすい歯周ポケットを
1本1本こうやって掃除していくんだと。
 
何故、「1回の歯磨き時間は15分」 と言われているかと言うと
この磨き方で考えるからだそうだ。
 
試しに15分、思うがままに磨いてみい。
吐き気がしてくるから。
だけど、この方法だと確かに時間が掛かる。
なるほど、そういう事だったんかー。
 
 
が、そんなん、やってらんねえ!
 
と、この私が言わないわけがねえだろ。
最初こそ、律儀にやってたよ。
でも、歯周ポケットに毛、入りにくいんだ。
 
正直、意味ねえんじゃねえか、と思っていたところに
先端が極細の歯ブラシが登場!
こいつがむっちゃ、歯周ポケットに入る入る。
入りすぎて血が出るほど。
 
だけど、1本1本の面倒くささが減ったわけじゃねえ。
もう1本ずつじゃなく団体戦で、歯ブラシが当たってるとこらへんね
と、これが可能になったのも、先端極細ブラシならでは。
 
つい最近どっかで見聞きしたんだけど、この先端極細ブラシ、
えらい画期的な技術で、これのお陰で歯磨き事情が変わったそうな。
いや、詳しくは忘れたけど。
えっ、自分で調べてくれよー。 そんで教えてくれよー。
 
 
さて、前置きも存分にタメになっただろうが
こっからスムーズに、もっとタメになるかも知れない本題だ。
 
若い頃は、歯の汚れを落とせば、それで良かったガラスの世代。
歳を取ると、大事なのは歯よりも歯茎になってくる。
ほら、CMでもやってるじゃん、熟れたトマトうんぬんの不愉快な表現。
あれが切実になってくるのである。
 
うちのかあちゃんは、デンテクEという歯茎の薬を飲んでおり
歯科医に歯茎を褒められておった。
しかし私は持病で、腹いっぱい飲まなきゃならない薬があるんで
これ以上、体内に薬品を入れたくない。
 
そこで出るのが歯磨き粉。
“歯磨きペースト” とか言うべきだろうけど、字数が多いのがイヤ!
 
 
まず、歯ブラシを2本用意する。
1本は歯周ポケット用の、先端極細ブラシ。
私の経験上、リーチの柔らかめが好ましい。
 
ジョンソン・エンド・ジョンソン
 リーチ 歯周病対策アルファ スリムな3列 ふつう
 
  
 
・・・あれえ? 何で “ふつう” の硬さのを買ってるんだろう?
えーと、値段は、ごめん、わからん。
高くても200円台だという予感。
 
もう1本は、歯茎マッサージ用。
尖ってない極細の毛先が密集しているやつ。
これが中々売ってないんで、見かけたら即買いせよ!
 
左 LION ハイテクト マッサージ&ブラッシュ ソフトタイプ
右 アース製薬 シュミテクト PROエナメル やわらかめ
 
    
 
値段、両方ともにきっと高くても300円台までのような?
ごめん、下でアフィリを探すから!
 
 
まず歯周ポケット用先端極細ブラシで、歯の表面をザッと磨く。
もちろん、全体的に見落としがないようにだけど
そんなに念入りにしなくて良い。
 
歯の汚れは、24時間以内に落とせば
歯垢にも歯石にもならない、とどっかであやふやに聞いたんだ。
だから歯の汚れは自転車操業的に
どっかで落ちれば良い、ぐらいに軽視して良いと思う。
 
何故ならば、歯のエナメル質が削れてきてるから!
 
素人が無知な磨き方をしてれば、年老いて歯も磨耗してるだろうよ。
私の年代では、知覚過敏というのが辛いので
とにかく、歯の表面を守りたいのだ。
 
 
1本目の汚れ落としの工程で、歯間ブラシやらデンタルフロスもやっておく。
これはお好みで、いつやっても良い。
 
2本目の歯ブラシでは、歯には触らず歯茎のみをマッサージする気持ちで。
歯の表面なんか、ブラシを当てないつもりでも当たってるんで
エナメル危機の老人は、意識してブラッシングしなくて良いと思うんだ。
 
不安なら、この後、あの歯の着色剤でチェックすれば良い。
噛み砕いて赤くする錠剤の方が強力だけど
人に会わない日にしか使えないのが難点だぞ。
丸1日は舌、真っ赤!
 
この歯垢着色剤、自分の歯磨きの弱点を直すのに良い。
毎日無造作にやってみい、磨き残し、特定の場所にあるから。
 
それを把握できて、磨けるようになったら
あとは1ヶ月に1回ぐらいチェックすれば良いんだ。
ヘンな磨き癖が再び付いてないとも限らない。
癖は、気付かないから癖になるんだぞ。
 
 
で、主役の歯磨き粉の話を忘れてたよ。
歯磨き粉は3種類必要になる。
キシリトール入り、シュミテクト、歯周病予防。
 
本来なら、知覚過敏防止にシュミテクトと
歯周病予防のだけで良いんだけど
キシリトールは歯科医がしきりに勧めるんで加えたんだ。
 
1本目の歯ブラシに、キシリトールとシュミテクトをつけ
2本目の歯ブラシに、歯周病予防の歯磨き粉をつける。
 
量はお好みで良いけど、3種類使うので1種類を少量にな。
そもそも歯磨き粉自体がいらない、という専門家もいるし
歯磨き粉の使い過ぎは、それこそ磨耗の元だぜ。
 
 
歯磨き粉ごときで、と誰もが言うけど
その内、シュミテクトの威力を思い知る時が来るさ。
歯周病予防のも、ないよりあったがマシ、と思うから
コツコツ使い続けているんだ。
 
と言うか、肌のお手入れに一生懸命に化粧品を使っている女性で
「歯磨き粉ごときで」 と、言うアンポンタレはいねえよな?
歯磨き粉の方が、よっぽど効果がダイレクトにくるぞ。
 
 
歳を取ったら、歯のエナメル層を守る、
歯周病になるのを先延ばしにする、
この2つを重視した歯磨きをしていくべきだと思うんだ。
 
「そんな丁寧に歯を磨いてらんねえ」 というヤツは
歯ブラシ数本使いを習慣付けろ。
おめえのいたらん点は、道具の機能が補ってくれる。
もちろん歯磨き粉選びも、よく考えてな。
 
歳を取るとな、硬いものが食えなくなるんだぞーーー。
くれぐれも、常日頃から歯を大事にな。
 
 
あ、そうそう、昔、大流行りした “アパタイト”、覚えてるか?
歯磨き粉ごときが、1個3000円ぐらいしたアレ。
 
私はその価格の高さに見合わない効果の出なさに
出始めの2年ぐらいで、使うのを挫折したんだけど
10年ぐらい使い続けてる人がいたんだ。
 
で、「効果ありますか?」 と訊いたら
「さあ、よくわからないけど
 “ミクロの傷を埋める” とか言うから
 ミクロの世界じゃ、効いていても見えないんじゃない?」 だと!
なるほど! と、膝を打ったね。
 
続けるには、理由付けの才能がいるんだな
と、つくづく感心させられたよ。
 
私もここで、口八丁を頑張るよ!
 
 

評価:

ライオン


¥ 280

コメント:長年愛用してしかも星5個という、これぞ 真心のレビュー!!!!! でも、この価格、間違ってるんだけど、何で水を差すかなあ・・・。 本当は398円。 どこもそんなもの。 この歯ブラシの良さ、使い方はブログ本文を見よ!

継母伝説・二番目の恋 1

王都から西に離れた見晴らしの良い丘に、公爵家の城が建っていた。
宮廷へは馬で通える距離である。
 
東国中に広がる領地は、どこも平和であり
それは公爵が有能だという証しであった。
 
 
その公爵家の一室で、父公爵が言う。
「王と南国の姫との婚姻が決まった。」
 
娘がお辞儀をしながら応える。
「それはお目出度い事ですわね。」
 
 
娘の気のない返事に、父公爵がドン!とテーブルに拳を叩きつける。
「目出度くなぞない!
 本来なら、おまえが揺るぎない王妃の第一候補であったのに
 王は事もあろうに、あの南国人と姻戚関係を持つのだぞ!」
 
南国人は、黒い髪と黒い目に褐色の肌を持つ。
決して未開の地などではないのだけど
この付近の国では、東国が一番大きいので
奢りがない、とは言えないのが現実であった。
 
 
「しかも王から、おまえを王妃の友人に、と言うてきおった。
 この国一番の貴族である、わしの娘に
 田舎娘の相手をせよ、と言うのか!」
 
いきり立つ父親に、娘が微笑んで言う。
「お父さま、あたくしは喜んで参りますわ。
 宮廷にいれば、政情も把握しやすいですし
 他国の王族とも知り合えるでしょう。
 我が公爵家のためになりますわ。」
 
父は娘のその冷静さに、感服せざるを得なかった。
「・・・そなたはわしの誇りじゃ。
 本当にそなたこそ、この国の王妃となるに
 ふさわしい知恵と美貌を持っておるのに
 わしの根回しが足りなかったせいで、すまぬ・・・。」
 
 
「いいえ、お父さま、諦めるのはまだ早いですわ。
 王妃さまが長生きなさるとは限りませんしね。」
 
父は驚いて娘の顔を見た。
そして強く抱きしめた。
「ほんに、そなたが女であるのが口惜しい・・・。」
 
娘は強気な言葉とは裏腹に、瞳を曇らせていたが
その陰りは、父親には気付けなかった。
 
 
東国では過去に女王がいた事により、女性でも爵位を持てる。
貴族たちの爵位の継承は、基本的には嫡男優先であるが
各家ごとに、独自のルールを持つ事が出来た。
 
この相続者選びには、かなりの自由を許されてはいたが
女性が相続者として立つ場合は
嫡子に男児が生まれなかったから、というのが主な理由であり
跡継ぎとしては、依然として男子が望まれているのが現状であった。
 
庶子に跡継ぎの可能性を与えない貴族が多いのは
お家騒動を出来る限り回避したいからである。
 
 
現公爵には正妻との間に、男児が何人もいるので
跡継ぎには困らなかった。
 
しかし東国でも、最も古い歴史を持つ貴族のひとつである公爵家の
先祖代々の財産を維持するだけではなく、より一層、強固にしていき
数家ある公爵家の中でも、常にトップの権力を握っている現公爵に
その気質、思考とも、誰よりも似ているのは、
跡継ぎの可能性がある兄弟たちではなく
 
この公爵家の娘であった。
 
 
 続く 
 
 
関連記事: 継母伝説・二番目の恋 2 12.6.6  
      
      カテゴリー 小説・黒雪姫シリーズ 
      小説・目次 

きえゆくものたち

 正直、今日ブログ記事を書けるとは思わなかった。
それぐらい落ち込んでいた。
私の責任感ブラボー。
 
 
まずはこの記事を読んでくれ。
肌研ヒアルロンUVクリーム 12.5.18
 
この記事を書いた時は、肌研のホームページには
この商品は載っていた。
値段をチェックしたから間違いない。
 
この記事を書く前に、この日焼け止めをしばらく使っていた。
どこぞの提灯口コミサイトのように、1回使っただけでレポとか
テキトーな事は “あまり” せんぞ、私は。
 
んで、この記事を書いてから
買い置きするために、この商品を探し始めた。
 
が、売っていないのだ。
 
買い物をする時は、必ず売り場をチェックしたさ。
ドラッグストア、スーパー、ホームセンターまで。
だけど、ないのだ。
 
 
毎日毎日、この商品を探しているのになくて
ブログを読んでくれた人の中には
アフィリで買ってくれた人もいて
 
いや、それが本来のアフィリの役目で
私は皆に、ここでポチれ! と言うべきだったのに
指摘されるまで、それに気付かず
だから私はいつまで経ってもアフィリ長者になれんのだ
と、己を責めつつも、お金じゃない高潔なわたくしを堪能し
 
ロート製薬のばかやろうーーーーーーー!!!!!
 
 
皆さま、どうも申し訳ございません。
肌研ヒアルロンUVクリームは、販売終了になったようです。
 
昨日、探索の日々に疲れて、ツイッターでグチったら
肌研の不穏な動きを教えてくれた人がいて
ホームページにチェックに行ったら
商品紹介ページが一新されていて
私愛用の愛しの肌研ヒアルロンUVクリームが消えておりました。
 
まだアマゾンにはあるようですが
1050円の商品に、送料が630円だそうです。
 
言うた端から消え
私が好きになったのが悪いのでしょうか・・・?
いいや、私は悪くない。
 
ロート製薬のばかやろうーーーーーーー!!!!!
 
 
ああ・・・、だけどしかし、悲しい出来事がもうひとつ・・・。
いつも箱買いしている店の人から聞いたんだけど
私が長年むさぼり食ってきた、ミンティアのシャープエバー味が
そう私のブログの写真の、大きさ比較にいつも登場してた
私の目印とも言えるあのフレーバーが
 
なく な る  よ  う   で    す      ・・・・・。
 
何このダブルの衝撃
私が好きになったから?
私が愛するものたちはいなくなるの?
私そんな星の下に生まれてきたの?
今なら死兆星が見えるの?
 
 
・・・何か、もう立ち直れない・・・。
 
いや、こう言っといても、明日には立ち直ってるだろうけど
昨日と今日は、沼の底に沈んでいる気分。
肌研だけでも、ミンティアだけでもショックだけど
タッグを組んで来られると、ダメージ3~4倍!
 
 
好きなものがことごとく消滅するなんて
メデューサの気持ちがわかった気がする。
 
だってメデューサ、目が合った人は石化するんだろ?
見ただけでも石化だっけ?
 
そんなん、好きな人が出来たら地獄じゃねえ?
目隠しすりゃ良い、とか思うかも知れないけど
コミュニケーションって、目に頼る部分すっげえ大きいと思うよ。
それに視覚を閉ざすと、他の感覚が冴えるって言うし
加齢臭が気になるお年頃には、匂いとか敏感な人は酷!!!
 
 
私、ほんと落ち込んでて
たかが化粧品や駄菓子でここまで落ち込むのもどうかとか
思わんでもないけど、そこを突っ込まれたくない!
 
文豪改め国宝級としては、この慟哭を、小説にぶつけるのが
正しい人生のありかただろうけど
この怒りを叫ばずにはいられない。
携帯で読んでる人、今日は大文字連打ほんとすみません
 
 
ロート製薬のばかやろうーーーーーーー!!!!!
アサヒフードアンドヘルスケア(株)のばかやろうーーーーーー!!!!!
 
 
 

評価:

大阪屋製菓


¥ 850

コメント:雀の卵で一番美味いのは、このメーカーのやつ。 スーパーでは大袋入りのを売ってるはず。 メーカーを見て、鹿児島の大阪屋のだったら即買いをお勧めする! ・・・あ、いや、このアフィリで買うてくれ。

継母伝説・二番目の恋 2

南国の姫が城に着いた。
出迎えの中に、公爵家の娘もいた。
 
馬車から、編み上げのサンダルを履いた素足が降りてきた時には
その場の空気が瞬時に落胆したのが、わかるほどであったが
その全身が現れた時、一同が息を呑んだ。
 
 
長い布を巻きつけたデザインの民族衣装の
赤やオレンジの鮮やかな原色に、褐色の肌が映える。
クセの強い黒い髪も、布でまとめられ
首筋に垂れる後れ毛に、透明な色気が感じられた。
 
黒という色に、このような清楚感があるとは・・・
 
それほどに、この南から来た少女は華奢で美しかった。
その場の一同は、屈辱的な気分で頭を下げた。
 
 
公爵家の娘だけは、頭を下げながらも心は静まり返っていた。
だってあたくし、2年前の王の避寒旅行で
東国の南部に行った時に、同行いたしましたもの。
 
南国の姫が来ているらしい、と噂を聞き
王が好奇心で、こっそりと国境越えをし
南国の温泉で覗き見をした “冒険” の時も
あたくし、一緒でしたもの。
 
 
盛大な結婚式が終わった後
公爵家の娘は、王と “王妃” の前へ呼ばれた。
 
「あ・・・なた、お友達、なってくれると聞いた
 あたし、こ、この国、ひとり、だ、だから、嬉しい
 よ・・・ろしく。」
 
たどたどしい東国の言葉で話す、モジモジとした少女。
そのオドオドとした言動は、公爵家の娘が一番嫌う態度である。
 
 
東国の大臣たちは、南国からの従者を許さなかった。
外見が違いすぎる者が、宮廷をウロつくのを嫌ったのである。
 
南国との姻戚も、通常なら第2か第3夫人に迎えるべきであるのに
王自身がこの姫との結婚を強く望んだので
異例の “王妃” として、迎え入れられたのだ。
 
 
恥ずかしげに微笑む王妃に、オズオズと見つめられた公爵家の娘は
そんな王の “愚行” を、完全に理解していた。
 
この少女を何を差し置いても我がものにしたい、という
権力者が決して持ってはならない、“恋心” を。
 
 
 続く 
 
 
関連記事: 継母伝説・二番目の恋 1 12.6.4 
      継母伝説・二番目の恋 3 12.6.8 
      
      カテゴリー 小説・黒雪姫シリーズ 
      小説・目次 

エロマンガ争奪戦

私が愛読しているエロマンガは
女性用の異性愛エロマンガなのだが
これが、不思議なほどに世間に受け入れられていない。
 
数十年前に、“レディースコミック” とか言うやつが流行ったが
どの雑誌がそのジャンルなのか、いまだに判明していない。
“別冊少女コミックのエロ描写” が問題となった時も
実際にその別冊少女コミックを買ったが、エロ1個もなし。
 
関連記事: 少女コミック 07.6.14
 
“ティーンズ・ラブ” も探せない。
私、流れに乗れないアホウかも知れない。
 
 
ところが今回、ふとした拍子に、女性用エロマンガ雑誌を発見した。
 
関連記事: エロマンガ 12.3.14
 
私、見ているようで見ていない目腐れだった事が発覚!
 
 
で、そんな私が、雑誌名を覚えるはずもなく
あ、この漫画家良いな、と思っても
覚えたつもりが忘れている、という体たらく。
 
そこで漫画家名をメモって本屋さんに行くも、見つけられない。
エロマンガ雑誌の出版社名をもメモっても、見つけられない。
 
 
アマゾンで買え、って?
イヤだよ!
アマゾン、1個ちょっと検索しただけで
何年もそれを覚えてて、しつこくトップページに出してくるんだぜ。
 
私、アマゾンアフィリやってるじゃん。
ヘンな検索ばっかりしてるんで、時々アマゾンサイトを開いて
心臓が止まりそうになる事もあるんだよ。
 
最近だと、マリリン・マンソンのCDジャケ
何であんなに恐いんだよ?
 
あ、おめえらに忠告しとく。
アマゾンはなあ、“買いたいものリスト” とか
非公開に設定しとかないと、丸見えっぽいぞ。
 
最近は、どんだけ恥知らずが増えたんか
ネット上で個人データを軽々しく公開しやがるもんで、危なくてしょうがねえ。
 
グーグルの私分析、“18歳~20歳の男性” になってるんで
恥な事をしてて公開されたくないのは、私だけかもなっ!
 
 
と、やさぐれたところで話を戻すが
どうもジュンク堂クラスじゃないと
異性愛エロマンガのコミックスは置いてないようなんだ。
 
そこでわざわざエロマンガを求めて
大手の本屋さんに旅立つわけだがな
そこで壮絶なバトルが勃発するとは、さしもの私も想像していなかった!
 
 
本屋さんでの女性の動きは、異性愛エロに行くぐらいなら
ボーイズラヴに行くようで、女性とのバッティングは不思議なほどない。
むしろボーイズラヴ、壁一面を占領しながらも混み混みである。
これは、関西の女子たちが特に腐りが多いのか?
 
何で自分の性に目を向けないの? とババアは説教したいが
2次元男性にしか欲情しない私に、言えた筋合いではない。
 
そんなこんなで、ゆったりと異性愛エロマンガコミックスを選べる
・・・かと思うたら、意外な伏兵が!
 
それは、男。 お・と・こ。 OTOKO。
何故、英語で書かないのかっちゅうと
manなのかmenなのか、sはいるのか、その際に ’が付くのか
もしかして、こういう場合はmaleなのか
英語の偏差値が40台の私には、さっぱりわけわからんからである。
 
 
ああ、キレイらしい絵の女性のエロ、男性にも良いだろうね
と、それは認めるんだけど
 
狭いエロコーナーは、ひとりずつ順番に入ろうぜ!
 
え? おめえ、その絵が好きなんだ?
とか、お互いにチラ見し合って、むっちゃ気が散るし恥ずかしいんだよ。
 
 
しょうがないので、先客がいたら譲って
他のコーナーにでも行ってるんだけど
 
私がいる時に、いついなくなるか
ものすごい頻繁な確認は止めてください!
 
すっごい狭いんだから、すぐチェックし終えるから
その5分10分が何故、待てない?
てか、私がどれを選ぶのかを探ってるんか?
 
 
まったく、異性エロが棚の1段だけなら、ボーイズラヴは棚1個丸ごと
異性エロが棚数段あれば、ボーイズラヴは棚数個
異性エロが棚1個の奇跡なら、ボーイズラヴは壁一面、と
とことん異性愛エロマンガが不遇なこの時代に
少数派の私たちが内部抗争に明け暮れてどうするよ?
 
おめえが女性だったら、私もまだ気にならないけど
一応、異性間なんだから、エロでは遠慮し合おうぜ。
とにかくマナーを守って、少ないパイを分け合おうぜ。
 
 
といった具合に、下々の私たちは天上のボーイズラヴを仰ぎつつ
醜い威嚇のし合いをしているのであった。
 
いやあ、まさか男性とエロを取り合うとはなあ。
 
 
ボーイズラヴの隆盛には異存はないぞ。
数十年前に私も少し読んだ事がある。
周囲には、もの凄い拒絶反応を示されたがな。
 
先達たちが変態扱いをされつつも、地道に活動したお陰で
今の繁栄があるんで、素直に良かったねと思うよ。
 
と称えていたら、母娘でボーイズラヴのコーナーに来ていた。
それは良いんだが、何で連れ立って本屋さんに来る人は
大声で本の批評を始めるんだよ?
それも不思議な事に、関西なのに標準語の時が多いんだ。
本屋さん、静だから物凄くよく響き渡るんだよ。
 
「あ、その作家さん、キャラに幅がないから」 とか
売ってる場所で言って良い事じゃねえだろ。
 
モラルが崩れたら、一気に敵に回って
生きにくくなるのが日本の社会、と肝に銘じておくようにな。
 
 
さあて、私はその存在を発掘するところから始めねば・・・。
普通の男女間のエロマンガ、もちっと出ないかのお。
また見落としてるんかのお?
 
とか思ってたら、有識者に私の望むエロは
男性向けだと教えてもらった。
 
・・・えええーーーっ?
この上、男性エロにまでアンテナを広げにゃならんの?
タイガーホール、・・・さすがに無理ーーーっ。
 
 
 

評価:

Mars Inc


¥ 3,480

コメント:ミント中毒だった私がドカ食いしてたのが、このミント。 すっげー辛い。 んで、ちょっと油っこい。 今はスペアミント味も出てるみたいなんで、そっちの方が美味しいかも。 皆・・・、ミントは程々に食えよ・・・。 止めるの大変だぞー。

継母伝説・二番目の恋 3

さて、土人の姫への嫌がらせは、わかりやすかった。
フォークが足りなくても、ドレスがその場にそぐわなくても
宮廷の人々はクスクスと口の端を歪ませて笑うだけで
誰も、そう、王すらも何も言わなかった。
 
その余りにも浅はかな嫌がらせに、公爵家の娘は呆れたが
周囲と同じく、傍観を決め込んだ。
可哀想だけど、それはあのお方自身が乗り越えないとね。
 
 
血筋が高貴なだけでも裕福であるだけでも、人は寄ってくる。
だけど、それらしい振る舞いをしないと認めては貰えない。
尊敬されない者や、畏れられない者は
利用され、喰い尽くされて、捨てられるだけである。
 
ましてや、この東国の王妃たる者、
社交のひとつやふたつ出来なくては。
 
王妃への単純な嫌がらせは
新参者が群れの中に入るための洗礼のようなものであった。
あるいは単なる妬み。
周囲は固唾を呑んで、王妃の出方をうかがっていた。
 
 
しかし王妃は何もしなかった。
皿に肉が乗っていなくとも、天井掃除の水を頭に掛けられようとも
ただ困ったように微笑んで、部屋へと戻っていくのだ。
 
誰ともなく、その姿に絶望の言葉を口にするようになる。
あんな小娘がこの東国の王妃とは
あのような気の弱い事で王妃が務まるのか
王妃は気が弱いのではなく、頭が弱いのではないか・・・。
 
 
公爵家の娘は、さすがにこの状態が続くのは不味い、と思い始めた。
国内は平和だけれど、宮廷内は混乱しつつある。
あんな女性を妃に選ぶ王に、不信感を持つ貴族が出るやも知れない。
貴族の不信は内戦へと繋がる。
 
もちろん、その内戦に乗じて
更に公爵家の領地を拡大する道もあるのだけれど
小国である南国はともかくも
商業国の西国をも傘下に治めていられる、今の東国を崩すのは
公爵家にはデメリットの方が大き過ぎる・・・。
 
 
公爵家の娘は、どうやって宮廷を安定させるべきか
ボンヤリと考えながら
今日も部屋へと逃げ帰っていく王妃に、背を向けた。
 
 
 続く 
 
 
関連記事: 継母伝説・二番目の恋 2 12.6.6  
      継母伝説・二番目の恋 4 12.6.12   
      
      継母伝説・二番目の恋 1 12.6.4  
      カテゴリー 小説・黒雪姫シリーズ 
      小説・目次 

アイルーのメガネ立て

今回はちゃんと値段を記憶してただよー、2079円ー。
 
・・・・・・・・・・昔、我がで貼ったアフィリは1999円・・・・・?
 
・・・・・・・・・・はあ・・・・・・・・・・
何かもう、何ひとつやる気がなくなったんだけど
この先どうやって生きていけば良いんか?
 
 
いやな、ちょっとお出掛けをしたわけだ。
漬け物石のように重い3DSを背負って、梅田界隈まで。
 
んで、某大手家電店だの、何たら何番街だの何急デパートだの
何勢丹だの何ュンク堂だの何ンズだの
もう、そりゃもう “とごえて” 歩き回ったわけだ。
“とごえて” とは、“調子こいて” のような意味の方言だな。
 
いやあ、都会はええのおーーー
歩き回るだけで楽しいぜ。
 
こんだけ回ったのに、買ったのは
ストップ・ザ・歯ぎしりのマウスピースと
こ・れ ↓ だけだったがな。
 
 
 
金がないというのは、ほんに辛い事よのお・・・。
もう、切羽詰ったものしか買えん。
んで、こういうのを見ると、切羽詰るわけだ。
 
だがな、このメガネ立て、とんでもねえ使えねえシロモノだったぞ・・・。
 
 
この猫は、“アイルー” という名で
モンスターハンターというゲームに出てくるザコモンスターである。
こいつは側を通るだけなら、何もしてこない。
 
それが、ちょっとでもちょっかい出そうものなら
杖で殴りかかるわ、タル入り爆弾 (大) を投げつけるわ
とんでもない凶暴猫なのである。
 
これの色違いの黒猫は、“メラルー” という名で
こっちが何もしていないのに、こっちの姿を見つけると
走ってきて飛び掛って、手持ちのアイテムを盗んで行くという
ロクでもない、正にこれぞ、泥・棒・猫 ドーン!
 
 
モンハンシリーズのどれかでは、この猫をお供に狩りに連れていけるらしいけど
私がやってるモンハンでは、お供は面をかぶった人間?だし
私はリアルでも猫とは憎み合う仲なので、別にアイルーにも興味はない。
 
じゃあ、何で買うんだよ?
 
・・・あるよな・・・、魔が差す瞬間って・・・。
人はそういう時に、人を刺して歩いたり放火をしたりするんだろうが
私は血迷った買い物をするだけなので、良き国民!
 
 
で、これな、メガネが安定しないんだ。
うち、メガネが7個ぐらいあって
この画像のはもう使わない大昔のメガネなんだけど
持ってるどのメガネも、このメガネ立てで安定しない。
 
  
 
  
 
ちょっと取ろうとすると、こういう事になり
レンズに傷が入らないか、とても不安。
 

 
何でこうなるのかというと
このアイルー、一体型なんだ。
頭も腕もどこも動かない。
なので、メガネのサイズをものすごく選ぶんだと思う。
 
 
 
ああ、言っとくけど、私の頭は大きくないぞ。
ババアのナイスバディーが何で少ないかっちゅうと
私の年代は、まだ頭が大きい世代なんだよ。
 
で、私がナイスバディーを自称している意味がわかったな?
 
そう。 私は頭が小さい。
 
いや、今の若者に比べたら大きいけど
背丈もあって肩幅もあるんで、体のバランスが良く見えて
ナイスバディーを誇っていられるんだ。
下腹が出てきたくせに・・・。
 
おお、いかんいかん、いつもの自慢も
銭失いの後では、ついネガティブになってしまう。
 
 
はあ・・・、アイルーには裏切られたよ・・・。
大事なメガネを、マジメガネを
こういう不安定なメガネ立てに託すわけにはいかん。
 
だがこの猫の置き物、どうしたら良いと思う?
これ、ものすごく重いんだよ。
重さだけ付けても肝心の腕部分のサイズが合わなきゃ無意味だってのに。
 
家で箱から出してメガネを置いた瞬間
あっ、これは使えない! と、わかった気持ちがドゥーユーアンダースタン?
 
これさ、どうにか安定するメガネ立てに改造しようと思うんだけど
その案が出るまで、落ち着かない日々を過ごさねばならんのが
気が短いようで長いけどこういう耐性はない私には辛いーーーーーーっ!
 
 
アフィリを書き直しておくよ・・・。
皆、ヘンな商品を貼ってごめんね。
 
でも買ってよそしてどっちが先に改造できるか競おうよあははうふふ
 
 
・・・と、こんな絶望的な記事だと何なので
これを書いた後に、しばらく放置して
気持ちが立ち直ったので、改造をしてみた。
 
耳の下に、100均で買ったフックをテープで貼り
手に指サックをはめてみた。
これで何とかメガネが固定できるかも。
 
  
 
本当なら、TVショッピングで目撃して萌えた
練って使う接着剤 (名前を失念) を
ドンキで衝動買いして放置しているんだけど
それをコネて、本当にメガネを固定できる形にしたいけど
そこまでやる気が出ねえ。
 
えっ、その接着剤の事は突っ込まんでくれよー。
買ったは良いけど、信用できずに放置してるんだよー。
 
 
 

評価:

サンエス


¥ 2,079

コメント:これのアイルーを購入、あまりの使えなさにレビューを書き直したけど反映されないんで、こっちを標的に! しつこい芸風すまん。 あれ? アイルーは1999円だったのに、メラルーは2079円? えっ、こっちの方が人気なの?

継母伝説・二番目の恋 4

「今宵の宴は、ちょっとした見ものですわよ。」
この言葉を王の叔母が囁くのを、公爵家の娘が耳にした時
嫌な予感はあった。
 
そしてそれは当たり前のように的中する。
「今夜は王妃さまが、お国の踊りを舞ってくださるそうよ。」
 
どこから呼ばれたのか、リュートや横笛の奏者が音楽を奏で始め
会場は一瞬にして、南国の花々を空想させる
異国情緒があふれる空間になった。
 
 
初めて城へとやって来た時に着ていた
あの民族衣装をまとった王妃のシルエットが
明かりを背に浮かび上がる。
 
細い体から伸びた長い足が、弧を描き
手に握る短剣が、光を散らす。
肌の上を艶が流れる。
 
その姿は、まるで花が降るように幻想的で
男たちは言葉なく見とれ、女たちは嫌悪の表情を浮かべた。
公爵家の娘は、舞う少女の影が伸びる手前の床を見つめていた。
 
 
曲が終わり、踊り子が一礼をした瞬間
公爵家の娘がスッと立ち上がった。
 
「王妃さま、素晴らしい舞いをありがとうございました。
 お疲れでしょうでしょうから
 あたくしがお部屋まで付き添わせていただきますわ。」
 
突然の退場勧告に、おどおどする王妃の肩を抱え
公爵家の娘は、毅然と会場を後にした。
 
 
自室へと強引に連れ戻された王妃の、青ざめた顔を見て
公爵家の娘は冷酷に言う。
 
「どうやら、ご自分のなさった事が
 あまり褒められた事ではなかった、という判断を
 出来るぐらいの頭はお持ちのようですわね。」
 
王妃は、公爵家の娘の事務的な笑みに
胸の前で握った拳を震わせている。
 
「どなたが、あなたに舞いのお話をなさったの?」
「・・・王さまの叔母さまが・・・
 王さまも喜ぶと・・・」
 
 
やっぱり、と公爵家の娘は思ったけど
表情はあくまでも、にこやかに忠告をした。
「そう。
 今の話は、王さま以外にはなさらないようにね。」
 
「あの、あたしの国、王族の舞い、祈り・・・」
王妃の “説明” を、公爵家の娘は無常にはねのける。
 
「あなたのお国ではそうであったとしても
 東国では、そのように肌を露出して舞うのは
 体を売る女性のみなのですよ。」
 
 
王妃の目が潤んだので、公爵家の娘は
自分の口調が、ついキツくなった事に気付いた。
 
「・・・王妃さまの舞いは、あたくしは好きですわ。
 慣れない事ばかりで、お辛いでしょうけど
 ゆっくりとでも、この国の習慣に合わせていきましょうね。
 今夜はきっと、早めに王さまがおいでになるでしょうから
 今の内に身支度をしておきましょう。」
 
「あ・・・、あの・・・」
 
王妃が何かを言おうとしているのに気付かないふりをして
公爵家の娘が、さっさと召使いを呼びに行ったのは
王妃を泣かせたのを悔やんだからかも知れない。
 
 
 続く 
 
 
関連記事: 継母伝説・二番目の恋 3 12.6.8 
      継母伝説・二番目の恋 5 12.6.14  
      
      継母伝説・二番目の恋 1 12.6.4 
      カテゴリー 小説・黒雪姫シリーズ 
      小説・目次 

健康茶

目ぐすりの木茶を愛飲している私。
詳しくは カテゴリー “健康” のところの
緑内障の記事とかを読んでほしい。
 
・・・いや、こんな手抜きをするのは
ブログ引っ越しの記事移転で、地主ぷらちッが
記事内リンクの処理に悩んでいるんで、ちょっと遠慮を・・・。
  
(それでもリンク2個追加)
(私の記事で、リンクなし、無理!!!)
  
 
愛飲している目ぐすりの木茶の恩恵を受けているくせに
慣れたらすぐこれで、人間ってほんと欲深い生物だよな。
もちろんこういう恩知らずには、即座に天罰が下るわけだが。
 
 
同じ目ぐすりの木茶でも、値段が様々で
あまりに安いのも信用できない、という人間の心理が
高級ブランドが売れる仕組みでもある。
 
しかし賢い私は、値段には騙されず中間層を狙う。
(何か微妙な判断力)
 
最低価格は24袋300円台。
これは “ブレンド” と書いてある。
きっと目ぐすりの木なんて、ほんのわずかで
安いそこいらの草でも入ってるんだわ、と
失礼極まりない決め付けをしつつ、とにかく中間価格を狙う。
 
 
そして、800円台のを買ってみた。
600円台だったかな?
何か丸っこい偶数だったような気がする。
・・・人に何かを伝えようとする気合いが足らんな。
 
で、愛飲している目ぐすりの木茶がなくなってから
その6か8の値段の目ぐすりの木茶を飲み始めた。
 
 
もう、ひと口目にブフォーーーッッッだったよ!
何じゃこりゃあ! だったよ!
すんげえ不味いんだよ!!!
 
箱をよく見たら、てか、よく見なくても
大きい字で “ブレンド” と書いてあったよ!
賢くても、字は読めなかったようだ、私は。
 
 
もう、踊り狂いたくなる程クソ不味いんだけど
もったいないので、飲み切るさ。
間違っても気軽に軌道修正できないのが、ザ・貧 乏 人 !
 
不味さは良いよ、昔、本物の漢方薬を飲んでて
そういう系統の不味さには、耐性が付いてるから。
健康に良いものは不味いに決まってるしな。
 
でも困ったのが、何か腹が痛くなるんだよ。
飲み始めて3日ぐらいしたら、チクチク腹が痛くなって
それに耐えて、更に1日2日で腹を壊す。
飲むのを止めたら、3日ぐらいで腹の傷みが治る。
 
 
何で “3日” なのかは、わからない。
ゆっくりと効く、って事なんかな。
飲んですぐ腹下ししてたら、下剤だもんな。
 
しょうがないので、1週間に1回だけ飲むようにして
あとは100%の目ぐすりの木茶を飲んでいる。
それでも何かちょっと腹具合が落ち着かない。
天罰、下ってるな。 腹が下ったし。 上手い事言ったな。 ふふふ
 
 
この、自称・目ぐすりの木茶 (ひでえ)、何が入ってるのか。
もう、いっちょいっちょの成分を調べる気にもなれんけど
記録のために、書き出しておく。
 
目ぐすりの木、ハブ茶、ウーロン茶、玄米、どくだみ、南天葉、甘草
 
・・・ウーロン、おめえか!!!
 
いやな、どう不味いかっちゅうと
ペットボトルで売ってる系の、ロクでもねえクズウーロン茶を
ものすごく濃く煮出して数日置いた味なんだよ。
 
そういう物を作った事があるか、っちゅうと、ないけど
何となく勘のみで、そういう味なんだ。
目ぐすりの木の鉛筆の味、1個もしねえし。
 
でも他の成分じゃ、玄米しか味を知らないので
ウーロンが悪がどうかはわからない。
どくだみの味の評判の悪さは有名だし
南天とかいかにも苦そうだし (言い掛かりが過ぎる)
ハブ茶って何・・・? まままままさか・・・?
 
 
とにかく、玄米以外、どれもこれもヤバそうな気配ムンムンで
どれから疑って良いのか、困っちゃう~ん状態。
 
いや、もうどうでも良いけどな。
私は目ぐすりの木茶100%を求めてるわけだし。
 
・・・どいつが私の腹に罰を与えてるんだろう・・・?
 
いやいや、もう犯人なんて見つけなくて良いではないか
皆、仲良し、それで目出度し!
 
 
ブレンド茶というやつには気をつけような。
健康茶はキリキリと目的を絞って、欲張らずに
1個だけ、1個だけに効けば良い!!!
 
と思って買ってるのに、何故にブレンドに当たるんやら。
しかもこいつ、箱に “まろやかな風味” って書いてあるよ。
どれがそこまでトゲトゲしい味なんだろう?
あの目ぐすりの木茶の、超・鉛筆味を消すほどに・・・。
 
いやいやいやもう犯人なんて皆平等世界はひとつブレンド万歳!
 
 
 

評価:

(株)ピーアットライフ


¥ 735

コメント:私が好きな緑茶は、玄米茶、ほうじ茶、加賀棒茶、そして茎茶。 わかりやすい香ばしさがあるのがポイントだ。 んで、八女は九州でも有数の緑茶の名産地なんだ。 いや、私には茶の味はわからんよ? でも茎茶は美味いぞー。

継母伝説・二番目の恋 5

翌日の王妃は、昼食会に現れなかった。
朝食も摂らなかったらしい。
 
「娼婦の真似事をして、王さまから折檻されたのよ。」
そうクスクス笑う貴族の女たちを
公爵家の娘は、内心、鼻で笑っていた。
 
あのように美しい姿を見せられて、王が怒れるわけがないわ。
逆に人前に出したくなくなるってものよ。
 
 
王妃は王の前で泣いたに違いない。
そんな王妃を、王が慰めないわけがない。
 
軽微な謀略ゆえに、王の叔母上に表立っての沙汰はないにしろ
きっと王の不興は買ってしまったわね。
 
くだらない企みをするからよ、地位だけしかない浅薄な女。
そう見下した王の叔母にも
いつもと変わらず、うやうやしくお辞儀をする公爵家の娘。
 
 
公爵家の娘は、常に身の振り方を考えていた。
王に 「王妃の友達に」 と望まれたけど、王妃の元に行かないのは
どの位置にいたら、火の粉が掛からないかを
見極めようとしているからである。
 
あたくしの言動ひとつでも、隙を見せると公爵家の汚点になる。
王の王妃への熱は、当分は治まらないだろうけど
王妃があの調子では、いずれ宮廷内で
王の寵愛争奪戦が始まる可能性が高い。
 
寵姫、つまり側室になるよりは
東国の大貴族か他国の王族へと、“正妻” として嫁ぎたい
それは、あたくしの我がままだけど・・・。
 
公爵家の娘は、貴婦人たちが集うテラスに目を向けた。
午後のお茶と称して、美しく着飾った女性たちが
ティーカップを手に、噂話に花を咲かせている。
 
 
宮廷は夢のような場所。
美しい調度品に囲まれて、美しい衣装に身を包んだ人々が
優雅に社交をしている。
 
フルーツをふんだんに使ったフワフワのケーキ
色とりどりのキャンディーやクッキー
繊細なラインのグラスには、泡が舞うシャンパン。
 
そこで生まれ育った人々は、そこを永遠の楽園だと思い込む。
吹きすさぶ木枯らしに背を向けて
窓のこちら側で、自分たちは選ばれし者だと悦に入る。
 
私には、その世界は退屈だわ。
だけど女性に生まれてきてしまったので
せめて、参政の義務がある王妃になりたかったのだけど・・・
 
 
あの冬の日、王とふざけて越境した暖かい南国の
別荘らしき建物のベランダで歌う少女を盗み見た瞬間
 
 
・・・王妃の地位は諦めた。
 
 
 続く 
 
 
関連記事: 継母伝説・二番目の恋 4 12.6.12 
      継母伝説・二番目の恋 6 12.6.14  
      
      継母伝説・二番目の恋 1 12.6.4 
      カテゴリー 小説・黒雪姫シリーズ 
      小説・目次 

1 / 3123

Home > アーカイブ > 2012-06

フィード
メタ情報

Return to page top