Home > アーカイブ > 2010-02

2010-02

ジャンル・やかた 50

「もういい!」
バスカムは、あまり期待をしていなかったので
この女の土産なしには、そう落胆はしていなかった。
 
しかし1ヶ月掛かって成果なしとは、この女は使えない。
アッシュの思惑通りにそう判断したバスカムは、女に帰っていいと告げる。
ディモルに女から目を離さずにいろ、と命じたのは念のためである。
 
この処置は、主に恋人を殺された女に対しては、ごく普通の事である。
むしろそんな女を身近に置いている主の方がおかしい。
バスカムには、アッシュが考えなしの大バカに思えていた。
これはごく正しい評価であった。
 
 
デイジーが集会部屋から出てきて
自分の部屋に戻ったのを確認したアッシュ一同は、安堵の溜め息を付いた。
引き続きの厳重な監視を頼み、アッシュとリリーは地下通路に下りた。
 
「どうしますー? もう一気に全員殺っちゃいますー?」
アッシュが歩きつつ、ヘラヘラと笑って言う。
まったく、冗談なのか本気なのかわからない。
 
アッシュが手の平を壁の装置に当てると、数m先のドアがシュッと開いた。
全ドアでこれが出来るのは、アッシュ以外はジジイとリリーだけである。
働いている者たちは、外部への個別通路のみしか開けられない。
 
「SFですよねー ♪」
アッシュはこういうのが大好きで、これがしたいがためだけに
“見回り” と称して、意味もなく地下通路をウロついていた。
薄暗い地下をフラフラ徘徊するババアなぞ
不気味以外の何者でもないのに。
 
 
「ところで、事務部に反抗的思想の人はいませんよねー?」
アッシュが立ち止まり、リリーに訊く。
「それは大丈夫です。
 何重にもチェックを入れてますし、全員わたくしが掌握しております。」
「おおーーーーーっ、女王様ーーーーーーっ!!!」
アッシュが両手を合わせてウルウルと見つめるのを、リリーは無視した。
 
「長老会への報告はどういたしますか?」
「んー、私としては、こういう事態は内部で収めてからの
 事後報告の方が、スムーズにコトが進むと思うんだけどー。」
 
「では、長老会へは通常報告のみで。
 ただ元主様へは、協力を仰いだ方が良いと思いますが。」
「あっ、ジジイには言っておかないとヒガむもんねー。
 ジジイが次に来そうな日はいつかなー。」
「いつものサイクルですと、多分、来週初めあたりになると思います。」
「うーん、来週じゃ先過ぎるなあー。
 明日だとあからさまだから、あさってあたりが好ましいんだけどー。
 よし、Cラインを使おうー!」
 
Cラインとはアッシュ-ジジイ間の直通電話の事で、盗聴の心配がない。
秘密のsecretは、日本語でsiikurettoと読むから
siiでシーで “C” だとアッシュが言い張って、この名になった。
アッシュはこういうスパイごっこが本気で好きだった。
 
 
再び通路を行き、パネルに手をかざしドアを開けて入ったのは
館内の電気関係をすべて司っている部屋で
その広さは、館の北館2個分にも匹敵する広大さである。
 
地下があるとは思っていたけど、こんなに広いとはねー
だよねー、地上と地下は同じ面積である必要なんてないもんね。
アッシュは、ここも好きだった。
というより、こういう迷路のような地下自体が好きだった。
 
オカルトに地下は付き物じゃん
薄暗さにビクビクしながらも、妙に興奮するんだよなあ
これぞ、“吊り橋効果” だな!
アッシュは自分の異常嗜好を、大間違いな理論で納得していた。
 
 
アッシュが電気部屋と呼ぶその部屋は
地下鉄の制御室のような様相である。
「おおおーっ、これぞ陰謀のエレクトリカルパレードやーーーっ!」
両手を広げて大声で叫ぶアッシュに、誰も反応しない。
この部屋に入る度に、同じセリフを繰り返していたからである。
 
「さ、主様のいつもの呪文も唱え終わったし
 昼間お願いした電気量のデータは抽出できてる?」
リリーが声を掛けた職員が、誘導する。
「はい、ここに。」
積み上げられた膨大な枚数の紙が、アッシュの目まいを誘う。
 
 
「で、これを誰が見るんかなー?」
職員の両頬を指で摘まむアッシュに、摘ままれた職員が答える。
「うぉうわたふぃがうんせきしわした (もう私が分析しました)」
「うーん、気が利いてるーっ!」
ここぞとばかりに抱きついて、理系男子にセクハラをするアッシュ。
 
異様にはしゃぐアッシュを、リリーは冷静に見ていた。
いつも地下に来ると、どっかのネジが飛ぶようだけど
今回のこの舞い上がりっぷりは、ただ事ではない。
このお方は結局、戦いが好きなんじゃないかしら?
 
 
「うーん、やっぱりバ・・・何とかの部屋の電気使用量は
 他の住人の部屋より微妙に多いっぽいかもー。」
「いい加減、名前を覚えてください。 バスカムです。」
 
覚える努力をする気がさらさらないのか、アッシュが無視して続ける。
「でも、こんな差じゃわかりにくいですよねー。
 これはチェック漏れとは言えないなあー。
 まさか住人が通信傍受機器とかを置いてるとは思わなかったしねー。」
 
デイジーがディモルから聞き出した話によると
リーダーが盗聴機器類を揃えているらしく
それを重く見たアッシュとリリーは
電気部にその情報の裏付けを取るために
各部屋の電気使用量の調査を命じていたのであった。
 
 
データを見つつアッシュと話し合う職員に、リリーが訊ねる。
「長老会との電話も受信されていた可能性はあるのかしら?」
「それは実際に機器を見てみないと何とも・・・。」
「事務部の通話内容の確認はした?」
「はい。 なにぶん急なお話で、時間が掛けられず
 完全に確認できたのは、まだここ1ヶ月のものだけですが
 その期間は、特に大した情報はありませんでした。」
「主様の会話は?」
「・・・「ほー」「へー」、もしくは怒号ぐらいで・・・。」
「ああ・・・そう・・・。 まあ、それなら良かった・・・わ・・・?」
 
色んな事で落胆するリリーと、申し訳なさそうにする職員に
隣でのんきに書類を読んでいたアッシュが指示を出す。
「じゃあ、明日、反乱軍の各部屋をチェックに行ってくださいー。
 怪しまれるとマズいんで、モニター部と連携してくださいねー。
 で、今回は確認のみで、一切手を加えないようにー。
 確認の様子はビデオに撮ってきてくださいねー。」
「はい、わかりました。」
 
「じゃ、その他の事はリリーさん、お願いしますねー。
 私はジジイにCラインかまして寝ますからー。」
「はい、お疲れ様でした。」
 
リリーがそう答えると、すべての職員が立ち上がってアッシュを見送った。
アッシュは、敬礼をしてから部屋を出たが
ふっふっふっ、ものすごい上官気分ーーー、と内心ホクホクだった。
 
 
続く。
 
 
関連記事: ジャンル・やかた 49 10.1.28
      ジャンル・やかた 51 10.2.3
      
      ジャンル・やかた 1 09.6.15

人生相談  19 恋のライバル

 <質問>
 
好きな人がいるのですが、ライバルが邪魔をしてきてウンザリです。
私はライバルは放っておいて、なるべく気にしないようにしてるのですが、
向こうは何かと気にしてるようで。
これからも邪魔をされると思うとゲンナリ。
 
邪魔されない方法とかってありますか?
気にしないようにしてても、彼との接点を少なくされるのは嫌なので。。
 
 
具体的には、私は二人にならないようにされてる感じ。
敵は二人になろうとしてる感じですね。
気のせいといえばそれまでですが。
 
グループで一緒に海に行こうとしてたら、
「私たちはちょっと用事があるから、
 先に他の人達と一緒にいったほうがいいよ~」
って男の人がいないとこで言われて。。
実際に用事があるのは彼本人だけで彼女はついていくだけ。
他にも友達連れてってたけど、キューピッドなのか、
海に来た時は二人できていた。。。(男も男ですが。。)
 
他はみんなでごはんに行ったら、
最初から最後まで彼にべったりくっついて、離れない。
(個人的に視界にいれたくないから、近づきたくない。。)
 
 
向こうは私を意識してるのかしてないのかわかりませんが、
彼との接点が少なくなるのはいやなんで。。どうにかならないものかなと。
 
個人的には、人の邪魔してチャンスをgetとかしたくなくて、
マイペースでいきたいのですが、
もっと自分の存在を強くしないといけないのかなぁと思って。
 
何か方法があればお願いします!!
 
 
 <回答>
 
腐りも腐って乾きかけのババアだと言うとんのに、また恋愛相談か!!

しかも今回は具体的な質問だ・・・。
恋愛 = 下僕作り だった元女性としては
これほど難解な問題もねえよ・・・。
 
 
わからんので何度も何度も読み返していて、ひとつ思った事がある。
相談とはまったく関係なく、しかも根本からとてもすまん事を言うが
その彼、ちょっと問題ねえか?
 
ライバルと彼は、まだ恋人同士じゃねえんだよな?
彼女でもない女性を周囲にはべらせているって
「ぼくちんモテるのお」 と、つんのぼせている王様か
皆仲良いお友達、というチーチーパッパのどっちかじゃねえのか?
 
彼とライバルが付き合っていたとしても
何で陰でコソコソやっとんのだ? と、益々不審に思うぞ。
 
いずれにしても、彼がおめえの気持ちに気付いていたら、余計に最悪だな。
自分からは何のアクションもせずに
女の戦いを楽しんでいるコロッセオ観戦貴族もどきだぜ。
 
 
私なら、相談者のような状況になった時点で戦線離脱する。
彼氏にするなら、私の事を第一に考えてくれる人を望むからだ。
 
恋人同士になれたとしても、空気読めずの八方美人の彼氏だったら
付き合ってる最中も、私の気持ちを二の次にして
自分の外ヅラの良さばかり気にされて、良い事なさそうだぜ。
 
 
と、見ず知らずのお方の悪口を、よくもここまで、というほど言って
まことにすみませんでした。
 
それさ、ライバルを気にせずに、さっさと告白した方が良くねえか?
駆け引き、どうも通用しない男性のようだし。
 
何より長引かせると、ライバルの手段がもっとひどくなるかも知れんぞ。
おめえの悪口を、ある事ない事周囲に言いふらす、とかさ。
他の人たちとも、仲間ですらいられなくなるかも。
 
もし告白してダメだったら、「気の迷いだった」 で良いじゃん。
ヘンなコブ (ライバル) 付きの男に長期間振り回されるなんて
貴重な若さの無駄遣いだぜ。
 
 
てかさ、晴れて付き合えるようになったとしても
そんなにロコツに牽制するような女性なんだから
どう転んでも、憎まれる対象になる気がする。
 
すんなり引いてくれれば良いけど
もしかしたら彼以前に、そういうバトルを好むタイプの厄介な女性かもな。
 
誰に相談されても私的には、やめた方が良くない? って必ず言うと思う。
彼にもライバルにも、マイ危険センサーが鳴り響くもん。
関わらない方が良い人種のような気がするがなあ。
 
 
えーと、相談者が真に考えてほしい肝心の “方法” に関して
1個も答えておりません。
 
麻雀もUNOもダウトも苦手とするわたくしといたしましては
情けない事に、そういう駆け引きが大の苦手であります。
悪項目はともかくも、善項目では穏便に済ませる事が出来ません。
相手も自分も周囲もボロボロになるほど
おおごとに発展させる自信ならあります。
 
よって通りすがった人で案がある方は、ぜひコメントをお願いします。
役立たずで、ほんとすみません。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
人生相談は、あまり受付ておりませんが
ご相談はメールでお願いいたします。
アドレスはプロフィールにあります。
件名に、「人生相談」 と入れてください。
でないと、迷惑メールに紛れる可能性がありますので。
 
匿名で結構です。
いらん個人情報ばかり書いてこないで
肝心の相談内容の情報の方にこそ気を遣ってください。
 
相談内容によっては、相談した事自体を怒りだす可能性もあります。
 
相談後の意見、返事、報告等がありましたら
出来れば記事のコメント欄に書いていただけたら、ありがたいです。
通りすがりの人も、結果が気になると思いますので。
 
 
※ 相談内容を転記の際、状況によって
  伏字、改行、修正などをさせていただく場合があります。
 
※ 精神的に打たれ弱い方はご遠慮ください。

ジャンル・やかた 51

ジジイが上機嫌でホイホイと館にやってきたのは
アッシュ直々の要望だからである。
 
真夜中の電話に叩き起こされ、不機嫌になりかけたが
それはアッシュからの初めてのCラインだったので
一気に気分が高揚し、その後中々寝付けなかった。
 
しょせんこいつも、何のかんの言っても
館を30年余りに渡って、支配し続けてきた人間である。
その好戦さは、アッシュにもヒケを取らなかった。
 
 
いつものように、アッシュの演説を聴くために講堂の長い椅子に座る。
講堂には相変わらず、住人が大勢来ている。
「あら、元様、いらっしゃい。」
「おお、元気じゃったか?」
「やですよ、ついこの前もお会いしたじゃないですか。」
そう笑われるほど、しょっちゅうこの館に来ていたのは
ジジイが孤独老人だからではなかった。
 
30年余の君臨のお陰で、ジジイは立派な屋敷と大勢の使用人を与えられ
長老会では、尊敬と強力な発言力も持っていた。
いまや、街のVIPのひとりである事は間違いなく
それは自分の功績もあるが、何よりもアッシュの改革が大きかった。
 
わしの人生の集大成が、こいつじゃ
ジジイは演説するアッシュを見ては、自己満足にふけっていたのである。
 
 
「ああーーー? また来たんかいー、ジジイーーー。」
演説を終えて講堂を出ようとするアッシュが
反乱グループに不審がられないために
“いつもと変わらずに” という密約通りに振舞う。
 
「美味いお茶が飲みたくてのお。」
「茶ぁなら自分ちで飲めー!」
「そう言わんでくれ、わし・・・朝飯も食っとらんのじゃー。」
 
「おい、飯を食った事を忘れるなんて、元様・・・」
「まさか、いよいよボケてきたとか・・・?」
アッシュとジジイのボケ突っ込みは、恒例の演芸だったが
遠巻きにそれを見物していた住人たちが、ザワめきたった。
 
まったく、やり過ぎなんだよ、このクソジジイ!!!
ついついリキが入りすぎて、演技過剰になったジジイを
アッシュが怒りの目で睨みつける。
 
 
「はいはーい、これは何本ー?」
アッシュが指を3本立てる。
「1本ー。」
「じゃ、これはー?」
指を1本立てる。
「3本ー。」
 
「はい、正常ですねー、いつものアホウなジジイですねー。
 朝飯を食っていないんなら、フルコース用意してもらいましょうねー。
 もちろん全部残さず食ってくれますよねー?」
「すすすすいません、朝飯さっき食いました。
 どうかお茶だけお願いします。」
安堵したのか、周囲がドッと爆笑する。
 
執務室に入って、グリッと振り返ったアッシュの顔は般若と化していて
生命の危険を感じたジジイは、ひたすら土下座をした。
 
 
「で、今日までにわかっているのは、これだけです。」
結局軽食をとるアッシュとジジイに、リリーが説明をした。
 
反乱グループは7人で、リーダーはバスカム
大規模な襲撃を起こすために、通信傍受機器を揃えた等。
「通信傍受は、無線キャッチぐらいのものでした。
 つまり、ここの環境ではコードレスフォン限定ですね。」
 
執務室のTVモニターには、電気部が反乱グループの部屋を
調べる映像が映っていて、それをまるで映画鑑賞のように
ポップコーンをボリボリ食いながら観るアッシュとジジイ。
 
「格好良いと思いませんかー?
 私がデザインした電気部の工事用仕事着ー。
 メタルギアソリッドみたいでしょー?」
「何じゃ、そりゃ?」
「潜入ゲームのタイトルですよー。」
「あんた、そういうの、ほんっと好きじゃな・・・。」
 
「にしても、私、相続戦の時
 エレベーターんとこにあるらしき、妙な空間が気になってたんですよー。
 電気部の工事用の移動スペースだったんですねー。」
「んじゃ。 加えて、天井部分にも移動スペースを取ってあるんじゃよ。
 注意深く見てみると、館の天井の高さが外観と合わないのもわかるぞ。」
「その天井裏通路とか、誰が考えたんですかー?」
「設計士と電気技師じゃ。」
「ああ・・・、大阪城を建てたのは大工さん、みたいな答ですねー。」
「それが現実じゃよ、ふぉっふぉっふぉっ」
 
 
話が逸れまくる物見遊山気分のアッシュとジジイに構わず
リリーが報告書をめくりつつ、解説する。
「ただ予想外だったのが、この機械です。」
画面を折りたたみ式の棒で指す。
 
「おっ、女教師ー!」
「ふぉーっ、眼福じゃのお!」
「これで黒ブチめがねに、ひっつめ髪が王道なんですよー。」
「うーん、リリーちゃんはヘアスタイルは派手じゃからのお。」
「お出かけ用スーツはバッチリなんだけど
 もちっとオールドミス的味わいもほしいところですよねー。」
「定番すぎて俗じゃが、嫌いじゃないぞ!」
 
「そ!れ!で!!!!!」
ふたりの雑談に、しかもその内容が自分の外見である事に
激しくイラついて、リリーは画面を棒でビシビシ叩いた。
 
「おおっ、たかじんー!」
「誰じゃ? そりゃ。」
「日本の関西の・・・」
「こ!の!機!械!が!何だったかと言いますと!」
その大声に、リリーの忍耐力の限界を察したふたりは雑談を止めた。
 
「これ、盗聴受信機なんです。」
「・・・? だから傍受機じゃろ?」
「いや、きっと違うんですよー。
 大阪日本橋に年に1度行くか行かないか、という経歴の私が考えるに
 これは盗聴器をどっかに仕掛けてて、それ専用の受信機なんですよー。」
「ええと、それ、どういう経歴かのお?」
「何の知識も持ってない、って事は確かですー。」
 
 
もう・・・。 勉強が出来ない子供の授業態度みたい・・・。
話の進まなさに、いい加減ウンザリして
指し棒をたたみ、デスクの椅子に座って爪をヤスリで整え始めたリリー。
 
その怒りのオーラあふれる背中を見て、しまった、と後悔する雑談組。
「ほんっと、ごめんー。」
「真面目に聞くから、機嫌を直してくれ。」
 
懇願するふたりに見向きもせず、爪を削りながら投げやりに話すリリー。
「で、その盗聴器は、南北の住人用食堂に各1個ずつ見つかりました。
 他にもないか秘密裏に捜索中なので、引き続き警戒が必要です。」
 
背後でアッシュとジジイがつかみ合いのケンカを始める。
「あんたが妙な合いの手を入れるから、話が脱線するんじゃ!」
「私のつぶやきにいちいち反応するおめえが悪いんだろー。」
「おめえとは何じゃ! 目上に対する敬意はないんか!」
「命汚く生き延びてるくせに、年長ヅラしてんじゃねえぞー。
 諦めてマッハで死ねー! 手伝ってやろうかー? このクソジジイー!」
「何じゃと? やるんか? 年は取ってもまだまだ衰えとらんぞ!」
 
 
リリーが椅子をグルリと回転させ、振り向いて静かに言った。
「わたくしの話を真面目に聞けないのなら、もう無視しますよ?」
 
アッシュとジジイは、即座に取っ組み合いを止め、土下座した。
「ほんっっっと、すみませんでしたーーーっ。」
「どうか、無視だけはご勘弁をーーー。」
 
米つきバッタのように、ジタバタしているふたりを
冷酷な瞳で見下ろしつつ、リリーはあくまで無表情だった。
 
 
続く。
 
 
関連記事: ジャンル・やかた 50 10.2.1
      ジャンル・やかた 52 10.2.5
            
      ジャンル・やかた 1 09.6.15

ババア宣言

読んでくれている人から不評の、自分をババア呼ばわり。
これについて、とりあえずの結論が出た。
 
私はババアの道を歩みたい。
 
そもそも、最初にババアと自称し始めたのは
自分の年齢をすぐ忘れるからである。
 
これ、服を選ぶ時とか、ものすごく支障が出るんだよ。
ついロックテイストの服を手に取ったりとかするんだ。
だから、現在自分が何歳か瞬時に思い浮かばないけど
とにかくババアなんだから、と自分を戒めたのが最初だった。
 
 
戒める必要があるのか? と、問われると
私に関しては、「ある!」 と即答する。
 
親もない、知恵もない、恥もない私は
放置しとくと、どこまでも自由なんだ。
自分を縛るものは、自分しかいない。
人間、カセがないと堕落すると思う。
 
何を堕落かと言うと、それまた禅問答のようになるんだが
私的には、“社会の中で違和感がある存在” の事を言うんだ。
 
 
私のこの感覚は、幼い頃から 「変わっている」 と言われていて
その意味が、別に悪い事ではないんだけど・・・
という非難の言葉だと知っていたので
“普通” でいたい、と強く願うようになったんだと分析している。
 
更にその延長で、枠に収まる、型にはまる、等にものすごく憧れる。
“社会の歯車” に、完璧な正義を感じるのである。
 
とんだ変態のような事を言っとる気もせんでもないが
自分の中では、秩序の美学みたいなものがあって
それを目指しているのである。
まだまだ到達できていないのは、このブログを読んで丸わかりだろうが。
 
 
そして、ここ数年、自分の中でボンヤリと思っていたのが
ババアで何が悪いんだろう? という疑問。
 
見た目年齢 の記事で書いたんだが、それではっきりわかった。
私は自分を見失っていた。
去年は大きく体調を崩して、ちょいウツ気味にもなり
やたら弱気になっていたんだよな。
 
これは思春期のグレのようなもんで、まだまだ揺れ動くとは思うけど
ここにきて皆から助言を貰い、グダグダ考えて答が出た。
 
私はインテリ上品ババアになりたいんだ!
 
これは外見上であって、中身はどうしようもないドアホウなんだが
そんなん、付き合わないとバレないじゃん。
パッと見だけでも、お固くて厳しい女教師風なのになりたいんだ。
 
MじゃなくてS、菩薩じゃなくて鬼
フレアスカートじゃなくタイトスカート、肩出しじゃなく詰め襟
ドレスじゃなく軍服、湯じゃなく水、玉砂利じゃなく岩石
 
何を言うとんのかわからんだろうが、心配すな。
私も書いててどんどん混乱しとるから。
 
 
とにかく私は、ババアと自称したい。
もちろん他の人の事を同列視するつもりはない。
基準なんて個人差がものすごくあるし。
 
最初は戒めのみのつもりだったけど
途中から何だかそれがどんどん楽しくなってきてな。
どうも脳内で、自分の老化を乗り切るための妙な正当化変換をしたようだ。

何か、いかにも地獄に堕ちそうな思考の移り変わりで
自分の死後の世界に恐怖を感じるんだが
「自分で自分をババアと笑える心の広い わ・た・く・し (はぁと)
 他人に言われたら、そりゃあ烈火のごとく怒るけどね ふっふっふ」
と、他人が実に対応に困る、ハタ迷惑な自己満足をしたいんだ。
 
 
そんでビジュアルの目指すところも、何となくわかったから
このブログではその理想像を基準に、ババアで何が悪い、と恫喝しつつ
ババアに何が良いか悪いかを、自己判断で書くので
他の人にはこれは当てはまらないのを前提として、読んでもらいたい。
 
肉食猛獣系を目指すも良し、おっとり良家夫人を目指すも良し
そういう自分のコンセプトがある場合、それを伝えて話してくれれば
より話が発展しやすくなると思う。
 
 
しかし、ここで障害になるのが、嗜好なんだよな。
なりたいものと、好きなものが違うんだ。
お固い上品とロック系、かみ合わないだろ?
 
何でこう趣味と違う理想を持つんだか、よくわからんのだが
この趣味のせいで、まだまだ失敗を繰り返しそうな気がする。
ロングブーツ、失敗だったしなあ・・・。
 
まあ、その試行錯誤も経過のひとつなんで
迷いまくっとるなあ、とか笑いつつ観察してほしい。
結構、滑稽な様相を披露しまくっていくような気がするんでさ。

ジャンル・やかた 52

「ふうむ、まさか反乱グループができとるとはのお。」
「今までが何もなさすぎだったんですよー。
 てゆーか、何かヌルくないですかー?
 盗聴だの通話傍受だの、悠長ってゆーかー意味ないってゆーかー。」
 
「うーん、この若造、バスカム? わし知っとるぞ。
 同じ反抗的でも、前はもちっと活発だったと記憶しとるが
 えらい引きこもりになっとるのお。」
ジジイがバスカムを知っていた事に驚くアッシュ。
 
「えっ? 何か活発に反抗されたんですかー?」
「うん、廊下で会うと、ツンとそっぽを向かれたり。」
「・・・えらい躍動的な反抗ですねー・・・。」
「そうは言うが、されると悲しいもんなんじゃぞ?」
 
ヘッとバカにした笑いをするアッシュに、ジジイが訊いた。
「で、どうするんじゃ? 皆殺しか?」
ふたりで顔をつき合わせてケッケッケと笑う姿に
リリーは首を振って溜め息を付いた。
 
 
「にしても、このふたつの死亡案件、何故誰も気付かなかったんじゃ?」
ジジイの責めに、アッシュが反省もなく答える。
「これは普通、見落とすでしょうー。」
 
まあ、そうじゃな、と思いつつ、リリーに念を押す。
「この反抗者リストは確かなんかい?」
「はい。 それは確定済みです。」
 
「他にも小さい不満を持っているヤツはいるだろうけど
 どうこうしよう、というほどの気合いはない、って事で
 放置で良いですよねー?」
「個々の不満なんて、拾い上げてたらキリがないからな。」
「という感覚で、ジジイがノビノビと放置したタンツボを
 私が始末せにゃならん、ってわけですねー。」
「それが後釜の定めじゃな。」
「ヌケヌケと、よくもー・・・。」
ジジイとアッシュの漫談は続く。
 
 
「しかし、盗聴など始めたからには放ってはおけんじゃろう。
 頭と、勢いのあるのを殺れば、大人しくなるんじゃないのか?」
「ええーーー、頭、殺っちゃうんですかー? もったいねーーーっ。」
「何じゃ? あんたこういうのが好みなんか?」
「私、こういう知的イケメンビジュアルがタイプなんですよー。」
「言ってくれれば、本部から何人でも寄越すぞ?」
「・・・いや、いいですー。 もう性欲、ないもんでー。」
 
ああ・・・と、ジジイが同意した。
「わかるぞ、その気持ち。
 わしも昔はリリーちゃんの黒下着チラ見えに癒されたものじゃが
 最近は見ても、全然心が動かんようになってしもうて・・・。」
 
「はあ?????????」
リリーが珍しく大声で叫んだ。
 
「ほら、リリーさんがドン引きしてるー。 これだから男ってのはー。
 ジジイ、私のパンツならいくらでも見せたるから
 インテリ美女へのセクハラは止めとけー。」
「あんたのは下着じゃなくて、“肌着” じゃもんなあ・・・。」
「既にチェック済みかいーーーーーっっっ!」
アッシュとリリーはふたり引き潮に乗り、海の彼方へと流されて行った。
 
 
「とてつもない後味の悪い嫌悪感をジジイがかもし出したところで
 とりあえず、このバ・・・と一度話がしてみたいですねー。」
遠海から何とか生還したアッシュが、まとめに入った。
 
「んで、洗脳するんかい?」
と、ジジイの入れる茶々に、アッシュがまた乗っかる。
「そりゃもう、口八丁手八丁でー。」
 
「そう上手くいくなら良いんじゃがな・・・。」
「いかなかったら、おつー、あとよろー、ですよー。」
「あんたの話はよくわからん!」
 
ジジイの一括で、チャンチャン、と幕を下ろすアッシュ劇場であった。
 
 
「この事態を知っとるのは誰じゃ?」
「ここにいる以外は、当事者のデイジーと電気部、監視部ですわね。」
「デイジーはどうするんじゃ?」
「んー、また反乱軍に万引きを命じられたら
 毎回、無理! じゃ通らないでしょうから
 これを渡すように言おうかとー。」
アッシュは1枚のディスクを取り出した。
「何じゃね? それは。」
 
「これはですねー、相続戦の時に私が時々PCで書いてた日記ですよー。」
「何でそんな事をしとったんじゃ?」
「いや、ブログにアップしようかと思ってー。
 “実録! 呪われた館の惨劇 血にまみれた相続争い!!!”
 アクセス稼いで、アフィリでウッホウホー!」
「アホか!!!」
ジジイが、アッシュの脳天をパカーンと殴った。
 
 
「何を書いたんか、ちょっと見せてみい。」
ジジイがリリーにディスクを渡す。
パソコンのモニターを見たジジイとリリーは、ウッと言葉に詰まった。
 
「・・・これは何語かね?」
「日本語のローマ字打ちですー。
 書いた本人も解読しにくいんで、誰が見ても大丈夫でしょー。」
「こんなものは、こうじゃ!」
ジジイが取り出したディスクをパキッと折った。
 
「あああああああああああああああああああーーーっっっ!!!」
ヘタリ込むアッシュに、更にジジイが説教をたれる。
「外部には秘密厳守だと言うとろーが!
 あんたは主の自覚が足らんぞ!
 まったく、漏れる前に気付いて、本当に良かった良かった。」
 
 
あー、このド腐れジジイには、私のデータをことごとく破壊されとる・・・。
アッシュがフテ腐れてソファーに倒れたら、今度はリリーが訊いてきた。
「ローズにはどうします?」
 
「え・・・?」
「ローズはあなたの護衛でしょうに、まだ話してもいませんよね?」
 
 
その問いかけに、アッシュの表情が曇ったのを見て
リリーは話を続けるのを止めた。
ジジイは爪楊枝で歯をほじくりながら思った。
 
ローズの話は、アッシュの地雷じゃな。
 
 
続く。
 
 
関連記事: ジャンル・やかた 51 10.2.3
      ジャンル・やかた 53 10.2.9
      
      ジャンル・やかた 1 09.6.15

朝青龍引退

様々なトラブルを起こしていたので
なるべくしてなった、という結果である。
 
日本の神事である相撲に関わっているのに
敬意をはらっているとは、とても思えない言動で
この横綱が嫌いだったのだが
朝青龍を潰したのは、高砂親方と相撲協会だと思っている。
 
 
力士になりたがる日本人が減ってきたせいで
神事に外国人を入門させるようになったのも解せないが
そうしないとやっていけないのなら、教育をきちんとすべきである。
 
日本人にも難しいのに、外国人には余計に大変だろうけど
どんな世界でも、そういう心構えがないなら無理である。
 
度重なる朝青龍の問題に対しての、“処分” の甘さは
相撲協会には何の権限もないらしい事からきているようだが
ここにも疑問がある。
 
相撲で儲けてるくせに、力士に対して権限がないとはどういう事なんだか。
権限がない = 責任がない って事で、ラクをしてるんじゃないのか?
 
 
相撲には興味がないので、単に漠然とこういう事を思っていたんだが
今回の朝青龍 (いや、夜青龍か?) の
暴行事件への反応を見て、考えが変わった。
 
相撲協会や親方である元力士たち
こいつらも似たような事をやっていたんじゃないのかよ?
 
暴行などした事もない人間なら、今回の事件はすんげえおおごとである。
ちょ、犯罪じゃん! と思ってしまう。
示談にしたから、とか、それで済む問題ではない。
 
この件は、逮捕されるべき事案だと有識者がしきりに言ってるので
ここではそれに関しては省くが
なのに、“厳重注意” という軽い処分にするのは
相撲協会の権限以前に、こいつらが皆、同じ感覚なんだと思ってしまう。
だから朝青龍にも何も言えないんだよ。
 
私から見たら、そういう評価になる。
罪人を罰しないのは、罪人だから。
 
 
態度が悪いとかそういう最初の段階で、懲りるような処分をしていたら
朝青龍は引退せずに済んだような気がする。
 
もちろん良い大人なんだから、本人が一番悪いんだが
止められなかった周囲が悪い。
 
諌められない相撲の世界が腐って見えた。

ジャンル・やかた 53

館内でのアッシュの警護を担当していて、それは熱心にやっていたけど
館の運営に対しては、まるで無関心なローズであった。
バイオラが死んでからも、その姿勢は変わらなかった。
 
ただ、余暇には自分の名前でもあるバラの栽培や
ハーブを抽出して作ったアロマオイルなど
元々持っていたメルヘンな趣味を、更に広げていった。
 
アッシュの寝室には、常にバラの生花が飾られ
バラのドライフラワーもいたるところに吊るされ
何の魔よけだ? と、無機質趣味のアッシュをウンザリさせていた。
 
アッシュがいる時は、決して部屋には入らなかったが
アッシュが戻ると、テーブルの上にはローズお手製のクッキーが置かれ
ベッドからは、ローズのオリジナルレシピのアロマオイルの匂いが
プンプンと漂い、ローズが来た事を物語っていた。
 
草だの花だのに興味のないアッシュは以前、無神経にも
「バラの匂いって、うんこの匂いと同系列なんだってよー。」
とナチュラルに暴言を吐いて、しばきあげられた事もある。
 
 
そんなローズが常に気にしていたのが、アッシュの精神状態であった。
あの子はリラックスってものをしないから、弱いんだよ
そう思っていたので、アッシュの寝室は “安らげる空間” を演出した。
 
ローズのコーディネートを元に、多少はアッシュの嗜好も考慮して
シンプルながらも女性らしい彩りにし
バラの香りが基調のアロマオイルを、毎日アッシュのベッドに振りまいた。
 
 
バイオラの死後、業務事項以外はほとんど口を利かないふたりだったが
館内を移動するアッシュの背後には、必ずローズがいた。
周囲にはその姿が正に、“アッシュの影” と映り
ローズがいる限り、誰もアッシュに傷を付けられないだろう、と思われた。
 
それはアッシュの皮膚にだけではない。
心にも、だった。
 
 
アッシュは、いつも不機嫌そうだったが
それはアッシュの普段の表情で
言動は常に、良い意味で言うと “自由奔放” だったので
誰もその心の疲れには気付かなかった。 本人ですらも。
 
だけどそんなアッシュでも、時々わめき狂って
窓から飛び降りたくなる衝動に駆られる時があった。
 
そういう時にアッシュは、真夜中にドアにもたれて座る。
ローズの寝室へと通じているドアである。
 
以前はそのドアを開けて、寝ているローズのベッドの横に座って
ローズご自慢のラグのフチをむしって、眠れない夜を過ごしていたが
もうそれをしてはいけない。
だからアッシュはドアにもたれて座るのだ。
 
 
そうやって座り込んで、窓の外に広がる夜の空を眺めていると
ドアの向こうにかすかに気配を感じる。
ローズも、ドアの向こうで座っているような気がするのである。
 
アッシュはドアに耳をくっつけて、目を閉じる。
まるで母親の胎内にいるような、そんな不思議な錯覚を感じつつ
いつしかウトウトと浅い眠りに陥る。
それがアッシュが感じ取れる唯一の、“安らぎ” という感覚であった。
 
 
そうして朝が来ると、またウリャウリャ言いながら寝室を出て行く。
部屋を出て今日一日を突っ走って、再びここに戻ってくるのだ。
 
戻ってきた時には、必ずローズの痕跡があるはずだから
それを確かめるために。
 
 
続く。
 
 
関連記事: ジャンル・やかた 52 10.2.5
      ジャンル・やかた 54 10.2.12
      
      ジャンル・やかた 1 09.6.15

女のバトル

おしゃれを志している女性なら皆、経験があると思うけど
道行く女性同士の一瞬のバトルっていうのがある。
相手の頭から足元まで、サッとチェックするのだ。
んで、最後に目をジッと見て、火花を散らしてすれ違う。
 
これは男性の色視線とも、おばさんのぶしつけな観察とも違う。
まるで面接のような、シビアな値踏みなのである。
そこに勝敗はあるけど、同時に同志のようなエールも確かに存在する。
だからこのバトルは、そう悪い事でもないと思う。
 
 
さて、私はご存知の通り、女性らしさから逸脱した人材で
こういうチェックバトルには縁がない、と思われるだろうが
いやいや、そんな事はない。
たまに女性っぽい格好をした時には、挑戦される事もあるのだ。
 
もちろんスタイルの良さと態度のデカさでは、追随を許さないのだが
顔と持ち物の値段で全敗しているので
総合的にはトントンかな、と思っている。
 
私はあまり人を見ないので、いつもは仕掛けられる側なんだが
電車の中とか、人を待ってる時とかは
ヒマを持て余し、道行く女性を観察したりしているので
その時の私の目は、挑戦者の眼差しになっているかも知れない。
 
 
だが関西に来て、益々女性らしさが失われている私なので
もうバトルからは強制引退させられた気分でいた。
 
ところが、ここのところ “そういう” 視線を感じるのだ。
いつもと同じ服装なので、一体どういう事かと考えたら
例のロングブーツを履いている時に
同じようにロングブーツを履いた女性から見られるのである。
 
ブーツ、バトルアイテムだったんか! と、驚愕したが
また女性の土俵に上げてもらって、嬉しい気もしていた。
久々の現役表明?
 
 
とか思っていたら、友人から指摘を受ける。
「春日になってるよ。」
 
春日の意味が最初わからず、何? と訊いたら
お笑いの春日の事だった。
 
ロングブーツは、久しぶりの高いヒールなんで
ハイヒール用の重心の置き方を忘れてしもうて
前につんのめると見苦しいので、かかとに重心を置いて歩いているのだ。
真っ直ぐ立っているつもりだったが、やたら胸を張っていたらしい。
 
あんなマウンテンゴリラのような歩き方はしてない!
と思うのだが、確かに姿勢、特に胸元の処理が出来ていない気がする。
どや顔で歩いているように思われているんだろうか?
 
 
この歩き方に関しては、どうにか改良するとして
あの視線は、「何だ? こいつ」 だったのかも知れない。
いや、確かに値踏み視線をされていたと思うんだが
判定は、・・・想像したくもねえ。
 
高いヒール、足の妙なとこが筋肉痛になるし背中も痛い。
こんなにもコツを忘れるとは、予想外だった。
 
健康的にはあまり良くないハイヒールだが、女性の必須アイテムだと思う。
現役でいたいのならな。
何となく、ちょっと女性っぽい服とか買おうかな、とか思っちゃってるし
メイクにも気合いが入っているし、良い傾向?
今度から買う靴の条件には、ハイヒールって項目も入れとこうっと。
 
 
いつまでこのテンションが続くかわからんが
靴一足で、こんだけ気持ちが切り替わるんだから
あまり似合わなくとも、ロングブーツ、良い買い物だったかも。
 
と、今日もどや顔の春日歩きで闊歩しとるのさ。

ジャンル・やかた 54

多分ローズは私を守るためなら、どんな事でもするだろう
アッシュには、その確信があった。
 
だけど今回の事は、何故か言い出せない。
それは何かあったら、ローズは必ず助けてくれるだろうから
わざわざ言う必要もない、ってのもあるんだけど・・・
 
自分のちゅうちょの理由を、考え込むアッシュだったが
ジジイとリリーが無言でいる事に気付き
思考を打ち切って、慌てて言いつくろった。
 
「あー、えーと、ローズには言う必要はないですー。
 その場その場で的確に動いてくれますんでー。
 問題は、デイジーの今後だと思いますー。」
 
 
ジジイが首を捻った。
「デイジーか・・・。
 死んだ恋人のために、あそこまでするもんかいのお?」
アッシュが即答した。
「私にはよくわかりませんー。」
「・・・こっちの想像をこれっぽっちも裏切らない答じゃのお。」
 
「でも、悲しみを怒りに変換してるんだと思いますー。
 それは生きていくのには、良い方法だと思いますよー。
 怒りは生のエネルギーですからねー。
 私なんか、怒りを持てなくて苦労しますよー。」
 
ジジイは心底驚愕した。
「あんだけわしに怒鳴るくせにか?」
「“怒る” のと “怒り” は、持続性が違うでしょーがー。」
ええっ? と、納得しないジジイを置き去りに、アッシュは続けた。
 
「長く続く深い悲しみを、怒りに変換させるなんて難しいもんですよー。
 悲しみは受動的で己の内へ内へと向かうんですー。
 怒りは能動的で外へと向かうー。
 自分以外を憎むから、自己嫌悪感がないんですよー。
 デイジーは、生きるのにとても前向きな女性だと思いますねー。」
「ほほお、なるほど。」
 
ジジイが感心すると、アッシュが案の定、図に乗った。
「これはネットで調べた、“ラクチン洗脳術” とかいうやつで
 人の感情というものは・・・」
「待て待て待て、そんな汚れた話は聞きとおない!」
ジジイが慌てて止めたので、アッシュはムッとした。
「私が腹黒いお陰で、あんたが安定した地位にいられるってのにー。」
 
「とにかくデイジーの身の振り方じゃ!」
ジジイがむりやり話を元に戻した。
「んー、表面上は “今まで通り” しかないんじゃないでしょうかー?
 て言うか、こっちがさっさと動きましょうよー。
 反乱グループを壊滅させたら、それで済むんじゃないですかー?」
「それもそうじゃな。」
 
 
ふたりの意見がまとまったところで、アッシュが事務的に言った。
「じゃ、私はバ・・・こいつと直接話をする事にしますんで
 あんたは、こいつとこいつとこいつを殺りに行ってくださいー。」
 
「待て待て待てーーーーーーーーーーーっっっ!
 わしかい! わしが殺るんかい!」
 
「うわあー、関西芸人でも中々できない瞬時の突っ込み、すげえー。
 冗談ですよー。
 どいつが積極的にいらん事をするか、調べてからですよー。」
アッシュが大笑いしながら言うと、今度はジジイがムッとした。
 
「言っとくが、わしは引退したんじゃから狩りには出んぞ!」
「わかってますってー。
 でも、ジジイの勇姿、見てみたかったなあー。 あははー」
「まったく聞き流していると、何をさせられるかわからんな!」
 
 
その後、リストを見ながら3人で議論が続いた。
 
その間ずっと、アッシュもジジイも
お茶を飲み、駄菓子をむさぼり食っていたので
その日の夕食が食べられなかったのは
イイ大人が、どこのしつけの悪いガキだよ? という話である。
 
 
続く。
 
 
関連記事: ジャンル・やかた 53 10.2.9
      ジャンル・やかた 55 10.2.16
      
      ジャンル・やかた 1 09.6.15

ナイスバディの秘密

うちの主治医は、私がいくら更年期だと訴えても
「まだ早い」 と、聞く耳を持ってくれない。
その理由が、「女性ホルモンは出てると思いますよー?」 なのだ。
 
検査もしとらんと、何でそんな事がわかるんだよ? と思うんだが
主治医曰く、「検査してもムダだと思いますよー?」 と
やたら断言してくれる。
 
うーん、自分じゃまったくわからないんだが
女性ホルモン = 色気 と、素人らしく単純にとらえて
もしかして私って、実は色気ムンムンなのか? と
ものすごい自分擁護の方向で思考してみたが
どう自画自賛しても、それはない。
聖女で天才で無敵の私にも、色気だけはない。
 
 
この主治医の決め付けに、釈然としない日々を過ごしていたんだが
ある日TVを点けていたら、ある言葉が耳に入ってきた。
 
「女性ホルモンが多いと、ウエストがくびれているんですよ。」
 
そ れ か !!!!!

と、謎が氷解した。
自慢なんだが、私はナイスバディである。
それも、ただ痩せているだけではない。
乳はあるし、ケツはあるし、ウエストは見事にくびれている。
 
主治医は私のこのナイスバディを
見て (しかも金を取って!) いるわけだから
私のツラには色気はないが、脱ぐと凄いんですよ、と知っているのだ。
 
そう。 書いてて判明したが、私に色気はあった!
普段は己の小汚ねえツラばっかりを注視てたから、気付かなかったよー。
 
 
ここで親切に解説するが、何故、“脱ぐと” と言っているのか。
それは、ババアのナイスバディなど何の価値もない
と知っているからだ。
 
よって、ブラも敏感肌用ワイヤーなしの非勝負ブラで
むしろ美乳を抑える方向だし
ボディコンシャスな服も、なるべく避けて
背後から来るヤツにいらん期待をされないよう
あえて、あ え て、ナイスバディを打ち出さない系の
ファッションをしているのである。
 
しょっちゅう振り向かれて、あからさまにガッカリされてみろ
誰だってそんな自分の首を絞める美は主張したくなくなるぜ。
 
 
で、ほー、ナイスバディだと女性ホルモンが豊富なんかー、と
女性ホルモンについて調べようとしてみたが
何かサイトが多すぎて、検索トップページを見ただけで挫折した。
 
最初は女性ホルモンについての、タメになる記事を書く予定だったんだけど
急遽タイトルも “女性ホルモン” から、ナイスバディにして
自分美賛オンリーの内容にした、っちゅう経緯である。
読まされる側にとっちゃ、正に天国から地獄、だろうが。
 
だけどそもそも、女性ホルモンとナイスバディの関係も不確かなんで
どう構成してもこの記事は、自分賛辞にしかならんよな。
なんせ奇跡のナイスバディだもんなー。
 
 
ここでひとつ問題がある。
更年期障害じゃないとしたら、この不調は何だよ? って話。
 
主治医が言うには、「自律神経が不調?みたいなー?」 だそうだが
これは困った。
更年期障害だったら、薬ガーッと飲んで抑えりゃ良いんだが
自律神経って、原因がモヤモヤしてるものじゃねえ?
安定剤とかそこらへんの対処療法ぐらいしか出来ない気がするんだが。
 
うちの主治医は、「更年期障害も自立神経の乱れですからー。」 と
ミソもクソも一緒のような事を言っとるんで
普段からそんなに自律神経が乱れきっとるなら
もう本当に更年期障害になっても、テケトーで良っかあ
ぐらいにしか思えなくなってしまっている。
 
ここ数年、更年期更年期とひとりで騒いでいたが
自分の中で、そのブームも去りつつあるし
何でも更年期のせいにするのはラクだったんだ。
 
だが女性ホルモン満タンそうな、このナイスバディでは
それも通用しないわけで、正直 あーあ って気分である。
 
 
ところで、私は生まれつきナイスバディなんだが
最近は寄る年波に勝てず、さすがに乳やら尻やらがタルんできている。
 
老化で美が失われるのが恐いかっちゅうと
何の努力もせずに持ってた才能なんで、結構どうでもいいんだ。
 
ダルダルバディになったら、“昔の栄光” を語りまくれば良いんだし
過去なんて、ウソ大げさまぎらわしさ満載できるじゃん。
余計に威張り放題になれるぜ。
 
だから、美人は老化を恐がる、というのが定説になっとるが
案外そんな事もないんじゃないかな、と思う。
周囲の不美人がそう決め付けてるだけで
美人本人は、美にそれほど執着しないんじゃないか?
 
かなりの不美人の私は、ツラの皮のお手入れに必死こいとるが
ナイスバディの方には無頓着なんで
人は、ないものに固執するのかも知れんのお。
 
 
この記事内で、一体何回 “ナイスバディ” と言ってるか
数えてみたら、なんと11回書いてあった。
(12回かも知れない。 数えるのが苦手なんだ。)
 
我ながら、凄えな私・・・。
1月2月からこんな飛ばしてて、大丈夫なんだろうか・・・?

1 / 212

Home > アーカイブ > 2010-02

フィード
メタ情報

Return to page top