Home > アーカイブ > 2009-12

2009-12

刺激

トラブルメーカーに限って、こういう事をほざくのだが
私が生活する上で一番望むのが、平凡と平穏である。
変化など起きると、心は良くても体がヘタるので
お願いだからソッとしといて、という気分で日々を暮らしている。

ところが歳を取ってくると、そういう生活はヤバいと気付くのだ。
感情の上下や情報は、良い意味での “刺激” になる。
これを受けてこないと脳がボンヤリしてくるのが、モロにわかるようになる。

私は定期的に外からの情報をシャットダウンする時期がある。
それはゲームにハマっている時。

ゲームのワクワクやドキドキ、イライラは刺激的ではあるが
プレイしていない時でも、ゲームの段取りで頭が一杯だし
ネットはしないは、TVは観ないは、映画は観ないは、本は読まないは
そのゲーム以外の情報を取り入れないので
マジで脳がボケてくるのが、ありありとわかるのだ。

こういう事も、過去に何度か書いているのだが
脳がモヤっているせいで、何度も同じ事を言いたくてたまらない。
ボケ老人は、自分が同じ話をしてるのを絶対に自覚していると思う。

実は今もゲームにハマっていて
この大掃除でクソ忙しい年末に何をやっとんのじゃ、と自分でも思うんだが
民主党政権に落ち込んで、現実逃避についやっちゃったら
思った以上にハマっちゃったんだよなあ・・・。

年末年始の休みからドラクエ9を始めよう、と決めていたのに
それまでの逃避として、単なる繋ぎに始めたら
もうやり込みまくるハメになっちゃって
こりゃ正月休みもこのゲームに終始してしまうかも・・・。

お陰で、ブログのネタがなくて困っている。
常にニュースとかを観て、心を動かしていないと
ここでギャアギャア怒る気になれんのに。

あー、これも私にニュースを観る気を失くさせた民主党が悪い!
引いては、選んだ国民が悪い!
更には、国民にそこまで不信感を持たせた自民党が悪い!
とにかく、自分以外のどれかが悪い!!!

とか、責任転嫁をしつつ、毎日空き時間にカツカツDSを叩いているのだが
この前、美容院での順番待ちの時に、DSをプレイしてたんだ。
そんなにノンキに出来るゲームじゃないんで
カツカツカツカツカツカツ、画面を必死でタッチさ。

そしたら美容院の新人らしきおにいさんが、シャンプーとか世話担当になって
その子が、すんげえ大人しくて初々しい可愛い男の子で
こういうにいちゃんを毒牙にかけちゃならねえな、と気遣って
愛想良くしつつも、雑誌を手にとって眺めていたんだが
その子が、すんげえおそるおそる訊ねてきたんだよ。

「さっき待っている時に何をなさってたんですか・・・?」 と。
(私のDSは、2重にカバーを掛けているので
 パッと見、DSとはわからないのだ。)

それが聴こえないようなか細い声で、オドオドと訊くもんで
ああ・・・、鬼気迫ってやってしもうとったか・・・
公共の場で、何ちゅう恥さらしな、と、激しく反省させられたぜ。

DSでゲームをやってたんですよ、と答えると
「すごく熱心にやってましたよね?」 だ。
もう、ほんとすいませんすいません、という気分になったよ。

と、ここまでハマってるゲームは何かと言うと
DSの “ブラッド オブ バハムート” である。

プレイレポートを書こうかとも思うんだが
何せ、毎度変わらずのヘタレっぷりでな・・・。
参考になる内容にならないと思うんで、ちゅうちょしてるのさ。

私が言うのも何なんだが、ゲームってのは
マトモな生活には、ものすげえ障害になる。
手とか脳とか使ってるんで、ボケ防止に良いように思えるんだが
一時話題になった、“ゲーム脳” になってるだけで
それとボケとは別物のような気がする。

ゲームにばかり熱中していると、バカになると思う。
見本がここに・・・。

それと忙しいのを理由に、情報摂取をしないのもバカになる。
“忙しい” ってのは、結局は毎日のルーティンワークが
過密になってるだけで、新しい事はほとんど起きていないんだよな。

つまりは同じ事の繰り返しだから、脳的には慣れた部分しか使わない。
使わない部分の脳はヒマなんで、どんどんなまけてしまう。
これがボケに繋がるんだと思う。

常に新しい刺激を取り入れて、脳の普段使わんを鍛えておかないと
頭がほんとマジでボンヤリしてくるぞ。
若い頃はわからないけど、歳を取るとそこらへんが
不思議なぐらいに、はっきりと自覚できるんだ。

頑固者はボケやすい、という俗説があるが
自分の通常の枠に固執して、変化を受け入れる余地がないと
確かにそうなりやすいのもうなずける話だ。

私もいい加減、元の好奇心を取り戻す事に努力するよ。
老人性ウツとか言って、逃避してたら
取り返しがつかない事になりそうだ。

とりあえず今のゲームを終えて、大掃除も終えて
ドラクエ9も終えたら。

・・・とか言ってる時点で、既に期待薄だがな。

あっ、余談だがな、久々に会った人に 最近どう? とか訊かれて
いやあ、更年期で参るよー、と答えたら
ええー? どういう症状なの? と、更に突っ込まれたんで
「何かイライラする」 と、正直に答えたら
大爆笑されて、「ナイス!」 とウケられた。

いや、マジなんだって! ギャグじゃないんだって!
まったく、どこぞの女性芸人が、こういうのをネタにしとるもんで
本気の病状告白も、お笑いとして処理されるじゃねえかよ!
周囲を笑わせるために歳取ってんじゃねえんだよ、やめてくれよー。

ジャンル・やかた 32

「そんで、募集の話じゃが」
ジジイが続ける。

「昨今は活字離れで、新聞も読まれなくなったんじゃろうなあ。
 年に一度の募集で誰も来ない事もある。
 来るヤツもかなり減ったんじゃよ。
 しょうがないんで、数人募集にきた時など
 面接での合格者を複数出して、順番待ちをさせる事もある。
 そんな人手不足の時に来たのが、あんたの兄ちゃんじゃ。」
「偶然、なんですかー?」
「偶然じゃろうなあ。」

何て疫病神な兄なんだ、と、アッシュがガックリと肩を落とす。
「で、異国に妹がいるのはわかったんじゃが
 グレーは長く放浪してたんで、身寄りがないも同然、となってな。
 なんせ、その時は他に誰も来てなかったんでな。」
斜め下から睨み上げるアッシュに、ジジイが慌てて首を振る。
「わしが決めたんじゃないぞ、長老会じゃぞ。」

「いやの、わしもそろそろ隠居したくなっちゃってのお。
 グレーには期待してたんじゃよ。
 風変わりだけど頭は切れるし、わしゃ飲み友達だったんじゃよ。」
「兄は何か有益な情報を握ってたんですかねー?」
「・・・多分、わしが主だというのは薄々気付いてたはずじゃ。」
「これ、何のヒントですかねー?」
アッシュは写真を腹から出した。

「あんた、それ今どっから出した?
 うっ・・・、ホカホカしとるのお・・・。」
「いいからー! 裏には漢字で “歴史と伝統” と書いてありますー。」
「これ、どこで入手したんじゃ?」
「あんたらが見落としてたとこからですー。
 もう、そういう事はいいからー!
 これどういう意味だと思いますかー?」

「うーん・・・、ここらへんの城主は自室は2階にあったもんなんじゃ。
 現代は最上階とかに住みたがるらしいが
 城を持っている者は、いくら増築をしても伝統を守って
 いるべき場所にいる、とでも言いたかったんかのお?
 ま、わしは途中で最上階に移ったけど、結局は1階に戻ったんで
 当たってると言えば当たってるんかいのお?
 グレーはわしの移動記録など知らんはずじゃしの。」
「旧館を調べろ、って事を伝えたかったんですかねえー?」
「・・・さあな。 あの男も、わけわからんとこがあったからのお。」

まったく、今になっても意図が判明しないなど
どんだけわかりにくいヒントだよ?
兄、ちょっとバカじゃねえ?

この写真がなければ、エレベーターに気付いた時に上階に行ってただろうから
攻略できたのは、この写真のお陰といえばそうかも知れないけど
それにしても、運が良かった、以外の言葉が思いつかない。

「そんで、どういう経緯で私に相続話がー?」
「・・・うん・・・、それは驚きじゃったよ。」
ジジイは、しばらく遠くを見つめた。

「おーい、お迎えがきましたかー?」
「ちょっと回想してただけじゃ!」
「あー、ビックリしたー。
 年寄りなんだから、突然黙り込んだり動かなくなったりしたら
 間違われて埋葬されかねませんよー、気をつけてくださいねー。」
「あんたは・・・・・。」
「日本は何と火葬なんですよー。
 こっちは気が付いたら地中だった、だけど
 日本じゃ気が付いたらあたりが火の海だった、ですからねー。
 まあ、どっちもヤですけどねー。」

ジジイは怒りを抑えつつ、話を戻した。
「グレーは遺言書を作っておったんじゃ。
 それも法にのっとった正式なものをな。
 どういうつもりで、あんたに相続させたかったんかはわからんが。」
「この館の中でそういう事が出来るんですかー?」
「普通は出来ん。
 じゃが、グレーはリリーと付き合っておったんじゃ。」

「ええええええええええええええーーー?」
リリー? あの香水女?

「そ、それは、ここに来てからですかー?」
「うむ。」
「以前からの知り合いとかじゃなくてー?」
「うむ。」
「ここにいる数ヶ月の間でー?」
「うむ。」

兄ちゃん、何て手の早い・・・。
呆然とするアッシュに、ジジイが同情の眼差しを向けた。

続く。

関連記事: ジャンル・やかた 31 09.11.30
      ジャンル・やかた 33 09.12.4

メントールたばこ

今時、たばこを吸うヤツはバカだと思う。
ヘビースモーカーの私は、MAX大バカ者なのだが
やめたくないのだから、始末に負えない。

たばこさ、ほんと吸わない方が良いぞー。
たばこ大好きのグレート大タワケな私が言うんだから間違いない。

ここでたばこの話題を出す度に、これを書くけど
ボケて同じ話をする、年寄りの性能なわけじゃなく
当事者の注意喚起なので、間違えて苦笑せんでくれ。
そりゃ、いっつもマジで忘れて何度も同じ話をしとるけどさー。

メントールかメンソールかメンソーレ沖縄か、正しい呼び名がわからんが
とにかくメントール入りたばこを貰った。

私はメントールたばこは吸わないんだが、それは
メントール入りたばこは勃起不全になり、その理由が、脊髄にくるから
という話を、どこかで見たか聞いたか、したからだ。
私に勃起する身体機能はないので、関係ないんだが
“脊髄にくる” って部分が、どうにもこうにも気色悪いと思わんかあ?
だから意識的にメントールたばこは避けていたんだ。

しかしこの話、よく考えてみりゃ、だったらミント菓子とかも悪いよな?
“吸う” って行為が問題なら、ミントのアロマオイルなんかどうだよ?
だからガゼネタだと、最近になって思ったさ。
じゃないと、ミンティア常備食い、すっげーヤベえじゃん。

このメントール都市伝説を除いても、ヘビースモーカーとして
メントールたばこなんぞ素人の吸うもんだ、と公言していた。
私がどんだけ玄人なんだか、まずそれを自問自答するべきなんだが。

そんな私に何故メントールたばこをくれる? しかも3種類。
と、怪訝な顔をしたら、「最近のメントールたばこは面白い」 んだと。

下の写真は、左上はいつものCASTER ONE 100’Sボックス
タール 1mg ニコチン 0,1mg

他の3つが貰い物のメントールたばこ
右上 KENT HIGH DEFINITION MENTHOL
      TASTE 1 (タール 1mg ニコチン 0.1mg)

左下 LARK MINT SPLASH 7
      (タール 7mg ニコチン 0.5mg)

右下 KOOL BOOST 5
      (タール 5mg ニコチン 0.5mg)

下の写真は左から、キャスター、ケント、クール、ラーク
下の青い粒、これがフィルターに埋め込まれているメントールの粒。

クールとラークには、この青い粒が入ってて
下の写真のクールで説明すると
フィルターの銀色の部分を指で潰すと、メントールの強い味になるんだ。
ケントには、青い糸が入っている。

今のメントールたばこはこうなってるのかーーー! と、
フィルターをほじくって、感動したよー。

私は家では、少しでも毒をバリアしたいのと、唇の乾燥防止のために
いつもフィルターを使っているんだけど

これを使っているのは、比較的吸いやすいからだ。
吸うのに力が要るフィルターもあるんだよ。

で、思ったんだが、吸った後のメントールたばこの粒を
このフィルターに入れて吸ったらどうなるかな、と。

潰した後の粒でも、数個入れると微かにメントールの味がした。
ケントの糸の方は、イマイチ味がしない。
ロコツに貧乏臭い事をやっとるが・・・。

てかさ、だったらこの手の別付けフィルターに
ミントの粉を入れたら、メントールたばこになるよな。
強さも調整できるし、好きな銘柄をメントールにできて良いんじゃねえ?

ミンティアを砕いたらどうだろう?
とか考えたが、やってみようか迷う自分がいて、そんで思いついたのが
料理に使うミントエッセンス、これなら手軽で良いんじゃないのか?

とか思っていたら、貰ったメントールタバコを消費するだけで飽きた・・・。
それどころか、ちょっと喉にきている。
メントール、結構ノドには悪い気がするぞ。
私には、たまーに1~2本ぐらいで充分だな。

ジャンル・やかた 33

「で、リリーさんと付き合うと、何で遺言できるんですかー?」
「それはな、リリーが弁護士だからじゃ。」
「え? 秘書じゃないんですかー?
 てゆーか、元犯罪者なのに弁護士になれるんですかー?」

「秘書みたいなもんじゃが、正式には弁護士なんじゃ。
 元犯罪者でも弁護士資格は取れるが、リリーは犯罪者ではない。
 ・・・ここには何人か、長老会から派遣されて来ている者がいるんじゃ。」
ジジイは、アッシュに顔を近づけて声をひそめた。

「ああー、そうですよねー。
 元犯罪者の集団と、関係ない一攫千金狙いのよそ者だけに
 街のおおごとな恥部を任せられませんもんねー。」
「・・・あんた、言いにくい事をサラリと言いよるな・・・。」
「だってどう表現しようと、汚物はしょせん汚物でしょー。
 キレイ事でまとめるには、ここは黒すぎますよー。」

無表情で答えるアッシュに、ジジイがうなだれる。
「そうなんじゃよ・・・。
 ここは色々とありすぎた・・・。」

「んで、遺言書の話の続きはー?」
「あんた、わしの苦悩を無視かい?」
「あ、それについては、後でじっくり責めてあげますからー。」
「え? わし、まだイジメられるの?」

その言葉にアッシュは、獲物発見! と言わんばかりに
目をイキイキと輝かせた。
「ほおー、まだ被害者ヅラできる立場だと思っているようですねー。
 これは念入りに責め上げてさしあげないといけないようですねえー。」

泣きそうになっているジジイに、アッシュはまくしたてた。
「で、兄はリリーさんに協力してもらって、遺言書を作ったんですねー?
 それ、違反行為になりませんかー?
 しかも街からの監視者のリリーさんが、そんな事に協力しますかねー?
 その話、何かおかしくないですかー?」

「・・・・・・・・・」

ジジイは、黙り込んでしまった。
アッシュは、そんなジジイの様子を気にするともなく紅茶を飲み
皿から取ったハンバーガーを開き
ピクルスをつまみ出してペッと皿に投げ捨ててから、かじりついた。

「ピクルス、嫌いかね?」
「自分が不味いと感じるものは嫌いですねー。」
「明快じゃな。」
ジジイは再び無言になった。

どれだけの時間が経っただろう。
ジジイがようやく意を決したように、アッシュの方を向いたら
アッシュは椅子の背もたれにもたれかかって、大口を開けて寝ていた。
しかも、よだれまで垂らしている。

ジジイの堪忍袋の緒がブチッと切れた。
「こらっ! 起きんかい!
 何じゃ、そのだらけた態度は!
 今わしがどんだけ悩んでいたと思ってるんじゃ!」

アッシュがムニャムニャと寝呆けながら言う。
「えー・・・、寝せてくださいよー。
 私には、もう二度と安らかに眠れる日は来ないかも知れないのにー。」

アッシュが何気なく発したその言葉が、ジジイに突き刺さった。
「・・・あんた、バカなのか利口なのか、どっちなんじゃね?」

「もちろん、どっからどう見てもバカなのには異存はないでしょうけど
 実は超ド級クラスの大バカだった! という救えんオチでしょうよー。
 特に私がこれからしようとしている事を考えるとー。」
ヘラヘラ笑うアッシュに、ジジイが険しい表情で問う。
「一体、何をしようと思っとるんじゃ?」

「んーとですねー。」
アッシュが説明するのを、ジッと聞いていたジジイだったが
話が終わると、再び頭を抱えてしまった。

アッシュはそれを見て、ヤレヤレと
今度は椅子を3つ並べて、その上に横になってグウグウ寝始めた。
ジジイは立ち上がり、窓際に立って空を仰いだ。

この館の運命の歯車が、突然回り始めた気がするのお・・・。

続く。

関連記事: ジャンル・やかた 32 09.12.2
      ジャンル・やかた 34 09.12.8

ブログ移転の予告

週末は風邪でグッタリだったよ・・・。
今の時期の病院はいかんな!
風邪っぴきがウヨウヨしとる。
いらん病気を余分に貰いに行くようなもんだ。

ここ数ヶ月、頭は回らんは、落ち込んどるは、食欲はないは
ひそかに老人性ウツか? とか思っておった。
楽しいのなんて、心霊ビデオを観ている時ぐらいだ。

あっ、最近のお勧め心霊物は、“めちゃ怖” だ。
何かよく知らんのだが、“天然コケッコー” ? の監督がホラーに挑戦
とかいう触れ込みのやつ。

この監督が 「幽霊なんて信じない」 と言う割にはヘタレでさ
すげえ笑えて楽しい作りになっとるぞ。
心霊物は、こうあるべきだ。

桜金造の新作はつまらんかった。
呪い場? とかは面白かったんだけど、語りだけのは面白くない。
やっぱり心霊物は、現地調査に行ってなんぼだぜ。

って、どこが落ち込んどるのか、さっぱりわからんだろうが
とにかく風邪まで引いて、私終わった・・・な気分だったんだ。
それが管理人ぷらちッのメールで、奮起させられた。

ブログの移転は、正月休みに実行するらしい。
それだけでも、結構面倒くせえ作業であろうに
その上に、このブログのとてつもない量の記事を全部移転するそうな。

それって、もんのすげえ大変な事だと思うんだよ。
ヘビーコレクターのリアル引越しレベルで、おおごとのような気がする。
こんな駄記事群を、ほんと申し訳ない・・・と
もんのすげえ感謝させられたさ。

私がここでダラダラと書いていられるのも
管理人ぷらちッや、来てくれる人の支えがあってこそなんだよな。
それをダラけてるなど、ほんと天罰もんだぜ。

何か、改めて初心に戻った、っちゅうか、反省させられた、っちゅうか
落ち込んどる時は、仲間の存在が何よりの薬なんだな。
私も甘えとらんと、頑張るぜ!

にしても、よく思うんだが、理系のヤツらって
マジカルステッキか何かを持ってるんか?
私が 「しろ」 と言われたら、5年ぐらい掛かるような事を
ササッとやっちゃうんだよな。
何か人間業じゃねえよ。
ていうか、私の人生のお世話係になってもらいたいぐらいだ。

今回の移転についても、私の作業は何もない。
新しいブログに慣れる事だけらしい。

そんなん、むちゃくちゃやっとりゃ、いつの間にか出来るさ
とか、タカをくくっていたんだが
ぷらちッがあまりに心配するので、先手を打っておく。

新しいブログになってから、混乱するかも知れないが
 例: 記事がアップされない
    コメントにレスできない
    改行がおかしくなる
    句読点の位置がおかしい
    日本語の使い方が間違っている
    記事の内容がつまらない
    何が言いたいのかわからない
    バカな事しか言わない
    何度も同じ内容を繰り返す
    体のあちこちに不調をきたす
    孤独死して、しばらく発見されない 等

とにかく、皆慣れてくれ。
私が慣れるより先に慣れてくれ。
そんで私をホットな目で見守りつつ、フォローしてくれ。

わかったな?
よし、根回し完璧!

てか、こういう恫喝まがいのお願いに力を注がんと
もっと他に努力すべき部分がたくさんあるような気もするが
とりあえず、いかに責められないで済むかに血道をあげたいんだ。
まずは保身だろ! ああー?

そんでな、ブログのURLは変わらないらしい。
他には・・・、えーと、詳しく聞いたんだが忘れてしもうた。

大まかに説明すると、12月の29日から1月3日の間に
ぷらちッが作業をするらしいんで
その期間は、バグるとか繋がりにくいとかあるかも知れんそうな。

よって私の正月休みも、29日から3日までにする。
そんで1月4日から、通常通りにブログ再開・・・出来たら良いな、と。

もし再開されていなかったら、それはまず100%
私が新ブログを操作できていないっちゅう話なので
関西方面に向かって、祈ってくれ。

こんだけ言っても、どこぞのババアのように
聞いていない、すぐ忘れる、等、たわけるヤツがいるかも知れんので
12月28日の記事で、再び念押しをするがな。

何だか、ぷらちッの心配が移って、どんどん不安になってきとるが
万が一はほんとすいません、と、このひとことで
何もなかったように振舞わせてもらう事も、予定に入れておいてくれ。

しっかし、出来ないかも知れない宣言を
よくもここまで高慢な態度で出来るな、と自分でも思うぜ・・・。
この私が我が身を振り返るなぞ、ほんと情けない。
来年はもっと自信満々に高飛車る事を目標に頑張ろう!
(どうやら、“謙虚になる” という選択肢はないらしい。)

ジャンル・やかた 34

「こりゃ、起きるんじゃ!」
「んー、長考終わりですかー?」
「うむ。」

アッシュがアクビをしながら起き上がると、ジジイが早速話し始めた。
「予定外じゃったが、あんたにだけは本当の事を話そう。
 ここでの話は、お互いに他言無用なのはわかっとるな?」
秘密の多いジジイだな、と思いつつアッシュがうなずく。

「グレーは本当に偶然にここに来たんじゃ。
 そして早々とわしが主だと気付き、部屋の場所も言い当てた。
 グレーとは、一緒に飲むうちに気が合ってな。
 わしはグレーに相続させるつもりじゃった。
 グレーとわしの、この館のシステムを変えたい想いが
 同じじゃったからじゃ。
 じゃが何度話し合っても、相続後の良いやり方が思いつかなかった。
 改革方法が定まらん内に相続しても、危険なだけじゃからな。
 だからグレーはあんだけ時間が掛かったんじゃ。」

「それはリリーさんやローズさんも知ってたんですか-?」
「いや、グレーとわし、ふたりだけの秘密じゃった。
 ・・・と、わしは思っておった。
 グレーとリリーが仲良くなってたのは知ってたが
 まさか付き合ってるとまでは思わなんじゃ。」
ジジイは、ちょっと怒ったような顔になった。

「わしがふたりの関係を知ったのは、グレーがあんな事故で死んだ後じゃ。
 その時に、遺言書の存在をリリーから知らされた。」
心情を悟られたくないのか、両手で顔を覆って溜め息をついた。

「『私とグレーは愛し合っていました。
 グレーは万が一の時のために遺言状を作っていました。
 作成したのは私です。 グレーの願いを叶えたいんです。
 私はこれを長老会でお願いしようと思うんです。』 とな。
 んで、近年の応募者が少ないもんで、通ってしもうた。」

あらら、ジジイ、肝心なとこで仲間外れかい、とアッシュは同情した。
「正直に言うが、わしは怒っとったよ。
 グレーにもリリーにも。 そしてあんたにもな。」
「ええーーーっ、私、あおりをくらってるんですかー?」
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、ってもんじゃ。」

「ズバリ聞きますけど、私をマジで殺そうと思ってましたよねー?」
「うむ!」
「『うむ!』 じゃねえーーーーーーーーっ!」
アッシュはいきなり立ち上がって、ジジイの頭をパコーンとはたいた。

「あああああんたっ! 目上の人に対して何ちゅう・・・」
頭を抑えて目をパチクリさせるジジイを、アッシュが一喝した。
「命を狙うヤツは目上じゃありませんーっ!」

「・・・すまんじゃったのお・・・。
 実はあんたが部屋を見つけても、絶対に殺すつもりじゃったんじゃ。
 じゃがあんたの入り方が、あまりにも意外すぎたし
 あの裂け目から出た鬼のような形相に、心底恐怖を感じてのお
 つい思わず花火ボタンを押しちゃって、相続達成、じゃったんじゃよ。」

「じゃあ、今も殺すモード全開ですかあー?」
「あんたとグレーは実の兄妹なんじゃよな?」
「はい、これ以上にないぐらい兄妹ですー。」
「しかし、あんたはグレーと全然違うな?」

アッシュはその言葉に軽く目まいがした。
「・・・ジジイーーー・・・、勘弁してくださいよおー。
 怒りに目がくらんで、ミソもクソも同じ見えるかも知れんけど
 その歳でそんな中学生みたいな事を言っててどうすんですかー。
 脳みそが1個ありゃ個人なんですよー。
 脳みそ2個だと、それはもう別人ですよー。」

ジジイが深くうなずいて、つぶやいた。
「あんたのその明快さが、わしの閉ざされた心を開いたんじゃ。」
その言葉に、アッシュが爆発した。

「いかにも良い事を言ってるつもりでしょうけど、とんだ花畑脳ですよー?
 何のフラワーガーデンフェスティバル開催中ですかー?
 はっきり指摘しちゃりますよー。
 あんた、親友と側近にハブられて、スネて
 関係ない私にまで害を及ぼそうとしただけなんですよー?
 ハナから私も同類だと決め付けてねー。
 あんたも、いたらん人間関係で悲劇でしょうけど
 私もチャンガラな身内を持って、ほんとマジもんの惨劇ですよー。
 これってお互い、同じような境遇なんじゃないですかー?」

アッシュの怒りにおされつつ、固まっていたジジイだったが
希望に燃えた瞳を熱く輝かせて、叫んだ。
「よし、わかった! あんたを信じて賭けるとしよう!」
「信じんで良しー!」
「えええー? 今更拒否るんかい!」

「人をパッカンパッカン殺しといて、何が信じる信じられるですかいー!
 いい加減、そういうフツーの人間っぽいフリはやめましょうやー。
 私たちは罪人なんですよー?
 私はこれからその贖罪で、この館のために手を汚しますー。
 あんたの償いは、私を助ける事ですー。
 自分の正義や感情を大事にしてる場合じゃないんですよー。」

「わしたちは罪人か・・・。」
ジジイはアッシュの目を見据えた。
「それが現実なんですー。
 いい加減、目を覚ませ、ジジイー。」
アッシュはジジイの目を見返して、言い捨てた。

ジジイは、一番言われたくない言葉を聞いた気がした。
あまりにも長い間、ここに居すぎたせいか
そんな事を考えた事もなかったのだ。

わしも潮時というやつなのか・・・。
“跡を継ぐ” その意味をわかってて、この嬢ちゃんは言っている。
グレーがこの妹を寄越してくれた事は
結局はわしの救いにもなるんかも知れんな。

嬢ちゃん、頼むな。
ジジイは心の中でそうつぶやくと、再びアッシュの顔を見て
ゆっくりと深くうなずき合おう・・・としたが
アッシュはハムサンドのハムを、必死に抜き出してる最中だった。

「・・・あんたと親交を深めるのは、中々難しそうじゃな・・・。」
ジジイが嘆くと、具なしサンドをくわえたアッシュが
またバーサク状態になった。

「そのペースの遅さには、こっちが文句を言いたいですよー。
 まったく年寄りってやつは、いちいち感慨にふけらにゃ気が済まんし
 すぐ電池切れを起こすし、ほんとイライラさせられますよー。
 全力疾走し続けるか死ぬか、どっちかにしてくださいよー。
 あっ、この食い残しのハンバーガー、食べといてくださいねー。
 このピクルスとハムもー。
 次の主が行儀が悪いなんて、示しがつかないですからねー。
 協力、よろー。」

ダメ出しにつぐダメ出しの上に、残飯処理係任命で
ジジイの心は張り裂けそうだった。

年寄りには刺激の強すぎる急展開の連続である、

続く。

関連記事: ジャンル・やかた 33 09.12.4
      ジャンル・やかた 35 09.12.10

経済大国と流行

日本が現実的にどんだけの経済大国か、今はもう怪しいもんだが
GNPだのGDPだのBCGだのTBZだの
そういう常識的な内容をまったく抜きにして、私の勘のみで話をする。

妙な映画は観るくせに、芸能事情にはとんと乏しい私だが
日本人スターと他のアジア人スターを見分ける事が結構出来る。
それには、肌の質感が一番わかりやすい。

同じ黄色人種でも、日本人は透明感があるのである。
これは褒めているわけではない。
他のアジア人の方が、色が白く均一な肌色だからである。
何ちゅうか日本人の肌色は、色白でも皮膚が薄い感じなんだな。

ここでわかるのが、白は透明感がない色だという事。
そういや、絵の下塗りに白をベタ塗りする事もあるよな。

まあ、これは美容に血道を上げる私の余談なんだが
これだけでも結構、見分けが付くぞ。

そして次からが本題なんだが、見分ける第一は垢抜け。
どうも日本人の方が、垢抜けているのである。

何か書いてて、差別的だ、と取られる不安もちょっとあるんだけど
これは決して、他アジア人をバカにしているわけではない。
ここから、今日のタイトルが絡んでくるのだ。

大抵の芸能人は、大なり小なり “お直し” をしている気がするんだけど
同じ美容整形外科医のとこですると、似たよう顔になるのはしょうがないが
違うところでやっても、これまた似たような顔になる。
いわば、“その時の顔” になるのである。
美容整形にも流行があるのである。

その時の最先端の技術を使うから、というせいもあるんだろうが
“時代の顔” というのが、明らかに設定されている気がするのである。
それは、誰に、何によって決められるのかは、定かではないんだが
一番わかりやすいのが、ファッションショーである。

衣服と言うのは、多種にわたる業種から成り立っている。
生地の原料、染料、デザイン、問屋、マスコミ、他もろもろ。

生地の材料は農産物も多いので、天候も関係してくるし
デザインは1個だけで、はい終わり、じゃなく
何種も何種もデザインし、その中の1個が決まっても
今度は何だっけ? 型紙をおこす?時にも何度も試作を重ねて
それを布で仮縫い?する段階でも、試作を繰り返すらしい。

ファッション業界は、大げさに言えば数年後の事を
今やってるような、そんな感じだと思うんだ。
土壇場になって 「やっぱ流行違いましたー」 とかなったら、たまらんから
流行はあらかじめ決められているんだと思う。
もちろん世の動きによって、多少の軌道修正はあるだろうけど
何年も前から、○年はこの路線で行きますよー、みたいな感じで。

誰がこれを決めてるのかはわからんけど
売られている服は、流行と流行じゃないのと分かれていて
衣服業界は、大まかに二分されているようで
比較的、値段が高いのが流行の本筋を先導している気がする。

そして、これに合わせて化粧品業界もマスコミも動いているんで
服飾業界ってのは、ものすごく大きな産業だと言える。
こんな儲け話を、個々のデザイナーのその時の感性のみで
左右できるはずがない、と思うのだ。
その証拠に流行って何故か各ブランド、足並みが揃っているし。

で、経済大国だが、この服飾業界に絡めるのが経済大国。
服など、衣食住と言えども、最後の項目だろ?
食が安定して住が整って、なおかつ余力が出来てこその “衣” じゃん。

そんでそこに “流行” などという、余裕のある遊びを入れられるなど
どんだけ豊かなんだよ? と思わんか?
現にズッポリ貧乏にはまっている私なんか
なるべく流行に左右されない型の服ばかりを選んでいるし
何年も同じ服を大事に着ているんだぞ。

よって、大多数の国民が流行を追える国が、経済大国!
これが私思考で出た答である。

んで、“垢抜け” な。
流行を長年追ってこれた国って、慣れ感があるんだよ。
何というか、こなれてる?
どんなんが来ても、着こなせるっちゅうか。

日本と他のアジアでは、流行を追ってきた歴史の長さが違う。
だから、そこで自然に違和感の有無が発生するんだと思う。
流行の最先端にいるであろう芸能人でも
日本人と他アジア人と見分けが付くのは、そこだと思うんだ。

どだ? 今日は全部のキーワードをきっちりまとめられただろ
私の記事にしては、これはとても珍しい事である。
ミラクル!!!

ジャンル・やかた 35

「私の計画を、長老会に提出しようと思いますが
 通りそうですかー?」
「うーん、長老会もここの事は悩ましい問題じゃからのお。
 持っていき方次第じゃろうな。」

「では、リリーさんにだけは協力を仰ぎましょうよー。」
「ん・・・、それが良いじゃろうな。
 じゃあ、リリーを呼ぼう。」
ジジイは、電話を取った。

ジジイがかじりかけのハンバーガーに、ピクルスをはさみ直して食っていると
程なくして、リリーがやってきた。
「あっ、ほら、人が来た!
 さっさと食って食って。」

せかすアッシュに、ジジイは喉を詰まらせつつ
紅茶でハンバーガーを丸呑みする。

ほ・・・ほんとに死ぬっちゅうに!
顔を真っ赤にして胸をドンドン叩くジジイを、いぶかしげに見ながら
リリーは、ふたりにお辞儀をした。
「主様、お疲れ様でした。
 そして新しい主様、おめでとうございます。」

「ゴホッ うむ。 ゲホッ そなたも長年ご苦労じゃった。
 今後は新しい主をよろしく頼む。 ゲホゲホゲホゲホ」
ジジイが咳き込みながらも、何とか体裁を保とうとする。

「よろしくお願いいたしますー。」
アッシュがブリつつ頭を下げると、リリーも頭を下げた。
「こうなったのも、私のせいだと申し訳なく思っております。
 精一杯仕えさせていただきますので
 こちらこそよろしくお願いいたします。」

リリーが椅子に座って、バッグを開けた。
「では、今後の引継ぎの予定ですが
 まずは長老会へおふたり揃ってご出席いただいて
 承認されたら、この館での交代の式典になる、という事です。」

書類を次々に出しながら言うリリーを、ジジイがさえぎった。
「その前にな、嬢ちゃんの話を聞いてほしいんじゃ。」
「・・・? はい、何でしょう。」
「えーと、この館の今後の運営方針ですけどー・・・。」

話を聞き終わったリリーは、あっけに取られていた。
この兄妹、やっぱり似ていないわ・・・、そう思えて
妹を推したグレーの真意がどこにあったのか、わからなくなった。

相続中の言動を見ていても、“変わっている” 以外の
何の感想もなく、主の資質の片鱗さえ見い出せなかったのに
まさかこんな筋書きを立てていたとは。

この計画に加担しても良いものだろうか・・・
リリーは激しく混乱し、迷っていた。

「兄は遺言状を頼んだ時、何て言っていましたー?」
アッシュのふいの問いかけに、リリーは慌てて
つい一番印象に残っている言葉を言ってしまった。

「『俺がダメでも、妹がやるだろう。』 と・・・。」
しばらく考え込んでいたアッシュだったが、テーブルにダラーッと伏せた。
「あー、そうですかー。 なるほどー、そうだったんですかー。」

「どうしたんじゃね? 何かガッカリしとるようだが。」
「もーーーーー、果てしなくガッカリですよーーー。」
テーブルに伏せたまま、顔だけジジイの方に向けて怒る。

「私は今まで、兄が私に相続させたかったんだと思ってたんですー。
 いくら音信不通でも、兄妹ですからねー。
 私のために何かを残したい、って気持ちはあったんだな、とー。」
「ん? そういう事じゃろ?」

「いえ、違ったんですー。
 兄の性格から言っても、この館の人たちを助けるなんていう
 ボランティア精神など、微塵も持ち合わせていないはずなんですー。
 他人は他人、という冷淡なヤツですからねー。
 でも一応私は妹だから、ちっとは気遣ってはくれてたんですよー。
 迷惑は掛けないように、程度ですがね-。
 なのに、こんなデス・ゲームに私まで巻き込もうとしたのはー」
アッシュはジジイとリリーを順番に指差した。
「兄はあなたたちを助けたかったんですねー。」

ジジイとリリーは、あまりの驚きに言葉も出せなかったが
アッシュは構わずに嘆き続けた。
「はあー、おかしいと思ったんですよー。
 あの兄が私に何かを残そうとするなんてー。
 んで、蓋を開けたら、バトルでしょー?
 もう何なのか、さっぱりわからなかったんですが
 おまえ、あとよろー、って事だったんですねー。
 『俺に頼るな』 と常々言っていたくせに
 最後の最後にそういう自分が、私に頼ってきやがったんですよー。
 持てるコマはすべて使おうとねー。
 ああー、すんげえ腹立つけど、やっと謎が解けてスッキリー。
 でも、やっぱムカつくーーー!」

アッシュがテーブルに突っ伏してブツブツ言ってる側で
ジジイとリリーは背を向けて、悟られないようソッと目を拭った。

それを目ざとく見つけたアッシュは、容赦なく突付いた。
「あんたらは良いですよねー、思いやってもらってー。
 私なんか実の妹なのに、問答無用で命を賭けさせられて
 もう血の絆って何なのか、ほんと人間不信になっちゃいますよー。」

ジジイとリリーが慌てて慰める。
「そんな事ないですよー、グレーは常々あなたの事を言ってましたもん。」
「そうじゃそうじゃ、わしも聞いた。」
「ほお? 何てー?」

ジジイとリリーが、ウッと詰まって
おまえが言え、いやおまえが言え、という風に目で押し付けあう。
「えっと、『可愛い妹だ』 みたいに?」
「そうじゃそうじゃ、褒めとったよな?」

「う そ で す ねーーーーーーーーーーーーっっっ!」
アッシュの大声断定 (しかも図星) に、ふたり揃って黙り込む。
「もう良いですよー、人生なんてこんなもんですー。
 はあー・・・、ほんと情けなー・・・。」

「でも、グレーにとっては、あんたが最後の切り札じゃったんじゃろ?
 実力を認められていた、って事じゃないのかね?」
その言葉を、アッシュは鼻で笑った。

「そんなんねー、長子のヒガミ発端ですよー。
 可愛がられる末っ子を、こいつは運が良いとか
 努力しなくても皆に好かれるとか、錯覚してただけですよー。」
「あんた、ムチャクチャ言いよるな。」

「末っ子は末っ子なりに大変なんですよー?
 お兄ちゃんがひとりっ子じゃ寂しいだろうからあなたを作った、とか
 お兄ちゃんはもっと出来が良かった、とか言われてー。
 まったく親の不用意な言葉って、どんだけ子供の心に傷を残すかー。」

「う・・・、まあ、誰しもそれぞれ事情はあるわな。」
ジジイはヤブを突付いて大蛇を出すようなマネはやめた。

「で? 私への惜しみない協力、もちろんしてくれるんでしょうねー?」
「もちろんです!」
「命をかけてサポートするぞい!」

「あんたら、腹くくってくださいねー。」
アッシュは静かな口調だったが、それが逆に凄みを増した。

続く。

関連記事: ジャンル・やかた 34 09.12.8
      ジャンル・やかた 36 09.12.14

脱毛

毛は生息地帯によって差別される、ほんと “髪一重” な一生を送る。
(念のために注意書きをしておくけど、“紙一重” だからな。)
頭部や眉の一部、一部の人のヒゲともみ上げ以外は
有無を言わせず、ムダ扱いなのだ。

(一部の人の陰毛あたりは、一部の人々に逆にありがたがられるので
 正に危機一髪で、邪魔物にはなっていない場合もあり。)

こうやって考えると、髪って入る言葉って多いよな。
“間髪入れず” とか、“後ろ髪をひく” とか。

そんな事はどうでもよろしい。
上で哀れむような事を言っておきながら、その舌の根も乾かない内に
特定の部位に生えている毛を、ムダ呼ばわりするが
皆、ムダ毛ってどう処理しているか?

私はもう、こういう事 “だけ” は、ほんとラッキーなんだが
頭部以外の毛が薄いんで、せいぜい美容シェーバーでたまに剃るぐらい。
もちろん冬場は放置である。
だって寒いだろ、ショボい毛でもあるとないとでは、耐寒度が違う気が
・・・・・・しません。 すいません、単に面倒なだけです。

こういう、毛に対してはズサンな態度を誇る私であるが
ピッチピチの若い女の子だった何百年か前には
周囲の女子たちに誘発されて、一通りの脱毛法を試したこともある。
女子校だったから、教室で手足の脱毛を皆で試したりしてたんだよな。

その当時の脱毛テープは、取れないので使えん筆頭だった。
あれさ、抜きたい毛のところに貼って
一気に毛の向きと逆方向にベリッッッ! と剥がすんだけど
これがまた痛くて痛くて、こんなに痛いのに数本しか抜けずで
あまりの痛さに途中で断念して、ゆっくり剥がそうにも痛くて
一体、何のワナかと、ほぼ全員が思ったさ。

その後、ガムテープでするツワモノにも出会ったが、ガムテも抜けないよな?
毛にも抜け癖があって、それが付いた毛なら抜けるんかな、と推察している。

このガムテ脱毛なんだけど、男性に足の毛の脱毛の助言を頼まれた事がある。
ボウボウなんで、海に行く時とか恥ずかしい、と。
で、Tカミソリで剃っても、長い毛はすぐ刃にかんでキリがないらしい。

じゃ、一旦ハサミで短く切ったら? と言ったら
ハサミで切ると、切った毛が部屋中に落ちて掃除が大変らしい。
そこで私が考えたのが、毛にガムテを貼って
そのガムテのとこをハサミでチョキチョキしたら
部屋を汚さずに、毛を短く出来るんじゃないか? と。

これを、「言う方も考えなしだが、やる方も考えなし」
だと即座に気付いたヤツは、非常に聡明なヤツだと思う。

ガムテにくっ付く毛の長さは統一されてないんだよ。
根元付近からくっ付いた毛は、ハサミが入らないそうだ。

もう、死に物狂いでガムテを排除したらしいが
前髪を自分で切るテクニックに、このガムテ利用法があったんで
前髪と足毛は違うなど、一切考慮せずに
軽い気持ちで、更に悪い事に “名案” だと威張って
アドバイスしたんだが、今は反省している。

良い子はこういうアホウな事を真似しないから、良い子なんだろうから
悪い子は真似しないでください。

で、他の脱毛法を書いていくと、まず脱色。
あれ、脱色した途端、健在アピールでもしたいんか
根元がコンマ数mmぐらい地毛色が出てくるんだが、どういう事だ?
脱色剤を塗った時って、毛穴が縮んで毛がちょっと引っ込むんかな?

上手く脱色出来たとしても、遠目に目立たないだけで
近くで見ると、薬剤で傷んで細くなった毛が
ソヨソヨと風になびくのが丸わかりだし、意味が薄い脱毛法だと思う。

除毛タイプは、時間が掛かる割に結構しぶとく残る毛もあるし
軽く拭いただけじゃ、毛は取れないよな?

毛先が溶けて丸くなるから、チクチクしないのがウリらしいけど
塗ってしばらく置いて拭き取って洗い流す、面倒くささ
ところどころに残る、妙に丈夫な毛
そしてこれまた何故か、速攻でコンマ数mm伸びてくれる。

除毛タイプの進化はまったく知らないが
数年前に使った時も、まだこの調子だったんで
除毛タイプは私的にはナシだな。

とすると、脱毛エステと脱毛器具等、線香で焼く、っちゅうのは未経験なので
うそへったくろ書くわけにもいかず、残るは剃るか抜くかになる。

剃るのは、一番手軽で私の定番である。
が、15年ぐらい愛用してきたナショナルの電気シェーバーが壊れ
新しく1000円台のを買ったんだけど、これが剃れない剃れない。
これぞ、安物買いの銭失い、ってやつだぜ。
と同時に、ナショナルの美容機器の凄さを再認識させられたぞ。
さすがキレイなおねえさん製造メーカー!

ちなみにカミソリは、負けるんで避けている。
・・・わかるだろ? ゆっくり丁寧にコトを運べない私のザツ剃り。

初めて手足の毛を剃ったのは、友人たちとワイワイとだったが
その全員が、剃った部分が毛深くなったので
“剃ると濃くなる” の都市伝説は、事実だと思う。

たとえそれが思春期の毛の発達期だったとしても
全員が、だし、剃った部分が特に、だし、何もこんな時に、だし
うちら仲間は皆、あの時の毛剃りパーティーを後悔しとるよ。

最後が、“抜く”。
これにも色々あって、双頭はローラー回転式とコイル振動式。
私の愛用はローラー回転式のソイエ。
これも10年以上使っているんで、やっぱりナショナル凄え!

機械でブチブチ抜くなどさぞかし痛いだろう、と思われるだろうが
どっかのエロセリフじゃねえが、痛いのはマジで最初の1~2回なんだ。
やっぱり抜け癖が付くんかなあ?

だけど今では抜くのは、やっていない。
ババアの毛がどういう状態だろうが社会には何の影響もない、ってのもあるが
抜いていた部分の毛穴が、開いた上に色素沈着してるのだ。

たまーーーに、気が向いたら使う程度だったのに
年を取るにつれて、毛より毛穴の方が目立つようになっちゃって
この経験から、「一度傷めた細胞は老後に浮き出る」 という
私の美容上の理論の裏付けのひとつになっている。

もちろん体質もあるので、支障が出ない人は
抜くのが、一番の脱毛法だと思う。

けど、この問題は、最善の解決法が見出せないうちに
毛より自分自身の存在の方がムダだろ、という年齢になっちゃったんで
研究は後進に任せて、私はナチュラルに自然体で (物は言いようだな)
生きていく事にするよ。
あと、よろ。

ジャンル・やかた 36

ジジイが壇上から降りてくる。
お疲れさん、の声と拍手が会場に響く。

「では新しい館の管理者、アッシュ様。」
名が呼ばれ、ゆっくりと壇上に上るアッシュ。
うって変わって会場は静まり返った。
アッシュは人々の顔を見渡し、口を開いた。

「あなたたちは何のために産まれてきたんですかー?
 あなたたちは何のために生きているんですかー?」

ハウリングが起こるほどの大声に、会場が揺れ全員の目が見開いた。
構わずアッシュは拳を振りつつ、がなり続ける。
「幸せって何ですかー?
 食って飲んで寝る事ですかー?」

ジジイとリリーは、その姿を見ながら
ここまで来るまでの経緯を思い返していた。
長老会に出席した時も、アッシュの考えに誰もが驚いた。

「人心を制するには、恐怖が一番なんですー。
 恐怖とは畏怖、つまり宗教ですー。
 それは、あの館の暗い歴史を悔いて罪を償う
 という風にも見られて、一石二鳥ですー。
 あの館を、贖罪の場へと生まれ変わらせるんですー。」

「宗教も力を持ちすぎると厄介ですから、既存の宗教ではなく
 道徳という名の “信仰心” だけを養わせるんですー。」

「館の住人たちが、道徳を、感謝の心を持てたら
 相続バトルをする必要もなくなりますー。」

アッシュから立て続けに出てくる言葉の数々に、圧倒されつつも
長老会メンバーが疑問を投げかける。
「だが、きみが出来なかったら、どうするんだね?」

「私で全然ダメだったら、別の救世主を登場させれば良いだけですー。
 もし私が良い線いってるのに、途中でコケた場合は
 都合の良い逸話をでっち上げて
 私の名前だけを残して、シンボルに仕立て上げれば良いんですよー。」

長老会の議論が、思いのほか短かったのは
誰もがあの館の姿にウンザリしていたせいだが
アッシュの不思議な押しの強さも影響している、とリリーは感じていた。

東洋人独特の無表情さで、物静かな印象を与え
しかも喋り方もゆっくりで間延びをしているのに
話す内容は、歯に衣着せぬ表現でダイレクトに伝わる。
このストレートな物言いが、吉と出るか凶と出るか。

アッシュの存在が、この計画の鍵になる事を全員が危惧していた。
誰よりも、発案者であるアッシュ自身もである。

とにかく、勢いで突っ走るしかない。
大声は出したもん勝ちなんだよ!!!

アッシュは、大きく腕を振り回しながら叫び続けた。
「それで良いのか、自分自身に問うのですー!!!」

続く。

関連記事: ジャンル・やかた 35 09.12.10
      ジャンル・やかた 37 09.12.16

1 / 212

Home > アーカイブ > 2009-12

フィード
メタ情報

Return to page top