Home > アーカイブ > 2008-06

2008-06

人生相談 7 パニック障害克服法

 <質問>

仕事を辞めてから、吐き気やらパニックになるようになりました(T_T)
よければどうやって克服したか教えてください!

 <回答>

私は高校の頃、パニック障害みたいになり
担任が見て、気付いて心配するほどだったらしいけど
古い感覚の親がどうしても精神科に行かせるのを嫌がり
意味なく長期間苦しんだあげく、何と自力で治した。

それは偶然乗ったタクシーの運転手さんに聞いた方法。
コップに水を入れ、毎朝それに向かってご先祖様に拝め、と。

どうした神頼みかと思ったけど、ほんとワラにもすがる想いで祈ったよ。
「今日も一日よろしくお願いします」 とね。
希望ばっかり言わず、感謝の気持ちを第一に手を合わせるんだ。

これを1年ほどやって、きつい症状はほぼ取れたけど
性格が変わらなかったんで、何のかんので5年以上引きずったかな。
その数年後にはウツっぽくもなったし。

だからこんな遠回りはお勧めしない。
先入観を持たずに、精神科に行くのが一番だ。

精神科に通っている上で、自分に出来るのは
気持ちの持ち様をコントロールしようと努力する事。

まず、自分を可哀想だと思わない。 これが一番大事!
これを思い始めたら、精神状態がヤバくなってる目安。
辛い状態を否定しているから、そういう目に遭ってる自分が可哀想になる。

辛いとか苦しいとか、人生にとっては、そう悪い事でもねえんだよ。
視線の先が短いから、耐えがたい事になってしまうんだ。
長い目で見れば、すげえ貴重な経験になるから。

と言っても、辛い真っ最中にそんな悠長な気持ちにはなれんよな。
だったら、辛い、きつい、苦しい、これ全部無視せえ。
ムチャを言ってるようだが、そういう方向にしよう、という気持ちを
常に頭の中で繰り返せば、それが徐々にクセになってくるから。

辛くなったら、「はいはい、辛い辛い、しょうがねえよな」 と
ウソでも上っ面だけでもいいから、自分を鼻で笑う。
これを必死になってやってると、ある日突然バカらしくなってくる。
自分に振り回されてる事に気付くんだ。
良いじゃん、ゲロ吐いても倒れても、と思えたら成功。
そんな開き直りが出来たら、心が慣れて強くなった証拠だ。

“治そう” とかいうのは、専門医に任せとけ。
自分自身に対して親身になってると、何故か余計に状態が悪くなるぞ。

私の言ってる事は、かなり荒療治。
性格を変えろ、って言ってるんだからな。
上の方法は、ある種の自己暗示なんだ。
時間は掛かるけど、自分の考え方の悪いクセを見抜いて変えないと
また同じような事で、同じように悩むのを繰り返すのもイヤだろ?

病院に通って適度な生活をしてれば、心も体も案外丈夫なもんだ。
その中で自分に出来るのは、自分の思考の調整だけだと思うぞ。

きっとおめえは、仕事を辞めた自分を情けなく思ってるんだろう。
たとえ相手に対して怒ってても、どっかで自分を責めるクセがねえ?
もしそうだったら、そういうのはもう、途中でチャラにするようにせえ。

そもそも真面目な性格だから、悩むんだ。
ロクデナシほど元気ハツラツで悩みがねえものさ。
ちょっとぐらい、自分に対してだらしなくしても
おめえは人並み以上にキチンとしてるはず。
この際、思いっきり、いい加減になってみい。
テキトーにやってても、どうにか回っていくもんさ。

あと、そういう時期には絶対に何も決定するな。
その決定は、大抵ロクでもない結果を招くぞ。
あがかず焦らず、ノラリクラリ先送りしとくべし。

真面目なヤツがラクになる呪文は、「まあ、いいかあー」 だ。

関連記事 : 08.6.4 コップに水

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人生相談受付中です。
ご相談はメールでお願いいたします。
アドレスはプロフィールにあります。
匿名で結構です。
いらん個人情報ばかり書いてこないで
肝心の相談内容の情報の方にこそ気を遣ってください。

※ 相談内容を転記の際、状況によって
  伏字、改行、修正などをさせていただく場合があります。

※ 精神的に打たれ弱い方はご遠慮ください。

PCジゴロ

うちのパソコンの調子が悪い。
作業をしていて、急にネットに接続できなくなった。

再起動したり、モデムの電源を切ったり
よくわからん対応を1時間ほどしてみたが駄目で
管理人ぷらちッに、「ネットに接続できんから伝言よろ」
と、諦めメールを入れた。

その直後、ホットメールにメールがきている事に気付く。
あれこれ立ち上げてみたりしてたので
ホットメールも開いていたのである。

何年もPCをいじくっているのに、見事に何ひとつ学んでない私だが
PCの “傾向” みたいなんは、何となくわかるようになった。
ほら、愛を知らんくせに機嫌取りだけは上手いヒモ、みたいな感じ。

その培われた “勘” が、この後働くんだが
私がこのブラックボックスにどう挑むのか
ド素人に教えるヒントに・・・・・ならんだろうな。

自分と似たようなド素人が、詳しいヤツに質問しているのを聞いて
「え? 何が言いたいの?」 と、困るプロの後ろで
ああーーー、それすんげえ気持ちわかる!!! 
訴えたい事も何となくわかる!!! と心の中で叫ぶんだが
わかるのは “気持ち” と、その“漠然とした不満“ だけで
知識がないので、肝心の答は出せない。

私がプロの知識を持ってたら、すげえ教え上手になってたはずだけど
わからないからこそわかる、という不条理が存在するような気がする。
知識を持つという事はきっと、プロの理論に迎合する事なんだろう。
持った途端、素人だった時の気持ちは消滅するに違いない。

ま、素人は理屈に合わん要望をしてる、っちゅう話だな。

で、うちのPC混乱の話に戻すが
私思う。 そういや、サイトは全滅で接続不能なのに
何でホットメールは立ち上がってるんだ?

ためしにアウトルックを送受信してみたら、エラーが出ない。
と言う事は、スレイプニール、おめえだなーーーーーっっっ!!!
いや、IEでも接続できていないから、こいつだけのせいじゃないはず。

とにかく、こういう状態なら、回線の問題ではなく
うちのPC内で何かが勃発してるような気がする。
その “何か” が、ブラウザ?に影響を与えてるんじゃないか?

有識者に教えてもらったところによると、動いているプログラム?は
画面右下のタスクバー?のところに表示されているそうな。

途中でおかしくなったのなら、この動いてるやつらが怪しい!
そこをクリックして、何が動いているのかを確認してみようとすると
すぐ閉じてしまい、イライラさせられる。

だが、閉じた後にまた開いてみたら、1個アイコンが消えている。
幸いにもそれが特徴あるデザインだったので、正体即バレ。
2ちゃん専用ブラウザ?の壷じゃん!

さて、こっからが長かった。
壷のプログラム?だかファイル?だかが
PC内の一体どこにあるのかを探すだけに、小一時間。

で、やっとこさ発見して、そのファイルを開いたら
何故かサイト接続も出来るようになったので
とりあえず慌ててブログをアップしたりする。

もうこれで解決だよな、と安易に考えてたわけだが
PCを切ろうとしてると、デスクトップに壷ファイルが出現して
消しても消しても出るようになったり
解決策を模索中に、善意でいらん “整理” をしたら
よくわからんとんでもない事になったので、GO BACKをしたり
やっぱりすんなりとは終らず、カオスなワールドに突入。
6時間ぐらい、グチャグチャやってしまったぜ。

自分でも一体何をどうしたのか、さっぱりわからず
いつもいつも、こういう経緯と結果だから
何も覚えられないんだろうとはわかってはいるが
PCも途中で許してくれてるようだし、最後につじつまが合えば良くねえ?

情けねえ事なかれ主義になっちゃってるが、私にはPC、無理だろ。
とにかく、今は動くけど、一寸先はわからん。
この先ブログが更新されてないなら、PC暴動、っちゅう事で何とぞ。

コップに水

08.6.2の記事に 「コップ1杯の水に拝む」 と書いたら
「宗教?」 と聞かれたので、追記。

この行為はある意味宗教的だが、宗教ではない。

毎朝、コップに水を汲み、高い場所に置いて手を合わせる。
仏壇や神棚があったら、それに沿った作法が一番だけど
学生さんだから、“気持ち” だけで充分、と
タクシーの運転手さんは言った。

もしこの時に宗教勧誘をされていたら、入信したであろうほど
心が弱っていた私にとって、このタクシーの運転手さんの
常識の範囲内での助言に、今でも感謝している。
違う人に出会ってたら、今頃ツボを売ってるかも知れんのだ。

とにかく、えれえ意外な方法ではあったが
他に何の術もなかったので、言われたとおりに
毎朝コップに水道水 (!) を汲み、冷蔵庫の上 (!) に置き
手を合わせて祈った。

ご先祖様に感謝を、っちゅう話だったが
「神様、今日も一日よろしくお願いいたします」
とか、願っちゃっていた私は、図々しいにも程がある。
しかも神も仏もチャンポンの物知らず。

人間、すがるものがあれば救われるもので
このムチャクチャな祈祷も、毎日続ければ効果が出てきた。

多分プラシーボ効果と似たような作用だと思うが
何もない荒野に立つより、崖を登っている方が
方向性が見える、っちゅうか、そういう感じ。
祈りってのは、1本のロープと同じ役割りを果たすようだ。

何か心の拠りどころがあると、気持ちがラクになる。
この “お祈り” で、パニック障害みたいなんを克服した時に
宗教って必要な人もいるんだな、と実感した。

と同時に、自分は絶対に宗教には入らないであろう事も確信できた。
人が用意してくれた祈りの場など、私には必要ないからである。
祈る相手も場所も方法も、自分で作れば済む。
大事なのは感謝する気持ち、それだけなのだ、と悟ったのである。

コップに水は、2年ぐらいしかやってない。
バチ当たりな事を言うが、面倒だったのだ。 ほんと、すみません。
でもその代わりに、夜寝る時に布団に入って
「今日も一日ありがとうございました」 と、“思って” から寝る。

続きゃ何でも良いんだよ。
私は宗教家ではないけど、信仰心は持っている。

このコップに水、の話をすると、大抵のヤツは気色悪がる。
本当は何かの宗教をやっているんじゃないか?
と疑われるのなら納得だが、何故かそれは思われない。
問題は、すげえ個人的に、何かの “儀式” を
やってると嫌疑をかけられる事。

ほんと常識でものを考えてくれよ。
普通のヤツが、家で何の儀式をやるっちゅうんだよ?
私は思想家でもないし、確固たる主義主張も持っていないし
ナチュラリストでもベジタリアンでもエコでもない。
妙な民族衣装も着てねえし、そんな疑惑を持たれる要素は何ひとつないね。

こんなごく普通の私でも、祈り系の話をすると誤解されるので
やってみようと思うヤツは、口外なしの一子相伝の秘儀にしとけ。

コップに水も、形から入りたいならいいが、家族がいる場合はやめとけ。
布団の中で脳内で祈るだけで充分だぞ。
神様や仏様は人間と違って欲もないから、凡人に高望みはするまい。

アロマキャンドルの作り方

 <用意するもの>
ロウソク、クレヨン、アロマオイル、割り箸、カッター
お湯沸かし用鍋、湯煎用鍋、ロウを入れる容器 (タバコの箱)

1.タバコの空き箱を適当に分解する。

2.1をテープでとめ、これが溶かしたロウを入れる容器になる。

3.ロウソクとクレヨンをカッターで滅多くそに砕き
  湯煎用鍋にほうりこむ。

4.ウェットティッシュ。 可愛い。

5.お湯を沸かした鍋に湯煎用鍋をつけ、溶かす。

6.ロウとクレヨンが溶けたら、アロマオイルを適当にブチ込む。

7.2の容器に溶けたロウを入れたら、ダダ漏れ。

8.割ってない割り箸の間に、ロウソクの芯をはさむ。
  本当は、芯の先に重しになる物を付けねばならんが、面倒くせえ。

9.容器に8を橋渡し、芯をロウの中に入れ、固定したつもりになる。

10.ロウが固まるまで、割れてきたニンテンドーDSを見て悩む。

11.ロウが固まったら、容器を何のちゅうちょもなく破りさる。

12.見事に下品な色のキャンドルの出来上がり。

賢明な方はお気付きかと思うが
ロウが容器から漏れたので、寸詰まりな形になってしもうとる。
容器はキッチリと作るべきだ。

ちゃんとしきたりに従って作る事をお勧めするが
こういう風にテキトーにやっても、それらしき物体が出来るので
不器用でもザツな性格でも、失望せずとも生きていけるという光明である。

画像貼りの苦労

昨日 (08.6.5)、珍しく画像メインでブログを書いたのだが
これがまあ、えれえ大変だった。

キャンドルの作り方を解説したかったんで
最初は文章だけで書いていたのだが
溶かす → 混ぜる → 固める という
すぐ話が終る、そっけない内容になってしまう。

もちろん真のキャンドル作りは、あんなもんじゃなく
繊細で緻密で奥が深い作業なのだが
しょうゆも大ビンからドボドボ入れるような私だから
はしょって略して手を抜いて、アレになっているのだ。
ほんと、性格的に手作り系には向いてない気がする。

そこらへんのザツさをカバーするために
画像を使いこなして、華々しいページにしようと思い立って
携帯片手に、キャンドルを作ってみた。

まるで新妻の慣れない料理風景のようなドタバタ劇のようでいて
実際は髪を振り乱して踊り狂う鬼女状態。
いつも以上にテーブルやキッチンは汚れるは
じゅうたんや床にロウをこぼすは、鍋をひっくり返すは
ピントが合わずにオイルを入れすぎるは、散々だった。

ロウやクレヨンやオイルやらでベトベトになった手で
携帯で撮影するのは、想像以上におおごとだったぜ。
普段、料理なんかをアップしている人々はどうやってるんだろう?
こんなやっかいな事を、好き好んでする心理がわからん。

でも、何よりも苦労したのが、画像処理?である。
携帯で撮った画像を、PCの自分のアドにメールで送信し
(いや、PCに直接取り込む方法は知って “いた”。
 そう。 お察しの通り、すっかり忘れてしまっとるわい。)
メールに添付された画像を、“名前を付けて保存” する。

この時に、画像の名前の最後に、.jpg というのを付けなければ
ブログにアップ出来ないのである。

以前、「ジェイペグね」 とか、中途半端に覚えてて
.JPEG とか、.jpeg とか打って、アップ出来ず
たった1枚の画像に2時間以上掛かった事があるので
さすがの私も、.jpg を覚えたよ。 .jpg! .jpg!
07.10.11 参照

名前を付けて保存したら、次はペイント処理。
何でか知らんが、今持ってる携帯で撮った画像は
PCに入ると、右5分の2ぐらいに余白が現れる。
その部分をペイントで削るのだ。

この作業も、どうやれば余白が消えるのか
すんげえ試行錯誤して発見したんだぜ。
“変形” → “キャンパスの色とサイズ” で
“幅” の項目をいじくるんだ。

何か、画像処理は他の何とかっちゅうプログラムの方が便利らしいが
うん・・・、せっかくの助言を自然体で忘れてしもうて・・・。

これらが終って、画像をアップするのだが
また何枚か 「英数字以外の名の画像はアップできんぞ」 と言われる。

もう、「はああああああああ?」「ええええええええええ?」 だが
問題の画像の名前を5cm距離で凝視すると
.jpg が ,jpg や .jog になっていた・・・。
ほら、私のキーボード、これ だから、つい間違えるんだよー。

そんなこんなで、アップした画像を記事に貼り付けるのさ。
もう、文字のみの方が、よっぽど簡単だと思い知ったぜ。
画像を多用しているヤツ、凄えなあ。 マジで尊敬するよ。

記事を削除しました

ここに何を書いてたか、っちゅうと
秋葉原無差別殺人事件があった日の朝、私が管理人ぷらちッの夢を見て
不安になってメールしたその瞬間、ぷらちッはその現場に居合わせ
私のメールを読みつつ、事件の存在に気付かず帰宅した、という話。

ちょっと不思議な出来事だったので、何気なく書いたんだけど
さっきの23時からのニュースを見て
これはものすごい惨劇だったんだな、と知り
こんな事件をネタにしちゃいけない、と思ったから消す事にしました。

ぷらちッが無事だったのは、本当に良かったんだけど
それを今、私が言っちゃいけないと思う。

ぷらちッ、浅薄な感覚で名前を出してごめんね。
反省しています。

この事件でお亡くなりになった方のご冥福をお祈りするとともに
怪我をした方、ショックを受けた方の
一日も早い回復を願ってやみません。

自分への評価

人生に失望するタイプって
2つの考えが軸になっている場合が多い気がする。

ひとつは、評価を求める。
もうひとつは、他人と自分を比べる。

この2つは、決して悪い考えではなく
むしろ向上心を作る要素にもなる、有効な “意欲” である。

では何故この2つが、挫折の原因になりうるのか。

ひとことで言ってしまえば、「望むだけ」 だからだ。
この2つの “希望” がはらんでいる危険性に目を向ける事もせず
自分がちょっと何かすりゃ、他人から賞賛を浴び
常に一目置かれる立場になりたいと願っているだけの態度で
それが叶うわけもねえのに。

てか、実際にこんな立場のヤツは、宗教の指導者ぐらいしかいねえよ。
あっ、だから宗教にハマるヤツが多いんか?
そういや、教祖、確かに一度なってみてえよな。

こんな極端な例を出さずとも、人は皆
自分が思っているよりも、ほんのちょっと上の評価を欲する。

だが考えてみてほしい。
おめえは他人を褒めて、それを相手に伝えてるか?
「おまえは良いよな~、頭が良くて」 みたいな
ヒガミ混じりのグチ風味じゃなくて、純粋な賞賛。

してねえだろ、思っても滅多にしねえだろ。
自分がしねえ事を、何で他人に求めるかなあ。

評価ってのは、自分の知らないところで下されるものである。
そしてそれは、良い評価にしろ悪い評価にしろ、大抵が図星を突いている。
そんなはずじゃない、というような意外な評価だったとしても
他人は自分の知らない自分をも見抜いていたりするもんだ。

ここで素直に我が身を振り返る事が出来るかどうかが
そいつの “質” になるのである。

簡単な方に流れるのも良いけど、どっちに行こうが
自分のした事の責任は、決して消えずに自分に付きまとう。
「違う」「皆わかっちゃいない」 と、拒否するのが
果たしてラクで簡単な道なのかも怪しいな。

挫折というのは希望と対に語られるが
挫折がイヤなら希望を持たない、なら済むかというと、そうでもない。
人間には心という、やっかいなものがあり
それが傷付くと、大なり小なり挫折感を味わうからである。

そもそも、何をもって “挫折” と定義するかは個人差で
挫折のハードルが低いヤツは、自己愛が強い傾向にあると思う。
愛するものは、つまらないものであってはならないので
よって自然と自己評価も高くなる。

(書いてて、ふと思ったんだが
 ヴェルタースオリジナルキャンディー だっけ?
 あのCMって、教育に悪くねえ?
 “特別な存在” って、ものすげえ危ういキーワードだよなあ。)

傷付く = 挫折、優れている = 愛される
こういう制約を自分の中で、わざわざ組み立てるのは
自滅へのカウントダウンを始めるのと一緒である。

自分の望む評価を得るための、努力と改革を惜しむのなら
分をわきまえる潔さを身に付けるべきである。
挫折を自己製造する必要は、どこにもないのだから。

自分の “言い分” とやらを、後生大事に育てた結果
他人を傷つける、という方向に走ってほしくない、と切に願う。

「他人と自分を比べる」 については、またその内にでも。

08.8.26 人と比べる ← ちゃんとアップしたぞー。

秋葉原事件容疑者の書き込み

問題の掲示板のURLは、ここ の下のコメント欄にあります。

よそのサイトを、しかもこういう内容のを
一個人のブログの記事内で勝手にリンクするのは
マナー的に良いのか、よくわからなかったので
あえてリンクは貼りませんでした。
面倒だろうけど、読みたい場合はコピーして飛んでください。

で、読んでみた。
正直、手に負えないと思った。

不平不満ってのは、誰にでもある。
それを、ねたみひがみに変換する人は、ままいる。
しかしそれを更に怒りに昇華させるヤツには恐怖を感じる。

そういうタイプは、悪い意味で1本芯が通っていて
それが固くて揺らがないので、他人の想いが通じにくい。

人が何を言っても、「そうじゃなくて」「でも」「だけど」 と
はねのけて、それを言ってくれる人の親切さに気付かず
自分の気持ちゆえの言い分を優先させる。

そして、“距離感” の存在を知っていないから
他人と適度な濃さの付き合いも出来ない。
その上、この距離感を、「裏切り」 だと思い込む。

こういうタイプは、歩み寄ってくる人がいても、必ず離れていくだろう。
相手の方が裏切られているのに、自分が被害者になるんだろうな。

ところで、私のここでの発言を読んでいるヤツなら
私がこの掲示板の書き込みを見て、どんだけ激怒したか
即座に察したことであろう。

不細工ーーーーーーーーーーーーーーーーーっっっ?????

TVで顔を見たけど、あれのどこが最低の不細工なんだよ?
言いたくねえが、だったら私は人面ですらねえよ。

基本の作りに不満があったら、もうそこでダメ扱いって
どんだけ整ってたらやる気を出すんだよ? 甘すぎ!
ほんと、顔の作りにこだわるヤツは、ロクな考えを持たねえ。

いいか? 人間、外見だが、それは作りの事じゃねえ。
仕草や表情ににじみ出る人間性を、人は判断しているんだよっ。
そこまで周囲の人間をバカにすな。
自分自身より的確に自分の内面を見抜かれているぞ。

人に良く思われたいのなら
ファッション、髪型、清潔感を演出する努力をすべき。
それを怠ってるくせに、人の “決め付け” に文句を言うな。
こういうヤツに限って、相手には細かい条件付けをしてきやがる。
傲慢のひとことだぜ。

そんで、男だろうが何だろうが、我がの食う飯ぐらい我がで作れ!
下僕ママがしてくれないなら、レトルト弁当三昧かよ。
ほんと、“生活” をナメとる。

ちゃんとした生活をしていないと
他によっぽどの生き甲斐がないと、気持ちがどんどんすさんでいくものだ。
すさんでいるから生活が荒れるのか、そんな事はどうでもいい。
どっちが先でも、どっかでその悪循環を断ち切らないと、キリがない。
だったら人格改造より、家事の方が手っ取り早いだろうよ。

私はこの容疑者には同情はしない。
自分が納得 “できる” ものが、目の前に差し出されて初めて
腰を上げるようなヤツだと思うから。

それでも、こういうタイプともし接触があったら
誰でも出来る範囲で力になろうとすると思うぞ。
もちろん私もな。

犯罪者の生い立ち

ここ数日、しきりにTVで秋葉原殺人事件の容疑者の
バックボーンを討論している。
重大事件発生時のこういう流れは、毎度の事で
こうやって皆が事件について考える機会になるのは、悪い事ではない。
1億総プロファイラー状態。

しかし最近になって、これの答ってすげえ単純なんじゃないか?
と、思い始めた。

たとえば、貧乏な家庭に育った、という設定でも
貧乏人の子供が全員、何らかの犯罪を起こしているわけではない。
低学歴でもしかり、親がいなくてもしかり。

アメリカの学説では、親の虐待が大きな要素になっているという説が
有力視されてはいるが、そんな境遇の子供はこれまたごまんといる。
結局、“こういう環境だと、こういう重大犯罪を起こす” という
定義が成り立つには至っていない。

色んな境遇の人がいて、同じような境遇の人も大勢いて
何故そいつだけが犯罪を実行するのか。
これは、同じ箱に入れても、人はそれぞれの個性を持てるのと
犯罪発生の要素がひとつだけではない、という事によるものだろう。

で、世界各国の専門家が日夜研究している難しい問題に対して
私が厚顔無恥にもまた、とんでもない暴論を打ち立てる。

もしかして、犯罪者の誕生確率ってあるんじゃないか?

どんな制度の国だろうが、どんな親の元だろうが
人口何人に当たり何人の割り合いで、犯罪者予備軍が産まれるのだ。
くじ引きの箱の中に、特賞が1枚入っているように。

もう、これだと、出産はえれえな大バクチになるが
芽を出さない種もあるように
犯罪を起こさずに済む予備軍もいるかも知れない。

ニュースを見て、こういう空想をボーッとしていたが
もっと単純に考えて、性善説とか性悪説とかでもなく
人間の遺伝子の中には、必ず犯罪の種が埋まっているんかも。
それを育てるか腐らせるかは、自分で選んでいるような気がする。

自分の正義感だって、絶対確実な揺らがないものではないし
何よりアホウだから、いつどこで道を間違うやも知れん。
いつまで善人サイドで被害者ヅラしていられるやら。

起こった犯罪について、考えを巡らせるのは
そんな自分に対する戒めとして、有効な事だと思う。

人生丸裸

凶悪事件が起きる度に、こう思わんか?

「もし自分が関係者だったら、どう報道されるんだろう?」

容疑者の生い立ちから学生時代から、主義、趣味、思考まで
ちょっとでもオタ風味のあるもの、特殊っぽいものは
それが犯行の原因であるかのように晒されて
いかに歪んだ性格であるかを、必死になって証明される。

容疑者に限った事ではない。
被害者側の立場でも、キャラが強烈だと注目をあびる。

自分が考える、“有害” なものを排除したい “正義感” と
“普通” とは違うから、犯罪を起こしたり
事件に巻き込まれたりするんだ、と安心したい
という心理が働くのかも知れない。

この手の “悪役” には、ひと昔前はマンガが槍玉にあげられていたが
最近、特に焦点を当てられる分野は
アニメ、ゲーム、ネット、このあたりである。
何か微妙に進化しているが、中途半端感があるのは否めない。
選択範囲が大雑把すぎるんだよな。

ニュースを見ていて、こういう心配をするのは
人格的にとても怪しいものがある、とわかってはいても
つい、自分の場合はどういうレッテルを貼られるのか
あれこれ分析してしまう。

卒業文集とか、引っ越し時の舞い上がりで全捨てしてしまったんで
何を書いたかも忘れてしまっているが、覚えていたとしても
過去の事は変えられないので、しょうがないとして
問題は今現在の趣味系だ。

部屋にある6~7種類のゲーム機、ダンボール2箱分のゲームソフト
映画を録画したビデオテープ、とことんマイナーなロックCD
化粧品名をビッシリ書いた手帳、工具箱に入ったメイク道具
ボックスにいっぱいの化粧品群、妙に多い文房具類
“ちょっと特殊” と言ったら、このへんぐらいか?

あっ、PCのデータはヤバいよな。
お気に入りに入っているサイトのジャンルは、人に知られたくねえし
それに、このブログの存在も割れる。

てかさ、こんぐらいのブツは、今時誰でも持っているだろう。
面倒くさくなって、逆切れを始めるけど
この程度の事にギャアギャア目くじら立てるって
どんだけ世の中についていけてないんだよ? と、突っ込みたいわ。

TVのコメンテーターとやらも、ネットをまるで裏社会みたいに言ってて
こいつらPCをワープロぐらいにしか、認識していないんじゃねえの?
と、その頭が固いゆえの無知さにウンザリさせられるぜ。

こうやって考えていると、女性より男性の方が、色々と大変じゃねえ?
と言うのも、世の大多数の男性たちは
エロアイテムの隠し場所に苦労しているだろうから。
母親とか奥さんとか、実に目ざといしな。

手に負えないのは、“探す” んじゃなく
“片付け掃除をしていて偶然見つけてくれる”、という善意。

無神経な家族だったら、机の上にバーンと置きなおされて
帰ってきて、ドッヒャー!
その上、それについて一切話題にされない、という針のむしろだし
ヘタすりゃ、無断で捨てられる場合もある。

おまけにエロの存在自体を、マジで嫌悪している女性は
直接、非難を口にする事は少ない傾向がある。
口にする時は、本人を飛び抜かして他の誰かに “相談” する時で
何かもう、どういう恥の上塗りなんだか。
しかもエロのジャンルによっては、いきなり実家へ失踪されるし。

しかしエロ容認の、自称さばけた女性というのも
「気にしないって言ってるじゃないの」 と、公開性を求めて
相当にウザいものがあると思う。

度が過ぎると、観賞会を開催しなきゃならなくなり
隣で妙に冷静に観賞され、重箱突付きなダメ出しまでされたら、
それがAVの演出や、出演者にならまだしも
その作品を選んだ自分の感性への批判なら、まさに立つ瀬がない!
(実に上手い事を言った気分。 ほーっほっほっほ)

第三者の余裕のある意見など、エロには不要。
もう放っといてくれよ! と、さぞかし荒れ狂いたくなるであろう。

って、また突拍子もない方向に話が飛んで
何かもう、まとめる気すら起きないグダグダな展開になったが
万が一の時のために、身辺整理をしとくべきか、諦めるか
これって結構、切実な問題かも知れない。

1 / 3123

Home > アーカイブ > 2008-06

フィード
メタ情報

Return to page top