Home > アーカイブ > 2008-01-29

2008-01-29

Tracking Cookie

すまん、今回はあらゆる面で大目に見てくれ。
もう今から早々と、頭がとっ散らかっている状態なので
今後マトモな文になる自信がない。
いや、普段からマトモじゃない、とかいうお約束いじくりはいいから!

タイトルは、トラッキング クッキー。
これは、ノートンくんが軽視しているウィルス?の種類。

最近これがしょっちゅう検出されるんだ。
そこで、こいつ何者? と、調べてみたら
私には書いてある事がさっぱり理解できないんだが
これじゃ、初心者も理解できないんじゃないか?

ちなみに、私はPCの初心者ではない!
PC歴だけはムダに長いが、何ひとつ学んでないという
言わば、PC低能者である。

私のネット活用法は、このブログをダラダラ書く事と
知りたい情報を検索する事の2つのみ。
その知りたい情報も、美容8割、買い物の下調べ2割、という体たらく。
ものすげえライトユーザーなのである。

当然、エロ系やアンダー系サイトには行かないので
妙なウィルスを連れ帰る事もほとんどないから
ノートンくんも、いたって安静にしている日々なのさ。

しかし、何となく違和感を感じる時がある。
クリックの一瞬のタイムラグとかだ。
えれえ感覚が鋭いような事を書いているが、単に気が短いせい。

いまだに、TVゲームの要領で、キーをつい連打連打してしまうし
最近ではDSと混同して、PCモニターを指で押したりする
既に人の領域を超えた、ケモノレベルのバカなだけだ。

で、そのケモノの勘がピクッときたら、ウィルスチェックをするのだが
これが、打率5割はいく勢いで当たる。
お陰で以前は月1だった完全ウィルスチェックを、週1にしたぜ。

検出されるのは全部、トラッキングクッキー。
ノートンくんが、「どうする~? 放置する~?」 みたいな
鼻ホジホジな態度で構えているのが、余計にイライラさせられる。
自分ちの庭に投げ込まれたゴミは、自分で処理するのが常識だろ!!!

頼りにならんノートンくんの代わりに調べてみたが
自分の脳みそが一番頼りなかった、というオチで
こっから下は、素でウソばっかりかも知れんので
「ああ、アホはこんな風に捉えるんだー」 ぐらいに読んでほしい。

まず、クッキーとは何か?
これはRPGのダンジョンの扉のカギみたいなもん。
ダンジョンに入って、カギを見つけてドアを開けると
次からは、そのドアは開きっ放しになるじゃん、あれ。

「次回からはパスワードなしでログインする」 ってのも
クッキーのひとつだと認識している。

クッキーが残ってると、そのサイトを開く速度も速くなる気がするので
そう悪いものでもないだろうが、このクッキーを消したい場合は
クッキーの削除をするか、ルーターを切る、PCの電源を切る
時間が経てば自然消滅する、これらの方法があると思う。

で、このクッキーを追うのが、トラッキングクッキーというもの。
こいつの分類が、ウィルスかどうかすらわからんのだが
うちに来たトラッキングクッキーの発信元?を調べたら
いらん事に全英語で、翻訳ページも開かず、私にはお手上げだった。

かろうじて、“marketing” という単語を見つけ
もしかして、これは広告関係? と
“トラッキングクッキー” で検索したら
スパイウェアの一種だと説明しているサイトと
スパイウェアじゃないから放置で良い、と言ってるサイトが乱立してて
どっちの言い分も、難しすぎて私には何が何やら。

どうも、ネット上におけるプライバシーの侵害の範囲、という部分での
見解の相違があるらしく、そこが問題のようだ。

個人情報やらプライバシーというのは
悪用するヤツがいて初めて成り立つものだと思う。

友人知人には電話番号を知られても良いけど
知らないヤツに意味なく教えたくはねえだろ?
逆に言えば、世の中の全員の事をよく知ってて
お互いを尊重し合えているのなら、プライバシーとか騒ぐ必要はない。
でも現実はそうじゃないので、相手に対する信頼度の違いで
当人が情報を提供するかどうかを判断する必要がある。

自分の情報を許可なく利用されるのが不愉快なのは、当たり前の話。
友人知人でもこれをしたら、“信用できない人” に格下げになる。
ネットだから、ある程度の情報漏えいは避けられない事だが
ネットだからこそ、それに対して慎重になるべきだと思う。

私に言わせれば、トラッキングクッキーは
やってる事の大小はあれども、スパイウェアだぜ。
私の行ったサイトをチェックして、“傾向” を割り出すんだろ?
それを “スパイ” と言うんじゃねえの?

トラッキングクッキー自体は悪さをしないけど
悪用の手助けには、充分になりえる。
無人偵察機も、ピンポイント攻撃が出来る時代なんだし。

こうやって技術は発展していくものだろうが
万が一の場合が恐いんで、これからもサクサク削除させてもらうぜ。

通りで、やたら化粧品の広告ばかり出るなあ、とは思ってたんだよ。
しかも微妙にツボを外してやがって、ほんといらん世話でしかない。
そういう広告法を選ぶメーカーからは、何ひとつ買いたくねえな。

Home > アーカイブ > 2008-01-29

フィード
メタ情報

Return to page top