Home > アーカイブ > 2008-01-22

2008-01-22

ババアの毛穴カバー

これは必要不可欠。

何故ならば、毛穴にファンデが溜まって
小さい白いポツポツになってしまう “毛穴落ち”
と呼ばれる現象が起こるからである。

これは時間が経って、メイク崩れをした時に起きやすいが
最初に塗ってる最中からなる、ふとどきなファンデもある。
ファンデだけじゃなく、日焼け止めクリームでも起きうる。

これを出来る限り予防するには
毛穴を埋めるタイプの下地を、目立つ毛穴に塗り込む必要がある。

「大人の毛穴をカバー」 と銘打ってるものならベストだが
皮脂毛穴用でも、乾燥しないものならオッケー。
塗ると塗らないとじゃ、雲泥の差がある。

だが中には毛穴カバーなのに毛穴落ちをする、使えんものもある。
毛穴に詰め込んだ毛穴カバー剤が
上に塗ったファンデをはじき、水玉模様を作ってくれるのだ。

この毛穴落ち現象がババアに多発する理由はいくつかあって
今のファンデや下地には、光を反射して顔色を明るく
肌をキレイに見せる工夫がされており
その工夫が、毛穴に落ち込んだ場合に逆効果となり
毛穴だけが明るく強調されてしまうのだ。

そんで悪い事に、ババアの肌はくすんでいる。
毛穴の中の壁も、メラニンが異常生成されやすい環境なので
毛穴自体が黒く見えている場合もある。
そんな中で一部だけにキレイファンデが溜まったら
水玉になろうが市松模様になろうが、不思議ではないってもんだ。

もちろんファンデたちも、粒子のサイズや形で
毛穴落ちに対応されてはいるだろうが
どういう毛穴が待ち構えているかわからんもんな。
全女性の全毛穴は網羅できんだろうよ。

ちなみに、何故 “乾燥しないもの” かと言うと
ババアの毛穴は、乾燥による皮脂過剰とたるみが主原因なので
何を使うにしても、乾燥対策が不可欠だからである。

若い頃のように、皮脂を目の仇にして取ろう取ろうとしていると
乾燥が助長されて、皮膚は危機感でより一層皮脂を分泌し
シワシワ & テラテラという最強タッグを組まれてしまう。

 この、「皮脂を取ろうとすると、逆に過剰分泌される」
 という都市伝説のような状態は事実起きる。
 ただ、角質層の厚いタイプの乾燥肌には起きないみたいなので
 そういう人が皮脂を取っても、トラブルは治まらない。
 角質層が薄くなっているオイリードライ肌だけに当てはまる。
 (日本女性は、美容業界の歴史を見ても
   多分この肌質の人が一番多いであろう。)

確かに毛穴カバー製品は皮脂毛穴用が一番隠れる。
しかし、塗った毛穴カバーも皮脂によって崩れる。
ババアの皮脂分泌は乾燥によって始まるものだから
カバー力が足りなくても、乾燥させないものを選ぶ方が
結果的には長時間崩れずに済むのである。

これを実感したのは、イ○サのポアレスカバーファンデだった。
発売されてすぐ飛びついて、現品購入したのだ。

塗った直後は、鏡5cmの距離で毛穴ゼロ!
こんなに毛穴がなくなった事など、かつて一度もなく
激しく感動させられた。

だが、これを塗った2時間後、いつもより皮脂分泌が激しく
ファンデ自体は崩れていないのに
毛穴がボコボコ目立って見苦しい事になってしまう。
普段見えない毛穴も見えてしまっていた。

メイク直しをしても一緒で、とにかく毛穴がすぐ倍目立ちする。
こりゃあかん、と、その後使用する事もなく腐らせたよ・・・。
塗らない方が、まだ肌がキレイに保てる場合もある事を
この時に初めて身を持って知ったさ。

自分では脂浮きが激しかったので、自覚していなかったが
今思えば、どうも乾燥していたようである。

さて、毛穴カバー製品の塗り方。
毛穴の下から上へ塗り込む、というのが基本使用法。

四方八方から毛穴に埋め込むように、とも言われるが
あまりしつこくやっていたら、必ずヨレる。
どうも、ちょっと大目の量をぬぐい去りつつならすのが良いようだ。
塗ったところと塗らないところの境目だけはきっちりボカして。

特に鼻の横の頬の毛穴は、ここもここもと欲張らず
許せない部分のみに塗るように。
化粧崩れで一番毛穴が醜く浮き出る部分なので
大量の雪は大規模雪崩を引き起こすという事を忘れずに。

何をカバーしたいにせよ、メイクというのは
顔全体で1になるよう、各アイテムの役割りを0.2ずつぐらいに
責任分散させるつもりで、最小限の期待を持って使うべきである。
この方が自然だし、崩れてもまだ直しやすいってもんだ。

余談だが、毛穴用ではない普通のジェルタイプの保湿剤を
メイク下地に塗ると、毛穴落ち防止になる、という話もある。

ジェルタイプの保湿剤は、塗り重ねると
消しゴムのカスのようなものがポロポロ出るのが多く
これを 「肌の汚れが落ちているから」 と言うメーカーもあるが
これは嘘である。
このカスは、ジェル自体が取れているだけ。

この事から考えても、ジェルタイプの保湿剤は
肌に乗せて保護するラップのような性質だとわかる。
毛穴落ち防止としての下地には、確かに効果があるかも知れない。

Home > アーカイブ > 2008-01-22

フィード
メタ情報

Return to page top