Home > アーカイブ > 2008-01-11

2008-01-11

オイルフリー美容

顔色が赤黒いので、これは油焼けじゃないかと疑い
オイルフリーブランドの基礎化粧品を試してみた。

10ヶ月経ったけど、顔色は何の変化もないので
問題はやはり自分の肌にあるのだ、と再確認したに過ぎなかった。
やれやれ・・・・・。

ところで、オイルフリーの化粧品を使って、気付いた事がある。
私が使用したのは、安物ブランドなのだが
だからこそ、より明確にわかったのだと思う。

私はニキビはまず出ない恵まれた肌質である。
今までできたニキビは、全部化粧品によるものだった。
ロコツに油っこい化粧品を使ったら出るのは納得できるのだが
不思議だったのが、オイルフリーのでよくニキビになっていたのだ。

今回、オイルフリーブランドのを使用したら
即、白いプツプツが何個かできた。
見た目ニキビっぽいが、痛くもなく化膿などの変化もしない。
放置してたら、いつの間にか消滅しているという地味なもの。

私にできるニキビは、いつも赤く痛いポッコリだったので
もしかしてこれが “白ニキビ” というものだろうか? と思った。
よく美容雑誌で、白ニキビ・黒ニキビ・化膿ニキビという
分類をされているのだが、黒と化膿は理解できても
白ニキビというのがどういうものなのか、想像できなかったんだよ。

昔から、ニキビ = 油分過多 という法則で
ホルモンバランスの乱れやストレスでできる大人のニキビにも
水分を多く与えて保湿しなきゃいけないけど
過剰な油分は禁物だ、と言うのが、今でも常識になっている。

だったらオイルフリーの化粧品でニキビができるのはおかしくないか?
オイルフリーとノンオイルは違う、とも聞いたので
オイルフリーというのは、多少は油分が入っているのだろうか?
それだと、普通に油分が入っている化粧品で
ニキビができないものも多いという現実は、どう説明が付くんだ?
純粋な100%のオイルでもニキビはできないんだが。
油じゃない何らかの保湿成分がニキビの原因なのか?

と、あれこれ悩んでいた答が、今回見つかった気がする。
私のニキビの原因は、多分ポリマーによるものだ。

使ったオイルフリー化粧品が、白ニキビができるし
何より100%オイルよりベタつく事に違和感があったので
成分を調べてみたのである。
そうしたら、他の化粧品よりも多く入っていたのがポリマーだった。
(この、“多い” というのは、メーカーの表示を信じての予想。
 一般的に、配合量の多い成分の順に記載されているのである。)

私はポリマーというのを、よく知らずに敵視しているのだが
それは髪のお手入れで、実感しているからである。
ポリマーは尖った形で、体内では吸収も分解もされないので
毛穴から入ったら、化粧品界のアスベストになる恐れもあり
体中で経皮吸収が最も高い頭皮に使うのは危険だ、と
どっかで聞いたので、ヘアケアは全部ポリマーなしに替えた。

結果、今の私の頭皮と髪は、今までで一番手触りが悪いが
今までで一番健康になっている。
自分の髪は本当はこうだったのか! というほど元気なのだ。
内面は悪魔なのに、髪に天使の輪が輝いているんだぜーーー。
触るとゴワゴワしてるのに、見た目すげえキレイ!

だから、出来るならポリマーなしで全身美容をしたいのだが
これは中々難しい上に、調べていて
ポリマーというのがちょっとわかってきて
完全排除すべきものでもないんじゃないか? と、激しく迷っている。

調べ方が悪いせいか、ほんと面倒くせえので
一向にポリマーというものの判断ができないのだが
現時点での調査報告を次回にでもしようと思っている。

というか、本当に知りたい人は、私の話を読むより
自分で調べた方がよっぽど正確にわかると思うぞ。

私が断言できるのは、美容において
このポリマーという成分は、最重要な位置にあるという事だけだ。

Home > アーカイブ > 2008-01-11

フィード
メタ情報

Return to page top