Home > アーカイブ > 2007-07

2007-07

DQMJ 続報

相変わらず、“ドラクエモンスターズ ジョーカー” に
いそしんでるわけだが、・・・・・挫折しそうである。

事の起こりは、モンスター配合の頭打ちにあった。

当然プレイするからには、最強 (であろう) モンスターを
作り出すのが、私の信条。
おそらく、こいつだろう、と目星をつけたモンスターは
はく○○う○う 2匹、 エスターク 2匹
ミルドラース 2匹が必要になる。

私の最終チームは、こいつとグランスライムと
(何故か) ドン・モグーラにする予定だった。

しかしそれには、メタルスライムが2匹
はぐれメタルが1匹、メタルキングが3匹いる。
バトルGP決勝前のフィールドには
メタルスライムしか出ないのだ。

それでも頑張ってメタルスライムを2匹スカウトしたさ。
(どっちも ♂ で、お見合いできず・・・)

これはもう、“魅惑のメタルエリア” に行くしかない。
それにはマデュライトを10個集めて、決勝を始めるしかない。

決勝に進み、魅惑のメタルエリアで、メタルキング1匹は
スカウトできたが、その後がなかなか無理。
だったら、スライム系に威力を誇る “アトラスのかなづち” とか
他国マスターの連れてるモンスターを狙いたくなるだろ?
それには一旦エンディングを迎える必要があるんだ。

もんのすげえ几帳面で計画的なわたくしは
マデュライトを9個まで集めて、そこで進行をストップさせ
配合モンスターに合成スキルまで覚えさせてもいた。

そりゃあ、グリーンファイターとかから、けんごうSP
メラ&イオとかから、せいなるふぶきSP、やみのばくえんSP
果てはグランスペルSP、と、底辺スキルからスペシャルスキルを
各モンスターに覚えさせていたのだ。

しかも単なるフィールドでLV上げをし
所持モンスター全部、配合回数+3~5で
LV30以上にまでしてたんだよ。
マデュライト9個の時点で、プレイ時間は300時間近かったぜ。
自分でもどうしたパラノイアかと思うがな・・・。

こんな私には、決勝どころか、ラスボス、新ボス、隠れボスまで
全部、通常打撃のAI命令でラクショーだったさ。
ていうか、決勝前のフィールドマスターバトルの方が辛かった。
(自分のLVに合わせて、相手の強さが上がるから)

悲劇はラスボス戦で起こった。

私の作る予定の最終モンスター、多分このラスボスだと思うんだが
そいつがな・・・・・・・・

顔や手足があっちこっちに捨てられてるゴミの山みたいな形に
全身が・・・・肛門マーク模様なんだよ!!!!!!
ご丁寧に、肌色!!!!!!!!

ドラクエはほぼ全部やってるが
こんなに汚いモンスターは初めて見たぜ。

何かもうショックで、目がかすんでたんで
肛門マ-クがいくつ付いてたかは断言できない。
バトルは即行で終わったし、後からもう一度確かめようとしたが
どこにもこいつの画像ねえもん。

とにかく、私のこいつのイメージは肛門マークなんだ。
こんなヤツ、愛せねえよーーーーーーーーー。

とりあえず、こいつを作るのをやめにして
りゅう○ん○うにシフトさせる事にした。

かなり、配合の予定の組み替えをせねばならないが
せっかく育てた、強LV強スキルのモンスターが余ったり
足りないモンスターがあったり、表作りからして大変だったが
そんな事は問題ではない。
わたくしは真面目で几帳面で天才でパラノイアだから。

ただ、すべてを配合途中モンスターであっさり勝ちしたら
残るは、最強モンスターを作る事だけなのだが
これは目的としては弱いのだ。

通信対戦があるが、私の性格上、そういうのに燃えない。
ゲームの設定のボス、vs COMならいいのだが
他人と戦う事を楽しいとは思えないのだ。
(この習性のせいで、格闘ゲームにも燃えなかった)

肛門ボスのせいの、全予定組み替えをしながら
急速に心の炎が消え始めるのを感じ
完璧な移行予定表を作り終えた時には
すっかり冷え切ってしまっていた。

もうやりたくないのだが、途中モンスターのまま終わっていいのか?
コンプリートしてないじゃん。
RPGゲーマーとして、これでいいのか?
葛藤している。

エニックス・・・・・あのボスはないだろうーーーーーーーー!

 ↓ 私のイメージのラスボス
   あくまで “イメージ” なので、真に受けないでくれ。
   ・・・・・訴えられないよな・・・・・?

ババアのアイケア

アイクリームは、15ml ¥8000を目安に買っていた。
何てリッチな、と憎々しく思ったヤツ、安堵せえ。
貧乏になってから、¥5000に落としたあげく
それでも追っつかず、アイクリームを使うのをやめたさ。

そうやって過ごすこと1年、目頭上下に細かいシワが出来
すべて貧乏が悪いのね、と昭和初期のヒロインもどきに
絶望感を味わったものだ。

使っている時は効果に気付かず、ほんとムダだと断定して
節約の際に真っ先に切り捨てたアイテムだが
こうなると効いてたんだなあ、とシミジミ思うぜ。

だが、あの少量でバカ高いアイクリームなど買えない。
ツボ押しで少しでもどうにか出来んかやっていたが
やはり専用アイテムは必須なのか、と悶々とする日々。

肌全体が乾燥した時に、たまたまドラッグストアで見かけた
ロコベースリペアというクリームを買った。
30gで、確か¥1600ぐらい。
ワセリンのような使用感で、伸びが悪くベタつき
乾燥が治まったら、無用のシロモノになってしまった。
(これが乾燥に効いたのかも、よくわからん)

いくら安物でも、化粧品1個たりともムダには出来ない境遇なので
それをアイクリーム用に転用したのは、ほんの気まぐれである。

チマチマ塗り続けて数ヶ月、ある日ふと見ると
目頭の上のシワが凄え薄くなっている!

目元の皮膚には過剰な油分は負担になる、という話なので
言わばタブーを犯しまくっていたわけだが
効くんかい!!!!! と、驚愕したぞ。

塗ってて良いものかどうか、今でも不安だが
とにかく私の目頭上部のシワには、これは効いたので
塗り方のコツを書いておく。

お手入れの最後に、シワを指で広げて塗り込む事。

多分どこの部分のシワにも、こういう塗り方が有効だと思う。
何故なら、目頭下はいじくるのが恐くて
指先になじませたクリームをポンポンと置くだけにしていたからだ。
目頭下のシワには、変化は見られない。

シワを広げると言っても、あくまで優しく、だぞ。
ギーーーッと広げたら、皮膚細胞がブチブチ切れるからな。

このやり方が正解かどうかはわからないが
シワを広げて貼るシートパックもあるので
いい線を突いてるような気がする。

そしてこの結果は、“安物でも効く” という点を証明した。
以前から、化粧品の値段で一番違いが出るのは
香りの成分の質だ、と言い張っていたが
今回はそれに “使用感の悪さ” も加える。

安物には妙にベタつくのが多いので
肝心の効果の有無まで判断が行きにくいのだが
肌の状態は高級なのを使っている時と、実は変わっていない。

以前は、高いから効くだろう、という激しい期待感があったが
安物にはどうしてもそれを思えず
しかも着実に年を取っているにも関わらず、だ。
これは効いてるって事だよな。

金がないなら頭を使え、の信条で頑張ってきたお手入れだが
安い化粧品の力をあなどりすぎていたようだ。
値段に関わらず、信頼して良いんじゃないかと
心のちょっと底から思えてきた。
(まだ高価信仰は完全には解けず)

ただ、目元だけロコベースを塗っていて気付いたのだが
部分的に塗っても、顔の他の部分 (主に下方向) に
塗ったものが流れるようである。

暑くなってきたら、塗ってない頬にニキビが出来たのだ。
ロコベースをやめるとすぐ治り、塗ると出来るので
目元のロコベースが、肌のキメに沿って流れてると判断した。

夏場用のアイクリームを、また探す日々になるが
安心して安物狙いでいくぜ。

原爆投下はしょうがない?

久間防衛大臣のニュースを、DQMJをしながら聞いてたせいか
キューバの防衛大臣が、日本の原爆問題に首を突っ込むとは
またアメリカと何か揉めるつもりなんか?
と、ほぼ1日勘違いしていた。

私の耳もやる気がねえ!

日本人は、基本的に真面目なので
「しょうがない」 と時々投げやりにならないと
自分を追い込んで潰れてしまう。

「しょうがない」 とは、自分の精神の均衡を保つには
実に便利な言葉で、私もよく唱えている。

久間防衛大臣も多分、過去の惨劇に対する
自分の気持ちの折り合いの付け方を言ったのだろう。

しかし、公人として、しかも防衛大臣として
「しょうがない」 など、絶対に言ったらいけない事で
本心がどうあれ、辞任は当然だと思う。

まさか本気で、「戦争を終わらせるためにはしょうがなかった」
などと思ってはいないよな?
それだったら、議員職も辞職してもらいたい。

原爆投下は、する必要のなかった大量虐殺である。
米軍は日本軍の降伏を、事前に知っていたと思われる。
もし知らなくても、あの状態の日本に
原爆を投下する必要などなかった。

原爆投下はアメリカの実験だった。
日本に入ったGHQが、広島で調査をしまくった事からも
そう考えるのが、自然だと思う。

多分、アメリカもあれだけの事態になるとは思わず
ビビりあがったんじゃないか、と想像するが。

この原爆投下について、ひとつ懸念する事がある。

あれだけの大打撃を受けながらも、短期間で
今の経済大国日本 (これも危ういが) になったのを見て
「原爆を落とされても、どうにかなる」 などと
勘違いをするヤツがいるような気がする。

これは勤勉な日本人だから成し得た事で
どんな民族にでも出来るわけじゃない。

こういう事を言うから、国粋主義みたいに思われるんだろうが
じゃ、あそこのラテン系国とか、あそこのアラブ系国とか
アジアのあそことかあそことか見てみろよ。
(ものすげえ自粛で、気を遣っているのを読み取ってくれ)

この国々が、戦後の日本と同じ状態になったら
世界中に援助だのボランティアだのと迷惑を掛けて
それに甘えて、被害者ヅラしたニートのようになるだろうよ。

何か時間の流れ方からして違うと思うんで
復興するのも、悠久の歴史と共に、って感じ。

中国なんか、「核を落とされて3億人死んでも、まだ1億いる」
と (ちょっと不正確すまん)、言ってるらしいじゃないか。
その1億に政府要人が全員入ってるんだな、めででえ。
核を落とすんなら、そういう場所に落とすものだろ。
真っ先に死ぬのはお偉いさんだよ。

こんな軽い考え方をされないよう
日本はもっと広島長崎の資料を、世界中にプッシュすべきだが
それをすると、「今頃、被害者ヅラで太平洋戦争の正当化?」
などと騒ぐアホウがいて、ほんと困る。

平和への教訓として、日本には
“日本の史実” を、ありのまま公表する義務があると思う。

興味をひく、という意味では、映画もいいんだけど
ドラマを絡めると、すべてが嘘臭くなるんだよなあ。

悪魔の声が聞こえる

刑罰逃れを目論む鬼畜犯罪者の話ではなく
本当に “声” が聞こえる人の事である。

統合失調症 (元、分裂病) という精神病を
患っている人の中には、症状のひとつとして
幻聴が聞こえる場合もある。

これが悪魔か天使か神か、はたまた死んだご先祖か
誰の声かを決定するのは、その人の性格によるらしい。

案外、悪魔と思い込む方が健全なのかも知れない。
声を悪い事として捉えているような気がするからだ。
天使が 「ユー、サイコー!」 とか言うなど
どうした自分ブラボーなんだ? って感じ。
(すまん、これは偏見だから)

「悪魔の声が命じた」 と言って
殺人を犯すヤツもいるが、これはごく稀だそうだ。
(本当に幻聴がある場合で、トレス・ヤギのような言い逃れは論外)

攻撃性のある精神病は、非常に少なく
犯罪率も、病気ではない人よりもかなり低いという。

ただ最近は、ボーダーライン人格障害
反社会性人格障害などの、わかりにくい病名の
何て言えばいいか・・・ “異常” ? もあり
しかもそれが複合される場合もあるので
一体何が精神病かすら、よくわからん混沌ぶりである。

「冷たいヤツだなあ」 とか思われる
そこらにいるような、冷徹な人。
この 「人の痛みがわからない」 ヤツは、非人道的な性格なのではなく
アスペルガー症候群という病気の可能性があるそうな。

昔はよくいた落ち着きのないガキも
今や “適応傷害” だと解明されているし
単にアホと思われていたガキも “学習障害” になる。
(注: これは医師の診断が下っている場合に限る)

そのうち、愛だ恋だに鈍感なのは “恋愛障害”
恋人にすぐふられるのは “交際障害” とかにされるかも知れん。

という冗談はともかくも、病気だというのが解明される事には
ちょっと違和感を感じる面もある。
病名でくくると、ひとまず安心、ってイメージか?

しかし、この懸念は間違いで、メリットの方がはるかに大きい。
病名が付いたら、治療や適切な指導が研究されるからだ。

昔の “全員一緒” の教育より、ずっと本人にとっては有益だろう。
周囲の理解も深まり、生きていく上でラクになれるかも知れん。

今は皆、子供を注意しない、とか言われるが
こういう病気が解明されつつある、この時代に
うるさいガキを昔ながらに怒鳴って
その子がもし適応障害だったら、その子の親はいたたまれないし
注意した側は、とても申し訳ない気持ちになってしまう。

私の周囲にも、適応障害の子供がいるが
パニックを起こして泣き喚く子供は、通りすがりの見た目には
ただのしつけの悪いガキと区別が付かんのが困るんだ。

「そもそも、“マトモ” などない。 皆、どこかしら病んでいる。」
という精神科医もいるので
特別、生活や人付き合いに支障をきたさない限り
“人と違う” という事に、不安は持たなくていい。

ただ、幻覚、幻聴、幻臭などの症状が出たら
まず精神科に行く事を勧める。
神社や霊能者はその後にね。

「どうしても霊現象だ」 と、思うのなら、ダブルで通え。
二段構えで隙なし!

“ちょう” と “まち”

“町” を何と読むかである。

関西にきて、タクシーに乗って
「○○まちまでお願いします。」
「○○まち・・・? ああ、○○ちょうですね。」
という事が結構ある。

ザツな私としては、“まち” でも “ちょう” でも
どっちでも構わんので、気にしてなかったが
関西人の友人知人には、「田舎者」 との評価を得ていた。

本当に田舎者なので、それでも一向に構わんのだが
東京にも御徒町 (おかちまち) ってあるじゃん
と、釈然としない感が残っていた。

ある日ふと観たTV番組で
「“まち” と “ちょう” の区別は?」 の答が
「“まち” は武士が多い場所で
 “ちょう” は一般民衆が多い場所」 だった。

私が町を 「まち」 と読んでしまうのは
熊本ではそういう読み方がほとんどだからである。
ローカルニュースでも、「○○まち」 と読んでいるので
これは断じて、私のいつもの勘違いではない。

だからこのTV番組のクイズの答には、実に納得させられた。
熊本って軍事都市だから、武士も多かったかも知れん。
京町 (きょうまち)、健軍町 (けんぐんまち) など
実にそれっぽい地名だし、“城” が付く地名も多い。
私の田舎者のせいじゃないわけだ。 ほーっほっほっほ

それでも何となく、モヤモヤが残る。
いや、何が何でも自分が田舎者だと証明したいわけではない。
というか、“田舎者” は割に不名誉な称号じゃん。

私がモヤモヤしてるのは
熊本に、花畑町 (はなばたちょう) という地名があって
そこは熊本城のすぐ横の町で、いかにも武士がいそうな場所なのだ。
現に加藤清正の像もそこに建ってるし。

花畑町が “ちょう” なら、何であそこは “まち” なんだよ?
みたいな “まち” が、ごろごろある。
その現実を見ると、何かあのクイズの答は違うような気がする。

そこで、すんげえ面倒くせえがネットで検索してみた。
これがまた、関係ないサイトがボロボロ出てきて
肝心の知りたい事がまったくヒットしない。

私の検索の仕方がドヘタなのはわかってはいるが
TVのクイズの答を裏付ける記事など、1個も見つからない。
(私のこのブログも、同じ疑問を持ったヤツの邪魔になるわけね
 と思いつつ、書いている。 真剣に調べてるヤツ、すまん。)

で、短気な私がやっと見つけた地名に関するサイトによると
全般的な、“町、村” の呼び方の傾向は
東日本は “まち、むら”、西日本は “ちょう、そん” なんだと。
東海から東か西かで分かれるらしい。

でも、東日本に属する岩手では “ちょう” が多く
西日本の福岡、熊本、大分では、“まち” が過半数を占めていて
結局は、それぞれの地方の行政の指導方針の違いじゃないか? だとさ。

何かもう、「人それぞれ」 みたいな結果で
全然すっきりしないんだが、これが真実っぽい。

廃藩置県とか終戦処理の時とかに、土地を整理整備する際に
決める人の感性によって決まっちゃった、というのが
一番、現実味があるような気がする。

とりあえず関西にいる限りは
“町” を “ちょう” と呼ぶように努力するよ。

誕生日

言霊ってあると思う。
霊的なものはまったくわからないので
“嫌な言葉は、見聞きする人の気持ちまでもを嫌な気分にする”
ただそんだけの意味。

だから私は、普段あまりグチを言わない。
ここで言いたい放題をしてるから、まだ救われてる面もあるが
辛い辛い言って、辛さがどうにかなるならガンガン言うさ。

でも実際には、「辛い」 と口にしたら
自分の発したその言葉が、自分の耳にも入るんで
感情を刺激され、本気で自分が可哀想になってくる。
状態に感情を絡めると、余計に状況が深刻になる。
こういう事をするヤツが、マイナス思考なんじゃないかと思う。

ここ数ヶ月、ずっと目と頭が痛い。
ブログをチェックしてみたら、3月末からのようだ。

朝起きてから、夜寝るまでずっと痛い。
ズクズクズクズクという痛みが
動くと、頭痛が脈を打つようにズッキンズッキンしてくる。
かと言って、じっとしてると肩が凝ってくる。

これが一日中続く。
痛くない日なんて、数ヶ月のうち2~3日あったかどうか。

主治医に相談したら、光で目が痛むのはどうしようもなく
とことん光を遮断するしかない、と言われ、目薬を貰った。
それを1ヶ月点眼したが、改善されない。

吐き気までしてきて食欲もなくなり、体もきつくなり
もう、とことん辛くなったので、ネットで調べて
研究熱心そうな眼科に行った。
HP通り、とても信頼できるお医者さんだったが
「光過敏症ですかねえ?」 と、首をかしげられ
とりあえず角膜保護の目薬を処方してもらい、様子見となった。

完治する病名が付いて、治療が出来るという結末を望んでいたのだけど
そうならなかった事に、ものすげえ絶望した。

帰り際、これから先、こういう状態が続くのなら
生きていく事など無理じゃねえか?
と、痛む頭を抱える私に、魔がささやいた。

  真剣に死にてえ

目出度いとは思わないので、自らブログで書いたのは初めてだけど
(てか、忘れていて、「おめでとう」 メールで思い出した)
今日は私の誕生日で、いつもは意味を感じない単なる生まれた日が
不幸な気分の時には、これほど追い討ちを掛けてくれるものだったとは!
至上最悪の誕生日だよ。
(言っとくが、「おめでとう」 とか言わんで無視してくれ。)

調子の良い時は誰だって強気に出れる。
人間の真価は、弱っている時に現れる。
だから、あえて啖呵を切って背水の陣をひく。

他のヤツなら、とっくの昔にくじけてるさ。
私だから、ここまで持ちこたえたんだよ!
毎日毎日、頭痛に付きまとわれてみい、発狂もんだぞ。
そうならない私の鈍感さ、ほんと最強ブラボー!!

今、崖からロープで吊るされてて
その縄が1本1本切れていくような
精神的に追い詰められていく心境である。

最後の1本まで、あと何本あるんだろう?
それはいつ切れるんだろう?
切れたらどうなるんだろう?
恐怖が襲ってくる。

だったら、そのロープを己の首に巻かれたロープだと解釈すればいい。
切れたら命が助かってラッキーじゃん。
見たか、これがプラス思考だぜ。 はっはっは

書いてて自分でも、必死だな、と思うのは
マジで参ってるって事なんだろうな。
昼間っからカーテンを閉めて、電灯で生活してたら
ウツになってもおかしくねえもんな。
何かもう、八方塞りって感じ。

だけど、どうせ辛いのなら
自分を哀れむより、自分にケンカを売る方を選ぶ。

思い返すと、ここ2年ほど何かのタタリかと思えるほど体調が悪いが
このままなら、単なる体のガタだと思って
“実録! ババアは見た! 恐怖の老化現象” でも
ブログで書きまくったるわ。

とりあえず、眼科で貰った目薬で様子見をして
その後、眼科医と主治医に相談して、脳外科だな。

その結果次第で、またブチ切れるかも。

反省と感謝

昨日、まさに負け犬の遠吠えのような
見苦しいブログを書いてしまったわけだが。

本当に強いなら、ギャアギャア騒がない。
ほんとテンパってたんだなあ、私。

マジで恥ずかしいので削除して、何もなかった事にしたいんだが
反面教師になって、自分への罰とする。

削除しない理由がもうひとつ。
あのグチブログを書いたら
思いがけないアドバイスのメールを貰えて
気分的に、ものすげえラクになれたんだ。

女性ってのは皆、似たような事で悩むらしい。
この “皆” ってのが、すげえ重要で
「私だけじゃないんだ」 と、わかる事が
どれだけ救いになるか、つくづく思い知らされた。

自分ひとりだったら、もっと悩んでいた。
ひとりでも生きていけるかも知れないけど
返事が貰えるって、何てありがたい事なんだ!!!
と、大げさじゃなく、世界のすべてに感謝したよ。

その恩返しに、私も世の女性に役に立つようなブログを書きたい
と思うのは、インドに行って目覚める人みたいなもんか?

何か今、感謝の気持ちで、えれえ善人な気分になってるんだが
ほとんどの日々は悪人が表立っているので
たまに出現する善な自分を真に受けて
良い事をしようとしても、絶対に続かないんだよな。

ここで踏みとどまらないと、後が大変だ、と
自分を制止している真っ最中である。

これぞ、“恩を仇で返す” って態度!!

でももし、辛い事、苦しい事があるなら、とりあえず訴えてみい。
私がそれを目にしたら、絶対に返事をするから。

眼科で自画自賛

書き忘れてたよ、眼科での自慢をー。

何故、眼科に行こうと思ったのかと言うと
叔母と電話で話してて、「元気?」 の流れで
「光で目が痛くなっちゃって、困る」 と、軽く言ったら
そっから叔母の勢いが変わったのである。

緑内障や白内障は、よく聞く病名で
白内障は治るけど、緑内障は大変なのよ
本格的になるのは年を取ってからだけど
ごく初期の症状ってのは、早くに出る人もいるんだから
目が見えなくなりたくなかったら、さっさと検査に行ってきなさい!

頭痛で参ってる心には、何かものすごい脅迫で
目が見えなくなる・・・? と、愕然としながら
ネットで緑内障白内障に力を入れてる眼科を探したのである。

見つけたとこは、HPの爽やかさ通りの、すんげえキレイな医院で
看護婦のおねえさんたちも、キレイ揃いで
ここは歯科か? と、思ったほどである。
(歯科って助手や受付のおねえさん、美人が多くねえ?)

しかし、そこ、照明がものすごく明るいんだよ。
きらびやかなのは良いんだが、今の私には辛すぎる。

てか、目が見えなくなる・・・、と落ち込んでるので
(もう完全に ↑ と、決め付けてしまっているのは
 思い込みの激しい単純な性格だからだけではなく
 長期間の頭痛で、精神状態が普通じゃなかったからであろう)
そんな事はどうでもいい。

で、こっから自画自賛の本題。
といっても、いつもと同じで大した話じゃないのだが
私の心の中での豹変ぶりが、自分でもちょっと意外だったので記録。

「今日はどうされました?」 と聞かれ
「光で目が痛くなり、頭痛も激しくて
 昼間でもカーテンを閉める状態なんです・・・。」

お医者さんは、ふんふん、と私の顔を見てうなづいていたのだが
「年も年だし、緑内障の不安もあるので・・・」
と、言った途端、「えっ?」 という顔をし
カルテに書いた生年月日を確認し始めた。

いつもなら、ここでフッと余裕の天狗になって
またブログの自画自賛ネタが出来たわ、と内心高笑いをするのだが
今はそれどころじゃねえんだよ 目が見えなくなるんだよ
私の見た目が年齢通りじゃねえのはわかりきっているんだよ
いいから、さっさと検査してくれよ
と、荒んだ気持ちで、イライラさせられた。

いやあ、人間、調子が悪い時は
自分が何者でもどうでも良くなるんだなあ。

しかし、「そうですね、緑内障の検査もしましょう」
と言われ、「失礼な! そういう年かよ!」 と思ったのが不思議。
この心理、自分で言うのは良いが、人に言われたくない
とかいう、女心ってやつ? 
この状態で、そういう自尊心だけは持てるって
どうした都合の良さなわけ?

ああ、私って卑しい人間・・・と、自己批判をしながら
何種類もの検査を受けまくった。

で、出た診断が
「緑内障ではないけれど、なりやすい眼球の形です。
 出来れば、年に1度は検査を受けた方が安心ですね。
 緑内障は治りませんが、発見が早いほど進行を止められるのですよ。」

緑内障になりやすい眼球・・・、これ、すんげえショック
やっぱ目が見えなくなる可能性が・・・ (と、しつこくウジウジ)。

光で目が痛いのは、「光過敏症ですかねえ?」 で
眼球に傷が入っているので、ドライアイの可能性もある、と。

えええええええええええええっっっ?
自分ではどっちかと言うと、いらん事をしてしばかれた
アフガンのような涙目だと思っていたんだけど?
アイメイクもよく崩れるし。
私、よくまつ毛が抜けて目に入るから
傷はそれで出来るんじゃねえの?

でも、“ドライアイ” ってのもよくわからんのに
プロにそういう自己診断を言ってもしょうがない。
肝心の結論は、まだ出ていないんだし
こういう、原因がはっきりしない症状を抱える患者って
担当したお医者さんには、すげえ厄介だろうな
と思うから、あまり突っ込めないんだよなあ・・・。

「何か疑問や、説明を受けたい事はありますか?」 と
最後に聞かれ、「ああ・・・良いお医者さんだなあ」 と、感じた。
事務的で淡々としているけど、冷たい印象はなく
きっちりと診察してくれるんだ。

ありがとう、私の眼球はおめえに預けた。
ちょっと遠いけど、年に1度会いに来るぜ!

とりあえず、目薬を処方してもらい、近所の調剤薬局に行った。
眼科の中、影が1個もないほど明るくて、目が眩んで眩んで
頭もズッキズキで、さっさと帰りたかったのだ。

家に帰って見たら、調剤薬局でもらった領収書に
「皮膚科」 と記載されていて、全然知らない担当医名が書いてあった。
皮膚科で目薬ねえ。 こういう間違い、いいんかよ? と思ったが
肛門科とかじゃないだけ、まだマシだな、と投げやりに寝た。

この夜から、「眼科に行っても頭痛が治らない」 という理由で
ウツウツし始め、ブログで泣き喚いたのであった。
何か時系列ってか、心理の動きが変則的だよな。

そうそう、後日なじみの調剤薬局の人に聞いた話によると
領収書の記載間違いは、お客さんにはそう支障がないけど
月末の締めで、薬局自身が困る事があるそうな。
教えてあげるのが親切だって。

ちっ、しょうがねえなあ、○○薬局、自称病人に面倒をかけやがって。

台風の恐怖

台風のメッカである九州でも
直撃なのに、被害に遭う地域と遭わない地域がある。
遭うとこは、毎回ひどい被害が出るんだ。

大した被害が出ない地域の人々は
そりゃ、風雨の強さには困惑するけど
TVでニュースを観て、「ほおおおおお、すんげーーー」
と、それが自分の住む地域の話とは思えず
まるで、台風に縁がない地方の人々と同じような感覚である。
風が吹き荒れた後の、ゴミだのの散乱の掃除は大変だが。

そんなノンキな台風ライフを送っていた私も
何度か、恐怖のド真ん中に突き落とされた経験がある。

暴風で、サッシのガラスがビビビビビビと絶えず鳴くんだ。
時々ミシッミシッとガラスがたわむのが、目に見えてわかり
「!!! 割れる???」 と、そりゃあもう恐ろしい。

これが割れたら、爆風と共に破片が部屋中に飛び
それでも根性を出して、反対側の窓を開けて
吹き込んでくる暴風を逃がさないと、屋根が持っていかれる。

こうなったら最後、家中、暴動民衆が土足で走り去った後みたいな
状態になるが、それでも屋根がなくなるよりはマシだろうな。

窓ガラスが割れる一番の原因は、飛んでくる瓦。
あの重い瓦が飛ぶんだぞ。 落ちるんじゃない。
まるで秋の風に舞う枯れ葉のように、空をビュウビュウ飛ぶんだ。
瓦が!!!!!

初めて見た時は、紙かと思ったよ。
ツバメのように大きく縦ターンしながら
2階建ての家より高い空中を、何枚何十枚もの瓦が飛ぶ様は
今でもそれを目撃した時の衝撃とともに、はっきり覚えている。
あれを見たら最後、台風 = 恐い って脳裏に刻み込まれるさ。

その飛んだ瓦は、各家々の窓ガラスや屋根や壁を破壊し
木々を裂き、車庫をブチ抜き、車にボコボコ突き刺さる。
ごっつい手裏剣のようである。
戦争中はこれが焼夷弾とかで、もっと激しい恐怖だったんだろうな。

普通の家の瓦は、組み合わせ式だけど
台風通過地域の家は、ビス留めの瓦じゃないとダメ!
それでも他家の瓦が飛んできて、自分ちのビス留め瓦を
割ってくれたら、そっから風で巻き上げられる可能性もある。

一軒家に住んでいた時、そこの地域で風速40m/hってのに遭った。
これがどれだけ凄いかっちゅうと、家が揺れるのだ。

ゴゴゴッ ビリビリ パシッ メキメキ
と、普段耳にしないあらゆる不気味な音が、家のあちこちから鳴り
震度4の横揺れ地震と同じぐらいの強さの揺れが、何時間も続く。

何かもう、この世の終わりな恐怖で、気が狂いそうになるが
脳内では被害額の心配とかをしている。
大事なものをまとめておくべきだろうが
もう、そういう建設的な余裕がないのだ。 動くのすら恐い。
窓から離して敷いた布団をかぶって、震えつつ祈るだけ。

悪い事に、台風が来るのは夏。
当然そういう状況では停電をしていて、エアコンも扇風機も点かない。
窓も開けられず、蒸し風呂のような室内で恐怖と闘う。

冷蔵庫も止まっているので、食料が腐るのを防ぐために
冷気を逃さないよう、開け閉め厳禁。
冷たいものも飲み食いできない。
ヘタすると、断水にもなる。
ガスも都市ガスだと止まる場合がある。

台風が通り過ぎても安心は出来ない。
吹き返しってのがあるからだ。
この風の方向で、台風がどこにいるかが判断できる。
東風だったのが、今度は西風?
時間差で全方位攻撃かよ! って感じ。

渦中に外に出ようとすると、道にたどり着く前にまず
玄関ドアが風で持っていかれるので
すべてが終わってからでないと、外には1歩も出られない。

台風が通り過ぎた後の街並みは、まるでゴーストタウン。
ガラスや瓦の破片や、家の壁、トイなどのあらゆる部品
破壊された車、水に浸かった車、標識、街路樹、ゴミ、電線
これらがいたるところに散乱しているし
電柱は見渡す限り、全部斜めに傾いている。

コンビニは商品が根こそぎ欠品。
停電や断水はすぐには回復しないし
頼るべきは我が家の備蓄である。

しかし床上浸水されたら、これらも使用不能にされる。
浸水された家ってのは、床中に増えるワカメを巻かれた感じになる。
どんだけ悲しいだろう、と思う。

台風地域の人々は、毎年毎年この恐怖の再来の可能性があるわけだ。
もう、うんざりだよな。

私は今、関西にいるが、関西人にこの話をしても
「まさかー」 と、疑われる。
台風が来ないだけでも幸せだと思うよ。
(関西の台風? ありゃ単なる強風だよ。)

でも、地震、洪水、大雪、地すべりなど、自然災害は日本中で起きる。
台風の恐怖はわからなくても、被害に遭った人々の悲しみは共通だ。

何があるともわからないんだから、備蓄、しとこうね。

北京オリンピックの疑惑

最近、中国の安全叩きが世界中で起こっている。
これには、ちょっと違和感を感じていた。

化粧品愛好家なら、中国製品がヤバいのは
10年以上前からわかっていた事。 (韓国化粧品も怪しいぞ)

あの有名な美白クリームなど、「真珠入り」 と書いてあるが
パール色のクリームが銀光りをしている。
開けた途端イヤな気配がして、即行捨てたよ。
後にそれが、水銀入りだったと判明するわけだが。

アメリカでは、“CHINA FREE” という
表示までされるようになったらしい。
「中国産は入っていませんよ」 という意味。
それをニュースで見た時に、「あっっっ」 とひらめいた。

「北京オリンピックが開催されるから、安全になってくれ」
だと思っていたが、逆じゃないのか?
中国を安全にするために、中国でオリンピックを開くんじゃねえ?

この、私の相変わらずの独断推理を解説する。

中国の広大な領土と、人件費の安さ、人口の多さなどの魅力で
各国企業は中国に進出した。
支社や工場を作り、こぞってそれに投資した。

ところが中国の衛生観念のなさや、だらしなさは想像以上で
“中国製” は、自社製品の質を落とすものでしかなかった。
引き上げたいのはやまやまだが、掛けまくった投資金額や
中国自体が巨大市場とあって、ただ捨てるには惜し過ぎる。
そこで、中国を変えなければ、という結論になるのは当然である。

しかし、よそ者が言っても、絶対に聞くわけがない。
中国政府に動いてもらいたいが、これまた高飛車で会話が成立しない。
さて、どうしたもんか。

オリンピックが開催された国は、ほぼ発展する。
補助金付きで、建造物建立や道路の整備も出来る。
オリンピック本番時だけじゃなく、その後も観光地になり
世界大会なども開く事ができる。

何より世界一の運動会開催は、国の名誉になる。
世界友好などの大義も付くし、経済的にも外交的にもおいしい。

誰かが上のような事を言って、中国の立候補をそそのかしたと思う。
そして次のオリンピック開催地は、北京に決定。
厳正な選出のフリをしているが
実は中国をどうにかしたかった各国の中国進出企業が
自国政府に働きかけ、IOCに話を通したのだろう。

オリンピックが北京に決まった後、何年もあるのに
今頃騒ぎ出した理由は、ずばり! 情報の風化を恐れたからである。
ただでさえ情報は鮮度が命である。

開催決定直後から騒いでも、あの4千年の歴史を誇る国は
流れる時間も諸外国とは違う。
そもそも言ってすぐする、腰の軽い国なら、何も問題はない。
わかったわかったとダラダラされてる内に
民衆に飽きられて忘れられたら、何の結果も出せなくなる。

だから、直前になって大騒ぎし始め、さすがの悠久の民族も
動かざるを得ない状態に追い詰めているのである。

これで中国の感覚が諸外国に近付いたのなら
中国自身も、色々と国内政策をやりやすくなる。
汚国など、高級官僚にも住んでて不便だろう。

普通に近付いたからといって、人件費はそんなに上がらないと思う。
何せ、“予備” が多すぎる。
「文句があるなら飢え死にしたら?」 と、平気で言える国だ。

残る問題は、「発展しまくった」 と、勘違いした中国政府が
今まで以上に天狗になる危険性だが・・・。

メンツを賭けているプライドの高い国に
世界中が足並みを揃えて、正当論を振りかざすバッシング。
これがスポーツ由来だから、兵器が出てくる隙がない。

この推測が当たっているなら、考えたヤツはものすげえ策士だな。
どっちにせよ、騒ぎが起こらなくても、中国製品は気持ち悪かったんで
これを機会にぜひ、真っ当になってもらいたいもんだ。

なかなか信用は出来んが・・・。
(ここまでひどかったとは誰も思わんよな)

1 / 212

Home > アーカイブ > 2007-07

フィード
メタ情報

Return to page top