Home > アーカイブ > 2007-02

2007-02

戸籍なし

「離婚後300日以内に産まれた子供は前夫の子」
「出産後14日以内に出生届を出さなければならない」
これは法で決まっている事。
女性が、離婚後半年間は再婚をできないのは
子供ができた場合を考えたからである。

今、日本には出生届を出してもらえず
戸籍がないヤツが、かなりの数いるそうである。
TVでチラッと聞いただけで、確かな事はわからないが
2000人とか3000人とか、ギョッとする数だったぞ。

離婚した途端、次の男性と中出しでやりまくって
早産で300日を切ったあげくに
「一時的にでも前夫の戸籍に我が子を入れるのは嫌」 とか
だったら、何故その数ヶ月だけでも避妊しない?

これ、妊娠したから結婚したんだろ?
いずれ結婚するつもりなら、こんな無計画な事はしないよな。
そして出来た子の戸籍を2年間放置?

いい大人が結婚してないのに避妊をしないなど、頭も股もユルすぎる。
妊娠を結婚の理由にするなど情けない。
物事には順序っちゅうもんがあるんだよ!

DV前夫に知られたくなかったので
子供の戸籍を作らず、子供がパスポートを取れない、と騒ぐ母親。
子供、高校生だそうだ。

DV前夫から一生、子供ともども逃げ隠れるのか?
子供のためを思うなら、どんな事をしても
母親がカタを付けなきゃならんだろう。

こいつら、親の資格があるのか?
自分たちがしでかした事だろう。
自分たちで責任を取れよ。
自分たちだけで戦えよ。

法的手続きを怠って、子供の国民としての権利をすべて放棄したんだぞ。
社会的保護を受けられないのは当たり前だ。
それどころか、子供は世界中のどの国にも所属させられてないんだよ!
戸籍を軽んじるな!

子供が出来た時点で、腹をくくって
裁判でも起こしてさっさとどうにかするべき。

離婚も結婚も親が解決すべき問題。
何の関係もない子供を巻き込むんじゃない!

あー、もう、何でこんな考えなしが多いんだろうな。
え? ちゃんと考えて苦しんだって?
うそつけ、悩んでただけだろう。
“悩む” は、感情的にグジグジする事
“考える” は、解決に向かって試行錯誤する事。
似ているようで、まったくの別物なんだよ。
それとも、“考え” てそれなら、脳みそが残念すぎる。
いずれにしても、親を選べない子供が可哀想だぜ。

何をこんなにイラ立っているかというと
先進国で、制度もある学校もある食い物もある、一応平和な国なのに
それは世界規模で見ると、とても幸運な事なのに
その国民としての意識の低さは何なんだ? と、嘆かわしいんだ。

それでなくとも、不安定なこの世界の中
国民の国を守ろうという気持ちが情勢を左右するのに
守ろうどころか、するべき事をせず文句をたれる。

国に守ってもらいたければ、法に沿え。
決められた最低限の事ぐらいはしろよ。

トラブル対策の心構え

みの生電話での浮気相談に対する答は
ほぼ 「今夜はお化粧してご主人を迎えなさい」 である。
妻の発情など、逆効果の家庭も多いんじゃないのか?
(どうでもいいが、あの “おもいっきり生電話” の字
 “おもいっき性電話” に見えんか?)

相談をするヤツは 「でも」「でも」 ばかりで
こいつ本当にどうにかしたいんかよ? 
単にグチを言いたいだけかな、と思う事が多い。

でも最近わかった。
人には規制が多いのだ。
環境的、関係的、性格的、様々な制約の中
それを1mmも壊さないように解決しようとするから
結局は 「やっぱり我慢すべき」 となるのである。

みのに浮気相談をしてくる女性が聞きたい事は
「相手が心から反省して、自分も納得できる解決法」 であろう。
そんなものはない!
だから、みのたちに軽くあしらわれるんだよ。

トラブルが起こった時に、自分が取る方法は2択である。

 ・ 我慢して平静を装う
 ・ 戦う

ほとんどの場合、我慢を選び忘却を待つ。
死ぬまで我慢し続けられるならいい。
だが、同じトラブルが何度も続くと、大抵のヤツは途中でブチ切れる。
溜めて溜めて溜めて、大噴火する。
(周囲に見逃されて生き延びている私みたいな
 無神経タイプには、これは一番やっかいである。)

延々、我慢して平静で “いられる” という状態が続けばいいが
何度目かの選択画面で必ず、“戦う” をクリックする時が来る。

私は最初から “戦う” の角をガツガツ曲がる。
(その気もないのに、いつの間にか
 バトルフィールドに迷い込んで 「あれえ?」 って事も多いが)

爆弾に入れる金属片だって、少ない方が破壊力が小さいだろ。
溜め込むほどに爆発力が増し、ヘタをすると関係を粉砕してしまうから
一気に開戦するより、小競り合いで済ませとけ、って感覚。

しかし私は恐竜並の鈍さの脳みそと
説教や文句も親切だと曲解する目出度さを兼ね備えているので
数少ない嫌がらせも、その場ではまず気付かない。

後日ふとした事で思い出し
よく考えると、バカにされたんじゃねえのか?
みたいな気分になるが、時間切れで、ああ残念、って事ばかり。

神様、実によく設定してるよな。
好戦的な本能は、周囲の人々に大迷惑を掛ける恐れがあるから
知能の弱さとすっとんきょうな性格で封印を施すとは!
お陰でホノボノとひとり花畑にいるようだよ。

トラブルに悩む人は、自分の取るべき道が
永遠の沈黙か、いつか来る戦闘かのふたつしかない事を
きっちりと理解しておくべき。

波風を立てず、双方根に持たない都合の良い解決法などありえない。
てか、自分が悩んだ時点で、もう波風立ちまくりだろ。

でも、どっかの夫殺し妻の言ってた 「やられたらやりかえす」
これをやってたら、そりゃもうワヤクチャだ。

てか、「仲直り」 or 「離別」 って結果だけだと思ってたら
いつの間にか 「殺される」 って項目が普通に増えてるじゃんよ。
ゴネるのも命懸けだな、こら。

「お互い様」 という思いやりを胸に抱き
より絆の深まるケンカを理想に掲げて聖戦するがよい。
(私が言うと、これほど説得力のない言葉もねえな)

うーん、書いてて思ったが、もしかして
「化粧して出迎える」 ってのも、戦いのひとつかも知れない。
女性の化粧は武装だしな。

みの、黄疸が出てそうな顔色のくせに、意外に深い事を言ってるんか?
(おめえが出ると、画面の色調整に不信感を持ってしまうんだよ!)

失言の後悔

ここで散々わめき散らしているのに、何を今更・・・
と、思われるだろうが。

知人が大病をして、慌てて厄払いに行ったという話で
「辛い時は神様にも頼りたくなるでしょう?」
と、同意を求めてきたので
「ああ、それあるよね!
 お腹を壊した時なんか、『神様!!!』 って思うもんね。」
と、思った事をよく考えずにそのまま答えた。

すると、別の知人が後から 「あれは失礼だよ。」 と、言ってきた。
「えっっっ、そうなの?」 と、驚いたが
「そうじゃん。 大病と下痢を一緒にするな、って思うよ。」
と、言われ、確かにそうだと気付いた。

いや、実際に私の経験ではそうなのだ。
尿管結石になった時なんか、あまりの痛みに
神様の “か” の字も思い浮かばなかった。
私、すんげえやっすい神様の使い方をしてるな、って思ったんだ。

あの時、私の返事を聞いた知人は
「あしゅらさんって可愛いよねー。」 と、大爆笑して
何でそこで “可愛い” が出るんだ? と、怪訝に思ったが
あれは “脳が足りない” って意味だったんか・・・。

気を悪くしたかな、と、心配する私に、助言をしてくれた知人は
「大丈夫だと思うよ。 悪気はないとわかってるよ。」 と言う。

次に合った時に、謝ろうと思っているが
ほじくり返していいもんだかも迷う。

ああーーーーー、やっちゃったな、と。
最近、脳トレのせいで 「私って天才!」 と
世界の覇者になった気分になっていたが
何でこう、すぐ奈落に落ちるような事をするんだか。

最低の事で最高の天狗になる性格は、安上がりでめでたいんだが
いつもいつも安い誇りのせいか、天下が続くのが短すぎる。
奢れる者は久しからずとは言うが
せめて1ヶ月ぐらいは、図に乗り続けたいもんだ。
安物は使えない法則・・・・・。

この一件で、私の天然由来成分がわかった気がする。
何で皆 “天然” と言うのか、すげえ不愉快だったが
この無邪気な無神経さは、まさに私が嫌う天然そのものの人物像。
「これかーーーーーーーーーー!」 と、愕然としたぜ。

皆、よく見てる、って言うか、迷惑を掛けてたんだろうなあ。
自分では、マジでまったく気付かなかったよー。
穴があったら墓穴でもいいから入りたい気分。
てか、その墓穴、自分で掘ってるんじゃん。

言われてムカついた相手に比べれば、大した事じゃないかも知れんが
かなり落ち込んでいる。
自分の欠点を目の当たりにする辛さと
皆に無神経な事を言いまくってたかも知れない、と思っても
「かも知れない」 という、それが何なのかがよくわからん恐怖。

今回はたまたま説教してもらえたから気付けたけど
これ、直せるんだろうか?
今はショボくれてて、善な自分が目を覚ましているが
何かいっちょあると、すぐ調子こくからなあ。
基本、恥知らずな性格なんだよな。

大部分のバカ脳のせいで、いらん事をして
ほんのちょびっとの知能が、恥を思い知らせてくれて
まさに自分で自分の首を絞めてる人生で
正直、どうせ無神経なら、言われても気付かないほど
全部が無神経で出来てたらいいのに、とさえ思う。

でも、私のそのほんのちょびっとの恥の存在を知ってくれているから
私は親切にされているんだろう。
私は自分のためにではなく、そういう人たちのために
マトモにならなければならないんだと思った。

全体的に大げさだろうが、私にとっては
2007年事変と名付けてもいいぐらいだ。
こんだけ騒げば、普通はちょっとやそっとでは忘れないもんだが
自分が見事に信用ならないのが不安ーーー。

自分の意外な一面を発見すると
それとどう折り合いを付けていけばいいのか、すごく悩むぜ。

読んで、「やっぱり “今更” な内容だった」
と、思うヤツが多いんだろうなとわかってるのがまた、欝・・・・・。

食事の量

子供の頃の家族旅行で、よく思ったが
旅館なんか、一体何人が食うんだ? というほど出すだろ。
それを見ただけでビビってしまい
結局、漬物とご飯だけしか食べずに、よくかあちゃんに怒られていた。

かあちゃん世代って、飯を大量に出す事がもてなしと
思い込んでいるフシがある。

兄が友人を連れてきた時や、来客時
私が帰省した時 (これは当日の夜のみだが) など
畳1畳の広さのテーブルに、ところ狭しと料理が並べられ
1品1品はそう大量じゃないんだが、とにかく品数が多く
これ、どうやって食うんだよ・・・と
ほんっと見ただけで満腹になってしまっていた。

かあちゃんと食事に行くと、「せっかくだから」 という言い分で
あれもこれもと頼み、そのくせ自分は少食でほとんど食わず
周囲に 「どうして食べないの? もったいない」 だ。

おめえのその行為がもったいないんだよ! 食える分だけ頼め!!
と、言いたかったが、言わなくてつくづく正解だった。
言った兄は、陰でケチのヒステリー呼ばわりされてしまったからだ。

この “発展途上な時代の日本” を生き抜いた人たちの
食への感覚は何なんだろうなあ。

現代では、もったいないと無理に食う方が
健康がもったいないと思うんだが。

てか、皆、食い過ぎ。
どっかで読んだ記憶があって、真偽はわからんが
1日3食ってのは、西洋文化で
それが入る前の日本の庶民は、1日2食だったらしい。

これ、すげえ納得できる。
西洋って、年を取るとブクブク太るだろ。
絶対に食い過ぎなんだよな。
日本人が肥満になりにくかったのは、和食のお陰だけじゃないと思う。

しかし、今の飯屋ってどこも大量だ。
注文して出てきた品を目前に、既にどうやって残すかを考えてしまう。
“残す” というのは、しつけの悪い行為だからである。
どうやったら失礼にならないかを、脳内であれこれ考えていると
それだけで食欲が失せてしまう。

私の食欲 (だけ) は繊細なのだ。
だから、よっぽど親しい人と
残して心配されない and 怒り出さない店でしか、外食はできない。

そんな私も、つい作り過ぎてしまう料理がある。
それはスパゲッティ。

ちゃんと麺の分量を量る器具を持っているにも関わらず
これじゃ少ないかな、と、チョロッと増量し
食ってて、その増量が仇となり、後悔の嵐。

いつもいつもこれだ。
わかってて、何で毎回これをするのか、自分でもわからん。
スパを茹でる時だけ、かあちゃんの霊が憑依してるとしか思えん。

スパって適量であっても、盛り付けた時も少なく見えるんだよな。
でも食ってみると、えれえ腹にたまる。

スパの時は、食った後に身動きできないほどゲフゲフで
「もう2度と食うもんか!」 と思うんだが
何かちょくちょく食ってるのが不思議。

皆、もちっと少食 + 粗食にせんかあ?
私が異常呼ばわりされているが
確かに私の少食・偏食は、充分に問題があるけど
私にだって反撃な言い分はあるぞ。

飽食の時代と言われて久しいが
メタボリックだ、生活習慣病だ、ムダだと言う割に
その食への異常な執着心は何なんだよ?

そんだけ食えば、そりゃあ太るだろうよ。
食うのがそんなに楽しいなら、料理もさぞや楽しかろうと思えば
惣菜、コンビニ、外食、だ。
おめえら、千と千尋のブタ両親かよ。

作れ! 自分で作れよ!
連日TVや雑誌では飯屋の特集、ストレス解消は食べ歩き。

おめえらの飽くなき食欲のせいで
やむなく自炊を強いられてるとは言え
(残す罪悪感だけじゃなく
 量が多い = 値段も上乗せ になるんだぞ!)
時々、自分が仙人じゃないかと勘違いしたくなるのもしょうがねえだろ。
キイイイイイッ

健全

今回の柳沢厚生相大臣の発言も、大した事じゃないよな。
皆、深読みしすぎだろう。

ただ、これは声を大にして言いたいが
自分が不健全なのを自覚せえ!

「子供いらない」「結婚したくない」「離婚したい」
これ、すべて不健全だから!

不健全だから、どうだというわけではないし
それによって差別心が出てくるのは、人として既に論外だが
こういう、社会を構成する上で必要な事をしないってのは
充分に不健全な感覚を持っているんだよ。

言っとくが、上の言葉は全部私そのものだ。
だが、私は “それをしない権利” というのを主張はしない。
「すんません、私どうも無理っすー」 と、へりくだる。

フツーの事ができないくせに、デカいツラなんかできない。
役に立たんのなら、せめて人様に迷惑を掛けないよう
大人しくしとけって感覚。

確かに、人と違う事は辛い。 すげえ不安もある。
「変わってるね」 などと言われたら、ズーンと落ち込む。
だけど、それはやっぱり自分に問題があるのだ。

何でもかんでも、人と同じじゃなきゃいけないわけじゃない。
人には個性ってもんがあるから。
しかし、その “個性” が、健全か不健全か
見極められるぐらいの客観性は持っていてほしい。

どんなヤツにも自分なりの事情や言い分がある。 自由もある。
それを履き違えて、妙な権利主張にすり返るなって事。

柳沢発言は子供絡みの話だから、ここまで騒がれるんだろう。
欲しくても子供ができない人たちもいるからな。
そういう人たちは “不健全” とは言わないし
子供ができない体の女性は “不健康” である。

この “不健康” にも突っ込まれるだろうが
じゃ、健康なのか?
不健康にも様々な病気や症状があって、そのひとつだろう。
子供を産めないという一点をやたら重要視して
特別扱いをする方が差別じゃないのか?

「不健康ですまん」 だけで良いんだよ。
それをグダグダヒソヒソ言うドアホなど、自分から願い下げせえ。
ある意味、人間性の踏み絵になるってもんさ。

健康じゃない人が、それを自覚して
健康管理をしていかなきゃならないように
健全じゃない人も、それを自覚しないと周囲に迷惑を掛けかねない。
何事も自覚なしには始まらない。

こういう問題を議論するのは
世の中の人権意識を確認し、守る意味で有益ではある。
が、必要以上にヒステリックに騒がないでもらいたい。

人権人権言いまくってる社会など、ロクなもんじゃないぞ。
そんなに日本人には常識がないとは思えない。
黙ってても皆、良識ある優しい心を持っていると思う。

マトリックス

1作目はレンタルして観たが、2と3はTV放映で観た。
・・・と、思う。
この前TVで “レボリューションズ” を観たが
これと1の間に、もいっちょ何かあるよな? と、思ったからだ。

好きな人には申し訳ないが
これって、面白いようでいて面白くないよな。
キアヌとアクションは格好良いが
日本のマンガにいくらでも、もっといい設定の話がある。

これを言ったら、「映画とマンガを比べるなんて」 と
鼻で笑われ、とてもムカついたので
「じゃ、おめえは絵画と写真を比べるのかよ?」 と、言い返した。

これ、後でよーく思い返すと
私の論理の展開、まったくわけわからん。
何の反論にもなってないどころか、相手の意見を肯定してるじゃん。

通りで相手は目を白黒させてたわけだ。
「え? え?」 と、混乱させちゃったんだな、すまん。
あーあ、私もここまで堕ちたか・・・と、落ち込んださ。
マトリックス、憎し! (はなはだしい八つ当たり)

一番不満なのは、キアヌの相手役の女性。
キレイなんだが、ギスギスして色気をまったく感じない。

気の強そうな美人ってのは、とても魅力があるが
この女性は、気の強さは感じさせないのに
何というか・・・、ああ! 雰囲気に険があるっての?
(私には、ジョディ・フォスターも同じイメージだ)
そういう雰囲気の女性との恋愛状況などどうでもいい。

大体どんな映画でも男女が出てれば、すぐ恋愛話になって
おいおい、地球の滅亡の危機に色恋沙汰も大概にせえよ、とか
いつも思う、潤いのない感性が悪いのかも知れんが
恋愛エピソード系がなくてもいい内容の話ってあるんじゃね?

死ぬか生きるかの時に、性! って、ほんと元気がいいもんだ。

しかも相手役があれだと、イチャイチャを見るのもうんざりで
女性が死ぬシーンの長い能書きたれに
「わかったから、もうちゃっちゃと死ね」 と思ったのは鬼だろうか。

マトリックスに出る女性、全員 “女” を感じさせないんで
無理に愛だ恋だをせんでほしい。

マトリックスの話を簡単に言えば
人類はプログラミングされた仮想世界で夢を見ているだけで
目覚めた者が真実を知って反乱を起こす、といった話である。

色々不公平や不条理があったようだが
そんなもん、普通に生きててもある。
何で謀反を起こすのかがわからない。
知らなくてもいい、知る事の叶わない真実ってあると思うけど
お得意の “知る権利” ってやつだろうか?

レール結構。 バシバシ引いてほしいぐらいだぜ。
不都合な事は全部プログラムのせいにできてラッキーじゃん。
私なら起きた途端、二度寝する!

1の時から女優に激しい不満があったんで
それが全部に飛び火してしまい、反抗的になりつつ観てたが
途中でそういう自分に何となく嫌気が差し
本なんかを読んで逃避していたんで
レボリューションズのあらすじはよくわからない。

ふと画面を見ると、スミスとのバトルが始まり
ついつい 「スミス頑張れ!」 と、思った自分をまた悲しむ。

スミスが負けた時に時計を見たら11時で
おい、あと30分近く何をするんだよ! と、驚いたら
時計の方が間違っていて、もっとビックリ。

マトリックス4、今劇場公開中だっけ?
TVでやるなら観るかも知れない、って位置付けだな。

電波時計

マトリックスを観ていた時に気付いた時計の不調、
電池を入れ替えたが、やはり狂うので
新しい時計を買おうと、家電量販店で探すも売ってない。

時計って、家電とは別分野・・・?
(またアホな勘違いを露呈してしもうたか?)
しょうがないので、ドンキに行ったついでに電波時計を買った。

この電波時計、いくら正しい時間に合わせても
自力で4時20分までわざわざ行ってフリーズし
マジでデンパなヤツかよ!! と、呆れたが
説明書を見ると、日本には福島と佐賀にしか電波塔がなく
その電波は半径500kmまでしか届かないそうな。

関西・・・どっちの塔からも、とことん圏外・・・。
(“条件が良い” 時は、受信できる “事” もあります、だと。)

だったら関西で売るな!!
しかもこれ、関西限定モデルって書いてあるぞ。
関西で売る意味、どこにあるんだよ?

箱もレシートも捨てちゃったし、どうすべし・・・。
ドンキで買った場合、これらはすぐ捨てちゃいけない
ってのは、イチャモンになるのか?

とにかく気が治まらないので、折檻の意味をも含めて
しつこく強制受信を繰り返して、ゴリ押しで動かしたら
何とか今のところはマトモに動くようになった。

でも、「TVやOA機器、電話機などの近くには置くな」 と
日本の住宅事情にそぐわない注意書きにとてもムカついたので
あえてTVの真上に置いてあげた。
さて、マトモに動き続けてくれるやら。
(まさかTVの方が壊れんだろうな???)

と、観察していたら、時々いきなり4時でフリーズしおる。
11時だろうが、8時だろうが、何故か4時のところに針がいるのだ。

その後、いつの間にか正確な時間表示に戻っているが
これ、どういう事だろう?
まさかヘンな電波を受信しとるんじゃなかろうな・・・。
うちの中にデンパ系がいるなんてイヤだなあ。

せっかく新品の電池を入れちゃったんで
(電池って1度使ったら、使い回しはしない方がいいんだろ?
 また何か勘違いしてる?)
壊れた時計も、電波時計の隣に置いているが
こっちはこっちで日々地道に、しかし着実に遅れている。

何かTVの上で、狂い咲き時計たちによる
宴が催されているようで、見る度にちょっと不愉快。

100歩譲って、生温い解釈をしたら
“不思議の国のアリス” の世界っぽい、と思えなくもないんだが
自画自賛以外のメルヘン部門は、私の脳の棚にはないんだよなあ。

六カ国協議

一番懸念されるのが、他国が同意しているのに
日本が拉致問題を理由に拒否して孤立する事。

ヒル次官補が言ってた
「北朝鮮と日本はお互いの対話の窓口を作るべき」 は
「うち (アメリカ) は知らんぞ」 という、ムカつく意思表示だろ。
ほんっっっっっと、アテにならんぜ!

横田さん夫妻がブッシュ大統領に会いに行ったのは
あのブッシュの演技臭さで、無意味だったとわかったはず。

クウェートの難民少女のような反応を望んだんだろうが
(難民のはずなのに) あの高そうなネックレスをした美少女は
決定済みの後押しのための演出でしかない。
政府のイラク攻撃のための口実が欲しかっただけだ。

他国が自国の利益なしに何かをしてくれる事などありえない。
アメリカが本気で北朝鮮問題に取り組むとしたら
イラク問題が解決してから、10年後である。

ただし、他の敵国が出現せずに平和が続いた場合限定。
最近またロシアが変な方向に動いているので
アメリカの本腰介入はほぼないと思う。

このまま北朝鮮が図に乗った駄々をこねてくれれば、あるいは・・・。
だが、この可能性は低い。

それをわかっている人々が、自衛隊の強化を図っているのだろうが
北朝鮮だけが相手ならまだしも、中国ロシアどころか
韓国も手の平返しをして、VS日本に参戦するだろうから
いずれにしても武力解決は得策ではない。

日本国を愛する人々も戦争は望んでいないし
「やっちゃえ!」 というニワカ右翼も
いざ戦争が始まると、生活面の不便さに
「こんなはずじゃなかった」 と、あっさり平和主義に転向するであろう。

それを考えると結局、日本にはどうにもできないのだ。

今思えば、北朝鮮が拉致を認めたあの時が分かれ目だった。
しごく当たり前だが、あの時には日本国中が怒った。
これが間違いだったのだ。

北朝鮮にとっては、せっかく自供してあげたのに
それに対する、日本の感謝の気持ちとお供え物が足りなかった。

「はあ? ふざけんな!」 と思うのは、常識的な普通の感覚。
“盗っ人猛々しい” とは、こういう事を言う。

あの時に、“ご満足いただける対応” を日本がしていたら
また今の状況も変わっていたであろう。
わかっていても、到底する気にはなれんがな。

日本人全員、拉致被害者家族の方々も含めて
拉致をされた人が無事に生きているとは思っていない。
あの国で他国人が生き延びる事は不可能だと感じるから。

それでも運動を続けるのは、「絶対に許せない」 という怒りからである。
しかし怒りはそう持続はしないし、叫ぶ言葉が憎悪のみでは
“無関係” の人々の共感を得ないので
「万が一」 というわずかな希望を支えにしているのだ。

誰もが解決はしないと予想しているのに、闘い続けるのは辛いと思う。
この上、政治に利用されたら、踏んだり蹴ったりだが
何かキナ臭さが漂っているのは、思い過ごしだろうか?

えれえ他人事な意見だが、これが現実だと思う。
ただ、もし私の身内が被害に遭ったら、私も同じ道を選ぶ。
本当に人生を狂わされたって事だけはわかる。

日本は北朝鮮問題では、四方すべてが敵である。
これをどう乗り切るか、もっと狡猾にやっていくべきだろうが
クズに合わせると、自分も同レベルまで堕ちてしまう、という
日本人の美学が邪魔をするんだよな。
だから解決できないんだろう。

ブスの判断

毎回、血管を切らしそうになるほど怒って
ビューティコロシアムを観てたが、今回ふと気になった点があった。

顔の作り自体は、ごくフツーな女性が時々出てきて
これはとても書きたくないんだが
中には、私とさほど変わらないレベルの顔も出てくる。

そういう女性の 「ブス」 だ 「バケモノ」 だと言われる
という体験談が不思議でしょうがない。
私はそういう経験は1度もないからである。

お決まりの “言われても聞いてない” 戦法が無意識発動してて
陰では散々言われているのか? とも思うが
それにしては、恋い焦がれられた経験もフツーにある。
(妄想じゃねえぞ!
 これによって私にはロクでもねえ称号が付いたんだからな)

ナイスバディだと、多少の顔の難は見逃してもらえるのか?
とか、悶々と考えていたが、バカの考え休むに似たりなので
疑問をそのまま友人知人に丸投げしてみた。

皆さん、「ブスじゃないよ」 と、オトナの前置きをしてから
(アンド 私に 「そういうお世辞はいいから!」 と、怒鳴られつつ)
してくれた予想を総合して、何となく答がわかった。

ようするに、ビューティコロシアムに出てくる女性たちは
その陰気臭い考え方や、卑屈な態度が問題なのだ。
それが目付きに出ているので、顔がブスに見えるのである。

私のように、意味不明の自信満々な偉そうな態度だと
見ている側も、“マトモ” な顔に錯覚する、とな。

私の場合、オドオドしたところなど見た事がないし
パニックを起こしても、あまりに堂々とオタオタするので
周囲もそれに引きずられて、それが自然に受け入れられるのだそうだ。

これは決して褒められてる種類じゃないと、薄々気付いてはいるが
とりあえず、人は微妙なブスの判断は全体像でしているのがわかった。

そういや、ちょい前に美人呼ばわりされて驚いた事があったが
これと関係あるのかー。
(何でブログに自慢記事を書かなかったのかというと
 私にも多少の羞恥心が残っている証拠であろう。
 ま、ついでだから明日でも書こうかな。)
(残ってねえじゃん、羞恥心・・・)

人は、考え方ひとつで幸せにも不幸にもなれる。
このブス判断なんか、その良い証し。
少々難があろうとも、気合いで乗り切れる。

これ、キレイ事じゃねえぞ。
内面はその人の外見に見事に出るからな。
私の “人間は顔。 ただし作りじゃない” 説は、やっぱり大正解!

ついでに “バカ最強” 説も、大正解。
つまり自分に自信がないから、オドオドビクビクするんだろ?
この自信が付きにくい頭の良いヤツより
くだらん事ですぐ調子こくバカの方が生き易いって事だ。

噛み合わせが悪いとか、健康的に支障が出る場合以外なら
とりあえず、姿勢と目付きを直して
軽い髪形に明るいメイクと服を着れば、すぐどうにかなる。

自分に自信のないヤツは、周囲に黒色の物を持ってたらだめ。
真っ白も冷たい感じを受けるのでだめ。
暖かみを感じる色に心を落ち着かせてもらいつつ
自分のものの考え方を振り返るべき。

え? 私? 自信?
昨日おとといはまったくなかったけど、今日はある。
根拠はなし!!
友人知人のお世辞で、気分良くなってるだけ。
(私の天狗力はあいつらも共犯だよなー)

根拠のある自我など、そう簡単に得られるもんではないし
もし万が一、その根拠が崩れたらどうなるよ?
取っ替えの利くものを常備しとくのが、人生のコツだぜ。 ほっほっほ

美の混同

友人と出かけてた時に、偶然に友人の会社の女の子と会った。
その女の子は母親と一緒らしく、挨拶を交わす友人の後ろで
にっこり微笑んで、お辞儀をしておいた。

これが私にできる最良の愛想である。
やたら口を開くとバカ丸出しで、友人を窮地に追い込みかねん。

友人が翌日会社に行ったら、その女の子が私を美人だと褒めたらしい。
私的には、そこで既に 「はあ?」 と思ったが
まあ、お世辞でも言われたら、しこたま気分が良いもんだし
友人の社内の人間関係もある事だし、と受け流したが
話はそれだけでは終わらなかった。

「昨日、○○さんと一緒にいた人
 すごい知的な美人だったんですよおー。
 一緒にいた母も 『育ちの良さそうな上品な人ね。
 いいとこのお嬢さんよね。』 と、感心してましたよー。」

ここで、周囲の男性社員が 「ええー、僕も会いたいなあー」
「紹介してくださいよー」 と、口々に言ってきたとな。

ここで友人の 「どうする?」 の問いに固辞するのは当然だろう?
「ゴディバのチョコかと思ったらカバヤだった」
みたいな立場になりたくねえわ!!!

普通のお世辞ならともかく、そこまで言うっておかしくねえ?
いや、「本当に美人だからでしょ」 というフォローを
聞きたくて謙遜してるわけじゃねえんだ。
私の辞書に “謙虚” の文字はない。

明らかに、この過剰賛辞はおかしいんだよ。
「ああいう人を才色兼備って言う」 とまで言われてるんだぞ。
単なる社交辞令にしては、様子がおかしい。

これって、その女の子と友人の関係がおかしいって事だよな。
それが何で、私にまで波及するんかはわからんが
何か色々わけわからん心理か何かでもあるんだろう、と思い
友人に気をつけるよう、注意をしたら
「そんな人だとは思わなかった」 と、罵倒された・・・。

私は人の褒め言葉を素直に受け取れない卑屈な人間なんだってさ。

ちなみに、「私、決して印象が良いタイプじゃないだろ?」
と、突っ込んだら、「正直言って、口を開くと最悪」 と、言われたさ。

ほおらもう、そこからして実態は “上品” じゃないわけだ。
それを何を調子こいとんのか、友人までもがその女の子に同調して
社内でいらん風評を流して、ちっとは否定せえっつの。

仲良しをひいき目に見る気持ちはわかるが
上乗せばかりしてると、逆に相手のタメにはならんのだぞ。

しかし、何故こういう事態になるんだろう?

そういや、以前にも似たような事があった。
元彼の同僚に会った後に、「すげえ可愛い」 と
会社中に噂が広まり、彼氏の転職を心から願ったものだ。

「にじみ出るものってあるじゃん」 という意見もあるが
それはあくまで雰囲気で、造形美とはまた違うものである。
混同してはいけない。

形には黄金率というのがあって、完璧な形というのは真円だと思う。
でも、ただ丸いだけの物を見てても面白くない。
だからイビツな物に目が行く。

人間の顔の作りというのも、こういうもんだと思う。
完璧な美人より、多少の崩れがあった方が魅力を感じる。

だが私は造形的には、その崩れを “欠点” だと位置づけている。
そういう欠点は個性に繋がるし、憎むべきものでもないから
好みとは別に、それを冷静に判別して何の支障がある?

私の顔の作りは、“下の中” ぐらいだと、自分では分析していて
時々出現する、私を美人だの可愛いだの言うヤツは
マニアか、恋に目がくらんでいると判断する。
その冷静さが卑屈なんか?

どうせ、ツラ出しなしのネットだから
すっとぼけて、美人ぶっても構わんのだが
そういう虚構で満足できる性格なら
はなからリアルでも良い人ぶっとるぜ。

そもそも、ナイスバディの自画自賛をしまくっているのに
これで微妙な顔までも自慢してたら
全体の判定がユルい単なる勘違い女になるだろ!
せっかく本当にナイスバディなのに、信憑性が薄まるじゃんよ。

潔く、イマイチなとこはイマイチ、と認めつつ
ピカイチな部分で天高く昇っとれば、それで平和なもんだ。

とにかく時々ある、この錯覚には、ほんとに困っている。
普通に会ってりゃ、“普通” でスルーしてもらえるものを
ごく稀に、目にフィルターがかかったようなヤツがいて
勘違いで言いふらかされるので、期待値がうなぎ上りで
こっちには何の落ち度もないのに、一方的に絶望されるハメになる。

どういうワナだよ、まったく!
それとも人によって、物の見え方って違うんだろうか?

どんどん見間違いして、褒めてもらうのは構わんよ。
ただし、一生、2度と会わないで済むならなっ!!

あああああああああ、行動範囲が狭まったーーーーー!

1 / 212

Home > アーカイブ > 2007-02

フィード
メタ情報

Return to page top