Home > アーカイブ > 2007-01

2007-01

新年

明けましておめでとうございます。

おめでとうおめでとうと連呼しとる私の真の心境は

 正月や 冥土の度の一里塚
   めでたくもあり めでたくもなし

誰の句だったっけ? 一休和尚?

年末年始になると、「おめでとう」 の後に
「来年も無事に年を越せるかな かっこ笑いとじかっこ」
と、言っていた両親の辛気臭い気持ちがよくわかってきたよ。

いや、いつおっ死んでも、我が人生に悔いなし、だが
死ぬ前に救急車で運ばれたり、入院したり
部屋で孤独死して腐れてから発見されたり
路上で死んで無縁仏になったり
色々と考えただけで面倒くせえなあ、とゾッとするのだ。

新年早々、陰気な事を言っとるのは
うちの近所に救急指定病院があるんか
救急車の往来が激しいんだが
年末年始は特にひんぱんに行き来してて
休みになると病気になるヤツっているよな
と、シミジミさせられたからである。

そうでなくとも、冬は老人にとっては寿命のラスボス戦。
勝っても負けてもエンディング画面だし。

今年の正月は、なーーーーーーんもしない正月だった。
例年にない短気集中大掃除で
31日夕方には既に疲労困憊状態で
ゲームをしようと思っていたのに
なし崩しに連日ダラダラとくだらんTV番組を観てしもうた。

こんなにフヌケになった正月は初めてかも。
いまだに何もする気がしねえ。

正月番組恐るべし!!
こんなに人のやる気を奪うなぞ、何て恐ろしい。
観てるヤツ、サブリミナルされてるんじゃねえのか?

さて、そろそろ腰を上げるか・・・、と思ったら
また連休じゃん。
もうちょっと屍になってようっと。

脳トレ

ほーっほっほっほっほっほっほ
脳トレで、21歳を叩き出したわ!!!

私って 大 天 才 !!

いやな、最初の数日は気合いを入れて挑んでいたのに
出る脳年齢が40代50代で
「何だよ、このクソゲーム! てか、私やっぱ肩透かしな脳じゃん」
と、もうやりたくもなかったんだが
なにしろ真面目な人格なので、1日1回掃除の合間に
ノルマのようにイヤイヤこなしてたんだよ。

それが、自分にまったく期待しなくなった途端 (とほほ)
いい成績がガンガン出始め、「おっっっやっぱり天才!」
と、はりきった途端、また40代50代・・・。

どうも、頑張るとロクな結果が出ない、っちゅう感じ。
多分、解除ボタンを早く押せ、みたいな場面でうろたえて
お約束のように起爆ボタンを押してしまうタイプかも。
頑張ろうとすると、初手から意味なくパニクってるし・・・。

(元が天才なわたくしだから) コツコツやってると
どれもコンスタントに出来るんだが
得意と苦手と真っ二つに別れてるのが意外だった。

得意と思われるのは、調子が悪くても
連日のグラフは死人の心電図のように、ほぼ横線状態を保つんだが
苦手らしいやつは、発作を起こした病人レベルで
ものすんげえジグザグ上下になっている。

多分、これって状況によっては出来ないという不安定さで
得意不得意の分かれ目なんだろう。

音楽のは、ピアノをやってたお上品なお育ちゆえに
ほぼ出来るけど、リズム感が悪いのか
間違えてなくても遅れるようで、なかなか満点が出せない。
(これで既にピアノの腕もバレバレだな)

いや、これはリズム感ではないかも。
別に早くもない普通の歌でも
歌ってて、歌詞が間に合わないんだよなあ。

その割には、一番多い数字をクリックするやつなんか
えれえ早くて、これが出たら他がどうあれ
20代前半は貰ったも同然なので
単にトロいってわけじゃないのかなあ。

逆にこれは絶対に無理、ってのは
数字が並んでて、その場所を覚えるやつ。
絶対に覚えられねえ。
漢字だと、無理に熟語を作ったりして何とかなるんで
覚えてもらいたかったら、まず個性をつけてから来いよ、数字!

あと、日付け計算。
悠久の時を生きている私に、今日が何月何日で何曜日なのかなんて
くだらん事を聞くんじゃねえ!!!
見ろ、月からして既に全間違えしてるじゃねえかよ。

ああああああーーーーー? 釣り銭計算ーーーーー?
釣りはいりませんことよ、ほほほ って大富豪な人生なのに
そんな計算をこのわたくしにしろと?
せめて問題文の頭に
「お釣りはいらないけど、チップとして数えてくださいませ」
と、付けてくれんと、やる気が出るかい! きいいいいいいいっ

脳トレをやってて気付いたんだが
脳の切り替えスイッチってあるよな。

早くするのと覚えるのとでは、脳の使う部分が違うようで
脳トレには早く答えにゃならんのが多いから
記憶問題の時なんか、なかなかスイッチが切り替えられなくて
終盤になって、やっと 「あ、今切り替わった」 ってわかる。

現にこれをやってると、脳が理系寄りになってしまい
ブログを書く気分にならないのである。

というか、極端に頭の切り替えが悪いのかも知れない。
空回りが得意で、部分的にしか働かない脳だったんか、私の脳は。

得意不得意の分野も、自分としては意外だったし
(こんなに九九が出来ないとは・・・)
自分の集中できる時間も何となく判明した。
これが約10秒たらず・・・。
それを超えると、脳内がグチャグチャになってしまう。

ウルトラマンの3分タイマーを
早漏の役立たずだとあざ笑っていたが
自分はそれ以下だったんかよ!

知らなかった自分に気付けて、これは結構、有意義なゲームだ。
とてもムカつくがな。

この脳トレで調子こいて 「全能JINJIN」 も買ったが

ほーーーーーーほほほほほほ  私って 大 天 才 !!

楽勝って実に楽しいもんで
これらのゲームを、高笑いをしながらやってるんだが
疑問がひとつ湧いてきた。

私ってこんなに頭が良いのに、何でバカなんだろう???

我ながら不思議でしょうがねえよ。

というか、これだけ脳の不具合に気付かされながら
それでもなおかつ、自分が天才だと言い張るのに
不思議を感じるヤツもいるかと思うが、甘い!

そ れ が、バ カ ク オ リ テ ィ ー !!

常識力テスト

脳トレと全能JINJINで、非常にいい気分にさせられたので
更に図に乗って、「日本語王」 と 「常識力」 を買った。
もうニンテンドーの思うツボである。

「日本語王」 は、主に漢字問題で
こっちはまあまあ、いや思った程には大天才ではないんだが
それなりに、ああそれなりに、だった。

ただ、書き文字の認識チェックが厳しく
書き順が違うだけでも読み取ってくれないので
自分の書き方 (運筆って言うの?)
それがムチャクチャだと言う事は思い知らされたぜ。

「常識力」 ・・・己のこれに期待はしてなかったんだが
なにしろ、脳トレで天狗になってたもんで
こういう時は、墓穴を財宝の穴と勘違いするもんなんだ。

それがやってみて、結構できるもんで
私も人として間違ってはないと、自信をつけかけた。
が、大きな壁があった。

それは国語と英語。
全部じゃねえかよ、どうした大人の基礎の基礎で引っ掛かってんだよ
と思われるだろうが、言い分はあるぞ。

国語と言っても、敬語だ!
おっしゃる? いらっしゃる? え? え?

しかし、これを知らないじゃ済まされないので
答を熟読しているが、ほんとわからねえーーーーー!
とりあえず “拝” は、「おがんで○○します」 みたいに
へりくだった言い方なのは判明した。
「拝見」 とか、「拝聴」 とか。

敬語は頑張るぞ。
だが、解せんのが英語の存在だよ。
英語で電話だのチケット予約だの、一生しねえよ。
そもそも、そういう状況に自分を置きたくねえよ。

「ト・・・ト・・・トラ・・ンス・・・?」
と、単語を読むことすらできんのに
どれが正解かなんてわかるわけがねえだろ。
答を読んでも理解できねえってのに。
英語偏差値40台をナメるなよ!

あああーーー常識力の英語問題、ほんと邪魔ーーーーー!

これらのゲームをやってて思うのは
ゲーマーがターゲットじゃないんだな、って事。

毎日チマチマやってくださいね、って意向なんか
1日に1時間もできないんだぜ?
脳トレなんかは、できるにはできるけど
同じ問題を何度もやってもつまらんだろ。
1日数十分なんて、ゲーマーにはありえんぞ。

それに、アクセスの段取りの悪さ。
何かをクリックすると、必ず 「~しますか?」 と出て
「はい」「いいえ」 を更にクリックせねばならない。

いちいちうるせえよ!
何でおめえに再確認されにゃならん
おらおら、いいからさっさとサクサク行けよ!

せっかく読み込みが早いのが取り得なロムカセットなのに
ポンポンポンポン気持ちよくさせてほしいわ
あーーー、イライラするーーーっっっ!
・・・と、もんどりうっているのは私だけだろうか?

DSのタッチペンは、先っぽが潰れやすいと聞いたので
替えペンを2本買ったら、おまけにもう1本貰った。
店員さん、私の買おうとしてる物を見てからおまけをください。
サービスは嬉しいが、替えペンだけゴロゴロあるのも虚しいぜ。
何か知らんが、5本あるぞ。

はっっっ、もしかして
「こいつはペン先をすぐ潰す!」
と、粗暴さを見破られたんだろうか?

ところがどっこい、支障は他の場所に現れた。
画面の傷防止のために、フィルムを貼ってるんだが
「行けよ、チャッチャと次!」 と、ケツ叩きのごとく
ガシガシやってるので、フィルムが何かもうボロボロ。

ペン先が引っ掛かって、あっちこっちにカックンピーーーッと。
フィルム、2週間ちょいでパー・・・。

小さい動物って、ちょっとこづいただけで殺しそうで恐いが
ゲーム機も小さいのは、私に向いていないんかも。

方向音痴は地図を知れ

私は方向音痴である。
10回ぐらい連続して通らないと道を覚えない。
女性は地図を読めないと言うが
読むどころか、作るのも大得意なのに。

多分、地図を作るのが上手いのは
自分が方向音痴ゆえかとも思うが
この方向音痴、どういう仕組みでなってるのか
最近ちょっとわかってきた。

上に 「連続して10回ぐらい通らないと覚えない」 と書いたが
これと同じ状況にある事が、もうひとつある。
人の顔も、10回連続ぐらい見ないと覚えないのである。

これはとても失礼な事なので、重々気をつけてはいるんだが
これが努力してどうにかなるような事じゃねえんだよー。

でも、覚える方法がある。
写真に撮って、しょっちゅう見りゃいいのだ。
(たまに写真写りが別人! っていて、それだとほんと困る。
 あと、人の顔って年月その他で変わるだろ。
 新鮮な写真じゃないと意味ねえんだよな。)

道は歩いても覚えないが、地図があれば行ける。
顔を見ただけじゃ覚えないが、写真だと覚える。

これ、共通点じゃねえ?

ようするに方向音痴は、目視だけで記憶できる能力が弱いのである。
目から入ってくる情報を、脳内で認識しにくいわけだ。

髪型を変えた事に気付かず、友人に文句を言われた時には
「そんな細かい事をグチグチ言うなや」 と、逆切れしたが
車を買い換えた事に気付かずに乗せてもらってた時には
さすがに友人のバカ呼ばわりに同意せざるを得なかった。

この分じゃ、見知らぬ人が知人ヅラして来ても
まったく気付かず、詐欺に遭う可能性大だ。

しかし、方向音痴を直す方法はない。
脳の機能だから、ロボトミー手術でも受けるしかねえんじゃねえ?

でも、カバーする方法はある。
それは地図を描く事。

「地図、読めなーい」 とか言う女性脳、よく聞け。
地図の基本の基本は、東西南北と日本地図。

まず、世界地図を大体覚えて、日本がどこにあるか知る。
次に、日本地図を覚えろ。
そんで自分の住んでる地域、行く地域を
東西南北をきっちり踏まえて確認するのだ。

この東西南北、すっげえ大事だぞ。
自分を中心に、北が上! 南が下! 東は右! 西は左!
太陽は、ほぼ東から昇り、正午にはほぼ真上、そしてほぼ西に沈む。
(ほぼほぼ言ってるのは、季節によって太陽の軌道が違うからである。)
これを記憶せずして、地図は読めも作れもしねえよ。

地図が作れるようになったら、どうにか方向音痴もフォローできる。
地図に疎かったら、カーナビも携帯ナビも意味ないからな。
これ、人生の必須課題だぞ。

とはいえ、方向音痴の一番の弊害は、実は日常生活にある。
だけど、買い物に行って迷っても遭難するわけじゃなし
デパートのようなデカい建物にも必ず出口はある。
人の数倍、歩き回って疲れるだけだ。
これはもう、自分のバカ脳への罰だと思って耐え忍べ。

何より、自分は画像処理能力が劣っているんだな
と自覚するだけで、ちょっとは違うと思うがな。

ただ、山歩きは絶対にやめとけ。
一歩外れると、そこはもう別世界。
コンパスを持っていても、日本、結構広いので
人に出会えず、最後の手段で海に出ようとしても餓死するだけだぞ。

遭難未遂経験豊富な山育ちからの忠告は聞いておけ。

ヘナ続報 4

剛毛になってしまってる。

元から “太い固い多い” の、それが毛の事でも毛でなくとも
世のほとんどの男性が羨望するような3拍子だったわけだが
最近はそれが激しくパワーアップしてくれている。

何ちゅうか・・・
普通の髪が柳なら、私のは竹?
普通の髪がアフリカのサバンナなら、私のはアマゾンの密林?

もう、根元からピーーーと直立してて
地球の重力、まるで効果なし。

朝起きると、マンガのキャラのように逆毛が立ってて
素でこういう状態ってあるんだーーー、と驚かされる。
しかもそれが1日続く。
これがパンクをやってた頃なら
ジェルもスプレーも必要なかったというに・・・。

ウスラハゲにはさぞ羨ましい事だろうが
これはこれで、ものすげえ支障がある。

まず、不意の来客で恥ずかしい。
さっきも宅配の兄ちゃんがシゲシゲと見つめてくれたが
コスプレイヤーか何かだと勘違いされたかも。

出掛けるのにも、すげえ時間が掛かる。
髪を寝せるのに、手でギュウギュウ圧を掛けまくり
30分ぐらいしないと寝てくれない。
押さえるのも疲れるので、ヘルメットでもかぶっていたいぜ。
それでも、「寝癖が付いてるよ」 と、注意されるんだよなあ。

ここまで剛毛だと、体中毛まみれに見られそうですんげえイヤ。
普通、頭髪だけボウボウってありえんじゃん。
マジでワキ毛も数本しか生えない体毛の薄い、恵まれた体質なのに
剛髪のせいで、背毛ヤケツ毛まで生えてそうとか思われるなんて
女性として、最悪の悲劇だろうー。

ワックスでも使ってセットすりゃいいと思われるだろうが
髪って、ダイレクトに成分が反映されるから
合成成分を使うと、すぐ痛むんだよな。

顔のお手入れには化学物質を塗ったくっているが
髪は死んだ細胞だろ?
皮膚は再生されるが、髪は死体損壊のように
取り返しが付かないからイヤなんだよ。

でも、これを考えると、髪が天然化粧品でド健康になったんだから
本当は顔の肌も天然が良いんかも・・・。
だけど、そこまでエコババアしたくねえし
化粧品大好きだし、ああ、ジレンマ・・・。

こうなった原因はわかっている。
ヘナである。

ヘナ100%を使っていた時は、逆に髪が落ち着き
寝癖も付かず、ヘアピンもスルッと落ちていた。
だが、ヘナ100%だと、色素の薄い私の髪は真っ赤になる。

普通、剛毛なら真っ黒が基本設定じゃん。
剛毛で天然茶髪って見た事あるか? ねえだろ。
普通の剛毛なら真っ黒で、ヘナの色素も発色せず
そのままヘナ100%を使えたのに、何て間の悪い髪質なんだよ!

で、インディゴ、アムラ、シカカイなどの
天然染料配合のヘナを使い始めたんだが
どうもそのヘナ以外のハーブの配合量で変わるみたいなんだ。

今まではそうヘナ100%と違いは感じなかったのに
今使っているグリーンノートってメーカーの
一番濃い “ブラウン” ってやつ、これが原因。
今じゃ、10cm以上ある巨大ヘアピンも跳ね返す弾力だぞ。

これさ、逆に考えると、髪にコシがないヤツは
これらの染料を使えばいいんじゃないのか?

何か、これらの染料を使用するハーブ洗髪って方法もあるみたいだし
ねこっ毛とかには向いていると思うぞ。

私の場合、グリーンノートのブラウンを
1回50gずつ、2~3週間に一度のペースで使って
2回目で 「あれ?」
3回目で 「えええ?」 となったんで、即効性もある。

毛染め効果があるのに、髪も頭皮もバリバリ健康になるし
何ら悩みのない髪でも、やる価値はあると思うぞ。

ただし、天然とは言えアレルギーも考えられるので
過信せずにパッチテストをやってな。

ヘナには健康被害の説もあるけど
たとえそれが実際にあっても、合成染料よりはマシ。
髪の染料の被害は、化学薬品大好きの私でもビビるほどだし。

あああー、グリーンノート
あと1袋、買い置きがあって途方に暮れてるんだよなあ。
ヘナ100%に混ぜて使うかなあ。

こういう手製混ぜ系って、ガサツな私には手に余るぜ・・・。

関連記事: カテゴリー自画自賛美容 ヘナ続報1~3

闘え! 夫たち

何かの統計で、ケンカを始めるのは妻で先に謝るのが夫
という結果が出て 「奥さんが強い家庭が多い」 と言われてたが
世の奥さんたちの代弁をしよう。

ふざけんな!
怒られるような事をしてるのはそっちだろう!
ケンカになるのがイヤなら、ちゃんとせえよ!!!

大多数の奥さん方はこう言うだろうな。

家の中の事が、奥さんのしきたりになるのはしょうがねえよ。
ちゃんと家事をできるヤツの天下さ。

男性の多くは、生活の大部分をお母さんにやってもらってたので
家の事など、何も知らないだろう?
女性だって、私のように何もできないヤツは
できるようになるまで彼氏の言うなりだった。
そういう場合は、家事ができるようになっても
こっちは習ったんだし、権力はそのまま彼氏にあった。

だから家庭内覇権を得るためには
最初から口も手も出せる状況を作れるほど
家事に精通しているのが理想だが、もう遅いヤツも多いだろう。
母親を恨みつつ、己の目論み違いを恥じつつ
奥さんの築いた新ルールを厳守しとけ。

大多数の夫は、波風を立てるのを嫌う。
妻の攻撃性が謎に思える。

それは男女の習性の違いである。
例えて言えば、男性は霧状スプレー
女性は一極集中のジェット噴射型スプレーなのだ。

何でスプレーに例えにゃならんのか、っちゅうと
その中身の液体の名が “愛” だとしたら、わかりやすくねえ?

愛にも色々あるが、どういう種類にせよ
女性の愛は万人に向けられるものではないってのは確かである。

妻の愛は夫にビシュビシュとピンポイントで噴射される。
そりゃあ痛かろう。
この痛みを避けるには、波風を受け止めるのが一番手っ取り早い。
ヘタに逃げようとするから、背中を撃たれるんだよ。

つまり、短気集中で相手をしてあげれば済む。
あれをしながら、これを見ながら、他の事を考えながら
妻を効率よく攻略しようとしても
女性は自分を片手間に扱われるのに、とても敏感なので
「聞いてない」 と、極端に断定する。

妻が文句を言い始めたら、TVを切り妻の顔を見るべき。
ただし、長期間生返事でやり過ごしてきた場合は
「このままじゃいけない。 改善しよう。」
と、宣言してから始めるように。
黙って努力するより効果がある。
人は一旦決め付けた相手の変化は、なかなか認めないものだから。

継続していく関係で大事なのは、結果より経過なのだ。
誰でも、自分も含め完璧な人間どありえない、とわかっているから
交流する相手の事を許す傾向にある。
それも、「頑張っている」 との評価があってこそ。

愛がある関係では、できるできないではなく
しようとする態度が重要になってくるのさ。

毎日ひとりの人間と向き合うのは大変だよな。
面倒だと投げ出したくなる時が多々あるだろう。
でもこれは妻も同じ。

何が違うのかと言うと
ここで面倒を避けたら後々もっと面倒な事になる、という恐怖。
「なんとかなるだろう」 は、割に女性のプログラムにはない。

女性は何も言わなくなった時が最もヤバい。
期待も希望もなくなった、って事だから。

消費税UPの謎

これは誰も絶対に言わない事だろう。
私もすんげえボカした書き方しかしないから
注釈をつけたり解説をするようなレスはやめてくれ。
どうせ私の推測なんで、わからんならわからんでいいから。

何故、消費税の引き上げばかりが検討されるのか?

今、日本の人口は1億2800万弱ぐらいだったっけ。
(そんぐらい調べて書けよ、という話だが)

これで就労できる人は
18~65歳という、すげえ大雑把な計算で、約半数。
これ引く、病人、専業主婦、受刑者、課税免除者、フリーター
ニート、ホームレス、浮浪者、夢追い人、自分探し隊。

ちなみに、上の “人口” は、戸籍、住民票を持っている人の数。
持ってない人々も意外に多い。
それに加えて、海外からの出稼ぎ者、不法入国者。
今の日本の真の人口は、一体何人なんやら。

調べて計算するのが面倒くさいので、データは出せないが
まともに就労し、継続的に税を納める事ができる人が
人口比でいかに少ないかは、容易に想像がつくってもんだ。

ちゃんとしたところに勤務をすれば
所得税などは給料から天引きされ、確実に国庫に入るが
それをしている、まともな就労者によって
日本は支えられている状態なのだ。

しかし、日本で生きている限り
誰でも必ず払わなければならない税がある。
それが消費税。

つまり消費税は、課税の対象から逃れている人たちから
税金を徴収したいという思惑なのである。

これで真っ当な勤労者の、他の税金を引き下げてくれればいいんだが
納税義務を怠る連中の対応に掛かる費用も莫大なので
(税金も払わんくせに、迷惑だけは人一倍かけやがる)
くだらん公共建設なんかをやめても
まだまだ支出が多くて、カツカツなのが現状である。

ヨーロッパのどっかの国では
国籍を持たない人の就労を禁止する法案が通ったらしいが
確かその国は、かつて移民に対して大らかだった記憶がある。
それがそんなになるなんて、どんな状況になったんやら。

日本もその二の舞にならなきゃいいが。

犬の気持ち

今日はとても邪悪な気分なんだ。
近所のラブラドールレトリーバーに鼻水を付けられてな。
しかも、水洗いNGの生地にな。
大型犬と見ると、舞い上がって突進する私も悪いんだがな。

「この服高かったのにー」 などと嘆くのは
いかにも貧乏人丸出しだし、お里が知れるので
表面上は 「普段着ですのよ、ほほほ」 と、いうツラで
貴婦人ぶったから、ストレスがゴッと降り掛かって
ここでこうしてグチグチ書くのである。
ああ、予定外のクリーニング代、もったいねえー!

しかし、真の被害者は
「服が汚れますよーーー」 と、慌ててた飼い主さんであろう。
いきなり知らん女が特攻してきて
自分ちの犬が飛びかかって相手の服を汚したんだから。

気の毒な事をしてしまった。
いや、今回はやたら愛想が良いラブラドールだったんで
つい有頂天になってしまったんだよー。
今度から遠くから凝視するだけで我慢するよう努力する。
(これもえれえ不気味だろうが)

犬は文句を言わないから可愛い

これを言う飼い主は結構いる。
私から言わせれば、それはおめえんちの犬が
すんげえ我慢に我慢を重ねてるか
表現力に乏しい能面犬か
おめえが犬をよく見てないかのどれかだよ!

犬、むっちゃ文句言うぜ。
不平不満も言いまくるぜ。

その証拠に、昔バウリンガルという犬語通訳機を
アフガンハウンドに付けて実験した時に
私が突然、アフガンに向かって財布を投げつけたら
(意味なくは吠えないので、吠えさせようと思った)
ガウガウ吠えて、その訳が
「いきなり何をするんだよ! やめてくれ」 だった。

まさにドンピシャの通訳に大爆笑し
ごめんごめんと、ご機嫌を取ろうとしたが
「何なんだよ、ったくよお、ふざけんなよてめえ」
という顔をされた。

この犬は、天上天下唯我独尊に育ったので
偉そうに色んな主張をしてくれ
正直、犬は好きだが、しょせんケダモノ、と思っていた私の
考えを見事に覆してくれた。

犬、あなどれんぞ。
あーだこーだうるさいぞ。
しかもそのほとんどが文句。

ヒマな時に、寝ている犬に突進して
「愛が欲ちいーーーーーー!」 と、とりすがった時など
(アホな例ですまんが、思い出しても思い出しても
 これが一番マトモなバージョンだったんだ。
 『ええのんかーええのんかー』 おやじバージョンとか
 さすがに書くのは恥ずかしいぞ。)
(どんな飼い主でも、こういう事は日常的にやってるだろ。
 我がフリを直して、私の非難をしやがれ。)

アフガンだったら 「ざけんなよ、おまえケンカ売ってるんかよ!
 やるなら死ぬまでやるぞ!」 と、バトルに突入してくれ
戦い終わった後も、しばらく罵り合いが続く。

ゴールデンレトリーバーの場合は、ため息をつき
「おまえ、いっつもそういう事ばっかりしてるけど
 一体何がどう楽しいんだよ?
 それで生きてる価値あるんか?
 うぜえんだよ、消えろよ逝ってくれよ。」
と、淡々と目で物を言っていた。

一度この温厚なゴールデンにも噛まれた事があるが
何しろ噛まれた場所が頭頂部で、おおごとになったもんで
それ以来、自重してくれたようで
こいつとは、そう大した暴力沙汰には発展しなかった。

私がちょっと愛情表現をしようものなら
すぐさま罵倒と鉄槌が下る、それが犬。

まあ、アフガンハウンドは、噛むは襲うはの
普通は薬殺決定な特殊な性質の犬だったし
ゴールデンは被虐待犬で、性格が捻じ曲がってしまっていたので
比較対象としては向いてないと思うが
洋犬は比較的、自己アピールが強く
和犬はポーカーフェイスな気がする。

それでも昔飼ってた紀州犬も、私がいらん事をすると
非難の目で見つつ、ため息をついてくれてたので
日本犬が感情に乏しいわけではないと思う。

犬が人間語を喋ったら、さぞかしうるさいだろう。
私なんか、四六時中説教を受けているような気がする。
(いや、実際、言われてたんだがな。)

ああ、そうか!
文句を “言わない” から、じゃなく
人語で “言えない” から可愛い、って意味なんだな!

・・・なんて極悪な飼い主なんだ・・・。

犬のしつけの極意 1

さて、昨日 “犬の気持ち” で
一部ロクでもねえ飼い主ぶりを露呈したおまえが
どのツラ下げて、しつけに言及する? と、思われそうだが
私には確固たる飼育信念がある。

それは、犬のボスになる、という事。

犬は家族である。
だが、人種が違う。
(もう、ここらへんの言い回しは個性だと思って気にすな。
 正しい単語も知ってるから。)
(えーと、何だっけ? 種族? うーん、ちょっと違うっぽい・・・)
(結局知らないんかよ!)

とにかく、犬と人間じゃ、性質が根本から違うのである。
だが家族には、安心して生活をしてもらいたい。
そのために、感覚の違いを考慮して接するべきなのである。

犬は元々群れで生きる動物である。
そういう動物が一番安心できる状況は、強いボスがいる事。

犬は古来より、より知恵の回る人間に合わせる形で
自分たちの性質を進化させてきた。
つまり、犬は生まれながらのNo.2体質なのである。

たまに凶暴な犬 (プロブレムドッグ) がいるが
実はこういう犬は、元来ひ弱い性格の場合が多い。

気弱だから、自分の境遇に必要以上に不安が生じ
自分で何とかせねば、とキャパを超えて頑張らざるを得ないのである。
これは本人にとっては、ものすごいストレスになっている。
だからちょっとした事で荒れ狂うのである。

こういう犬が家族になった場合
他人に危害を加えて薬殺させたくないのなら
大怪我を覚悟して、キャンと言うまで腕力で戦うべし。

戦う際には、武器を持つ事をお勧めする。
犬は武器も人間の一部と認識するので、ズルいとは言わない。
てか、基本性能的に、素手じゃ絶対に犬にはかなわんぞ。

凶暴な性質というのは、選ぶ時に素人では見抜きにくい。
大まかな見分け方として、人間をジッと見ない仔犬は
家族として生きにくい傾向にある。
(これは私の経験上なので、真には受けるな。)

凶暴な犬は、力でねじ伏せられたら、後はまだラクだが
一番やっかいなのが、臆病すぎる犬である。
こういう犬に限って、家の中では我がまま放題で
ちょっと怒ると被害者ヅラをしてひねくれるから困る。

臆病な犬に安心感を与えるのは至難の業だが
「こいつがいれば、何があっても大丈夫」 と、思わせるほど
大きい態度を演出するしかない。

ボスになる、とひとことで言ったが、これにはコツがある。
まず、態度にメリハリをつける。
いつでも可愛いだろうが、いつでも可愛い可愛いで接したらダメ。
怒った直後によしよし、など、もってのほか。
15分間はムスッとしとけ。
(犬の記憶継続が15分だそうだ)

そして期待をさせない。
「毎日散歩に行ってるけど、今日は雨だから」
これ、人間なら言い聞かせられるが、犬にどうやって納得させる?

犬は驚くほど、一定のリズムで生きる。
“これ” をしてたら、親が死のうが家が丸焼けになろうが
絶対にしないと、ストレスがゴッと溜まる。
いつものリズムを乱す事が、犬にとっては大きな不安なのである。

だから、一生続けられない事は最初からしない。
途中で止めるより、最初からしない方がマシ。

この理屈だと、一日最低1時間、時速40kmで
運動させなければならない大型ハウンド系なんか
ほとんど誰も飼う事などができないだろう。
でも、ヨイヨイのジジババがドーベルマンを飼っても
ドーベルはジジババに合わせてくれるそうだぞ。

中途半端より、知らない方が幸せ、オールオアナッシング。
できない事があっても、愛情でカバーできるのが犬。
この性質があるからこそ、犬は人間に合わせられ
ペットとしての地位を確立できたのである。

まとめると、良い悪いを明確な態度で表現し
生活上、継続できない事はハナからせず
威厳のある態度を保つのがボスの条件。

犬は振り回すより、振り回される事を好む傾向があるので
ボスとしての多少の不条理は、我慢してくれる。

犬の習性や性質、体質を尊重して
なおかつ、人間社会に適合できるようにしつける事が
犬にとって一番の幸せだと断言する。

要するに犬は、私のようにキチンキチンした人間を信頼するのさ。
しつこい芸風ゆえに好かれはしないが、欠点は誰にでもあるさ。

タイトルに “1” とあるって事は、2もあるってことさ。
犬のしつけの極意 2 に続く。

犬のしつけの極意 2

何で連日、犬についてダラダラ力説しているのかっちゅうと
猪年なのに、愛犬カレンダーをネットで注文して
毎日それを眺めて、いらん妄想をしているからなのだ。

文句があるならおめえのIDで妄想しちゃるぞ、ああーーー?

しつけの時に、食い物を使うのは
よっぽど覚えない、とかの最後の手段か
特殊な性格の犬以外にはしてはいけない。

私は食い物でしつける訓練士は信用しない。
それだったら、私でもできるさ。

犬は本来、人間に褒めて貰いたい性格を持つ。
そして、人間に喜んで貰いたいという健気さも持っている。

しつけは、褒められて嬉しい、という気持ちも
覚えさせる良いチャンスなのである。

ほとんどの訓練士は、しつけのご褒美は褒める事。
麻薬探知犬のご褒美が、“見つけたら遊んであげる事”
というのは有名だよな。

それを、“出来たら食い物を与える” という方法を取ると
しつけが、食い物が欲しいという犬の欲望を満たす手段になり
言う事を聞いたら必ずご褒美が貰える、と思い込み
飼い主と犬は、ギブアンドテイクで成り立つ
五分五分の立場になってしまう。

それプラス、通常の食事プラスおやつで
デブになる危険性もはらんでいる。

おやつと言えば、可愛いからついついお菓子をあげちゃう、とか
犬を擬人化するゆえに愛情のはき違えをしてないか?

犬の味覚はものすげえ敏感なんだよ。
薄味好みのヤツが、高血圧のババアが作った味噌汁を飲む何倍も
強烈な味に感じるんだぞ。
人間食を食わせるなど、犬の味覚細胞を殺してるのと同じだぞ。

あと、犬の2kgは人間の10kg。
(これは多分、大型犬の場合。
 私は小型犬の事は、好きじゃないのでよく知らない。)

2kgオーバーしたら、もう肥満レベル。
しかも犬は、エサを食えない時用に脂肪を備えるという
野性動物の体質が残っているので
人間とは違い、運動ではほとんど痩せない。

犬が 「しんどい」 と訴える時は
マジで生きるか死ぬかってほどなので
少々具合が悪くても、自己申告はないから
よっぽど健康管理をしてあげないと、対応が遅れてしまう。

太ったら、犬でも人間と同じく虫歯や生活習慣病になる。
理解もできないので、自己管理もできない。
犬にとっては、突然空から天罰ドーンみたいなわけわからん不幸。

それでも可愛さゆえに、自分たちが食ってるものを分け与えるか?
いざ病気になったら、体調の悪さプラス
今までくれてたものを貰えない、というストレスで
犬にとっては、余計に踏んだり蹴ったりだろう。

知らなくて良い事 (人間の食い物の味) を教えたあげくがこれだ。
それは単なる自己満足で愛情ではない。

殴って言う事を聞かせるのは、特殊な状況のみ。
これを全否定するヤツもいるが
猟犬や闘犬で、こういう方法を取る飼い主もいるし
私はプロブレムドッグを飼った経験上、これを一概に否定はしない。

ただこの場合、飼い主の置かれる立場は、“権力者” というもので
愛あるペットライフを望めなくなるのは覚悟すべき。
やってきた仔犬がプロブレムドッグだった場合
どうやっても平穏な生活は望めないがな・・・。

 余談だが、このプロブレムドッグな
 人懐っこいのもいて、一見わからないんだよ。
 だけど、生活していく上で、すぐ違和感を感じるようになる。
 普通の仔犬に比べて、人間にあまり注目しないんだ。
 自分だけの世界があって、それが最優先、って感じ。
 何ちゅうか、まさにDV野郎と同じ。

最後に、犬には仕事を与えよう。
犬は仕事を持つ事で、家族の一員としての誇りを持つようである。
何か仕事好きなんだよなー。

仕事の内容は、新聞を持ってくるとか、家族を起こすとか、
簡単でいて、完了した事がわかりやすいものが良い。
もちろん、やってくれたら感謝して褒めまくる。

何か、犬ってのは女性と同じだと思う。
主人の言動に一喜一憂して、忠実で、文句も多いが可愛い。
(アンド 放っとくとどこまでも太る)

こう書くと、フェミニストがギャアギャア言うだろうが
ふざけんな! おめえどこまで犬を見下してんのかよ?
私は大型犬大好きの お・ん・な だよ!

関連記事: カテゴリー “動物” に同じ内容がいっぱい (とほほ)
        05年11月25日 犬の飼い方
        07年1月18日 犬のしつけの極意 1

1 / 212

Home > アーカイブ > 2007-01

フィード
メタ情報

Return to page top