Home > アーカイブ > 2006-10

2006-10

トラックバック

おおかたの予想通り “トラックバック” を知らなかったわい。
しかも何度説明されても、解説サイトを見てもよくわからんのだ。

本の最後のとこに、“参考文献”のリストがあるけど
あれの逆バージョン?
「うちにも似たような話題があるよ」 という
押し付け参考文献のようなもん?

何か初手からケンカを売るような事を書いたが
相手が素人のHPなら、もちろん迷惑ではない。

迷惑なのは、広告サイト!

モロに広告とわかるのなら、問題はないんだが
これがまた、微妙なのが多いんだよー。

何かさ、どういうサイトであれ
トラックバックを貼ってくれる という行為は
好意に思えて、しょうがねえんだ。
だから、おいそれと削除しにくい。

こういう感覚だと、さぞや、いいカモかも知れん。
私のこのかすかにある、お人好しな部分に付け込まんでほしいわ。

毎日数件くるので、渋々認証制度にしたけど
誰が認証するのかというと、私だ・・・。
トラックバックの意味すら理解してない私がだ。
長文を読めない私がだ。

一応、申し込みをしてきたサイトに行って
自分なりに、あれこれ調べてはみるけど
(これって、感染の危険性最前線の特攻で、ほんとイヤ)
一体何を基準に決めればいいのかすらわからん。

パッと見て、素人のブログだとすぐわかるところは
「おおおおおおおおっ」 と、とても嬉しいけど
そうじゃないサイトは、延々と読んで読んで読んで
それでもよくわからん・・・・・。

毎日毎日、この作業に振り回されて
すんげえ時間のロスなんだよーーーーーーー。

そんな私の次の行動として、ぷらちに泣きつくのは当然だよな!

徹夜徹夜で忙しいぷらちに、ピイピイ訴え
ぷらちから来た指示には
「ここはアクセス稼ぎ」 「ここは更新が少ないので怪しい」
など、何でわかるの??????? という
緻密な分析結果であった。

一応、言われるがままに削除をしたけど
今もって、チンプンカンプンである。

トラックバックは大歓迎。

ただし、話題に沿った内容で、広告じゃないサイト。
素人同士の交流ができるようなものだけ。

せっかくの申し込みなんで、できるだけ削除はしたくないが
ここを読んでくれる人に、万が一の迷惑が掛かるのがイヤなんだ。

てか、ただでさえ、皆にアホだと思われかけているのに
これ以上、私のアホさ加減を露呈するようなワナを仕掛けんでくれ!

「トラックバックって何?」 とか、カミングアウトさせるなよ!!!

風呂用洗剤

風呂場の排水管をしょっちゅう詰まらせてる私だが
風呂掃除をガシガシするので、風呂用洗剤がムチャクチャ減る。

別に神経質なわけではないんだが
風呂場って、キレイになるための場所なのに
カビやらコケやらがのさばっていたら、本末転倒だと思うのである。
てか、そういうのを発見したら、全身が汚染されそうでイヤ!

という信念で、パネルを外して浴槽の下まで洗っているさ。
ここって、ちょっと放置すると、すぐ色んな物の集合体が溜まるんだぞ。

おめえらんちの浴槽の下は、きっと呪われた沼になっている!!

私は地球に厳しい清掃が好きなので
泡をモコモコたてて、ワシワシ洗うんだが
これをやってると、洗剤がいくらあっても足りない。

いや、別にエコ洗剤でも良いんだが
洗い心地や仕上がりが気に食わないんだよな。
それにエコ系って、地球にゃ親切でも、高くて財布に厳しいだろ。

なので、試しに100均で買ってみた。
これ・・・・・100円の価値もねえだろ。
泡は立たないくせに、いつまでもヌルヌルして
まっっったく使えねえ!

100均の物って、“しょせん100円” ってのが多いよな。
料理用のザルなんて、すぐ破れて手をケガしたぜ。
余計に高くつくっちゅうの。

しょうがないので、再び有名メーカーの洗剤を使っていたが
ある日、ふとスーパーブランドの洗剤が目に入った。
何か安い気がする? と、横の有名メーカーと見比べると
あっっっ、確かに安い!
(高い安いと言う割に、実際の値段を知らないのがアホの記憶術)

でも、スーパーブランド?
何か不安感があるなあ・・・。
安くても使えんなら、結局は銭捨てだぜ?

と、迷ったが、思う存分洗剤を使って環境汚染をしたいので
とりあえず買ってみた。
(エコの人、こういうのを真に受けんでください)

結果、なかなか良い!
泡切れがちょっと劣るが、泡立ちは充分に満足。

これはお得かも、と、喜んで使ってたが
よく考えると、1mlあたりいくらか? で
高い安いって決まるんだよな。

あれ? バス○ジックリンって何mlでいくらだったっけ?
てか、このスーパーブランドのはいくらだった?

大体、そういう事を考えようとしても
覚えてないものは思い出せない。
忘れてるわけじゃなく、知らないんだから。

いつもどういう買い方をしてるかっちゅうと
値段がデカく書かれているヤツが特売なんだろう、と
カゴに入れるという、貧乏人にあるまじき
ザツな買い方なのである。

それに、今頃ガタガタ言っても
詰め替え用を既に2つも買っちゃったんだから、後の祭だ。

と言うか、洗剤の使い心地に望むものも
“泡立ちと泡切れが良い” と、ザッパな感覚だから
エラソーにガタガタ言うほどのもんでもねえよな。
と、最初に言ってた事とコロッと変わるのは、私クオリティ。

言いたい事は、ただひとつ

100均の風呂用洗剤はやめとけ!

PC操作マニュアルノート

というのを持っている。

これは皆から教えてもらったPCの操作手順を
書き記した、(紙の) ノートである。

聞いても、何度自分でやっても、絶対にすぐ忘れるので
紙にボールペンで、マジでメモメモしとくのである。
こういうとこが、私が努力の人である証しである。

しかし、努力が実らないのも、アホの証し。

このノートにどんな事を書いているのか
多分、プロが見たらコメディクラスに笑えるだろうが

 ALT +  カナ = A ←→ かな
 (ご丁寧にALTに “オルト” と、ふりがな付き)

 シフト + CAPS = A ←→ a

みたいな、キーボード操作の基本的な事。

聞いてすぐにメモをするので、順番もメチャクチャに
あっちゃこっちゃに似たような事が散乱してるし
「おおおおおお、そんな便利な機能が!!!!!」 と
興奮状態でメモった時にゃあ
ただでさえヘタな字なのに、アラビア語としか思えないほど
グチャグチャで読めないしで、実際に役に立たない事も多い。

これじゃいかんと、精神統一をして書き込むようにしてるが
読める字でも、内容の意味がわからんワナも存在する。

 ☆ 本当の更新 = Ctrl + F5

 ☆DVD-R 書き込み
   B.H.A → 
      B’s Recorder GOLD BASIC

これ、何の事だろう?
これを書いた時に、自分の中では理解してただろうから
多分、自分の知能を過信してたんだろうなあ。

このノートは、最初の頃は
何度か整理して、書き直していたんだが
書き直す度に、成長したつもりになって
ちょっとずつ表現を変えていたようで
アホチームの伝言ゲームのように
終いにゃまったく違う意味になっていると思えるものもある。

なので、自分で書いたのに、信用できんマニュアルなのだ。

いや、今日、掲示板で教えてもらった

  ☆ スクリーンショット
    ① Prt Scrキーを押す
    ② ペイントを起動し、Ctrl + V

これを書き足した際に、ノートを読み直してみて
我ながらかなり驚いたので、記事にしたのさ。

ちなみに、jpgの説明もノートにちゃんと書いてあった。

 bmp = ファイルサイズが大
 jpg = 圧縮保存ファイルサイズが小
  ↓
 ウィンドウズ標準

jpgはgifの仲間だと思い込んでいたが
gifって、私の脳内の一体どっからきたんだろう・・・?
実在はしてるよな?

チンゲン菜

チンゲン菜の料理法を書いといてくれよーーー!

実はまた兄から野菜が届いて、チンゲン菜が入ってて
それに 「チソゲソ菜」 と、手書きで書いてあって
“ちそげそ菜” って何なんだよ、おまえは2○ゃんねらーかと!

検索して、和風スープとおひたしみたいなんにして
割に食えたが、チンゲン菜自体はよくわからん味だった。
レタスの変形みたいな感じ?
これって多分、中華料理によく入ってるんだろうが
中華料理、好きじゃないんで食った記憶がなかったんだよな。

しかしさ、検索してメモって料理するんだが
材料は書いても、分量を一切書いてないのが私装備。

料理を始めて、初めてそれに気付き
再びPCを立ち上げるヒマもなく
また、再検索をしても、そのページにたどり着く自信もなく
しょうがないので見切り発車で、酒ドバーしょう油ドバーで
適当にも程がある作り方をするけど
それで食える料理ができるのが凄いよな。

私って、実は味付けの天才だろうか? と、勘違いしそうになるが
その前に、オノレの味覚が愚才の可能性が限りなくあるので
天狗になれないのが悲しい。

今回の野菜セットで、見ず知らずの物体は
もう1個、“葉しょうが” ってのがあった。

根っこは普通のしょうがに見えるんだが
わざわざ “葉” と命名されてるし
仰々しく茎が付いているんで
「これは普通のしょうがではない!」 と感じ、調べてみたら
食う場所は普通のしょうがと一緒で、茎はいらんらしい。
何の威嚇だよ、茎!

味噌をつけてガリガリ食え、と、書いてあったが
どういう味噌かがわからんので、少量をチンゲン菜とあえて
残りをしょうゆ漬けにした。
(どっちもちゃんとレシピにあった)
1~2日後に食えるらしい。

ところが、チンゲン菜と一緒におひたしにした葉しょうがは
普通のしょうがと何ら変わらん辛さで、食えず。
しょうゆ漬けにしたやつ、本当にボリボリ食えるんかよ?

“葉” しょうがの差別化の意味が、皆目わからん・・・。

送られてくる野菜セットには
必ず 「何じゃこりゃあああああ!」 という野菜が入ってるが
検索して料理して食ってみると、意外にイケるんで
スーパーで知らん食材を必ず買う、って
ひとりキャンペーンをするのも、世界が広がって楽しいかも。

北朝鮮の真実の姿

というのは、私が延々推理しているテーマのひとつである。
これだけ情報が入ってくるのに、実像がさっぱりわからんのだ。

本当に国民は、切羽詰って食う物がないのか?
飢えているのは、どこの国にもあるスラムみたいな
ほんの一部じゃないのか?

他国からの援助を引き出すために、北朝鮮政府が
思想犯みたいな人々を集めた、飢餓地帯みたいなんを作って
それを日本のTV局が、視聴率稼ぎのために
政府に金を払って、撮らせてもらってるんじゃないか?
という邪推もしてしまう。

このわからなさは、多分、指導者の影の薄さにあると思う。
北朝鮮は一体誰が動かしているのか?
それがわからん事には、国の行方も予想できない。

金正日に会った事がある人は皆、彼の聡明さを語る。
でも、そういうヤツが国を動かしているにしては、ウマくない。

というか、本音を言うと、私にはどうしても
それらの証言を聞けば聞くほど
金正日がマトモな精神状態とは思えないのだ。
(皆、一応は褒めているのに、何故こう感じるのか
 自分でもよくわからないんだが
 何か、センサーがピコンピコン反応する。)

だから、金日成の血筋である彼を玉座に据えておき
側近連中が国を動かしているのかとも考えるが
政策に多様性がまったくなく、独裁にしか見えないのである。

中枢部にいる全員が、とてつもないアホ揃いとすると
つじつまも合うが、一国の指導者がそんなバカだとは
いくら他国民でも、平民としては恐ろしくて考えたくないのだ。

私のこのある種の願望が、目を曇らせているのだろうが
人生に夢や希望を持てなくなりそうな想像はしたくないんだよな。

しかし、先日TVに小泉前総理の秘書という人が出ていて
金正日と握手をした時の事を語っていた。

各国の色んなトップの人と握手をしたその人は
「指導者は、柔らかい手、ゴツゴツした手、ガッシリした手
 色んな手の人がいたけど、そのどれとも違う初めての感触だった。」
と、驚いていた。

金正日の手の平は、鮫肌みたいだった、と。

これを聞いて、「ああ・・・」 と、絶望した。
私は、そういう手の持ち主を見た事がある。

それは、主婦湿疹による手荒れをしている人。
だが、金正日が洗い物をしているとは思えない。
という事は、これは強迫観念による手洗いの繰り返しだな・・・。

北朝鮮は、テポドンだの核実験だの
何かあると、すぐ包丁を振り回すDVオヤジに
ヴィトンのバッグやシャネルの服を着て
「うちの子供の給食費が払えないの」 と、嘆くバカ母親の
コンボ家庭のような国である。

「トップのヤツらの、その体中に満遍なくついてる贅肉は
 一体どこからきてるんだ? 着ぐるみか? 肉が制服か?

 陰でコソコソ盗み食いをするのは、権力者の常だが
 民衆が飢えきっている (らしい) というに
 せめて脂肪吸引ぐらいやって痩せて
 表面だけでも取り繕う気遣いぐらいせえ!」

と、ごくフツーの感覚で、見よう見ようと欺瞞をしていたが
多分、キ○ガイ国でファイナルアンサーなんだろう。
私の願望は消え去ったぜ。

今回は絶望に打ちひしがれているので
突拍子もない、楽しい妄想推理は無理・・・。
もうガックリだよーーー。

(てか、今回の記事、よく考えると
 勝手に人をキ○ガイ扱いして、勝手に絶望して
 えれえ、ひでえ話だよな。)

余談だが、以前のテポドン発射前に
ノンキにドイツのコンサートに行っていた金正日の次男の映像が
ニュースで流れていたが、あれを見てすんげえ驚いた。

隣に奥さんとか推測されてる女性がいて
その女性のファッションやメイクが
日本で言えば、20年ぐらい前の古臭さ!

次男って、東欧にずっと留学してたよな?
権力者の息子で、外国の雰囲気にも接してきているのに
奥さんのあの格好を何とも思わないのか?

もしかして、すべてがこの調子で遅れているんだろうか? 

実子認知

よく知らない (事をのうのうと書くな、っちゅう話だが) んだが
プロレスラーの高田信彦?と、タレントの向井亜紀夫婦が
代理出産で産まれた子供を、実子として戸籍に載せてもらおうと
役所を相手取り、裁判で揉めてるらしい。

よく知らないパート2だが
この代理出産ってのは、今回の場合
夫の精子と妻の卵子を、他の女性の子宮に入れた?んだよな?
だったら、産まれた子供はDNAは誰のを受け継ぐんだろう?

先日、TVでこんな話を観た。
アメリカのある夫婦が、子供に恵まれず
体外受精を試みようとしていたが、上手くいかず
そうこうしている内に、夫婦仲も悪くなり
別居して、離婚の話し合いに入っていた。

ところが、体外受精のために妻は冷凍保存してあった
夫婦の精子と卵子を勝手に使用し
(病院は妻だと言う事で信用した)
何と、体外受精が成功してしまう。

妻は、離婚の際に裁判を起こし、子供の養育費を請求。
夫は当然、勝手に精子を使われたと異議を唱えるも、敗訴。
離婚して養育費を払うハメになった。

それから数年後、元妻から連絡がある。
またまた元夫の冷凍精子を勝手に使い
体外受精で妊娠したので、もうひとり分の養育費を頼む、と。

元夫は裁判を起こし、(初審は敗訴したんかな?)
今もその裁判は続行中、という実際に進行中の事件である。

この事件で一番の問題は、病院だと思うんだが、それは置いといて
ここで思うのは、父親の場合はDNA検査で認知されるのに
母親の場合、いくらDNAで実子と結果が出ても
戸籍上は認知してもらえないのか? って疑問。
これ、男女同権主義者とか、突っ込むんじゃねえの?

戸籍の記載で、将来、子供に細かい不都合があるのかはわからないが
こんなに有名になったら、どういう出生だろうが
モロ実子として、周囲も子供本人も納得できると思うんだ。

養子という事にすれば、戸籍も貰えるんだろ?
なのに、ここまで代理母出産の実子認知にこだわるのは
何かの信念があるんだろうか?

私の感覚では、“一緒に住めば家族” で
血の繋がりとかの細かい (かあ?) 事には、こだわらないので
子供ができなければ養子でいいじゃん、という
(むしろ、自分のロクでもねえ遺伝子を子供に受け継がせるのは
 激しく重罪だとすら思うぜ。)
すげえザツな考えなので、こういう心情はよくわからない。

だけど、ただでさえ少子化の時代だし
法と科学がズレてて、それが人々の幸せを阻害する可能性があるのなら
こうやって、最初に立ち上がって闘う人が世の中には必要だと思う。

というか、この話、何でここまで騒ぎになってるんだ?
それがちょっと不思議。
一見、美談っぽいが、何か裏事情でもあるんだろうか?

ウカツに渡るな!

信号が青だと、脇目も振らずに渡るヤツがいる。

   ドアホ!!!!!

危ないと思わんのか?
「横断歩道では、左右を確認して渡りましょう」 と
小学校であれほど習っただろう?

と言うと、「だって青だし、歩行者優先でしょ。」 と
反論する大バカ者がほとんどである。

ああ、そうさ。
歩行者は交通弱者。

歩行者 > 自転車 > バイク > 自動車
という順序もある。

だけど、それはあくまで法律上の事なのだ。
過失割合が減るってだけ。
痛い思いをして、ヘタすると後遺症とか残って
それでも、自分の方が正しいと認められ、補償されればいいのか?

事故に遭わないのが一番だろう?

そもそも、信号に対する認識が間違っている。
赤は 「止まれ」、黄色は 「注意」
青は?

  「行ってよし」

この言葉の真の意味をよく考えろ。
青は 「行ってもいいよ」 だ。
「行け」 という、強制や義務ではないんだから
注意をしつつ行くのが当然だ。

交差点で、信号無視の車と信号通りに走っている車がぶつかっても
過失割合が決して、10:0 にならないのは
動く限り、絶対に注意をしなければならない、という掟だからである。

優先順位は確かにあるが
「青だから」 「こっちが優先だから」 と
ロクに注意もせずに行動するのは、歩行者に多い。

青になったと、信号 “だけ” 確認して走り出す、
携帯をいじりながら渡る、自転車でブレーキも掛けずに飛び出す。

周囲が全員、法規を守ってマトモな行動を取る、と思うのが大間違い。
よくそこまで見ず知らずの他人を信頼できるよな。

自分が大事なら、権利より安全だろう。

店のサービス

スーパーに行くと、買った商品を袋に入れる台があって
そこに袋や輪ゴムなどが置いてある。
自由に利用していいのだ。

それを大量にとっていくヤツがいる。
そういうヤツの言い分は 「自由に持って行っていいから」。

それは違うぞ!

あれはお客さんに便利のいいように利用してほしいという
店側のサービスなのだ。

サービス = 善意 なんだぞ。

おめえは人の善意にあぐらをかくような真似をするんかよ?
それが自分の生き方なら良いように思えるが
そういう恩知らずが増えると
お店側もサービスを縮小せざるを得なくなって
お客全員が不便になるんだよ。

皆が気持ちよく買い物をできる環境を維持しないと
結局、自分で自分の首を絞めてるも同然だろう。

昔 「お客様は神様です」 と、言った歌手がいて
それが日本人の基本になってしまった。

「俺は客だ」 と言った時点で、もうそいつは客じゃない。
他の客にも大迷惑の、単なるインネン付け野郎だ。

まったく、何を勘違いしてるんやら。
お店とお客は等価取り引きをしている関係で、本来は対等なのだ。
サービスはお店側の真心。
真心には真心を持って接するのが、人のあるべき姿。
お互いに気持ちよく売り買いをしようと、努力するべきだろう。

私の場合、会話や口調で “頭の弱い人”
もしくは “とてつもない田舎者” と誤解されるので
(両方とも大当たりだが・・・)
人権に基づいて、ほとんどの人は皆、親切にしてくれるが
少々感じの悪い対応をされても
体調でも悪いんだろう、と同情するぐらいで
あまりにいつも感じが悪いなら、もう二度とそこに行かないだけである。

これに異を唱えるヤツがいる。
それはうちの兄だ。

「注意するのが社会のためだ」 と言うこいつは
普段は必要以上に腰の低い応対をするが
相手が不条理な態度を取ると、途端に豹変し
「それで良いのかね!」 と、論説を振るう。

一体どういう思想の運動員なのか、と思わんでもないけど
多分、兄の言い分の方が正しいような気がする。

ただ私には、そういう確たる理論も情熱もないのが本音。
文句のいっちょぐらいは言えるが
それをしても、事態は好転しないような気がするし
言って反省するようなヤツなら、最初からしないと思うのは
“イジメを放置するヤツも加害者” ってのと同じなんかなあ。

過剰出血

首のリンパ腺を腫らして
病院で採血とレントゲン撮影をする事になり
まず、採血をされた。

相変わらずここのは、ぶってえ針だなあ、とは思ったが
太い針だと、刺す時の痛みも倍増するのと
痕の内出血がひどいのが困るぐらいなので、この後の惨劇は予想できず。

採血後は、アルコール綿をテープで止められ、出血が治まったら
もらっておいた小さいテープを自分で貼るのである。

採血後に、看護士さんが 「じゃ、今からレントゲンに案内します。」
と言うので、ノコノコついていく。

レントゲン技師さんに声を掛け、振り向いた看護士さんが
「あああああっっっ!」 と叫ぶので、何事かとビビったら
さっきの採血痕から血がボタボタ落ちている。
多分、採血後にすぐウロウロしたので、余計に出血したのだろう。

まさか採血があるとは思わず
(「採血しましょうね」 の、担当医の言葉に
 「えっ、さっきお菓子を食べたんですけど大丈夫ですか?」
 と言ったら、大爆笑されたよ・・・。
 だって肝臓の数値も見るらしいから、血糖値が不安じゃん。
 
 通院を1年以上してて、こんなに笑われたのは初めてで
 これでとうとうバカ認定された・・・と、落ち込んだぜ。)

白いニットカーディガンを着てきてしまったので
これ、どうすんだよーーーーー! と、うろたえる私の目前で
プロであるはずの看護士さんが、何故か必要以上に動揺してて
ふたりして、その場で意味なくジタバタしてしまった。

そこへレントゲン技師の兄ちゃんが顔を出したが
「準備できましたー、どうぞ・・・ あっ、ごゆっくり・・・。」
と、ドアをそそくさと閉めて引っ込んでくれた。

ええええええええええ? ごゆっくり?????
と、呆然としていたら、看護士さんが
「○△@× (滑舌悪くなってて意味不明) を持ってきますーーー!」
と、慌てふためいてどこかへ走り去った。

その間、私はマイティッシュで流れ出る血を押さえる。
で、戻ってきた看護士さんの手に握られてたのは、綿とテープで
血だらけの綿の上に、それを重ね貼り・・・。
ちょっと圧をかけたら、前綿の血まで噴き出すのはどうすんだ?

ほんと、この後のレントゲン撮影には苦労させられたよ。
服に血をつけないように、腕にハンカチをあててジワジワ脱ぎ着。
ニットは妙な脱ぎ方をすると伸びるのにー。

で、撮影後も、血が気になるので
この寒い中、カーディガンの片袖を通せず
半袖Tシャツで待合室で、ひとり挙手。

いや、出血部分は心臓より上に、という原則に基づいてだが
端からは、かなり不気味なヤツに見られたわ!!!

というか、さすがの私も、想像以上の出血にはクラクラくるんだよ!
何かもうグッタリだぜ。
ああ・・・採血はレントゲンの後にしてほしかった・・・・・。

いつもはひとりでパニックを起こして騒いでいるが
今回は強力な仲間がいたので、より一層の惨状になり
二次災害の悲惨さを垣間見た。

いやあ、自分以上にパニくってるヤツを見たのは久々だったー。

北朝鮮の行方

現在の独裁 (誰によるのかわからんが) 政権が崩壊して
民主主義の風が吹き始めた時の、北朝鮮の動きを予想しよう。

当然、周辺諸国が援助をしないと、あの国はひとり立ちはできない。
援助はすべきだとは思うが、正直なところ
「気の毒に」 という人道的な気持ちじゃなく
「無法にうちの国になだれ込んできて浮浪せんでくれ」
という理由しかない。

何故なら、ああいう道を選んで進んでたのは、あの国自身だからだ。
今、国民がブーブー言ってるのも
自分ちの指導者が使えんヤツで
飯さえ満足に食わせてもらえんという、ほんと個人的な事。

それを他国の誰が強制したわけでもなく
それどころか、世界に大迷惑すら掛けてたのは
本人たちは、これっぽっちも自覚していないと思う。

その上に、まともな国家になるにも、援助援助って
真っ当に進むのにさえ、人頼みかよ! と、すげえ腹が立つ。

だから一番の理想は、他国の手を一切借りずに
国内でクーデターが起こり、民主的な方向へ行く事だ。
それだったら、まだ援助のし甲斐もある。

だが、あの国に自浄作用はないと思える。
変わるには、他国の力が必要不可欠だ。
その役目は、ロシア、中国、韓国のいずれかが負うのが妥当。
韓国が一番マシだが、もしアメリカが介入したら最悪である。
もちろん、日本も手出しをすべきではない。

どうも現国民は、今の独裁体制がどうにかなれば
自分たちの暮らしもどうにかなると思っているふしがある。
それは大間違いである。

今まで環境がアレだったんで
教育レベルも低く、即戦力になって金を稼げる力はない。
どうしても、まずはその日その日の飯になる。

これはしょうがない事だが、それでも我慢して
かなりの長いスパンで物事を考えていかないと
何十年もの停滞の隙間は埋まらないのが現実である。

つまり一番大事なのは、耐えて世界基準の教育を続ける事だが
果たして、あの国にそれができるのか?

できないと思う。
学びというのは、先を見通す目を持とうとする事だから。
知恵のない者には、目の前にある事しか存在しないのだ。

自由になったらなったで、思ったのとちょっとでも違うなら
「将軍様の時代の方が良かった」
とか言い出して、テロるヤツらが絶対に出てくるぞ。

ああいう国には、どの国も一歩たりとも入ったらいかん。
玄関先に物資だけ置いて帰るべきだ。
じゃないとまた “侵略” と言い出すから。

自分だけではどうにもできんヤツほど
自業自得を人のせいにしたがるもんだ。
一体どこまで面倒を掛けさせられるのか、考えただけでもゾッとする。

関連記事: 06.10.10 北朝鮮の真実

1 / 212

Home > アーカイブ > 2006-10

フィード
メタ情報

Return to page top