Home > アーカイブ > 2006-04

2006-04

ぷらちの春

夕べは、彼女ができた事を自慢するためだけに
ポトにやってきたぷらち。

全員から罵倒されるのは当然。
でも、こいつ絶好調だから、何を言ってもハッピーで
余計に皆の心をすさませて、ひとりウキウキ帰っていった。

ぷらち、おめえがフられた時にこそ
皆はきっと、今までで初の優しさを見せてくれるだろう・・・。

ぷらち、おめでとう。
人というものは、ねたまれひがまれてナンボだ。
私の呪いを一身に受け止めて、この世の春を謳歌せえ。

HPの更新をサボると、怨念を実体化させるからな?

夕べのポトは大荒れだった。
メンバーが悪すぎてもう・・・。

せっかく滅多に見ない微妙なありがたみの銅星になったのに

もぉちとフラットは、相変わらず的確に潰しにかかるし
月見は眠い眠いとうるさいし
チョウチャンは弁当の心配でポトどころじゃないし
がぶりはいつ見ても何か食ってるし
尚蔵は見せ場で必ずしくじるし

ちゃあこは悲鳴しかあげないし
(ちゃあこのタンクが落ちる姿はいつ見ても美しい)
ナナシはいらん思想を繰り広げるし
ぷらちは入室して、個人的桜満開を振りまいたあげく
2~3試合でさっさ寝るし

無法地帯か、ここはあ!!!!!!!!!

ところで、私はやっぱりタコが上手かった!
左向いてドコン、右向いてドコン、で、ふたり抜き勝利
これって、私の人生であったかあ?

これは、もはや銀星か? ぐへへへへへ

何でタコが上手いのかはまったくわからんが
私には未来タンクが似合う、ってのは確かだな、ふふん。

ブリッジ状態で高笑いしつつ寝たぜ。

ハゲ

うちの兄は、内心ハゲるのを恐がってる・・・と、想像する。
うちの父親が、若い頃から頭頂部ハゲだったからだ。

兄は母方寄りの頭髪に見えるから (剛毛の多毛)
問題はないと思うのだが、息子にとって父親のハゲは
娘には想像も付かない恐怖なのだろう。

何故、兄が頭髪を気にかけているのかと推理するか?
それは実家の風呂場のシャンプーを見ればわかる。
コスメマニアの私の目はごまかせん。 ほーっほっほっほ

だが、ハゲというのは、心の傷だと思うので
ズバリ指摘はあまりな仕打ちだろう、と、心優しい私は気を遣う。

そこで、この前の帰省後、電話をした時に兄に言った。
「あのさ、風呂場にあるシャンプー、あれ良くないよ。」
実際には、「お、勉強しとるな」 というレベルの物だったんだが
それより良い物を、頑固な素人に勧めるための言い回しなのだ。

「私、あれを使って、髪ひどい事になったもんね。
 私が最近使ってるシャンプー、送ってあげようか?
 それを使い出して、行き着けの美容院の担当の人に
 『どうしたんですか? 髪がすごく健康になってますよ』
 と、驚かれたんだよー。」
 
これで、頑固な兄も興味を示した。
兄もネットをするので、自分で調べるという。

だが、買うかどうかは定かじゃないので
もうひと押しに、シャンプーのカタログと、購入サイトを
手紙で送っておいた。

何故メールではないかと言うと
兄のメールフォルダには、1万通ぐらいメールが放置されてると
母の葬式にきたついでに、兄のPCチェックをしてくれた
IT関係者の従兄弟が嘆いていたからである。
(そんなにメールって溜め込められるんだーーー、すげー!)

従兄弟は、数時間かけて
メールフォルダを整理してくれたみたいだが
多分またメール溜め放題になっている事であろう。
ゴミ屋敷にゴミを投げ込むマネをしたくないので
わざわざ郵便にしたのである。

このお勧めシャンプーとは
もちろん、馬油シャンプーである。

関西の知人にも、ハゲそうな成人男性がいるが
そいつはまったく無頓着である。

こういう無精者には、私は容赦しない。
「おめえ、近い将来、必ずハゲるぞ。 賭けてもいいね!」
と、脅し、馬油シャンプーを無理矢理買わせた。
「これを1か月、我慢して使ってみい」

2ヵ月後ぐらいに、感想を聞いてみた。
「使わないなら私にやれ。」

すると、ことのほか絶賛し、その証拠に
半年ぐらい経った今でも、リピート買いして愛用中だそうだ。

太い固い多い直毛の私には良いけど
そいつは、細い柔らかい少ないクセ毛で
そういう髪質には、馬油シャンプーはキツイかな、と思ったが
頭皮が脂っぽかったのが、見事に改善されたそうである。

実際に見た目の髪も、ちょっとフワフワに増えていて
ここまで効果があるんか、と、勧めた私自身も驚いた。
そいつ、馬油のヘアオイルも使い始めたそうな。

ハゲ予防には、頭皮の汚れを落とす事が第一、と
カツラメーカーも言っている。
それをやってくれるのが、石鹸系シャンプーである。
馬油シャンプーも、石鹸系なのだ。

別に馬油シャンプーじゃなくても良いと思うが
他の石鹸系シャンプーを使ってないので、勧めてないだけ。

カツラメーカーや、頭皮商品専門メーカーの
ヘアケアも良いかも知れんが、値段が恐いだろう。
石鹸系はほとんどが安価なので
合わなくても、ダメージは最小に抑えられるってもんだ。

興味のあるヤツは、下記のサイトで購入できる。

http://www.kenko.com/product/br/br_8350019061412B1068.html

定価より、ちょっと安い。
このサイトは、サプリの時にも紹介したが
私の御用達ネット通販サイトなのである。

馬油の本サイトは紹介しない。
会社を創設したジジイが、えれえ妄信入ってて
一気に信用度が落ちるんだもん。 ううう・・・

何度も言うが、石鹸系シャンプーは、かなり使い心地が悪い。
シャンプーは痛いほどきしむし
リンスは、頭皮に残った石鹸成分の中和の役目で、保湿ゼロ。

だが、それでも1か月辛抱して使ってみてくれ。
私の場合は、最近、おでこの生え際にウブ毛が生えてきて
ただでさえ狭い額が、とんでもない事になってしまっとる。
・・・・・剃り込み入れるか・・・・・?

関連記事: 08.2.15 馬油の育毛効果
      09.1.20 馬油シャンプー続報 


 
 
↓ 携帯用
 

あいさつ

「おはよう」「おやすみ」「いただきます」「ごちそうさま」
「いってきます」「いってらっしゃい」「ただいま」「おかえり」
これらの言葉は、今でもつい忘れてしまう。
というか、言いたくねえ。

何でもかんでも親のしつけのせいにしとるが
うちの家では、挨拶というのをしなかった。
習慣がついてないと、どうしても面倒くさい。

だがそれでは、“ちゃんとしたオトナ” として
いかがなものかと思うので、努力している。

そういや、「いただきます」 と、手を合わせるのを
初めて見た時に、ちょっとビックリして
ヒき気味に 「何の宗教?」 と、聞いた事があった。
あれ、宗教に見えるよな。

挨拶として、最悪嫌いなのが 「さよなら」。
この言葉は大っっっ嫌いなので、あえて言わない。
もう二度と会わないかも知れない相手にも
「じゃ、またな」 と言う。

というか、深刻な別れじゃなくても
見送りとかが、するのもされるのも、苦手なのだ。
お店によっては、車まで見送るとことかあって、そういうのも断る。

友人と遊んでても、「んじゃな」 で、さっさと帰る。
一緒にいた時から、ひとりになる時への
場面展開に対する、脳の順応が悪いのかも知れん。

挨拶じゃないが、「ごめんなさい」「ありがとう」
この言葉は、人に面倒&迷惑を掛けつつ生きている
私の人生の必需品である。
毎日1回は言ってる気がする。

だから、「ありがとう」「ごめんなさい」 を
照れくさくて、なかなか言えないというヤツは
人に迷惑を掛けてないヤツなんだなあ、と、感心する。

あまりにも掛けまくってると、照れてる場合じゃねえんだよな。
地べたの泥水をすする勢いで
「申し訳ございませーーーーーん」 って心境になるぜ。

挨拶のない生活は、不思議と潤いが足りない気がする。
じゃ、うちの家が乾いていたかというと
昼間は無口なとうちゃんの代わりに
アクティブなかあちゃんがアホみたいな事を真面目にやってたし
夜の飲酒後のとうちゃんは、グレたくなるほどハッスルしてたし
うちの家は挨拶ごときじゃ、ビクともせん家庭だった。
そういう家だから、挨拶がなかったとも言える。

挨拶、ほんと大事だぜーーーーー。

味の形

味には形があると思う。
甘いのは丸い形、辛いのは尖ったいがぐりのような形で
しょっぱいのは、辛いのの更に細くなったトゲ少な目の形。

「これは普通の○○と違うのよ」 とか
食わされる飯で、感想を求められると
「うーん、普通のより、ちょっと尖ってるけど丸い感じ」 とか答えて
かあちゃんは 「この子は一体何なのかしら?」
叔母は 「もう放っときましょうよ」 とか、疎外してくれ
ひでえーーー! と、悲しくなったものだ。

だが、兄は 「“尖った” ねえ。 どの成分を言ってるのかな」
と、真面目に考えてくれて、ありがたかったが
すげえ追求するのが、ちょっとうっとうしい。

的確に説明できるなら、最初からそう言ってるって。

この自分なりの表現で、自分でも長年わからなかった形がある。
平べったいのと、四角いのである。

確かに、平べったい味だ、四角い味だと感じるんだが
それがどういう種類の味かがわからない。

平べったいのは、兄の淹れたコーヒーで判明する。
平べったい=酸味がある、だったのだ。

酸っぱいに対する形は、槍状に感じるが
嫌いな味なので、ほとんど食わない。
せいぜい、酸味がある、程度の物を偶然食う、みたいな環境である。

兄がコーヒーを 「どうだ?」 と、聞いた時に
「うーん、平べったい味がしていまいち・・・」 と答えたら
「これは酸味が強いからなあ」 と、言ったので
あっっっ! と、気付いたのだ。

四角いという形が、どんな味を示すのか?
刺身を食った時などに、よく思う。

これは行儀の悪さが教えてくれた。
アイスクリームを食おうと、スプーンをくわえて
冷凍庫から取り出したはいいが、カップの蓋が開きにくく
うりゃあ! と、気合いで開けたら
勢い余って、飲み物が入ったコップをなぎ倒し
怒りとともに、慌てて拭いている間中
スプーン、くわえっ放し。

その時に、ああああああああああああああ! と、気付いた。
四角いってのは、金属風味なのだ。
それが何故、刺身とかに当てはまるのかはわからん。
ヘンなブレンドティーでも、たまにある。

味を形に見なすというのは、ちょっと聞くと
ワインのテイスティングのようだが
(あの、『モンマルトルに舞い落ちる枯れ葉のような乾いた香ばしさ』
 とか、何なんだよ、あれ。
 あれが許されて、何で私が迫害されるんだ?)

実際に聞くと、「こいつ、頭足りんのじゃないか?」 と
思われるのも無理ないほど、我ながらアホっぽいので
なるべく言わないようにはしていて
脳内で、「何かイガイガしてて、平べったい・・・」 とか
密かにつぶやいている。

私だって、人にアホ扱いはされたくないのだ。

でも、思った事をマッハで口に出す大バカモノなので
ついうっかり、言ってしまう事も多い。

「うわ、ホコリ臭え!」 とか、主に批判的感想を。

この、“ホコリの臭い” の食い物とは一体何なのか?
えれえ悲惨な食い物に思えるが、ちゃんとした和食に多いのだ。
それだけに、言ってしまった時の周囲からの非難の視線が痛い。

これも、己のずさんさが教えてくれた。
風邪気味で、テキトーにおじやでも作ろうと
ダシ用のコンブを洗わずにブチ込んだら
見事にホコリ臭い食い物になったのである。
ただでさえ具合が悪いのに、食った途端ブーーー! だった。

正体はコンブ (のゴミ?) であったと思われる。

しかし、私の手抜き料理ならまだしも
立派な料亭とかでも、ホコリ臭い料理がたまにあるのは何故だ?

  コンブの話で脱線するが
  以前、実家からコンブが送られてきて
  私はそれをバキバキ折って、ビニールに入れていた。
  後日それが、利尻産の最高級だった事が判明。
  私のコンブに対する仕打ちをとても言えなかったわい。
 
  今は普通のコンブをマーケットで買ってるが
  やはりコンブにも美味い不味いがあるようで
  たかが海草のくせに生意気だと思う。
  あんなもん、風呂場で言えばカビみたいな位置付けだろー。

このような、味に対するわけわからん表現は
私の味覚がおかしいのか、私の頭がおかしいのか?
多分そのふたつが、絶妙なバランスを保ってなせる技だろう。

ところで、味覚ってたまに変化せんか?

長年、飲んでいたミネラルウォーターの味が変わったんだ。
何で、この “私” にそれがわかるかっちゅうと
その水、安いからダースで定期購買していたんだが
いらんことに、健康にいい温泉水とかで
えれえ不味かったんだよ。
それがいきなり普通の味になっちゃったんだ。

去年の夏に大水害が起こった場所の水なんで
もしかして、何かの事情で水道水を詰め始めたか?
とかいう不信感もあるんだが
自分の味覚には、もっと絶大の不信感があるので言えない。

安いし、支障なく飲めるからいいんだけど
うーん・・・何か釈然とせん・・・。

気分転換

気分転換の方法は、各自、秘伝があると思う。
聞くと、「何でそれで気分転換?」 ってのが多くて、結構面白い。

レディースコミックスを読みまくるという友人
あの手のマンガって、エロや嫁姑問題とか
ドロドロしたのが多くて、余計ストレスが溜まるんじゃないかと
思うんだが、赤の他人の不幸は楽しいんだと。

これ、ちょっとわからんでもない。
私も、ホームレスのニュースとかを見て
「住居があるだけ、まだマシ」 と、自分を励ますし。
(その反面、自分の未来を見ているようで恐いが)

とりあえず食う、という友人もいた。
そいつは、暴飲暴食気味になると
ストレスが溜まってるんだな、と、気付くそうだ。

とりあえず寝る、というヤツは理解できない。
寝ただけで、悩みとか薄れるんだろうか?

私の場合、ザツな性格のくせに、高校生の頃から睡眠障害気味で
睡眠がうまく取れなくなると、何かあったんか、自分?
と、自問自答する。 が、それで答が出た事がない。
何の悩みがあるのか、さっぱりわからん。

寝つきが悪くなる、眠れない、1時間おきに目覚める、など
よっぽど悩んでるんじゃないかと、自分でも思うんだが
考えてもわからない性格だから、体に出るのかも知れん。

そんな私の気分転換は、軽度だとドライブで済むんだが
今は車を持ってないので、それもままならない。

だから、笑える映画を観る。
コメディと言っても、白人のギャグは大味すぎて笑えん。
しかもスカトロが必ず入ってて、逆に不愉快になる。

邦画だと、何か意味を持たせにゃならんという
強迫観念でもあるのか、教訓めいててうぜえ。

そこで、ホラーや心霊物なのだ!!!

これはお笑いで言えば、ボケの立場にある。
なので、脳内ツッコミをしつつ観るのが正しい。

「本当にあった心霊体験」 みたいな話は、諸刃の剣。
見方を間違えると、とても立腹するので
“全身全霊全力で騙される” を信条に観る。

それでも、「おめえ、それはねえだろー・・・」 という
内容が多いが、当たればデカい万馬券のようなもんだ。
オトナなので、自己責任、自己責任・・・ううう・・・。

これでもダメな場合は
(てか、くだらん内容に余計に落ち込むハメになるのだが)
気合いで乗り切る。
自分の中に鬼を飼っていると、こういう時に便利。

「うりゃあ! 顔を洗うぞ!」「うりゃあ! お手入れするぞ!」
「うりゃあ! 掃除!」「うりゃあ! 洗濯!」
と、うりゃうりゃ脳内で叫ぶのだ。

ああ・・・もう、動きたくない・・・と、体が拒否しても
脳内で 「洗濯! 洗濯! 洗濯! 洗濯!」 と連呼して
とことん自分を追い込む。
ひとり “お母さんと子供” 状態。

この 「うりゃあ!」 という単語が、私のパスワードらしく
色んなスイッチを持ってる私のどっかを、ポチッと押してくれる。

これ、楽しそう (?) だが、かなり辛い。
が、私みたいなヤツは、甘やかせばどんどんダラけるんだよ!
(妙な部分で体育会系な自分がいるのが、我ながらビックリ)

このように、あらゆる状況のためのスイッチを作っておくと良い。
そのスイッチを入れるためのパスワード探しが大変なんだが
幸運にも見つけたら、人生ラクショー! かも。

しかし、パスワードが見つからないスイッチが山ほど・・・・・。
多すぎなんだよ、私!

TVを見ててふと思った

TVを観ててボーッと思った、くだらん事を羅列。
春なので、脳みそが回らんのだ。

速水もこみち、惜しいよな!
目と目の間の段、あれさえなければ完璧なのに
ああ、惜しい!!!!!

と思って、ふと気付いた。
ブサイクなら、そんな部分、どーでもいい扱いなのに
(現に、品川庄司の坊主頭の方にもある)
何でこんなに細かい完璧さを望まれるんやら。
イイ男も大変だよなあ。

韓流スター、別にいいんだが、腰を据えて取り組んでほしい。
違う国で活動したいなら、その国の言葉を覚えるのは基本だろ。
短期間、日本に来て、ガーッと稼いでサッサと帰られると
どういう季節労働者なんだと、不愉快。

てか、ホントーーーに人気なのか?
マスコミだけがあおってねえ?
見てもまったく価値がわからんのだが・・・。

ニュースで最近の金総書記の姿を見て、疑問がわいた。
叶恭子が男だと疑われないのも不思議だが
何故みんな、こいつを女だと疑わんのか?
これ、おじさんじゃなく、おばさんじゃん。
彼の国は何でもありだから、この説、アリじゃねえ?

WBCの日本の試合 (雨で中断した) を観てて、イライラした。
投手の上原、いつ見ても口が半開きで
おめえはヘアヌード写真集かと!

あの口から今にも、色んな液体が出てきそうで
違う意味でドキドキした試合だった。
お陰で、最後まで観ちゃったよ・・・。

最近、上原のように口に締まりのないヤツが多い。
何でだろう? と、意識して観察してたんだが
そのほとんどが出っ歯で
前歯、って言うか、上顎?から出ているのだ。

これは子供の頃のおしゃぶりに原因があると
聞いた覚えがあるんだが、何で今、増えてるんだろう。
今の母親って、そこらへんの情報はキッチリ押さえてないか?

最近、TVの画像の質みたいな物が急に変わった気がする。
デジタル化がどんなんなのか、さっぱりわからんのだが
うちの中古のローデフなTVでは、多分関係ないと思う。

だが、芸能人のメイクが、やたら厚いと感じるのだ。
TV画面が劣化したからか?

画面のキレイさにはこだわらないんだが、汚いのは辛い。
厚化粧を見続けるのは、きっついのだ。
TV画面でもこうなのに、目の前にいたらきっと目が釘付けだろう。

それはともかくも、ただでさえ人の顔を覚えられんのに
次から次へと、新しい芸能人が出てきて
もう、誰が誰やら混乱しまくりなんだが
自分の中の時間がストップしたババアにはなりたくないので
押さえるとこは押さえとかんと、と、TVチェックは欠かせない。

割かし、TVなんてどうでもいい、というスタンスなんだが
情報収集の一環としては、絶対に必要なので
家にいる時は、ずっと点けている。

うるさくて、ちょっとイライラする時もあるのが難だけど
睡眠学習と似たようなもので、聞いてないようで聞こえてて
何となく覚えてはいるんだよな。

最近イライラした事

新品のコロコロを100均で買ってきた。
それをじゅうたんでコロコロコロコロコロコロコロコロ
おかしい・・・全然取れねえ・・・と、よく見たら
一番上のカバーを剥がして使うんじゃねえか、これ。

何だよ、おめえ、早く言えよ!
と、コロコロに向けて憎悪を放ったが
一番ムカつくのは、それに気付かない自分!
ああ、イライラするーーーーーーーっ!!

で、気を取り直して再びコロコロコロコロ
シートを剥がそうと、継ぎ目を探すが・・・ない。
どこだよーーーーー、と、爪でコリコリさぐりまくり
やっと、それらしき部分を発見。

これ、どっち向きに剥がれるんだよ
ああっ、破れたっ、しかも切り取り線がねえ。

コロコロは剥がし目が命じゃねえんかよ!
一枚ロールならカムテープでいいんだぞ?
おめえ、ちっとは役目を果たせよ
100円だからって甘えてねえかあ?

でも一番ムカつくのは、たかが100均の無機物ごときに
ここまでエキサイトして説教たれる自分。
何か不幸でもあったんかよ?
ああ、イライラするーーーーーーっ!!

民主党の党首交代には、まったく興味がないが
一応、時事っちゅう事でチェックのために
管と小沢の演説にチャンネルを合わせた。

しばらく管の演説を聴いていたが
国民全員の生活格差をなくして、皆が幸せに、みたいな事を
具体的政策も言わずに、理想論ばかりを言う。

アホか! それができるなら世界中でやっとるわ!
こいつは四国巡礼をしてから、宗教にでも目覚めたんか?
政治は現実性が命なんだよ!
理想を語りたいなら、吟遊詩人にでもなっとれや!
呆れて、途中でネットで化粧品チェックを始めた。

しばらくネットに熱中してて、ふとTV画面を見ると
まだ話しとる!!!!!!!

管寄りのヤツでも、この弁論を聴いたら
小沢に票を入れるんじゃねえの? と、イライラしたが
案の定、新党首は小沢になっとった。
当たり前じゃあっっっ!

夜、静まり返った闇の中、不気味な音が聞こえてくるようになった。
チリン・・・チリン・・・
多分、新しく越して来たヤツが風鈴を下げてる。

最初に気付いたのは、2月の寒い真っ最中の夜で
口裂け女が来たかと、激しく動揺したぜ。
(うちの地方じゃ、鈴の音とともに現れると噂になっていた)

てか、真冬に風鈴なんか、やめんかあ! 寒々しいわ!
と、イラッとしたが、昨今の春一番の強風の中
風鈴もチリチリチリチリ、フル回転である。

その部屋に火炎瓶を投げ込みたくなる衝動を責められるか?
あああ、イライラするーーーーーーーーっ!!

「ダーククロニクル」 で、まだやるべき事が残ってはいるが
ちょっとラスボスに行ってみようか、と、行ったら
ついうっかり、倒してしまった。

クリア後は、おまけダンジョンで遊べるので
クリアデータと、直前データを残して
メモリーカードの空きを確保しようと
ちょろっとセーブデータをいじくったら
直前データを消してしまったあああああああああっ!!!

しかも、クリア後は、やり残しのあるダンジョンに入れねえ!
どーすんだよ、これーーーーーーーーーーーーー
と、のた打ち回っても、消えたデータは戻らない。
イライラする・・・っちゅうか、もう放心状態・・・。

書いてみると、年中イライラしているようだが
直後にコロッと忘れるので、実に穏やかな生活である。

だが、一瞬で激昂して、一瞬で忘れる瞬発力にあふれた
かなり起伏の激しい一日であるのは間違いない。

私のすべてを受け入れてくれる (八つ当たりオッケーな)
大型犬を飼いたいーーーーーー。

ブス談義

人の顔の見分けがつかないので
自分の顔ですら、鏡を見る度に
「あれっ? こんな顔だったっけ?」 と、驚く。
というか、色んな意味で驚ける面構えなんだが。

私はとても客観的なヤツなんで
自分の顔はドブスだと自覚している。
なのに、何故、整形もせずに生きていけるのか?

醜いもの=魅力がない、じゃないからである。

自分の顔は、人間としてはアウトだろうが、動物としてはオッケー!
と、ハシビロコウラブリーな美的感覚の持ち主の私は胸を張る。

現に歴代彼氏が私の事を、可愛い、キレイだ、と言っていたので
こういう感覚の持ち主は結構いるって証拠だ。

しかし、解せんのが、この歴代彼氏たち
難ある私の顔を好んではいたが
誰がどう見ても美しい私のナイスバディには
そう価値を持っていたとは思えない点だ。
逆に恋愛関係にない男性は、とても褒めてくれる。

恋愛は顔なのか???

だったら、やはり美人の方が、数倍得であろうが
そう、損をしているとも思えないので
世の中、マニアはかなり多いらしい。

平気で自分のツラをブサイクだと言い放つ私だが
美人を羨ましいと思った事はないのか?

これが不思議にないのである。

美人を見るのは大好きで、すげえ目の保養になって楽しい。
いつも隣に美人がいてほしい、と、懇願したいぐらいだ。

だが、美人になった事がないので
美人がどんな良い目にあってるのか
想像力が貧困な私にはわからない。

1日だけ、(いや、愚鈍な私だったら1年はないとダメか?)
美人になれたら、どんなに得かが理解できるかも知れん。

では、ナイスバディで得をしてるか?
これがさっぱりである。

確かに、何を着ても似合うという利点はある。
モデルとか、売春婦とか、換金してれば
価値も大幅アップだろうが、そういう気はない。
いくらなんでも、この私もそこまで図々しくはなれんさー。

せいぜいが自画自賛して、ストレス解消ぐらいの役にしか立ってない。
ジャロには抵触するかも、という “素人にしては” レベルだが
ナイスバディなのはウソじゃねえしな。

結局、魅力ってのは “つくり” じゃねえって事だ。
「と、エラソーに言うおめえはどんだけ魅力的なんだ」 と
問われたら、あっさり 「知らん」 のひとことで終わらせる。

自分のこのスペースファンタジーな顔を見て
「お、何か可愛い (はぁと)」 とか、たまに思う私でも
それがどういう心境なのかはわからんからだ。

多分、魅力ってのは、“人の判断をトチ狂わせるもの”
ある種の電波みたいなもんじゃないかと推理する。

てか、自分の外見が美しくないからと嘆くヤツは
自分に多くを望みすぎだと思うぞ。

自分が 「かーわいーーー!」 と言ってる物をよく見てみ?
絶対に気色悪い物多数のはず。

美=魅力じゃないと誰でも知ってるはずなんだがな。
何で自分の事になると、そう欲を出すんだか。
欲望には終わりがないから、初手から質素に生きるが幸福だろ。

隣家の怪

隣に空き地がある。
ある日、その端っこに人が立っていて
一段下に立っている民家を見ていた。

その人は、業者みたいな営業マンっぽい男性だった。
上着が作業服で、下にワイシャツとネクタイ
スラックスに革靴だったので、そう感じたのだ。

空き地は、オヤジ、もしくはその息子と思われるヤツが
時々草刈りに来ている。
多分、土地の持ち主だと思う。

そう思う理由は、軽トラで来るのだが、自家用だし
電動草刈り機を使っているが、段取り手際が悪く
一日仕事で刈っているので、専門業者には見えないこと。

でも、軽トラと電動草刈り機を所有しているので、農業従事者だと思う。
違うなら、他に土地を1~2ヵ所所有しているのではないか。
1箇所だけ、もしくは何ヵ所も所有しているのなら
素人なら業者に委託するだろうし、と、勝手に推察している。

で、その土地に立っていたのは、草刈り親子ではなく
見知らぬヤツだった。

そいつが見ていたのは
その土地の高さに1階の屋根が来る立地の、2階建ての一軒家。
空き地側は家の裏手にあたり、玄関は反対側にあるつくりで
割にキレイな和風チックの家である。

何をしているんだろう? と、思ったが、数日後に気付いた。
その男性が見ていた家の、1階部分の瓦が割れているのである。

足跡のように、何枚も割れていて
それは2階の窓へと続いていた。

一瞬、あいつが泥棒に入ったのか? と、思ったが
そんな騒ぎが起きた様子はない。
窓は普通のサッシだが、何も破損の跡もない。

瓦の割れの修理を見積もりに来た業者なら納得なんだが
そいつを見かけた時に、既に瓦が割れていたのなら
怪訝に思って見ていた私が、こんな目立つ破損に気付かないわけがない。

こういう謎が大好きな私なので
どういうことだろう? と、しばらく瓦を見ていたが、ふと気付いた。

瓦は、窓の下が一番深く割れているのである。
これは、空き地から窓に行ったのではなく
窓から瓦の上に飛び降り、屋根を渡って空き地に飛び移ったという事。

普通の焼き瓦は、素人がヘタに乗ると、すぐ割れる。
にしても、あれだけ歩く度に割っているなら
よほどの肥満か、底の固い靴を履いていたんじゃないのか?

しかし、その家の住人が、それをする理由がわからない。
その窓は、私が知る限り、一度も開けた事がなく
しばらくは空き家かと思っていたほどである。

アンテナ取り付けだの、壁補修だの
不良息子or娘 (いるとしたらだが) の夜遊び抜け道だの
あらゆる可能性を考えてみたが
納得できる答が見つかっていない。

これは普通に考えて、空き巣だよなあ?
玄関から入って、2階窓から脱出としか思えない。

不思議なのは、私がその割れを見つけたのが、1月あたり。
いまだに瓦はそのまま。
うちから視認できるだけで23枚割れている。
小さいヒビなら、もっとあるかも。

住人は普通に生活しているようだ。
瓦の割れに気付いてないのか?

瓦に破損があると、そこから雨露ダダ入りで
すげえ家が傷むんだぞ。
ヒビの1本からでも、水分がジワジワと内部に入り込み
カビたり、柱や壁、家全体を腐らせる。

建築では、何より、まず一番に重視せねばならんのは
水をいかにブロックするかという事なのだ。
水も湿気も家には大敵!!!!!
だから瓦とトイは、家にとってすんげえ大切な最前線バリアなのだ。

まさに今、大雨なんで、見ててハラハラしてるぜ・・・。

交際の手続き

拉致問題のニュースを見ていて
あっっっっっ! と、気付いた事がある。

常々男性たちは 「男の部屋に入ったら
何をされても文句は言えない」 と、忠告してくれ
私にはその意味がよくわからなかったのだ。
そこまで男ってケダモノかあ? みたいに。

ここに男性と女性の温度差がある。
女性の場合は、「付き合おう」 「うん」 と
交際の手続き (?) を済ませた後なら
その相手の部屋に行く=襲われてOK なんだよな。

この “交際の手続き” ってのは
女性にとっては、とても大事な儀式で
いくら相手に好意を持っていても、付き合ってないと
セックスはダメ、私、そんなに尻軽じゃないのよ、となる。

その逆もあって、何度もセックスをしてても
交際の手続きをしてないと、あんたは彼氏じゃないのよ
って感覚の女性もいる。

もう、どっちもどっちって感じだが
交際の手続きを重視しない女性よりはマシ。
我々一般女子から見ると、こいつらは色んな意味でヤバい。

生息を確認したのは、2種類。
つくしまくって搾取されるタイプと
思い込みの強い、恋愛をひとりで進めるタイプ。

前者は、「あんたがアホ」 で済むんだが
後者はヘタをするとストーカーになる。
手を握った事もないのに、ヨユーで想像妊娠しそうな恐さがある。

話がそれたが、女性にとっては交際の手続きをしていない
単なる友達の部屋に行って、襲われるなんてありえないのだ。
だから、しつこく指導されても、いまいち理解ができなかった。

というか、今も男性の部屋へうんぬんは理解できない。
今回気付いたのは、“何故、理解できないのか” って理由だけ。

とりあえず、「するな」 と言われる事はしないが
どうも納得はできないのが本音。
同意なしに襲うのは犯罪だぞ、ちっとは落ち着け、と言いたいわい。

こういう感覚で、トラブルに巻き込まれなかったのは
すげえ幸運だろうが、私、ここで運を使い果たしてんじゃねえのか?
てか、何かトラブルが多々あった気もせんでもないが
どうにも思い出せん。 はて・・・・・?

この話が拉致問題のニュースと何の関係があるのか?
何も関係はない。 たまたまだ。
私にはよくある事だ。 気にすな。

1 / 3123

Home > アーカイブ > 2006-04

フィード
メタ情報

Return to page top