Home > アーカイブ > 2005-09

2005-09

恋愛

何人からか突っ込みがきた事があるが
潜伏には私の恋愛話がない。
そこに気付くとは、皆、鋭いよなあ。

これは忘れてるとか、何となくじゃなく
ちゃんと理由があって、書くのを避けているのである。
その理由とは、今思い出しても訳がわからん事が多いので
書いても、内容がグチャグチャになってしまうのと
私にも理解できている恋愛絡みの経験談は
絶対に世の男性全員を敵に回す内容だからである。
何か、男心とかいうものを踏みにじりまくりらしいんだな。
「おまえは悪魔か!」とか「人の心がわからんヤツだな」とか
言われたのも、大抵は恋愛絡みの時である。

私の場合、恋愛感情ってのは後付け。
最初から脳に付いてたもんじゃなく
DLしてインストしたようなもんで
恋愛モードに入るには、スイッチを入れる必要がある。
このスイッチがまた、核発射ボタン並みに入りにくいもんで
人生、彼氏がとぎれた時期ってのは少ないんだが
恋愛をした相手は、3人しかいない。
(しかも、その内のふたりからはフラれてるし)
他の彼氏とは、スイッチを入れようと努力をするが
「好きだけど恋愛感情じゃないなあ」となってしまった。

私としては、付き合う相手にひどい事をした覚えはないが
どうも相手が繊細すぎる、と言うか、何ちゅうか・・・。
すまん、よくわからん上に、これ以上言うと
深遠な墓穴を掘りそうなんでやめる。

だがな、私にも言い分はあるんだぞ。
おめえらも私の性格を理解して対応せえや!
思い込みが激しすぎる and 物事をわざわざ複雑にすな。

現在は恋愛スイッチは入っていない。
どうやら自分では入れられない仕様のようだ。
困ったもんだ。

ストレスってどんなのだ?

私の最近の書き込みって、誤字脱字が多くねえ?
まだ長時間座れないんで、寝てキーを打っているんだが
そういう事をしとると、モニターまで1mぐらい距離があって
字がよく見えんのだよな。
モニターも重いんで持てないんだ。
何かと不自由だなあ。

解せんのが、前の晩の尿検査で異常がなかったのに
翌日の尿検査で異常が出た事なんだよな。
そういうことってあるんだー。
「肝臓が腫れてるので、圧迫して肋間神経痛もありえますね」
とか言われて、何か肋骨が苦しいわい。
てか、肝臓でクヨクヨしてストレスになるつーの!
というところに兄から電話があって
「楽天のポイントが貯まったんで、米を送ったぞ」と
電話があり、肝臓の話をしたら
「おかしいなあ、おまえは食わないし飲まないだろ?
 肝臓って意外と丈夫なんだよ。
 何か原因があるって事だよなあ」とか
より不安をあおるような事を言ってくれた・・・。
ま、筋肉痛の後に再検査だから、大した事はないだろうと
タカをくくっているんだがな。

それはいいんだが(いや、よくもねえが)
友人によると、疲労やストレスで肝臓を壊したそうな。
その友人も飲酒は一切してない。
疲労?ストレス?
心当たりがないが、何かあるんかなあ、と悩んでたら
「あんた、お母さんが亡くなったでしょ」と言われ
あ!!!!!!!! と。
なるほどー、それは普通に辛い事だが
一瞬だけで、もう辛くも悲しくもないぞ?
ストレスって、そんなもんなんか?

忙忙忙忙忙!!!!

  • 2005-09-05 (月)
  • Blog

いやあもう ほんとに忙しい。

しかしこのクソ忙しいのも明日でひと段落しそうなのですが。
わかりません・・・。

何をやっているかって?
けっこうスゴイことやってますよ。
守秘義務があって言いたくても言えないのが残念。

今週末は、そのプロジェクトが成功したら上司が焼肉につれってくれる!
とのことで、それだけが楽しみだったり。

最近は、食べることだけが楽しみなところもちょっとある。
仕事楽しいからストレスってのは無さそうだけど、
やはり残業が続いたりであまり寝る時間がないから、疲れがたまる。

温泉とかにいってユックリしたいなーって思う。
会社の近くにラクーアというのがあり、
ここの銭湯というか、なんかそんなのがあって、それがスゴイイイらしい。
でもやっぱり高い・・・

さて、今日もガンバリますかねー

歯科医の気持ち

やっと歯の治療が終わった。
背中が痛い中の診察台は本当に地獄だったぜ。
何でこう一度に色々あるんかがわからん。
一回にいっちょ! 順番を守れ!

今回通った歯科は、去年に続いて二度目なんだが
歯科医が堅苦しいヤツで、本当にまいる。
元からそういう性格なら、それで疑問もわかんのだが
他の患者への対応を見ていると、私だけに堅苦しいのである。

どう違うのかと言うと、他の患者には
「○○さん、入ってください」「今日はどうしましたー?」
「今日で治療は終わりですから」
ついでに、名前を呼ばずに「おばちゃん」と
呼ばれていた女性もいた・・・。
私には「お待たせいたしました、こちらへどうぞ」
「今日は如何なさいました?」
「今日は○○をさせていただきます」
「今日で終わらさせていただきたいと思います」

気を遣われるのは、一向に構わんのだが
決して愛想が良いとは思えない上に
他の患者とあまりにも扱いが違うので
こいつ、私を嫌いなんか? とまで思ったよ。
だが、「歯茎の状態はどうでしょうか?」と聞いたら
「問題はないです。 まあ、二十歳の歯茎には戻れませんが
 年齢の割には健康です」と、笑顔で言われた時にゃ
こいつもいらん事言いだな、と思ったが
オトナのヨユーで、にっこりと聞き流してやったぜ。
「通常は半年に一度クリーニングをしに来ていただきたいんですが
 一年に一度で大丈夫でしょう。」の後に
「何もなければ、来年の今頃にいらしてください。」を
何故か2回も繰り返すので
ああ、もう来ないでほしいわけじゃないのか、とは、思った。

常連となじんでるのはわかる。
だが、初めての患者にも割とラフな対応をしているのだ。
何で私だけ・・・? と、思い
歯科に行く度に、理由をあれこれ考えていたもんさ。

まず、私がキレイに見える。
(キレイだから、と言わないところが私の良心)
これはない。 私より明らかに美人の患者がいて
そいつにも普通の対応だったから。

次に、私がやんごとなきお方に見える。
黙っている私はとても上品なので、これはありえるが
口を開けば、間違った敬語&方言&なまりで
ただのアホな田舎者丸出しなんで、これもなし。

私がお金持ちに見える。
これは間違いなくなし。
一度目に言った時に、保険料納付忘れで
保険証の機嫌が切れてて、大騒ぎをしたからである。
年金滞納は矢のように催促をするくせに
保険の滞納を無視とはどういうこったい、社会保険事務所!
おかげで大恥かいたぞ、くそっ!!!

ちと危ないのが、私が凶暴に見える。
私は仕事で接してくれる人には、最大限の敬意を払い
とても丁寧に接するので、これはないとは思うが
知らない内に、感情が顔に出るらしいので
この可能性はある・・・。

最後に一番考えたくないのが、私が気の毒な人に見える。
「おまえ、アホだろ?」と、思われるほど
トロトロと喋るので、この可能性は強い。
ちょっと頭の弱い人なんだな、と
気を遣われていた可能性は大。

友人に確認をとったら、最後のふたつのどっちかだろう
と、お墨付きを貰ったのだが
どっちにしても、私には良い事なしだな。

ま、治療は丁寧で熱心のようなので、
何かあったら、またそこに行くだろうが
余計な勘ぐりをさせられる応対に、ちとうんざりしてた上に
最後の治療で、虫歯になりかけの場所が見つかり
「ちょっと削って詰めるだけで済みますので
 治療してよろしいでしょうか?」
「では、治療させていただきます」
と、うるせえほど、へりくだられたので
かなり嫌気がさし、帰り際に
「どうもお世話になりました。
 また何かありましたら、よろしくお願いたします。」
と、微笑みつつ、電磁波をミョンミョン送ってあげた。

こんなに被害妄想させられたのは初めてだぜ。
ったく、私が一体何をしたっつーんだよ???

田舎者

私は想像を絶する田舎で生まれ育った。
どんぐらい田舎かと言うと、ガキの遊び場は山や川で
おやつはそこらへんに生えてる草木だったのだ。
食うと甘い雑草とかあるんだよ。
地元の子にそういうのを教えてもらうんだが
大抵の子は、家の手伝いをさせられるんで
あまり一緒に遊ぶ時間がなかった。

だから私は、田舎者である事はヘでもない。
それどころか、ここまでド田舎だと、ヘンな特別感すら持ち
私以上の田舎者がいるかあ? と、自慢に思う。
ただ、その土地との縁は、父の仕事の関係で住んだだけで
父が隠居して、母の出身地の熊本に実家がある今では
行く機会もなく、(気軽に行けんほど山奥だし)
故郷ってのがなくなった気分なのだ。

田舎は閉鎖的なので、元々よそ者扱いをされていたし
行っても、あまり歓迎はされんだろうから行かん。

人をバカにする時の“田舎者”という言葉は
別に出身地がどうのではない。
日本のどこに住んだって欧米から見りゃ、イエローモンキーだ。
センスが良いとか、洗練されている、とかでもない。
そんなん、都会人でも野暮ったいヤツは山ほどいる。

バカにされる田舎者には2種類ある。
ひとつは物知らずで、自分の脳で考えず、すぐ信じ込む。
自分に核を持たないせいで、常に周囲が自分より
優れているように見えるゆえに、翻弄されるヤツ。

もうひとつは、まったく逆で
自分の世界がすべてで、周囲の進化や変化に初手から批判的で
受け入れられない固い頭の持ち主。

まさに現実の田舎の良い面と悪い面。
これが妙に不自然に感じて
私は生まれ育った田舎が好きではなかった。

今はどこにいても、情報が簡単に入手できるが
どこに目を向けるか、どれだけ多角的に見るか、コアに掘るか
そこらへんの選択が難しい時代である。
情報を多く仕入れるだけじゃ意味がない。

私は広く浅く玉石混合、何にでも興味を示す。
例えだが、平均して人が一日に10個情報を得るとする。
全部を記憶できるものではないので、その内の5個は忘れるとする。
私は一日に100個覚えて、90個は忘れるのだ。
人よりも5個多いとは言え、まったく無駄な労力である。
てか、物覚えの悪さが一番の問題なんだが
その5個多い知識も、ほとんどが
まず確実に、生きてく上でどーでもいい内容決定で
たまに必要になっても、肝心な時に忘れてたりして
何の役にも立った事が皆無、1mmもない。
ま、これは私の習性なんで、損得じゃないんだが
何でも首を突っ込みゃいい、ってもんじゃないな。

・・・・・・・・ああーーーーーーー?
書いてて思ったが、私って、まさに田舎者の権化だよな、あはは。

やめんか! なヤツ

歯科の待合室でゴルゴを読みつつ、診察を待つ私。
午前の最後の時間帯なので、待合室には私ひとりだけ。
そこへ40代ぐらいのオヤジが入ってきた。
Tシャツに短パンというラフな格好である。
一瞥した後、またゴルゴを読む私の視界の端に
オヤジの不穏な動きが映った。
オヤジ、片尻を上げた後・・・・・
ブウーーーーーーー

はあああああ? ブウ?
私は微動だにしなかったが、表情はこわばっていたと思う。
離れた場所に座っていたので、被害はなかったが
それはねえだろう!
何ちゅう恥知らずなオヤジだ。
睨みつけようかとも思ったが、そういう事をする時点で
絶対にマトモな神経の持ち主じゃないと決定なんで、こらえたさ。

診察室には2人ずつ入れる。
私がまだ治療途中に、隣の人が終わり
入れ替わりに、さっきのオヤジが入ってきた。
「はい、うがいしてください」
ゴボゴボ カーーーーーッ ペエーーーッ

・・・・・・・・・・・・・・・・
ああもう、このくそオヤジは・・・。

二度と予約時間がかぶってほしくなかったが
その後、もう一回、同じ時間帯になってしまった。
屁こそかまされなかったが、カーッペッは、またやってた。
吐き気がするんだよ! 人の迷惑を考えろよ!
おめえ、いい年だから、社会的に責任があるだろうに
どのツラさげて仕事とか子の育成をしてるんやら。

また別の日の待合室。
またまた私はひとりでヤンジャンを読んでいた。
ドアが開き、女性が入ってきた・・・途端
香水の強烈な香りがした。
待合室中、その匂いで充満してしまった。

そのうち鼻が慣れるだろう、と思っていたが
あまりにも匂うので、頭が痛くなってきてイライラし始める。
いや、話には聞くが、私は初体験だよ、香害。
これはたまらん!
一体どういうヤツが、こんな無神経な事をするんだろう、と
横目でジロジロ見たが、普通の小奇麗な20代後半の女性。
何の偶然か、屁こきオヤジと同じ場所に座っている。
あそこの席はバカ専用か?

今度も注意しようかと迷ったが
マトモな感覚の持ち主なら、最初からせんよな、と思い
ハンカチを出して鼻をおさえた。
本来なら、すごく失礼な態度だが
周囲が見えていないようだから、気にせんだろう。

香水自体は、好みはあるが、どれも良い香りである。
でも、こうなると、風呂に入らんヤツとどっちが迷惑だろう?
と、えらく考え込んでしまった。
いやあ、本当にいるんだなあ。
香水1本全部を頭から振りかけたように匂わせるヤツ。

私は自分の家族や友人が、こんな風に思われるのはイヤなので
言いにくい事も注意する。
鼻毛が出てるぞ、とか、臭えぞ、とか、デリケートな問題でも。
それは本当に言いたくない事なので
あまりに何度も言わにゃならん状態だと
「おめえ、嫌がらせか!」と、インネンをつける。
私が我慢できないのは、自分が不快になる事じゃなく
家族や友人が、陰で他人にバカにされる事だから
言われたら気をつけろ! って気持ち。

自分の事も注意してほしいんだが
こういう事を言ってくれるヤツってのは少ないんだよな。
言われたら、どんなに自業自得でも、やっぱ傷つくもんな。
だけど、偶然に耳に入るよりは傷は浅いし
何より言いたくない事を言ってくれるのが嬉しいと
素直に思えるんで、私も人に注意するようになったんだー。

てか、「何で言ってくれなかったんだよー」
って事が数回あったしのお・・・。

ひとだんらく!

  • 2005-09-08 (木)
  • Blog

ラストスパートすごかった・・・
5(月)09:30~33;57
6(火)17:07~41:00 (藁

↑次の日にそのまま続いたときは、24:00+にしてる。
 深夜2時までのときは、24+2=26 みたいな。

おかげで今日は帰ってきてから爆睡。
そしてこんな時間に目が覚めた・・・(w

あしゅら、書き込みすごいなー!
読み手がコメント入れるより更新早いw

俺も土日、時間とれそうなんで改装がんばるどー!

セレブ?

最初にセレブという単語を聞いたのはいつだったっけ。
VIPみたいな意味かと思ってたが
よく聞いてると、単に裕福なだけでも良いみたいだな。

私はこの現象に別に反感は持っていない。
というか、どうでもいい。
でも、セレブになりたいヤツには興味がある。

玉の輿ってのは昔からあって、憧れるのもわかるが
まったく違う環境に入ると、苦労も並大抵ではないと思う。
現にヨーロッパでは実質、今でも階級が残っていて
娘を持つ親は、身の丈に合った人との付き合いをしつけるそうな。

人間は平等と言うが、明らかに“差”はあるわけで
差があるからには、優位に立ちたいという気持ちもわかる。
だから、高額所得者とのお見合いパーティーとかに行く女性たちは
目的がわかりやすくて良い。
お金を得るには苦労がつきものだしな。

で、私自身はどうなのかと問われると、どうでもいい。
そりゃ、お金はあるに越した事はない。
お金でほとんどの事は解決できるし。
天から大金が降ってくるなら、そんで拾ってバチが当たらんなら
喜んで拾うが、余計な苦労をするぐらいならいらん。
(ていうか、貧乏も苦労なんだがな)

私は芯から偉そうなヤツなので、これに現実が伴ったら
ロクな事にならんと思うのだ。
ひとり脳内で根拠もなく偉そうにしてて
周囲にちょっと迷惑をかける程度でいい。(ごめんな、皆)
おお、我ながらストイックだ!、と感動するが
単に現実感のない、とんだ妄想野郎かもな。

だがな、世の中、割と思い通りに転がるもんだぞ。
値段を気にせずに入浴剤を買いたいーーー、と切望していたら
筋肉裂傷で湯船に入れんようになったんで
入浴剤まったく必要なしになって、欲しがる事もなくなったしな。

腹が痛え

この前、CTを撮った時に、もういっちょ問題点があった。
それは腸にかなりの便がたまっているというのだ。
便秘の自覚はまったくないので、驚いたが
確かに、よく腹がキリキリ痛くはなっていた。

私は痩せているのに、食後などに腹が出る。
腹だけ贅肉がついてるんかと確認するけど
どうも表面的には、余分な肉がないのだ。
(CTでも、脂肪はなかった)
これは内臓が下がっているんかな、と思っていたが
どうやら、便秘が原因らしい。
食事量が少ないと、腸の動きが悪くなり
毎日トイレに行っているのに、便秘状態になってしまうようだ。
この説明を受けていた時に、私が思ったのは
「ナイスバディなのに、中身ボロボロじゃん」 だった。

で、下剤を貰ったんだが、これがすんげえ辛い。
当たり前だが、下痢をするのだ。
背中が痛い時に、こういう事をやってていいんか?と
誰でもいいから問い詰めたくなる。
というか、健康な時でも、下剤を飲んだら外出は無理だろうー。
食っちゃあ出し、飲んじゃあ出し、しかも腹キリキリ
自分が何のために生きているのかすら、疑問に思えてくる。
私はトンネルじゃねえっつの!

しっかし、私って、つくづく不健康なヤツだな、と
ちょっと落ち込み気味である。
そんなに自堕落な生活をしてるわけじゃないのに
何でこう不具合が発生するのやら。
車でも、家電製品でも、たまにハズレってのがあるらしいが
私もそういうもんか? と、ふと思ったら
心当たりが大アリで納得するのが、とても悲しい。
親も私の事を 「百年の不作」 と言ってたぐらいだしなあ。

子供というのは、遺伝子的に一人目が一番デキが良いんだと。
後になればなるほど、親の老化で傷ついた遺伝子を受け継ぐんで
ロクでもねえヤツになるってさ。
この説だと、子供を産むのは
成長が止まった直後の若い時期が一番理想的なんだな。
女性って平均的に早熟だから14~5歳ぐらいか?
やっとられるかい!

これを聞いた時に 「うわ、ヤな話を聞いたー」 と思ったもんさ。
私なんか、私の上に何人いたかわからんほど
流産・死産を繰り返した末の、年老いてできた子供だから
親の遺伝子も必要以上にズタボロだったわけで
最悪中の最悪、キング・オブ・最悪遺伝子じゃん・・・。

てか、今、書いてて思ったが
そんな最悪条件で“コレ”って、最高LVじゃねえ?
もっとド腐れ外道になっててもおかしくないのに
犯罪者になってないし、ナイスバディだし、奇跡の人だろ!
あ、何か浮上してきたー。 ラッキー!

気分は秋の空のように

鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス   (by 織田信長)
鳴かぬなら 鳴かせてみしょう ホトトギス (by 豊臣秀吉)
鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス  (by 徳川家康)

これ、誰が例えて詠ったんだろうな。
もうこの3人の完璧な解説になってるよな。

自分がこれを読むとしたら・・・と、考えてみた。
割とすぐ答が出た。
1.普通~機嫌が良い時
   鳴かぬなら それもアリだろ ホトトギス
2.機嫌が悪い時
   鳴かぬなら 泣くまで殴るぞ ホトトギス
どうでも常に言える句は思い浮かばず、このふたつになってしまう。

私は気分屋だとよく言われる。
そうかあ? と、不思議だったが
友人が分析するに、それが顔に出るから
他人に自分の状態がすぐバレて、情緒が一定してないと
思われるんじゃないか、と言う。
それも 「そうかあ?」 といった感じだが
自分よりも人の評価の方が正しいと思うので、多分、正解なんだろう。

「あんたって、人にどう見られようが構わんから
 気を遣わないのよね。」 とも、言われた。
兄の友人にも同じ事を言われて
「冗談じゃない! むっちゃ気を遣ってるじゃないですか!」
と、怒ったら 「いやいや」 と、鼻で笑われたので
ひじょおおおおおにムカついたが
周囲が言うなら、それは正しいんだろう。
そこで思ったのは、私は自分なりに気を遣ってるのは事実。
でも人がそれを認めないのは
人は常日頃、私以上に気を遣っているんかな、という事。
現に10歳以上も年上の人に噛み付くのも、ありえん言動かも。
そうか、私は人格がなってないのか・・・と、シュンとなった。

私が機嫌が悪くなる状況No.1は、待たされる事。
待つのが、大!大!大嫌い!!なのだ。
こう見えても私は時間厳守で、約束の10分前にはスタンバイする。
時間にルーズなヤツは多くて、10分前+α待たされてイライラする。
自分が常に待ってる状態のようで、人生イヤになる。
が、事情は人それぞれあるので、それを聞くと
しょうがないな、と、すぐ機嫌が直るので、相手は気楽だろう。
待つのがイヤなら時間前に行かなきゃいい、と思うかもしれんが
それが私の習性だし、待たされる気持ちがわかるから
人を待たせるのは、自分の中では絶対悪なのだ。

先日、ぷらちに呼び出されて、メッセに入った。
約束の9時の10分前に入り
メッセをしてくるヤツに 「うるせえ、今忙しいんじゃあ!」 と
八つ当たりをしながら、ぷらちを待った。
ぷらちは9時40分頃にノコノコ現れ
1時間近く待たされてイラだってた私は
「おめえ、この私を待たせるとは・・・」 と
さあて、どうやってイジメたろか、と思っていたら
ぷらちが 「ごめん、寝てた」 と、言う。
ああ、そうだった。 仕事が大変だったんで疲れてるんじゃん
と、怒った事を申し訳なく思った。

きっと、このへんが気遣いがないと言われる原因なんだな。
相手の状況を想像する脳みそがなく、自分の感情のままに
ガーッと怒り、理由を聞くと 「ごめーん」 と豹変する。
相手にしてみりゃ 「言わずともわかってくれよ」
と言った感じなんだろうが、私にそんな高度な技術を望むな。
言えばわかるんだから、まだ良いだろ。
とも思うが、これは逆切れなんだろうか?

うーん、何が言いたいのか
書いてて自分でもさっぱりわからなくなってきた
& 何故か落ち込んできたんで止めるが
少なくとも、ぷらちは私の扱い方を理解しただろうな。
(イヤミのひとつも言わせろ)
私って、ほんとチョロイヤツだわい。

1 / 3123

Home > アーカイブ > 2005-09

フィード
メタ情報

Return to page top