Home > 思考

思考 Archive

支払い

“因果応報” というのは、
悪い事だけじゃなく
良い事もすべて自分に返ってくる、
という意味らしい。
それってあるよな、と
最近つくづく実感する。

歳を取ると、リアリストでも
運命やら不思議な事やらを
否定しなくなる事が、ままあるようだが
自分の人生を振り返ったら、
長けりゃ長い分、経験値もあるので
統計を取りやすいからだろうな。

 

若い人たちに知っておいてほしいのは
なるべく、心ない事は止めとけ
という事。

私の体験から言うと、若い頃は
“自分” というのが安定していなくて
そのために、いたらん事をしてしまう。

無意識に人を傷付けてしまったり
迷惑を掛けていたりするものだけど
それ、絶対に自分に返ってくるから!

 

清く正しいだけの人生じゃ
つまらんと思うかも知れないけど
後々しっぺ返しがくるのも、たまらんだろ?
道徳とか倫理とか、よくわからなくても
自分がされたくない事を明確にして
それだけはしないようにしていた方が
賢明だと思うんだ。

まあ、されて嫌な事っていうのも
実際にされてみないと
わからない場合が多いから
えらい無理な事を言ってるけど。

 

今の私は、幸と不幸が
4:6ぐらいだと思う。
体調不良だったり、緑内障だったり
騒音に悩まされていたり
ド貧乏だったりするんで
人には2:8ぐらいで
不幸WINに見えるかも知れない。
けど、因果応報を支持しているから
自業自得の面を考慮して
4:6なんだ。

実際に、このぐらいの比率が
一番良いと思う。
幸不幸は、感じる心が決めるもので
何が幸せで何が不幸かは
それこそ己次第。
ほんと、自分の人生って
自分が決めてると思うよ。

 

私は、人生の幸不幸の総量は
同じだと思っているので
100%幸せなど、ありえない。

今100%幸せだと、逆に恐い。
その代価を後々
支払っていかなくてはならないからだ。

 

人生のほぼ9割の悩みは
お金でどうにかなると思っている。

なのに裕福だった昔より
クソ貧乏な今の方が幸せに感じるのは
今の貧乏が、過去の裕福時代の
代償だと思うし
他の幸せが将来の負債にならないために
ちょっとずつ支払いをしていると思えば
多少の苦しさは諦めが付く、ってもんよ。

 

わかりにくいだろうけど
アホの例えで説明すると
幸せと苦労が100万時間ずつあるとする。
幸せな時間をいつ使うか?

先に幸せを使ってしまうと
残りの人生は不幸な時間しか残らない。
だから半々で使っていこう、って事。

私はガキの頃、ものすごく幸せだったので
今、割と苦労しているわけだ。

この考えが間違っていても
不幸な事が起きた時に
「支払っている」 と考えたら
ちっとは気も楽になるんだよ。

 

本来なら、すべてを良い方に受け止めて
いつも幸せでいられるのが
一番良いんだろう。
だけど、そこまで人間が出来ていないから
ちょっとした事も不幸に感じる。

だったら、不幸に理由付けをして納得しよう
という、愚民な私の苦肉の策なんだ
“支払い” という考え方は。

人間できていない人は
ぜひ試してみて。

 

この揚げ、乾燥したパリパリの揚げで
賞味期限が2か月ぐらいあって、すごく便利。
割って味噌汁に入れると
瞬時にフワッと膨らんで茹でいらず。
それでいて松山揚げより
あっさりして油っこくないんだよー。
激しくお勧め!

よき父親

ハリウッド映画でよくある話だけど
夫もしくは父親が忙しいのを責める設定、
それがものすごく腹が立つ。

あれ、何なの?
“家族を大事にする” には
たとえ全米の危機を放っといても
授業参観とか行かなくちゃいけないの?

仕事がちょっとたてこんでいたら
すぐ離婚だの父親失格だの言われるの?
誰のおかげで住んで着て食えるのか、考えないの?

 

私の父親は年中無休の仕事をしていた。
参観日は一回しか来た事がないし
運動会とか行事関係など、一度も来た事がない。

それを私は寂しいとも思わなかった。
普段から忙しいのを目にしていたし
何より母親のしつけがあったからである。

母親は、事あるごとに言っていた。
「あなたがこれを食べられる (or着られる) のも
おとうちゃまが仕事をしてくれているからなのよ。」
 

言っておくが、私は “おとうちゃま” とは呼んでいないぞ。
かあちゃんの勝手な母親ドリームで
私は乳児の頃に、来る客来る客がこぞって
「パパはどれ?」「ママはどれ?」 と、やってくれたせいで
“パパ”“ママ” 呼びになったのだ。

母親が病弱で、しょっちゅう近所に預けられていたので
そこんちの人が、“おとうさん”“おかあさん”。
よって私の実親は、死んでも “パパ”“ママ” なのである。

ここで、“とうちゃん”“かあちゃん” と言っているのは
“パパ”“ママ” じゃ締まらないし
かといって “おやじ”“おふくろ” は、あんまりだろ
というわけなのだ。

 

母親は、クリスマスツリーを飾り付け
ケーキを食わせながらも
「このプレゼントは、おとうちゃまが
一生懸命に働いてくれるから買えたのよ。
知らないおじいさんが持ってきてくれるわけじゃないのよ。」
と、幼児の私に、サンタクロース全否定をかましてくれた。

おかげで、妙なドリームは見ずに済んだが
私のイベント嫌いを、このせいにして良いかな?

 

そういう母親のおかげで、父親が家庭をかえりみないのも
理不尽な事で怒られるのも、毎晩酔っ払って騒ぐのも
仕事が忙しいからだ、で納得できた。

今、たった今、気付いたけど
うちのとうちゃんはアル中の子供嫌いだったようだ。
一日も飲まない日はなかったし
私が大人になってからしか相手にしてくれなかったもん。
うわ、最悪の家庭環境・・・。

かあちゃんがしきりに、とうちゃんを擁護していたのも
自分にそう言い聞かせていた面もあるんだろうな。

 

だから私は、何とかして時間を作ろうとする
映画やドラマの主人公がうっとうしい。
そして、忙しい主人公を休ませようとする妻子が
ものすごく頭に来る。

何で家庭ドラマをストーリーに入れるんだろう?
すぐ恋愛が始まるのもそうだけど
そういう横道、いらねえんじゃねえの?

私の言う事を聞いていると
えらい殺伐とした話になるだろうけど
そういう話をアホウが観て、真に受けて
バカンスを要求したり、労働時間を短縮したりしかねん。
そういう事をしている場合か? アメリカ。

 

て言うか、日本って
どこどこの国はこんなに幸せ感があって
休みも多くて、と、すぐ比べるけど
国力は? GDPは? GNPは?
それらが日本以上の国と比較せえよ。

ああ、もう、ほんとイライラする!
日本があくせく働いてる間に
シェスタとかやってる国とか
ユーロのお荷物になってるじゃねえかよ。

よそはよそ、うちはうち!!!
民族には個性があるんだから
財布は一緒にしない方が良いと思う。

けど、日本はムダな手順が多い事もあるから
それは国内の問題として、どことも比べずに
改良していくべきなのはある。

 

ドラマや映画を観る度に思うんだけど
家族を守るために、家庭より優先すべき時ってあるよな。

私がこういう考えなのは、すべて親のせい。 ほほほ

 


季節外れにも程があるアフィリ。
南半球は真夏のクリスマスだから
と、わけのわからない理由付け。
オーストラリアじゃ
サンタ、いや、どっかの知らないおじいさんが
あの格好でサーフィンしながら来るんだってよ。

天然

年に1~2回、自分が天然じゃないだろうか? と悩む時ってないか?

世には “天然” を売りにしている人もいるけど
計算ならば、自己プロデュースだから問題ない。
だけど知らず知らずの内にバカな事をしでかしても
人はそれを 「天然だから」 と、許してくれると思うんだ。

そんな事になるのがイヤだから、時々自分をかえりみて
ものすごく不安になるんだよーーー。
知らずに人に 「やれやれ」 と溜め息を付かれてるとしたら
気付かない内に迷惑をかけてるって事じゃん。
私は、それがイヤなんだよー。

 

ついこの前も、天然不安にさいなまれて 思いきって人に訊いてみたんだ。 「私って天然?」 って。

そしたら間髪入れずにナチュラルに肯定された・・・。
いつもなら、ここでショックを受けて思考停止をするけど
今回は覚悟を決めていたので、「どこが?」 と訊く事ができた。

そしたら、「自分じゃわかんないでしょ、ふふ。」

・・・・・・・・・・・・ この返事は想定外だった!!!!!

 

もう、ええっ? って、ほんと ええっ? って衝撃を受けて
思考停止をしそうになったけど、覚悟が略なので
「わ、私、常識あるよね?」 と、多分泣きそうな顔で訊き直した。

そしたら、「常識はあるけど、時々突き抜けるのよ。」 と言われ
そこで力尽き、思考停止。
“突き抜ける” って何だよ・・・?

 

冷静さを取り戻した今、分析すると
どうも世の中は “天然” に対して 幅広い解釈で
しかもそう悪くは取られてないようだ。

私は天然なんか大っ嫌いだから、言われたくないけど
他の人はそうでもないから、気軽に私を天然認定するんじゃないかと。
ああ、そうだよ! 言い訳開始してるよ!

 

でも私、自分で言うのも何だけど、ほんと常識的なんだよー。
ちゃんと和も大事にするし、社会性を持つように気を付けている。

ただ時々、自分でもよくわからないミス?をする事はある。
それが “突き抜けている” って事・・・?
そんな大層なミスはしていないと思うんだけど
まさか本当に自分では気付いてない “何か” をしてるとか?
いやああああああああああああああ!!!!!!!

 

と、まあ、このように、よくわからない “天然” に対して
恐怖と憎しみを持って、迷ってしまうんだな。

他の人はこういう事で悩まないんだろうか?
そもそも私も、何で悩んでいるんだろう?
自分でも “天然” だと疑っていないと悩まないよね・・・?

・・・あっ、今、言っちゃいけない事を言った気がする!
天然とか自分で思ってしまったら、人前での言動が恐くなる。
私は大丈夫、充分に常識的、普通の振る舞いをしてる大丈夫大丈夫。

 

今さ、色々病名が付いているだろ
社会不適応障害みたいな感じで。
それになりたくないんで、あがいてるとこもあるけど
よく考えたら、この歳で何をやっとんのだろうな。

だけど悩まない人ほど、ロクでもねえ言動をしてるはず。
悩んでる分、私には良心がある!

と、ここで締めるのがいつものパターンなんだ。

 

今日はただのグチ記事だけど、私には大きな恐怖なんだよー。
似たような事で悩む仲間がいれば
“皆、一緒” と安心できるんだがなあ。

同類が何人いようが免罪符にはならんけど
今回はそう罪も犯してねえよな。


ラピスラズリ、めちゃくちゃ好き!
きれいな青に、金が散りばめられているんだ。
でも天然のままじゃ硬度が低くてすぐ割れるから
粉々にして練り直すんだって。
そうすると金が消えてしまうんだよ・・・。
そんなラピスラズリの地球儀、ラブリー!

お客さまは神様か?

これに関しては、客側の私は 「NO」 と答える。
お店の側が、こう思って努力するのは良いけれど
肝心の客側がこう思うのは、図々しいにも程がある、と思うんだ。

 

そもそも日本の接客は素晴らしい。
それもこれも、“お客さまは神様です” という 意識が、そうさせているのかも知れない。

だけどこの言葉は私の記憶によると、大阪万博の歌を歌ったみなみはるお
(ごめん、字がわからない。) が言い出した事で
店舗の話ではなかった気がするんだ。

それでも、この言葉がスムーズに浸透していった状況を考えると
元々の接客態度が良い、という素地があった気がする。

この接客の良さに、あぐらをかいたバカな客が増えると
店側はガードを強めなくてはならなくなるので
客側は気持ちの良いサービスを期待したいのなら
対等な取り引きのつもりで、店側に感謝の気持ちを持つべきだと思う。

 

さて、店は客を選べるのか?

こういう問いは、日本ならではだと思う。
海外では、きちんと住み分けがなされているからである。

日本でも住み分けがある場所もあるけど
それでも傍若無人なヤカラが、その垣根を崩す事も、ままある。
私は “平等” など、どういうお伽噺だよ? という思想なので
接客業の場合も、“客全員を平等に扱え” という要望など呆れ対象でしかない。

予約までして行く店で、子供が走り回ってたらイヤだもん。
そんな客、追い出せよ、と言いたい。
子供が聞き分けが付く年齢になるまで、外食は控えるか
“そういう店” に行くべきだろう。

 

昨今の親の中には、子育ての数年を我慢できなくて
夜遅くに乳幼児を連れて遊び回る人や
叱る事 (怒る事じゃなく叱る、ね) が出来なくて
子供のしつけを出来ない人がいるけど
そういうヤツほど、子供をボロボロ産んで
世の中にドグラが増えてる気がする。

社会は子育ての真の大変さを覆い隠して
表面だけを取り繕って、少子化とやらを防ごうとしているけど
マトモな感覚を持っていたら、今の世の中、子供を何人ももてないって。
日本だったら、人口8000人ぐらいでちょうど良いんだよ。
無駄をなくせば、やっていける。

 

と、横道にそれたけど、店は客を選んで良いと思う。
客は自分に合った店に行くべきだと思う。

何故この話題を書いてるか、というと
身体障害者が、充分なもてなしができないという理由で
飲食店に入店を拒否されて怒っている件を聞いたから。

私も障害があるから、出来ない仕事や行けない場所はあるけど
平等やら人の親切をアテにして、チャレンジなんてしたくねえ。
そこまで人生を謳歌したいかあ?
これはもう、全ての人に言いたい事だけど
叶わぬ夢やら、あっても良いじゃん。
自分の力で無理なら、時には我慢せえよ。

この障害さえなければ、と私も自分を呪ったりもしたけど
障害ってのは、害になるから障害で
それのお陰で色々と優遇されるのなら、それはもう障害ではない。

今は “障害者” という呼び名から変えようという動きもあるけど、欺瞞だね!
ちゃんと辛さ苦しさと向きあって、人生をのたうち回らないと
来世があったら、そのターンもえらい苦労するハメになるぜ。

私はそう思う。
そう思わないと、生きていけない。

 

という事で、本当の状況は知らないけど
全体的に、客側はあんまり調子のんなよ。
世の中の決まり事が厳しくなると、どんどん生き辛くなるだろ。
最初から少し遠慮気味、ってのが、ちょうど良い状態を長く保てると思うんだ。

 

大阪万博跡地は公園になってて、一部の噂では心霊スポットでもあるそうなw

地図を見るとあまりに広いので、いまだに行った事がないんだ・・・。

 

 

 

何となく

皆、日常で “何となく” ってものすごく理由になってねえ?
おそらく人々の動機No.1だと思う。
 
私が雑談記事で書く文章は、本当に私の言葉なんだ。
“何か” って、しょっちゅう書いているけど
リアルでも、しょっちゅう言っている。
 
他にも、“ていうか”“いや、”“ちが (違う)” 等
私は口癖がとても多いのが、自分でもわかって凄く嫌。
口癖、何かバカみたいじゃん。
ああ・・・また “何か” 言いよるし。
 
 
この “何か”、どういう意味だろうな、と、ふと考えてみた。
これ、“何となく” と、ほぼ同じニュアンスで使っているようだ。
 
やる気のねえ時の例えにばかり、飯の話を出すのはごめん、として
「んーーー、今日は何か麺類かなあ・・・。」
ってのは、「んーーー、今日は何となく麺類って気分かなあ。」
な? 同じ事だろ?
 
同じかどうかは主観によって違うだろうけど
少なくとも私には、この2つは同じ心境。
 
 
私の “何か” は、まあどうでも良いとして
何故にもこんなに世の中に “何となく” がはびこっているのか?
 
それは私たちが一生懸命な民族だからだ!
 
さあ、お約束の注釈。
これは他の民族を貶める (おとしめる) 意図はありません。
ただ単に、“日本人日本人” 言ってたら
すぐに右翼扱いするバカがいるので、それ避けです。
 
おめえら、時代遅れなんだよ!
右翼左翼は、高度経済発展時の民間人の流行的思想でしかない。
ブルジョアジーの知的ぶりっこさ。
(ブルジョアとは、確か金持ちだけど身分がない平民、という意味だったはず。
 調べないから、間違ってたら教えて。 今後、私が恥をかくから。)
 
 
ここらへんに悪意的につっつかられると、キイキイ言いだす私は置いといて
何故、一生懸命 → 何となく なのか?
 
それは我々日本人が (← 結局日本日本言ってる)
必殺仕事人の中村主税の要素を持っているからである。
 
ただし中村主税は昼夜逆転の “何となく” ね。
普通の日本人は、仕事となるとシャキーン! とする。 はず。
そしてそれに全力投球するから、オフの時間はダラけてしまって
割にどうでも良い部分が多くなる、というのが私の説なんだ。
 
 
かくいうこの私も、キーボードを持つと
どっかにある “やる気スイッチ” がポチッとな、と入る。
そして文豪に変身するのである。
 
キーボードを持っていない私は
ただの上品で知的でナイスバディーな淑女でしかない。
若さについては、もう自信ゼロ。
ゴッと老けちゃったよー。
マスクを付けない真夏は、ババアのコスプレをせにゃならん・・・。
 
 
あ、余談だがな、この前服を買った時に
「うーん、これ、いくつまでイケますかねえ?」 と
店員さんと話してて、「アラフォーまでなら充分ですよ。」 と言われたさ。
 
ほーーーーーーーーーほほほほほほほほほほほ
 
ごめん! マスクしててごめん! 卑怯くさくてごっめーん!!!
でも店員さんは売れれば良いだろうし、恥を掻くのは私だし自業自得だよなっ。
 
にしても、マスクの威力、いや顔半分下の老け方か、問題は。
冬は良いけど、買ったの、春夏ものなんだよな・・・。
かなり特殊なデザインなんで、今年の夏の私は笑い者か?
 
 
・・・・・・なあ、皆、気付いてた?
私、この記事で論点1行ぐらいしか言ってない・・・。
あと全部、余談雑談・・・。
 
とうとうここまで井戸端的な事しか言えなくなったか・・・
と、自分の凡化に感慨深いものがあるよ。
これで、そこらへんのジジババ相手に世間話を楽しく出来る日も近い。
 
・・・あ、そうか、そういう時に “何となく” 喋っていれば良いのか。
でもご近所付き合いって、むちゃくちゃ大事だし
無難な話題って、人の地雷がわからないと難しいし
お天気、気温、あと何があるっけ?
私には、食い物どうでもいい、というハンデがあるんだよな。
 
・・・そういう時、日本人ならではの協調性!
(ほら、日本日本言ってる。)(良いじゃん!!!)
 
 
今日の記事、くだらなさ過ぎてヤベえ・・・。
 
 

評価:

不二家


¥ 1,916

コメント:これのイチゴ味がむっちゃ美味かった! 身も蓋もないレビューすいませんーーーっ! いや私、ミルキーはイチゴ味の方が好きでさ。 外硬く、中サクサクのドロリもあるでよ、というエロイ食感。 下品レビューすいませんーーーっ!

極東の政情

今日は私の妄想を聞いてもらおうかな。
 
 
政治の記事は久しぶりだけど、ちょっと逃げさせて。

 
厳重注意: この記事の文末には、書いていなくても必ず
      「ような気がする」「かも知れない」
      等の言葉を脳内で付け加えつつ読んでください。

 
 
第二次世界大戦を終わらせるためにも
日本は独立国として、軍隊を持つべきなのは自明の理。
“外国と同じ事” が好きな人たち、何でそこだけ “日本独自” なの?

 
私はそう思うんだけど、どうやら安部総理の目的もそれらしい。
“アベノミクス”、これは世界の中国包囲網に対する日本の自衛策。
何故ならば、アジアで戦争が起これば “戦争特需” があるから。

 
まだ何もやってないのに各企業が賃上げ要求に協力的なのは、それを見越しての事。
特に “工業系” が奮発してるじゃん。
アジアの戦争では、日本の技術力を取ったもん勝ち。

 
 
安部総理の初外交で、アメリカがいかに民主党政権を嫌ったか
応対の違いで、これがはっきりしたよな。
そして安部総理との会談で、TPPの件について語るオバマ大統領の渋い顔。
安部総理は、上手い事やったようだ。

 
オバマ大統領は民主党政権時に、日本のTPP参加を決めておかねばならなかった。
それだけが心残りなのであろう。
邪魔をしたのは中国か、と思わんでもないけど
案外、韓国あたりが反発したのかも。
もちろんアメリカ政府に対してじゃなく、民主党政府に対して。

 
 
麻生議員はロシアに行かされる、と思っていたら森元総理だった。
プーチンと仲良しなんだって。
やはり “歴史” というのは、付き合いを作る。
代わりに麻生議員が行かされたのがミャンマー。

 
え? 何で? と調べたら、中国はミャンマーに援助をして
代わりに港を使っている、という事が判明。
ミャンマーはインド洋からアフリカ、アラブに抜けるルートなんだと。

 
 
それは気付かなかったんで、地図を見ると
中国は大海に抜けるルートがないんだよ!

 
台湾を中国だと言い張っているけど、もしかして尖閣をも欲しがるのは
太平洋にコッソリ出入りしたいためかも?

 
で、ああ、安部総理の外遊は、中国牽制だな、と思ったわけなんだ。
私が麻生議員の外交を重要視しているのは
留学経験があり、クイーンズイングリッシュを喋り
白人が笑える冗談を言え、戦後復興の立役者、吉田茂の孫という “身分” で
外国人から一目置かれているからだ。

 
日本人にはわからないだろうけど、実力主義は隠れ蓑で
白人は家柄を重視してるから。
て言うか、“実力主義” とかは平民の間だけでの話。

 
 
さて、私は15年ぐらい前からTVでこう聞いてきた。
「北朝鮮は3年持たない。 内部から崩壊する。」

 
普通の国ならそうだよな。
でも15年以上それを聞いてきて、いまだに “今” じゃん。
それを言ってる人って
「北朝鮮はほんとはやれる子。(だから援助してあげて。)」
と言う意味が隠れていたのではないか? と疑い始めた。

 
だから昨今、えらい聖戦しようとしてるけど、コリアレポート?の人が
「アメリカとの話し合いをしようとしている。
 アメリカが動かなければ、本当に戦争を始める。」
と言った時に、あ、北朝鮮、アメリカと密約したな、と思った。

 
良い風に言えば、逆を考えた方が合理的な気がしたんだ。
本音は、嘘しか言わない、と決め付け。

 
こういう経緯で私の妄想炸裂、こっから突拍子もない話になるんで
起きてる寝言だと思って聞いてほしい。

 
 
アメリカは北朝鮮と密約をした。
それで正恩が3代目になった。
今の北朝鮮政府の目的は、ロシアあたりへの亡命。
“やれない子たち” を抱えての、国運営の旨みもそろそろ限界。

 
正男はそれを知って、逃げたわけだ。
外国にとっては、政府自体が “やれない子” だから
生かしておく意味もないわけで。
正男は情勢を見て、出方を考えるんじゃないかな。

 
 
で、アメリカは韓国には何も言っていない。
韓国には、北朝鮮領土内での小競り合いに専念させる。

 
中国と北朝鮮の国境沿いにロシア軍がやってくる。
メンツのために、中国軍も来る。
だがロシアは何もしない。
アメリカはベトナム戦争の時の轍を踏まないよう、中国と直接戦う。
韓国軍の援護の名目で、何か仕掛ける。

 
 
アメリカの目的は、中国の解体。
国連でデカい顔をするくせに、「うちは発展途上国だから」 と役に立たず
豊富な資源も、満足に役に立てず
だったらアメリカが “監督” しつつ
資源活用をさせてもらおう、となってもおかしくねえよな。

 
ロシアの目的は不凍港。
地中海側の港は、トルコがガッチリ守り
北海側の港は、スウェーデンとデンマークが見張っている。

 
ロシアが北方領土を手放さないのは、これがあるからなんだよ。
あー、なのに、中国の航路には気付かなかった無念・・・。

 
だけどロシアが北方領土をどっしようかなー、と言い出したのは
北極の氷が溶け始めたせいか? と考えていたら
中国、北極の氷を粉砕して北回りルートを開拓してんだって。

 
白熊は、中国に追い詰められてる現実。
さあ、シーシェパ、GO!

 
ロシア、イラ付いてると思う。
だから満州あたりを貰えるなら、中国との友好を切るんじゃねえ?

 
台湾は本当に独立できて良いけど
日本と韓国は、割りかし 「えっと・・・?」 だよな。
こりゃもう、戦争特需に期待するしかない。

 
 
日本に帰化した中国人が、「日本の事はどうでも良い
帰化したのは、日本国籍の方が便利なため」 と言っていて
正に、名を捨てて実を取る漢民族だと感じた。

 
アジアの国々の政財界にも、かなりの漢民族が入り込んでいる。
中国には50いくつもの民族がいて
まあ、あまり協力的じゃないのは漢民族であって
中国が解体されたら、他の民族たちはちゃんとした人権が持てると思う。

 
 
今、何かとTVで、戦争がー戦争がー と言っているけど
各国の協力体制がまとまるまで、中国が今のままの態度なら
戦争は数年後に始まるかな。

 
中国の軍事力は弱いけど、核兵器を持っている。
だけど核はもう、抑止力を持たない気がする。
皮肉な事に、福島原発のメルトダウンが

頑張れ クロネコヤマト!

世は佐川萌えらしい。
が、私は断然クロネコヤマト支持である。
ヤマトと私との間には、長い長い歴史があるからだ。
 
 
昔、建築業の家に嫁いだ時は、家の隣が事務所だったので
あらゆる運送会社の人と接触してきた。
 
配達物はドデカい建築資材とかなので
事務所のところの広い置き場所に置いておいて、と
依頼時にちゃんと言っておくらしいのだが
それすら出来ない人が多数。
 
それでもピンポーンと来て、「どこに置けば?」 なら、まだ良い方。
ある日、出掛けようと車に乗り、車庫のシャッターを開けたら
目の前一面に台所の流し台が置いてあったのには驚かされた。
・・・そこ、一般家屋の車庫前。
事務所、その2m横・・・。
 
 
そんなこんなで、運送会社をとても厳しい目で見るようになった私の
唯一の心のオアシスは、クロネコヤマトであった。
ニコニコテキパキ愛想良く、しかもイケメン揃い。
 
うちのバカ犬アフガンハウンドが、荷物のやり取り中に逃げ出した時は
「あ、放っといても帰ってきますから、気になさらないでください。」
と言っておいて、その帰って来るまでにそこら中で迷惑をかけかねないので
チッ、探しに行くか、と縄、いやリードを持って家を出た私の目に
田んぼの向こうでアフガンにしがみつくヤマトガイの姿が!
 
「すすすすみませんーーーっ!」 と駆け寄ると
「いたので呼んだら来たので捕まえたけど
 どうして良いのかわからなくて・・・。」
と、可愛い事を言ってくれて、私のまだタレていない胸がキュンだったよー。
 
このアフガン、男好きだとトリマーさんが言ってたけど
(理由は、私が女性だかららしい。)
香水ならず、男の趣味まで私と一緒とは・・・
と、帰宅後、ケンカ勃発。
 
 
庭師さんに頼んでいるくせに、伝説の高枝切りバサミなどを買う
ボケるんならはっきりボケてくれよ! という
通販好きのうちの母も近所にいて、同じ人が担当エリアだったけど
「ヤマトの男の子、優しいしハンサムで良いわよね。」
と、老婆の心もわし掴み。
 
荷物を届けに来て、言ったそうな。
「おばちゃん、手紙とか出す時は俺に言ってください。
 郵便局の前もよく通るから。」
 
・・・凄くねえ?
“おばあちゃん” に “おばちゃん” という気遣い。
んで、うちの母が出す手紙を靴箱の上に置いているのを見ている観察眼。
 
ヤマトガイも私たちが親子だとは知らなかっただろうが
一生、隠し通さなければ、と思ったさ。
だって実家と婚家、車で1分。
お使いとか私がすべきだから。
(ヤマトガイの前では良い子ぶりたい乙女心)
 
 
それが関西に来たら、ナイスガイぶりがちょっと落ちた。
しかも、「ありがとうございます。」 とお礼を言う私の顔を
ジッと見る、ヘンな間がある。
 
あっ、言うとくが、色恋系じゃないぞ。
だって熊本のヤマトガイなんか、私が寝てる時に来たら
「す、すいませんーーーっ」 って何度も謝って
何のこっちゃら、と鏡を見たら、寝グセにヨダレとシーツの跡で
これは、ものすごい恥部を見せちゃったな、と落ち込んだもん。
 
で、そのいつも配達に来てくれる熊本のヤマトガイと
郵便局の駐車場でバッタリ会って
「いつもお世話になっております。」 と挨拶をしたら
「すみませんが、どちらの方ですか?」 と訊かれ
「ほら、アフガンのいる家の。」 に
「ええええええええええっ!」 と驚かれたほど
家での私はボロボロなのだ。
 
だから関西のヤマトガイは、九州弁が珍しいのかな
と思っていたけど、慣れてきたら少し愛想が良くなったので
その時もものすごく心の中で応援してたよ。
 
 
私の宅配歴史上、トップ走者はいつだってクロネコヤマト。
そもそも関西に来てからは、他の宅配会社は滅多に来ない。
ああ、ヤマト天国だわ、と満喫していたんだが
最近、“ヤマトのにいちゃん” が “ヤマトのおっさん” になった。
 
そりゃ、若者も年を取る。
だが、おっさんはさすがに年の功で愛想が良い。
 
熊本時代にあらゆる配達の人に会ってたもんで
とにかく配達に来る人は、愛想が良いのが一番!
と、とことんヤマト支持。
 
 
だが、この前、珍しく佐川男子が来た。
・・・・・・・・ものっすげえイケメンだった・・・・・・・・・・
 
普段と変わらず対応して、玄関ドアを締めた途端
はじける笑顔に輝く白い歯の眩しさに
思わず脳溢血しそうになったよ。
 
何? 佐川、ヤマトからイケメンを引き抜いてんの?
いや、佐川男子に文句は何もないんだけど
私にはヤマトに恩があるんだよーーーーーっっっ!
(故かあちゃんの雑用引き受け)
 
 
ブサイクほど相手のツラに厳しいものなので
顔顔顔顔言ってたけど、もうそれは止める。
にいちゃんでもおっさんでも良い。
(さすがに、じいさんは事務に回してあげて!)
 
クロネコヤマトよ、とにかく愛想で頑張ってほしい。
私も今まで以上に歓待するから。
 
 
佐川男子は来ないで!
ババアの胸キュンは、マジで心筋梗塞直結だから
おめえらの笑顔は、私にはゴルゴ並みの刺客なんだよっ。
 
 
 

評価:

AURACACIA


¥ 1,990

コメント:クロネコヤマトの検索で出るのは、国際ヤマト便でくるからだろう。 このタマヌ、キャリアオイルだけど抗炎症作用と鎮痛作用があるから、神経痛とかの痛みの緩和に良いんだと。 フケ、頭皮の痒み、抜け毛にも良いってよ。 思わぬ情報、さすがヤマト!

体罰は必要

橋下大阪市長には呆れたぜ。
自分が間違ってる、とわかった時には
速やかに軌道修正するのが良い事だ、と思っていそうだけど
それは私も賛成だけど、ひとつ訊きたい。
 
信念ってあるんか?
 
 
私はTVニュースで観ただけの情報しかなくて、それで批判するけど
桑田元投手の話を聞いて考えを改めた、って本当?
 
それが本当なら、そんな特殊なケースを聞いて
大勢の一般人にも影響するような事を決めるなよ。
私のように、ブログにでも書いておけ、な?
 
桑田元投手と言えば、PL学園野球部。
甲子園で勝つ事だけを目標にした、“野球留学” で
全国から有望な選手を集める系の学校。
 
そうやって入学した野球特待生は、部活さえやってれば良い
という時代だったので、野球で挫折したら退学もありえたんだと。
だからレギュラーになれない生徒は、グレる事も多かったらしい。
 
そういう学校の部活が普通か? 一般的か?
ただでさえ強豪校の特待生など、優遇されているんだから
増してや、まだ思春期なのに “違い” を実感させられるんだから
必要以上に厳しく接するのは、しょうがない。
天狗になられて、鍛錬を怠られるのが一番困るからな。
 
このように特殊例を聞いて、通常事項を決めるのは
感情的に物事を動かしている、と思われる行為である。
 
 
と、ここまでは橋下市長への文句。
こっからは、体罰のありよう。
 
私の体験談を例に話そう。
まあ、これも特殊じゃあるんだけど。
 
 
私はド田舎の生まれだけど、小中とひどい暴力を振るわれてきた。
私の時代は、“体罰” という言葉はなかった。
教師が生徒を殴るのは、ごく普通の事だったのだ。
 
そういう環境にあっても、私の殴られ度は異常であった。
何かあれば、私が前に引きずりだされて殴られる。
それも体が吹っ飛ぶほどの力で。
 
それで背骨をイわした事もあるし
ビンタで中耳炎か何かを起こし、3か月間ぐらい
耳がまったく聞こえなかった事もある。
 
母親が私の訴えで、一度 “話” に学校に行ったけど
当時の教師は “聖職”
私は我がままで甘やかされた子。
教師に言いくるめられて、そっから親は教師の暴力を放置。
私も頭が悪いガキだったので、意味が分からず放置。
 
 
私が悪い事もあったけど、冤罪も多かった。
友人たちは、「何であんたばっかり怒られるんだろうね?」
と、不思議がっていた。
私も不思議であった。
 
だけどある教師が発した言葉で、今ならその仕組みがよくわかる。
「リーダーがちゃんとするべきでしょう。」
私は落ち着きがなく、うるさい子だったので目立っていたらしい。
 
友人たちは言った。
「うちのグループにリーダーなんていないよね。」
私はむしろ、人に付いて行く方だったのだ。
 
 
では何故、教師たちが私を標的にしたのか?
私の場合、うちの親が村の有力者だったからだ。
 
つまり、日教組教員たちから
“権力に屈しない私” の登竜門にされていたわけだ。
これは関係者から直接聞いた話である。
 
でも権力者は私ではなく、うちの父親。
しかもその父親は、半端な日教組よりも
強い信念を持つ、真の共産主義者。
 
“子供は全員で育てるもの” という思想で
我が子と他人の子を、母がイラ付くほど同等に捉えていた。
て言うか、子供自体が嫌いだったっぽい。
 
だけどそんな事を知らない教師たちに
私は、“見せしめ” にされたのだ。
教師は強いんだよ、誰であろうが逆らえないんだよ、と。
 
 
まあ、集団を束ねるなら、これもありかな、と思う。
でも同じように殴る蹴るをやって、生徒たちから好かれていた教師がいた。
 
何が違うのかというと、これまた “信念”。
学校は勉強をする場で、俺は教える立場、
よって学力を上げるためにはどんなムチャもするぞ、と宣言していた。
 
勉強以外では、ふざけた我がままな大人で
生徒からも、「もう、しょうがないなあ」 で失笑されていた。
だけど授業になると、クラス中が震え上がる。
 
その人は、「集団でしか何も出来ない弱虫め!」 と
職員会議で日教組批判をし、敵を増やしつつ自由に振舞っていた。
 
 
私は、見せしめも愛ある体罰も、両方経験した。
子供当時に、一部の人の同情により明かされた “大人の事情” も
バカガキだったので意味がわからず、最近になってようやく理解できた。
だからこそ言う。
 
体罰は必要である。
暴力はいらない。
この2つ、似ているけど全然違う。
 
暴力を体罰と言うな!
 
 
体罰必要論には、もうひとつ理由がある。
私は毎日、殴る蹴る投げ飛ばされる、をされていたので
どんなに暴力を振るわれても平気になっていた。
 
だけど他の子は、男の子でもちょっとゲンコツぐらいでヒイヒイ泣く。
殴られた事がない子は、打たれ弱いのだ。
そして、“殴られた” という事に過剰反応をする。
 
 
さあ、ここでよく考えてみてほしい。
今、問題になっている体罰教師。
こいつにも親がいる。
こいつはどういう育てられ方をしたのか、それを調べるべきである。
 
そうやって、ドグラのサンプルを集める事で
子供の教育の方向性が見えてくるはず。
 
今起こった事だけをギャアギャア言っても
せいぜいが “体罰禁止” という
体罰も暴力も一緒くたにした、浅い答しか出てねえだろ。
 
この問題に隠れた真の重要点は、“子のしつけ” だと思う。
現在が大人になってるから、見逃されがちだけど
どんな人間も、親に育てられているんだから。
 
 
有識者が机上でどう言おうと、ドグラは聞いちゃいない。
そして人をバシバシ殴り、踏みつける。
ドグラに育てられた子もドグラになり、人を殴る。
 
体罰はダメ、を守ってきた善良な人の子は
叩かれずに育つので、打たれ弱い。
せっかくのその良識も、一発ガツンとやられたら心がポッキリ。
 
よって、世はドグラの天下。
人間もしょせん動物だから、力が物をいう事もある。
 
犠牲者を悼む心は誰でも持っている。
だけどその対策には、同情が邪魔になる場合もある。
今後も犠牲者を出さないためには。
 
 
ほれ、私を見てみろ。
小中と、あんだけはちくり回されたお陰で
どんなに非難、罵倒を浴びてもくじけず
10年以上、好き勝手にブログで言いたれとるだろ?
 
傷付くけど、心も打たれ強くなっているもよう。
バカ無双を発揮してるだけかも知れんが。
 
 
“ドクラの子はドグラ” という理論を、私は持っているけど
これに、まんま当てはまらない場合もあるぞ。
 
でもやっぱり、どっかで 「あの親にしてこの子ありだなあ」
と、良くも悪くも思う事が、圧倒的に多いので
この持論を変える気はないな。
 
これは誰もが、いつかどこかで気付いて愕然とするはず。
自分、親から色んなものを受け継いでる・・・、って。
 
それをどう使うかで、また違うので
“蛙の子は蛙” は、そう悪い意味でもない場合もある。
悪い事のが目立ちやすいけどさ。
 
 
 

評価:

大阪屋製菓


¥ 4,200

コメント:雀の卵はこれが一番美味い! 数十年も食ってきた雀の卵ソムリエの私がベットリお墨付き。 ちなみに、“じゃんのらん” じゃねえぞ、“すずめのたまご” だぞ。 中はピーナッツが入ってる甘辛い醤油味の駄菓子だ。 初の5つ星!

自由民主党へ

2012年衆議院選挙、圧勝おめでとうございます。
 
 
思えば数年前のあの日、朝日新聞の出口調査のおにいさんに追い回されつつ
自民党に入れた私の票は、単なる紙と時間のムダ使いにと終わってしまった。
 
民主党は、“失われた20年” などと、たわけているけど
3年で日本を破壊したヤツらに言われたくないわな。
 
何故このような事態になったのか?
 
 
まず、長期政権の座に慢心した事
社会の小さな変化に対応しなかった事
必要以上に外国の流儀に合わせようとした事
独立した国としてのプライドを持たなかった事
 
そして一番の理由は、報道を甘く見た事。
 
カップ麺の値段なぞ、私とて知らんわ。
きちんと自炊してるので、滅多に食べないから!

そういう、くだらない事で判断するアホウを放置したのが
我々愛国者の一番の敗因だとも思う。
 
これを機に、マスコミの是正を強く求めたい。
キャスターやアナウンサーが、国民の代弁者のような顔をして
いかにも “正論” を言って、四方八方を非難するニュースもいらない。
ニュースは感情論いっさい抜きで、淡々と事実を読みあげれば良い。
 
人々が自分で考える事をやめ、新聞、雑誌、TVの偏った報道を
鵜呑みにするようになったのは、
“言論の自由” を盾に、“情報操作” をし放題のマスコミのせい。
 
 
政治的には、自分の周囲にしか興味のない国民が理想だろうけど
そういう国民は、声が大きい方へと引っ張られる。
 
埋蔵金だの子供手当てだの、絵空事ばかり言う
政治の素人集団、民主党にしてやられたのも
国の基盤を民衆に自覚させなかった与党のせい。
 
怪しい生活保護や年金をバラまくぐらいなら
国の経済を支えてきた老人たちを優遇するべき。
ライフラインは国営化すべき。
いまだに “加害者日本” を唱えるTV局は放送権を取り上げるべき。
 
 
そんでな、脱原発、そっちに考えるのは良いけど
日本はゴミに莫大な費用をかける事になるんだぞ。
 
んで、地下300mに埋め立てするから大丈夫、とか言うけど
大丈夫大丈夫言って、津波と地震でメルトダウンしただろ。
埋めたけど地震で壊れたー、とかシャレにならんぞ。
 
私は代替エネルギーが開発されるまで
今ある原発は活用すべきだと思う。
地中に埋めても信用ならんわ。
 
 
そんで、偏西風って知ってるよな?
中国方面から吹いてくる風だ。
 
カザフスタンの近所のウィグル自治区で行なわれている
中国の核の地下実験による放射能が含まれた灰が
黄砂に乗って日本にも届く、有能な運輸風。
 
中国は今後、原発を何十基も増やすらしいぞ。
それはどうするんだ?
中国の原発がボカンしたら、日本は汚染されてしまう。
 
中国に 「原発やめない?」 と提案したら
「代わりに何をしてくれるの?」 になる。
んで、援助やら技術協力やら色々させられて
それは全部、国民の税金でまかなわれるんだよ。
 
これだけ考えても、脱原発、中途半端にしか出来ないだろ。
そんで税金を吸い上げられて、ここ、国民に説明してるんか?
 
よって、脱原発は日本の経済を立て直し
独立国として堂々と世界に主張が出来るようになってからだ。
 
脱原発問題は、1国だけじゃ出来ない。
だって地球は丸いんだもん!
あ、ドイツは脱原発して、よその国から電気を買ってるらしいぞ。
それも伝えんと、脱原発、卒原発、わざとか?
 
個人や団体の権利うんぬんは、国の安全が保証されてからの話。
アメリカにも “愛国法” がある、という事が
猿真似が得意な人たちも、納得の法整備の材料になる。
 
 
あれこれと偉そうに望んでいるけど、与党・自由民主党よ
3度目はない、と思って、気合いを入れてくれ。
 
 
あ、もひとつお願いー。
 
うちの選挙区の自民、当選したけど
案の定、当確インタビューで、何かいらん事を口走りよったんで
ほんっと、あいつだきゃあ、飼い殺しにしておいてほしい。
 
議席確保にやむなく入れたけど
今後の事を想像すると、頭痛いわ・・・。
あいつ、絶対にとんでもねえ失言をしよるぜ。
 
て言うかさ、こういう選択をしないで済む
マトモな候補者を立ててくれんかのお。
他の党もあらら揃いだったんで、運が良かったとしか言えんぞ。
 
 
 

評価:

サンクゼール


¥ 580

コメント:ブログ本文とまったく関係ないけど、ここのが美味いと聞いたんで、つい。 食パンにてんこ盛りしてトースターで焼いて食うのが正式な作法だと。 生活習慣病に負けないあなたにぜひ! 私もちょっと買いに行ってくる。 ← ・・・

2012年 衆議院選挙

今回はもう民主に投票するヤツはいないだろうな?
「誰がやっても同じ」 じゃなかった事は、充分に証明されたよな?
 
まったく、「世界はひとつ」 と言う花畑脳が
トップになった国なんぞ、日本ぐらいのもんじゃねえ?
世界中に、心底わけのわからん国、と思われたぞ。
大恥もいいとこだよ。
 
 
という私は、とても困っておる。
自民に入れれば良いのだが
うちの候補者、自民はクソ野郎で、維新は無能なんだ・・・。
 
共産、社民は票を入れても、そう大局に影響はないだろうけど
こういう考えで捨て票を投じるヤツが増えると
「あ、うち、結構やれるじゃん」 と勘違いされて
調子に乗られても厄介だしなあ。
 
ちなみにこの2政党、私の感覚では他国送金装置だと認識しているので
捨て票でも投じはしない。
 
 
以前の選挙では、政党の公約と各候補者の経歴、主義を調べていたんだけど
民主のマニフェスト破りのせいで、公約というものに意味を感じなくなった。
 
まあ、公約と言っても、あれしたいーこれしたいーで
そんなん、幼稚園児でも言えるわ。
肝心なのは、それを “どうやって” 実現するか、なのに、それは聞けない。
 
でも、国政はダーティーであるべきだというのが私の意見なので
どうやって実現するかなど、知りたいとも思われない方が
理想的な政治なのだと思う。
 
夢と希望を語らせたら民主の右に出る者はいないし
理屈と議論では共産が一番である。
だから、今回は公約は調べない。
 
 
と、候補者の経歴だけを調べたら、自民が何かヤバい・・・。
私の勘が、こいつ、とんでもないヤツじゃないか? と囁く。
 
じゃあ、維新は? と見ても
こいつ絶対に比例代表立ての票集めキャラだろ
って感じの、素人臭え無能さがプンプン。
 
維新、こうやって候補者一覧を見るだけでも
新しい政党とは思えない狡猾さが出てて
何だか安心して放置できない違和感がある。
 
 
“良い政治” というのは、国民が関心を持たない状態だと思うんだ。
だって人は苦しいと、上の人間や政治のせいにするだろ?
一般民衆が政治に目を向けるのは、社会が良くない時なんだ。
 
私も世界情勢には興味を持っていたけど、国内にはまったく無頓着であった。
それがここ10年、国内政治が気になってしょうがなく
よその国どころじゃなくなったよ。
 
んで、民主政権になってから、日本終わった、と絶望して
ニュースに当たるのが嫌で、TVまで観なくなった。
 
日本は民衆参加型の政治とはちょっと違っていて
官僚が動かしている、という特殊な状況
いや、これは特殊でもないかな
実際に政治家が動かしている国ってないかも。
 
とにかく、こういう現実をわかっている政党か
日本を愛して、他国から守ってくれる政党を希望だよ。
 
 
では、どうするか?
ここんとこ、それをずっと考えていて結論が出た。
私はうちのクソ自民に投票する。
 
何故かというと、同じように考える人の自民の票が維新に流れて
ドサクサで民主が通るのが一番恐いからだ。
 
とにかく、民主だけは通しちゃなんねえ。
だったらクソ野郎でも自民に賭けるよ。
自民、こいつを大人しく飼っておいてくれ。
 
 
ここで白票について。
 
白票とは、何も記入せずに投じられた票。
昔は6割以上が白票だったら、選挙やり直し、と記憶していたんだけど
それはどこの星の話だったのか
今の選挙制度にそういう決まりはないそうだ。
 
よって、白票をムダだと言う人が多い。
しかし私はそうは思わない。
何故ならば、白票は記録に残るからである。
 
誰が当選しようが、白票が4割5割とあったら
それが、そこの地域の民衆の “意思” だと残る。
 
だから皆、投票に行かないぐらいなら、白票を投じてほしい。
安心する世になったら、いくらでも選挙を無視して良いから。
 
 
私もな、ここ数年はグレて
選挙権なんかいらねえから、税金免除してくれよ
と思うまでにスサんでいた。
 
この投げやりな気分を、今回で終わらせたい。
世界の中の日本を確固として保って行ける政治、頼む!
 
 
あ、投票用紙に線1本でも書くと、“無効票” になるからな。
これは、投票に行ったのもなかった事にされてしまう、一番ムダな事だ。
 
入れる人がいないのなら、考えなしにいらん政党に入れんと、白票!
これをどうかよろしくお願いいたします。
 
 
 

評価:

千葉 達朗

技術評論社


¥ 1,974

(2011-08-25)

コメント:地形図の全国版ってのが中々なくて、その中でもこれは活断層も載っていて、実用的にもGOOD。 ・・・かなあ? 家庭の医学を読んで病気の自己暗示がかかる人は買うな!

1 / 3512345...102030...最後 »

ホーム > 思考

フィード
メタ情報

Return to page top