Home > 機械系 > HP

HP Archive

文字数の質問

まだまだニューブログに不慣れで
試行錯誤しているけど
その上に、縛りプレイじゃないけれど
ちょっと自分を緊縛しちゃおうかな、と。
・・・自縛・・・、ふへへ

あっ、娯楽じゃねえだよ。
社会のためだよ。

 

私はパソコンで記事を書いているんだけど
ここに来ている人は、スマホが多いよな?
今の改行方式では読みにくいらしくて
まことに、ごめんだった。

携帯等でブログを見書きする事は
絶対に私はないんだけど
今後も増えるだろうスマホ使用の人が
見やすいように、心掛けていきたいんだ。

 

私は改行や文字空けに関して
私自身のためのこだわりがある。
それは長文読めない私が読みやすいもの!

この前の記事で、
過去記事は読まないって言ってたくせに!

だって、しょうがないじゃない。
読み直さざるを得ない時もくるですの。
あと、長文を書いてて混乱するですの。

 

私のこの自分勝手な都合が
世界の迷惑にならないためにも
皆の今見ている画面の
全角文字で、改行せずの横1行の
最多文字数を教えてほしいんだー。

「○文字」 と、ひとことで良いから
匿名で良いから
「見にくい」 等の苦情も受け付けるから
どうか普段コメントしない人も
モニターを指紋だらけにしつつ
1行を数えて、私に教えてくださいーーーっ。

見本
1234567890123456789012345678901234567890

 

普通の携帯の人は多分ごめん。
データが集まらないとわからないけど
きっとスマホに近い数値になるだろう。
でも完璧に見やすくなれるかどうか。

あと、パソコンの人もごめん。
やたら改行が多くて
動いている内にキャミブラがズレて
縦に長い胸になっとる私の乳のごとく
縦に長い記事になるだろうけど
大画面の余裕で流して、お願い!

 

出来る限りなるべく、皆の意見を参考に
1行の文字数を考えて
記事を書きたいと思っているんで

どうか、ご協力を
よろしくお願いいたしますー。

 


これのCMの歌、
「虫コナーズですのー」 と歌ってると思って
面白い歌だな、と感心していたのに
真実は、「虫コナーズテクノ」 だそうだ。
何だかガックリ・・・。

過去記事

週で一番、元気がない日が月曜なんだ。
そんな月曜、しかも月初めのクヨクヨ記事ごめん!

 

時々、ブログを止めようかな、と思う時がある。
それは自分の初期の記事を読んだ時。

何を逃げとんのか、と思われそうだが
私は書いた記事は読み返さないのである。

それを読み返してしまうのは
その大昔の記事にコメントをされてて
普通ならコメントだけを読んで返信をするのだけど
たまについうっかり記事本文を読んじゃう時があるのだ。

それでなくとも、苦情や反論などは
本文を確認しなきゃいけない。

 

それで読み返すと、必ず、か・な・ら・ず
「私、こんな事、書いてたんだ・・・。」
と、愕然とするのである。

調べものをしていて、昔の記事のリストを見た時も
タイトルを見ても、内容を思い出せないどころか
何? このタイトル・・・、と首をかしげる始末。

今、時々消したホームページの記事を書き直して
ブログに載せているけど
読むと、よくこんな事を書いてたな、と恐くなる。
昔の私、尖ってるーーー。

 

そうやって書いたものを放置しているけど
そんなんで “責任” って取れるんだろうか?
もう、ただひたすら土下座だよな。
だったら書かない方が良いんじゃねえ?

と、自己嫌悪に陥るんだけど
私の最悪なところは、その自己批判も
数時間後には忘れて、ブログを書き続けて10年。

こうじゃないと、誰でも読めるネットに
記事をアップしようとはしないよな。

ブロガーって、実は凄く図太い人種かも・・・。

 

でも、この悩みは、その内に収まりそう。
加齢のせいで、穏やかになっとるし
精神的にも体力的にも、長文叫びのパワーも衰えているからだ。

でもアホウはいらん一言があるんで
気をつけるに越した事はない。

頑張れ、私!

 


今、他記事のコメント欄で話題の日焼け止め。
石鹸で落ちる無添加ナチュラルコスメ。
大容量の125ml!

ブログの信念の変更

“ブログの使い方” 他の記事で言ってきた、私のブログを書く上での信条。
これは今でも、ほぼ変わっていない。
 
・ 通りすがってくれる人のコメントは
  反論でも罵倒でも、“意見” として大事にする。
  
・ 貰うメールやコメントには、必ず返事をする。
 
特にこの2つは、貫き通したかった項目である。
いや、貫く。
けど、ここに条件を付ける。
 
ただし、私基準でマトモな人にだけ
 
この、“私基準” というのが、ものっすげえユルユルなのは
皆、容易に想像が付くだろうから
大抵の人には、今までと何ら変わりはないんだよ。
 
問題は、何かヘンなヤツだ。
 
 
ブログを始めて10年以上経ってるけど
当初から、数か月おきに困った人がやってくる。
 
その共通点とは
 
・ 自分と同じ
・ 自分をわかってくれるのはあなた
・ 自分とは特別に付き合うべき
 
こういう感覚で、私はこうなの俺はこうだ、と
自分の事を私に訴えてくる。
 
 
それは良いんだ。
ただ、こういう人は、こっちの話は聞かないor理解しない。
だからか、私が自分の友達になるのが当然、と
一方的にガンガン距離を縮めてくる。
 
気持ちはわからないでもないんで
傷付けないように、やんわりと断ろうとするけど
なんせ人の話、特に自分にとって都合の悪い事は聞こえないようで
結局は、はっきりと断らなければならなくなるんだ。
 
そうしたら、「信じてたのに」「そんな人だとは」「ひどい」
と、被害者になって、罵倒や批判を繰り広げて
去って・・・くれるのなら、もう通り魔だと諦められるんだけど
名を変えてメールをくれたり、コメントしたり。
 
 
私も年老いて、目の不具合で長時間のブログ作業が出来なくなり
この前もヘンな人が来ていて、対応に時間を取られて
ふと気付いたんだよ。
 
普通に来てくれる人と、迷惑な事をする人を平等に扱うのは
普通の人にとって、不公平じゃないか?
 と。
 
このブログにどんどん制約が出来たのも
迷惑な人に対する予防線だし
普通の人に対しても、用心してしまうとこもあるんだよ。
 
社会の決まり事は、ドグラ封じ。
 
私はこれをブログでやっちゃってたんだな・・・。
 
 
だから、ここに宣言する。
反論や批判は構わないけど、私が “常軌を逸脱してる” と感じる人は
メールも返事をしないし、コメントも消す。
 
ここに普通に来てくれる人とは、そりゃもう誠意で応えるけど
私基準でダメな人に、それは適用しない。
 
 
そしてそういう判断も含めて、ここの管理は、かいねに任せる。
かいねは私の事を想ってしてくれるので
それによって問題が生じた場合の責任は、私が取る。
 
 
ネットでのこういう事に気付くのに、10年以上掛かったよ。
色んな人の目に付く事をやってる人は
男女関係なく、こういう事に悩まされる可能性があるんで
違和感を感じたら、ちょっと警戒するようにな。

不具合

ごめん、どうもまたブログの調子が悪いみたいなんだ。

 
ウインドウズのアップデートがあったんで
以前と同じトラブルかもー。

 
パソコンも私も不調・・・
何かイヤな気の合い方だけど
通常更新、ちょっと待っててーーー。

ほんと、すみませんーーーっ!!! 
 
 
 
 
 
 
 

ちゃん付け

コメント欄で、美人に優しくしてとお願いしたら
動揺されまくりながら、ちゃん付けされた。
 
その意外な言動に激しく驚かされたが
ちょっと思うところがある。
 
あしゅちゃん・・・
 
 
うちのかあちゃんは、私をちゃん付けしていた。
それは、溺愛している娘だから、普通っちゃあ普通だが
うちのかあちゃんは、普通じゃないので
“ちゃん付け” の効果が際立って目立ったわけだ。
 
つまり、どんなにロクでもねえ事を言おうが
それはすべて娘への愛ゆえだから、しょうがない
と思わせる、目くらましパワーが
かあちゃんの “ちゃん付け” には秘められていたのである。
 
 
私が小学校1~2年の頃、毎日学校帰りには
5~6年の男子数人に暴行を受けていた。
 
“イジメ” と言わないのは、よくわからないからである。
髪を引っ張り回され、服を破かれ、殴られ蹴られ
石を投げられ、時にはお金や物も盗られる。
これ、強盗じゃねえ?
 
まあ、そういう感じで、毎日血だらけで号泣しつつ帰るのだけど
うちのとうちゃんは、それを 「子供のする事だから」 と言う。
ただでさえ、よそものなので
文句を言おうものなら、村八分になりかねない状況である。
 
しかもうちは権力者。
ひとことの苦情が、大きな波紋を呼び起こしかねない。
 
 
幸いにも私が、自我のない頭の悪いガキだったので
自分のされている事を理解せず
すぐ忘れて、翌日には普通に登校していたので
かあちゃんは我慢できたようである。
 
可愛い娘が、他人のガキに暴力を受けても
何も出来ないなど、母親としてさぞかし辛かっただろう。
私が血をダラダラ流しながら泣いているのを抱きしめながら
かあちゃんが私に言う。
 
「・・・あしゅちゃん・・・、金持ちケンカせずよ。」
 
 
・・・今思えば、おめえは愛娘に何ちゅう教育をしとるんか!
と、かあちゃんに激しく説教したいが、よく思い返すと
うちのかあちゃんの言う事、全部こんな
 
100円札 ← 硬貨じゃなく紙幣の時代! を出して言う。
「あしゅちゃん、この紙を食べてもお腹は膨れないでしょ?
 お金はただの紙切れでしかないのよ
 お金は使わないと、意味がないのよ。」
 
少食な私が、お菓子を食い残すと
「あしゅちゃん、貧乏な子はおやつに草を食べてるのよ
 こんな贅沢をしてたらバチが当たるわよ。」
・・・草は、実はおめえの娘も食っていたんだぞ。
 
野山には、食える実や草が結構あるんだ。
野いちごとか、むっちゃ美味かったし
校庭の花壇の花の蜜は、全部私が吸ってた事を
うちのかあちゃんは知らない。
 
 
まあ、こういう具合に元富豪だったかあちゃんが
えらい何様な教育を私に施してくれたお陰で
落ちぶれてド貧乏になった今でも、私の心は裕福である。
 
一事が万事、かあちゃんがこの調子で
欲しがる前に揃えてくれたので
私はあまり欲がない性格になったようだ。
 
昔と比べて、生活レベルが4分の1ぐらいまで減ったけど
この “4分の1” って、なってみると、ものすごい差なんだけど
私には耐えられるんで、持てない荷物は背負わされないもんなんだな
と、人生の真理を実感している最中なんだけど
それでも老後の心配は尽きないわけだ。
あ、今はまだ老中な。
 
こんなババアに育ったのは、かあちゃんのあの
むちゃくちゃな経済教育のお陰だと感謝しているよ
かあちゃん、割にありがとうー。
 
 
話を戻して、何が言いたいかと言うと
うちのかあちゃんは、結構な黒い事を言ってたわけだが
丁寧な言葉遣いと、“ちゃん付け” で
その黒さを和らげていた、という事。

つまり、私ももちっと丁寧な言葉遣いにしたら
もっとロクでもねえ事を言っても、見逃してもらえるんじゃないか? と。
 
 
ただ “ちゃん付け” には、ひとつ問題があるんだ。
私の今までの経験上、呼び捨て出来ないヤツとは真に仲良くなれない
というジンクスがある。
 
これがあるからこそ、このブログではいきなり呼び捨てをしてきたんだ。
実は皆と仲良くなりたいのさ。
 
でも、暴言失言の目くらましになるかも知れない
という魅力は捨てがたいので
 
ここは、これから ちゃん付け推奨 で!!!
 
 
いきなり妙なルールを作って、ほんとすまんこったが
色々実験してみたいお年頃なんだ。
何せ、地獄への門がちょっと見えてるんで焦っててな。
 
どうしたら、なるべく人を傷つけずに
言いたい放題できるか、それを模索中。
 
私のこの右往左往に付き合ってくれ。
  
 
あ、義務じゃないし強制じゃないぞ。
合わない人は、私がちゃん付けを試してるのを見守ってくれれば良いから。
「止めろ」 という、毎度の意見も随時、受け付けております。 うへへ
 
 
 

評価:

株式会社 ユナイテッドジェイズ


¥ 380

コメント:持ってる人の人格を疑われかねない、危険度NO.1の扇子。 いくら冗談とは言え、その冗談を選ぶのも本人次第だもんな。 そこ、見逃しはしねえぜ!  ところでこの商品、アマゾンサイトじゃ598円になってるんだけど、何その段階的値上がりは???

私との付き合い方

私のネット暦は、10年ちょっと。
昔は “ブログ” なんてものはなくて
“日記” と言うておったんじゃよ。
 
老眼にはブログのブが、BUなのかPUなのかすら見えんでのお。
weblog、つづりは合っとるかのお?
間違ごうとったら教えてくれんかのお
ウェブログ で ブログ だと、意味まで調べてようやく
BUなのかPUなのか判明したもんじゃ。
 
 
その日記時代のログは消えてしまったけど
私のブログ暦も、10年ぐらいあるんだ。
つまり私は、病欠や正月以外の平日は
10年間、休まずに記事を書き続けてきたのである!!!
 
誰かギネスに申請してくれんかのお?
文字数も、ものすごい事になっとるだよ。
 
 
ナイスバディーなのに年寄りぶって同情を引くのは、このぐらいにして
何故こんなにも書き続けたのか?
 
それは、このドメイン?が有料だからである!
そんで、その料金を管理人ぷらちッが払っているからである!!
私も出そうか? と言った事は一度もない!!!
 
だって有料って後から知って、何だか今更感があって
何となくズルズルと来ちゃってるんだよー。
 
この記事をぷらちッが読まない事を祈るよ
ぷらちッ、ものすごく忙しいんだよ
そんなところに、ブログ代払おうか? と言いに行って
ブログの存在を思い出させて
俺、何であんなブログに金出してんの?
と我に返られたら、私、捨てられる!
 
 
自分の居場所を用意してくれるヤツがいて
ドメイン?名も、私にちなんで着けてくれて
どんだけ嬉しいか、わかるだろ?
 
しかも、その場所は有料なんだよ
ぷらちッが働いたお金なんだよ
そんな場所で、気軽に書いたり書かなかったり、なんて
いい加減な事を出来ないだろ?
 
だから私は正直、ブログに割と命を賭けている。
筆が進まなくて辛い時も
目が痛くてモニターを見られない時も
体調が悪くて何も言葉が浮かばない時もあるけど
必死でブログを更新しているんだ。
 
・・・その内容は、ごらんの通りで
色々賭けてる割には、ほんと申し訳ない
とか言わないぞ!
これが私の必死だから!
毎日更新10年間、立派に才能!!!
 
 
このブログが終わる時は
ぷらちッがここを思い出した時か
私の筆が折れた時である。
 
緑内障の上に、残ったもう片目は中心部分が黒ずむ、という
両目ダメじゃん! な状態になってきているけど
音声ブログを、かいねがどうにかしてくれるだろうから大丈夫。
さあて、突然かいねにプレッシャーが!
 
だけど、脳の劣化だけは諦めねばならん。
最近、物覚えが悪く、物忘れが良くなってきている上に
脳みそ自体が働かなくなってきているんだよ。
私の筆が折れるのも、時間の問題かも知れない・・・。
 
 
まあ、そういう状態でも健気に頑張るナイスバディーのわたくし なんだけど
ブログ1記事につき、大体30分から2時間掛かる。
 
何その振れ幅、と思われそうだが
文豪というのは、そういうものなのだよ、ふっ・・・。
 
さあ、そろそろ読んでいる皆様方の頭の血管が
ビキビキ鳴るのが聴こえてきたので、本題に入ろう。
えっ? ここまで前置き? うん、いつもの事だろ。
前置き →→→→→→ 本題→いきなり終わり
 
 
1.自分の脳みそ整理のつもりで文章を書き始め
2.ぷらちッが一時的に錯乱して有料遊び場を用意してくれ
3.感謝のつもりで、より一層力を入れ
4.コツコツと続けてきて
5.気が付いたら、皆が立ち寄るようになってくれ
6.それがまた嬉しくて嬉しくて
 
私は、健康に色々と問題があって
もちろん性格や面構えにはそれ以上に問題を抱えているけど
もう今は、長時間ネットを出来なくなっている。
そのネット時間を、ブログに集中したいんだ。
だから私はブログの記事にも、コメント欄にも全力で挑んでいる。
 
 
そんな私と “友達になる” というのは
コメント欄や掲示板でやり取りをする事なんだ。
申し訳ないけど、メールは人生相談や人に聞かれたくない事などの
非常時用にしてほしい。
 
メールで感想や罵倒を言ってくるのは良いけど
何度もメールの応酬をするのは無理なんだ。
 
 
そんで “私” の事は、記事の数々で、ほぼ知る事が出来るんで
こんだけの数の記事なんか、私でも読みたくないから言いにくいけど
私に興味があるのなら、とにかくまずは過去記事を読んでほしい。
 
数記事だけ読んで褒め称えられた後に
「そんな人だとは思わなかった」「裏切られた」 と嫌われるのも
かなり、つらいものがあるんだ。
 
そもそも、ここ、ヘンな事しか書いていないのに
どこで好かれて、どこで嫌われるんやら、ほんと地雷は様々・・・。
  
 
我がままかも知れないけど・・・
おめえらも歳を取ってみやがれ!
 
って言うか、こんだけ長文記事を連日書いてりゃ
時間的にもフツーに、メールまでは無理じゃね?
 
 
とか、可愛げなく開き直っているのは、照れ隠し。
何を照れてるのか、自分でもさっぱりわからんのが人体の不思議。
 
ごめんね、皆。
私のこの習性を理解して許して付き合って!
 
 
ああ・・・、また前置き9割、本題1割に・・・。
しかも今日の記事は、いつにも増して何様で
私に夜、書かせるなよーーー!
 
 

評価:


¥ 2,604

コメント:そろそろ誰かに言われそうで嫌だなあ、このセリフ。 こんな心配をせにゃならん己を恥じる気がまったくないんで、きっと言われる絶対言われるヒイイイイイッッッ!!! このTシャツ、何でLがないんだ? ボイーンバイーンになってしまうではないか。 ボインって死語?

バカにする

読んでくれた人のコメントで、時々言われるこの言葉。
私には本当に身に覚えがないんで、いつも不思議に思っている。
でも結構な頻度で言われるんで、自分なりに考えたりしていた。
それで 「もしかして?」 と思った事がふたつある。
 
 
ひとつめは、色んな事を面白がる性格。
“面白い” という感情の対象外な事も、私には面白く思える。
 
これは、ほんと部外者の単なる好奇心なので
リアルではあまり人には言えないのだが
下世話にならないよう、気付かれないよう
細心の注意を図りつつ、隠れて面白がっている。
 
ブログでは、その気をつけるべき一線を低く設定しているので
ピキッと引っ掛かる人もいるのではないだろうか。
 
私の場合、リアルとネットで言う事はそう変わらないのだけど
ネットではより一層、心のままに表現をしている。
(それでも自重はしているぞ。)
 
だけどネットでも、そういう無礼講は通用しないのかも知れない。
でも、そしたらここでも本音が言いにくくなるよな。
これは悩ましい問題だ。
 
 
もうひとつは、何度かブログに書いたはずなんだが
私の好き嫌いには、欠点はあまり関係ないんだ。
もちろん支障が出るのは、とても困るんだけど
それが自分の容認できる項目だと、ネタにはしても嫌う事はない。
 
面白おかしく受け取って、笑い飛ばしているつもりなんだが
その基準が、多くの人とはズレているのかも知れない。
笑い事じゃねえだろ、って話のような?
 
 
これ、他の人の感覚も訊いてみたい。
好きなものに許せない欠陥があったら、嫌いになるのかな。
嫌いになれないとして、その欠陥の存在はどうするんだ?
無視か? 矯正の強制か? (上手い掛け言葉を言うたつもり!)
 
私の場合は、まずは矯正を考える。
相手の行為か、もしくは自分の受け取り方のどっちかを。
それが無理っぽいなら、出来る限り笑いのネタにする。
 
笑えなければ、きっとちょっとずつ嫌いになる。
嫌いになりたくないから笑うんだと思う。
これが “笑いどころのズレ” で
「バカにしてる?」 と、なるんじゃないだろうか。
 
今のところ、私のふざけた態度に対する考察は
こういう答しか出ていないんだけど、思考の方向性がズレてるかな?
 
 
ちなみに私は、他人も自分もさげすんだりしない。
もちろん、バカにする事など一切ないわけではないけど
自己評価が低いせいか、そんな心境にはあまりならないのだ。
 
自分に自分の言い分があるように、他人には他人の事情がある。
その法則に基づいて、理解できなくとも尊重するようにはしている。
 
これがたまに悪の擁護になって、モラルに反する事もある。
そこらへんのユルさが、違和感を感じさせるのかも知れない。
 
 
て言うか、私がバカにしたり皮肉を言ってる時は、すぐわかると思う。
普段の軽い言い草より、もっと最低でひどい言い方をするからだ。
そりゃもう、いつもの軽口が優しく思えるぐらいに。
 
・・・今、書いてて気付いたけど
つまり私は全体的に、暴言吐き野郎だと言う事か?
うわ、やっぱり 悪いのは私 のいつもの結論なのか・・・。
 
 
私のこの感覚に、不快感を感じた人がいたら
そりゃもう、すいませんすいません、と謝るしかない。
決して自分が “正義の人” ではない、と自覚があるからだ。
 
今回、考えてみてわかったのは
笑えない部分を茶化すのは、どうも私の一種の防御策みたいなんだ。
そんなん一人で壁にでも向かってやっとれ、と言いたいだろうが
それを実際にやってると、狂人じゃないか?
 
えらいな迷惑だろうけど、私が狂わないためにも
くだらん軽口に付き合ってくれ。
話しかけられたら、必ず振り向くからさ。
 
 
結局この長ったらしい、くどい文を要約してみたら
「とにかく耐えて忍んで私に付き合ってくれ」 の1行だった。
あら・・・。
 
 
 

評価:

日本ショッピング


¥ 4,880

コメント:“矯正” で出たこれ。 歳を取ると腹筋背筋が弱って、猫背になる人が多いそうな。 猫背で脊椎が湾曲してしまいそうで恐いよな。 そこでこれで、大リーグボール養成ギプス飛馬しろ。 日本の未来を担う若者に希望を与えるためにも、年寄りには胸を張って生きて欲しいから。 

このブログの使用法

< 一番最近の変更 >
 
メールシステムの変更
 
 メールアドレス変更のお知らせ (かいね) 12.10.24  
  
 ブログの信念の変更 12.10.25  
 
::::::::::::::::::::::: 
 
09.3.25から改名したんだ。 理由はここ ↓
 
 改名のお知らせ 09.3.24
 

でも正直、“あしゅ” でも “あしゅら” でも
どっちで呼んでくれても良い、と思っているザツさ

 
でも、こういう方向で実験。
 
 ちゃん付け 12.1.10 
 
 
このブログの私の方針は
 
 私のHPの方針 05.12.29
 
 このブログの使い方 09.10.8
 
 コメントのルール 09.10.6
 
 私との付き合い方 11.9.6   
 
 ババア宣言 10.2.4
 
などに書いてある。
 

 
 
通りすがる皆の場所はここ。
 
 お便りコーナー 11.10.17
 
 カテゴリー 人生相談
 
参加する時は、記事下に書いてある注意書きをよく読んでな。 
  
 
なお、私は長文が読めない性質なので
ムダな改行、多い読点、妙なカタカナや漢字の有無など
とにかく、“自分が読みやすい” という1点に特化しているんだ。
 
しかもヘンな言い回しや、誤用も無数にちりばめているんで
決して、内容も文法も見習わないでくれ。 教育に悪いぞ。
 
 実は読めません 06.7.28
 
 
ここのサイトの管理人ぷらちッとの関係は
こちらに書いてあるんで、誤解のないよう一読プリーズ。
 
 管理人ぷらちッとの関係 10.3.15
 
 
美容の今のところの私の結論
 
 美容の真理 11.2.17
 
 人生相談 30 肌の手入れ 11.6.28 
  
 美容法の変遷 11.6.30
 
 
私の野望
 
 アフィリ 10.11.29
 
 
私の書いた小説を、朗読してくれるサイト。
 
 かいねの音声ブログ
 

世界にひとつだけの技

2010.11.12 核武装 の記事の中で
替え歌を作ったんだ。
槇原敬之の “世界にひとつだけの花” の歌の。
 
正直、この歌をよく知らなくて
でも宇宙船でこの歌が流れた、というニュースで
曲のタイトルだけは記憶にあったんだ。
 
で、記事の流れで、勢いで替え歌を作ろうとしたは良いけど
元歌を知らないもんで、歌詞検索して
ほんと、「ここ4文字だから4文字で」 みたいに
まるでパズルのピースを当てはめるように、歌詞を替えたんだよ。
 
 
そんな作り方をしたもんだから
ちゃんと歌になるのか、とても興味が出て
かいねに 「歌って」 と、数ヶ月前に頼んだんだ。
多分、記事アップ直後の依頼だったと思う。
 
・・・月日が経つのは早いもので
あれからもう、“来年” になってしもうた。
 
 
その内、記事にする予定だけど
私、リアルでとても辛い事が連続してて
上手く歯車が回らない時って、何もかも不幸に思えて
ものすげえ孤独で孤独で
ああー、辛いなあ、とショボショボ思ってたら
かいねから嬉しいお便りが届く。
 
替え歌を歌ってくれたのだ!!!!!
 
ネットインして、それを繰り返し聴いて涙したよ。
悪い事だけじゃ終わらないんだな
絶対に救いってあるんだな
そう思えたら、泣けてくるんだ。
 
かいねには、しょっちゅう泣かされている・・・。
ツイッターの登録の時も。 (参照: 10.12.1 ゆたぽん
 
 
で、何度も聴いて、ようやくボンヤリと歌を覚えたんだけど
うん、私、暗記・記憶系能力は皆無なんだ。
替えた歌詞、無理があるところが何箇所かある。
 
やっぱり、曲を覚えていないのに
歌詞をつけるって、無謀だとよくわかった。
かいね、歌いにくい歌詞ですまんだった。
 
そして、ありがとう。
ものすげえ嬉しいよ。
いつもいつも想像以上の仕事をしてくれるんで
私の軽々しい要求が、おめえの負担になってないか心配だよ。
 
おめえの歌にファンがいる理由がよくわかったよ。
ものすげえ可愛い歌声じゃないか。
デスメタルを歌ってもらいたかったが、自主却下するぜ。
だが、歌詞忘れは誤魔化せんぞ?w

【替歌】世界にひとつだけの技

なお、音声版黒雪姫は、かいねが出だしで凝って
背景音とか入れたんで、そういう効果音が探しにくいせいで
中々アップできないらしい。
かいねは歌も上手いけど、墓穴を掘るのも上手いようである。
 
かいねの朗読だけで、充分魅力があるんだから
簡素にやっていけよ。
じゃないと、道のりが辛いぞ。
と、やりっ放しすぎる私が言うておるが、どうか?
 
 
なお、メールとかツイートで訊くって面倒だよな。
私の名前が入るのは、よくある話で
その後も、そんな複雑な単語じゃないし
推理できる範ちゅうのパスだと思う。
 
そういや私さ、人のメルアドとかの下横線が出せないんだよ。
その記号、よく使われてるよな。
もう、キーボードですっげえ探したんだよ
英数半角にしたり、シフトを押したりしながら。
 
でも見つからなかったんだ。
そんである日、そういう面倒くせえメルアドにしてる人に
噛み付いたんだよ。
何でそんな見つけられん記号をメルアドに組み込む?
それ、どこだよ? どうやって出せば良いんだよ? と。
 
で、教えてもらった。
世の中って意外に優しい。
真剣にブチ切れてるのに、ププとか吹き出されたのにはイラついたが。
 
_ 半角だと _
おお、ちゃんと覚えてた、出せる出せる。
 
右の下の方の、“ろ” って書いてあるキーなんだよな。
この下線、結構よく見るけど、何? この記号、人気なんか?
PC業界ってのは、相変わらず私には理解しがたいなあ。
 
 
えーと、何の話だったっけ?
ああ、替え歌さ、これでも凄い思い入れがあるんだよ。
元歌は “花” だけど
“世界にひとつだけの花” って、気持ちはわかるけど
愛とか、皆が散々テーマにしてるし
個性だの権利だのは、頭に乗ってる人もいる事だし
愛の歌じゃなく、愛国の歌を歌えば良いのにのお。
 
だから私は、“世界にひとつだけの技” なんだよ。
この “技” は何かっちゅうと
被爆国にしか出来ない平和運動ってあるんじゃないか?
という提案なんだ。
 
今、日本を愛する人々が国を憂えて
軍隊を作ろう、と言い出してて
それは私も反対しないんだけど
核武装だけは、しない方が良いと思うんだ。
世界唯一の被爆国として。
 
という話から作った歌詞なんだ。
頑張れ、日本人!!!
 
 
何だか余計に面倒な話にしてしまったか?
んじゃ、メールやツイートでひとつよろしく。

音声ブログ予告!

 緑内障 2010.10.19 で
音声ブログの案を出したんだけど
盲目になった時の、ブログ存続の方法の模索だったんだ。
誘い受けのようなマネをしてしまって、すまん。
 
声がコンプレックスなんで
地声アップは勇気が要り過ぎるんだよな。
何を喋っているのか、聞き取れるかも怪しいし。
 
でも、ここのブログでこんだけ
ナマってるだの、トロトロ喋るだの言ってたら
聴いてみたい、と思うのも当然だよな。
すまん、頼む、キーが打てなくなるまで待ってくれ。
 
 
と言うか、音声ブログの事は、自分のためだけじゃなく
緑内障になったのがきっかけで
目が見えない人も、ブログみたいなものを楽しめないか
と、ふと考えたのが最初なんだ。
もう、そういうシステムはあるのかも知れないけど。
 
私さ、人権も弱者も嫌いな悪人なのに
時々そういう事を思うんだよなあ。
点字も打てるんだ・・・。
もうほとんど忘れてしまったけど。
 
こういう偽善な自分が解せないけど
偽善でも、ないよりあった方が
世の中ちょっとは優しくなるかな、とも思ったりする。
 
とりあえず盲目になってしまったら
“弱者” を存分に振りかざすけどな!
 
 
で、さて、どうしようか、と思案していたら
無償の愛の人、かいねがコメントでちょろっと
「何か出来る事があったら言ってね。」 と
よくある社交辞令を書いてきた。
 
普通なら、「ありがとう」 で流すのが常識なのだが
こんなカモを逃す私ではない。
即、「おめえが私の小説を朗読しろ!」 と、強制したのである。
 
 
「ええっ? あなたが大変になったら
 技術提供をしても良いよ、と言っただけなのに
 何で私が音声アップをしなきゃならないのよ?」
 
と文句を言うも、“基本・愛” の人は
ついつい世話を焼いてしまう。
そんな事だから、私みたいなのに付け込まれるわけだ。
 
試しにちょっとやり取りしただけで
「一体何でそんな事に?」 と呆れられるほど
ド素人で使えん私に、かいねが根負けして
「じゃあ、ちょっとテストアップしてあげるからね。」
まで、持ち込んだ。
 
ここまできたら、引き受けたも同然。
あたかも、もう決まった話のように進めまくって
肝心な事は、えー? わかんないー と誤魔化して
 
かくしてここに、かいねの朗読サイトが誕生する!!!
 
 
ついでに、管理人ぷらちッにも
せっついて急かして恫喝したんで
その内、このブログでかいねの朗読が聴けるはず。
(期日指定は酷すぎるんで、控えておくよ)
 
あっ、ひとつ言っとく。
皆、音声ブログを聴いたら
かいねの仕事が凄いのがわかるだろうが
偉いのは、そのかいねを一本釣りした私だぞ!
そこのところを、よーーーく覚えておくように。
 
 
今後かいねは、音楽ブログとかを作るそうな。
そこにはきっとマトモな人々が集うだろうから
その何人かを、こっちにおびき寄せたりせにゃならんので
皆は大人しくしておけよ。
 
ああーーー? 何でだよ? だって?
ここに来るぐらいだから
おめえもおめえも、そこのおめえも
変質者か病人かババアのはず。
ここには、そのどれかの属性のヤツしかいない!
 
自覚して、物陰からソッと見守るか
ものすごく大きい猫をかぶるか、するようにな。
なあに、引きずり込んだらこっちのものだ。
 
・・・そんで一体何がしたいのかは
私にもよくわからんが
何となく勢いでものを言ってみただけだ。
 
 
ちなみに私の音声アップは、その時になっても
普段の雑談系記事のみで、小説はしない予定なんだ。
 
演技不能の棒読みしか出来ないし
何と! 普段の会話も棒読みらしいんだよ!!!
なので小説は無理だ、と冷静に判断しての事だ、恐れ入ったか。
 
だから音声ブログになったとしても
私以外の読み手は、絶対に必要なんだ。
 
 
あれ? それが、ボイスロボ?とかいうヤツなんかな?
いや、それは音声変換システムっぽいよな。
キーボードで打つ必要とかありそうだ。
 
何ーーーーーっ? 調べて書けとーーーーーっっっ?
この光過敏症の目で、ネットを長時間見ろと?
「わたくしめが代わりに調べときました。」
と、説明してくれるのが健康な人の務めだろう!
 
(悪い子の皆さん、“人権”“自分の弱点” とは
 こういう風に有効活用するものですよ。)
 
 
で、ちょっと調べたんだけど
ああ、そうだよ!
こんだけ高飛車に振る舞いながら
大人しく調べちゃったりする小心者だけどよー
大方の予想通り、さっっっっぱりわからなかったぜ。
 
まず、“ボイスロボ” の意味がわからん。
辞書でも調べたんだけど、この単語、造語だよな?
登録とか無闇にしたくないんで、もちっと調べてみるしかねえ。
 
ほら!
私がしようとすると、人の8倍は時間が掛かるだろ。
出来る人に任せた方が良いんだよっ。
 
 
え? 私は何もしないのかって?
記事を一生懸命書いてるじゃないかー。
そりゃもう、むっちゃ脳みそ使ってるんだぞ!
 
ピアニストは、手が大事だから重い荷物は持たないんだぞ!
意味がわからん?
気が合うな! 私もだよ!
 
 
えーと、音声ブログについては
結局、私は何の努力もしていない事が露呈しただけか?
とにかく、近日中に
 
かいねの朗読サイト 開始 !!!

1 / 41234

ホーム > 機械系 > HP

フィード
メタ情報

Return to page top