Home > 思い出話 > 経験

経験 Archive

ピアス

私の耳たぶは割に厚い。
イヤリングなどしてると、脳天がガンガンしてくる。

ので、周囲のお勧めもあって、
ピアスを開ける事にした10代の終わり。

 

初ピアスは、真っ当な病院で15000円かけて開けた。
ところが、消毒をしようとピアスを外したら、
どこまで不器用なんか、入れ直せない。
無理矢理ねじりこんだら、中でガリッと引っかいたみたいで
化膿してしまった。

 

何かズキズキしてるし、膿臭いし、どうしようと思っていたが
私にピアスを勧めた行き付けのブティックのねえちゃんは
「大丈夫よお、私なんか膿がダラダラ出たもん」 とか言っている。

その “膿ダラダラ” を聞いて、余計に恐怖を感じたので
看護婦をやってた友人に泣きついた。

 

数日後、友人がでかいカバンを持ってやってきた。
そのカバンから出るは出るは・・・
コットン、消毒液、注射器、麻酔液・・・。

・・・・・・ま、麻酔ーーーーーーーー?

「そんなん持って来て大丈夫なんか?」 と、ビビって聞いたら
「大丈夫。 モルヒネじゃないから。」

 

何か、えらいなおおごとになってるような気がしたが
注射器を構えた看護婦に逆らえるヤツはいない。

おそるおそる耳を差し出したら、ブッチーーーーーっと注射を打たれ
「いってええええええええええええ!
その注射を打つのと、いきなり穴を開けるのと、同じ痛みじゃねえのか?」
と、叫んだら、友人がムッとした顔をした。

 

次に注射針で穴を開けて貰ったが
「穴の位置がヘン」 と、クレームをつけたら
友人の機嫌が更に傾き、何か耳元でやってると思ったら
「はい、終わった」。

鏡を見たら10箇所ほど穴がブチブチ開いてる。
ひいいいいいいいいいっ と、驚愕する私に
「好きな穴を選びな」 と、カバンに道具一式をしまいつつ
投げやりに言う友人。

「他の穴はどうすんの!」 と、怒ったら
フン、とした顔で 「じき塞がるさ」 と、吐き捨てられた。

とりあえず、これ以上こいつに逆らっても、
良い事は何ひとつない気がしたので
大人しく2つの穴を選んでピアスをはめた。

「いい? 1週間は絶対に触るなよ。 消毒もあ・ん・た・はせんでいい」
と、厳しい口調で言って友人は帰って行った。

 

素直に友人の言う事を聞いて、ピアスには一切触らなかった私だが
美容院に行った時に悲劇は起こった。

美容師が 「ピアスを外してください」 と言うので
外せない事情を説明したのに、その美容師の機嫌が悪くなったようで
えらくザツにブラッシングしてくれ、ピアスに引っ掛けてくれた。

「痛っ」 と、思ったが、美容師は詫びすら言わず
「そらみたことか」 という顔をしている。
帰宅して鏡で見たら、何と・・・・・・
耳たぶがちぎれて皮1枚でピアスがぶらさがっている。

その瞬間に私が思った事は 「友人に怒られるーーーーー」 だった。

 

でも、これはどうにかせねばならない。
友人に電話して、慈悲を請うた。

友人は鬼の形相でやってきた。
「あんた、美容院には文句を言ったの?」 と聞かれ
そういや友人への恐縮で、そういう事はすっかり忘れていた。
「あんた、ちとバカじゃねえの?」 と、言われても返す言葉もない。

 

「氷を出して。」 「何か飲むの?」
「氷で冷やして痛覚をマヒさせるの!」
「えええええっ、そんな素人な方法? 麻酔はーーー?」
「あんた、この前、麻酔の注射が痛いと文句を言ったじゃんよ。」

こ・・・これが看護婦ならではの仕返しか?
氷で耳を冷やして貰いつつ
「冷たくて、しかも痛いんですが・・・」 と、訴えたら
「麻酔の注射も痛かったはず!」
ううう・・・根に持つヤツはこれだから・・・。

 

氷で冷やすのは、やはり限界がある。
今度はヒイヒイ言うほど痛かった。

「あれ?」 と、友人が言うので 「何?」 と、ビビったら
「いったん穴を開けて塞がった場所は、固くなってて針が通らん・・・。」

「ええええええええ、あんなに穴を開けるからー。」 と、抗議をしたら
「普通、こう何回も穴を開けるとは思わんじゃん!」 と、また切れられた。

無事にとは、全然言える状況じゃなかったが、
ともかく3度目に開けた穴はその後、何事もなく、
私は片耳に2個ピアスをし続ける事ができた。

 

・・・が、私の耳には4個の穴が開いている。
2個しか使ってなかったのに・・・。
塞がってないじゃんよーーーーーーー!

しかもヘンなところの穴が生き残っているので
最大限に活用しても3個までしか使えない。
おまけに耳たぶちぎれの痕もくっきり残っているし・・・。

 

友人は仲間と穴の開けっこ、という看護婦ならではの技で
両耳1個ずつにピアスをしていたが
よくピアスを失くすウカツなヤツで、
片方だけになったピアスは私の元にやってきた。
私は片耳に2個だから型違いのでもオッケーだからだ。

4万円のダイヤのピアスの片方を、海の家の更衣室で落とした時には
うろたえて這いつくばって探したらしいが
外で旦那は怒るわ子供は泣き喚くわで
「こっちが泣きたいよ!」 と、怒りを抑えつつ諦めたそうな。
その残った片方のピアスも、後日私の耳にはめられる事になる。 ははは

 

ちなみに今はピアスをしていない。
何故かっちゅうと、穴があるのは右耳なのだ。

・・・つまりゲイの証・・・。

当時の純真な私は、そういうマニアなお約束は知りませんでしたとも。
ようするに、アレだ。 「私はレズよ~ん」 と、
看板背負って歩いてたも同然だったんだな?
誰か注意してくれよーー、くすんくすん・・・
人生の汚点になっちゃってるよー。

 

で、つい最近、穴のチェックをしたら、
5年ぐらいピアスをやめていたのに
3個の穴が生き残ってて (1個死亡)
しかもそこに汚れが詰まる事を発見。

これはピアスをしないと、また詰まるんだろうな・・・。
でも右耳・・・・・。
左にも1~2個穴を開けて両耳にするべきか?

でも今となっては、ピアス、面倒くさいんだよなあ。
金属アレルギーはないはずなのに
ピアスの穴だけは、銀とか、ヘタすりゃ18金でもかぶれるし・・・。

 

と、マジマジと鏡を見てたら、とんでもない事実に気がついた。
長年、右耳だけにピアスをしていたせいか、
右の耳たぶの長さが伸びてるのである。
はっきり言って、見苦しいほど左右の耳たぶの長さが違う。

ああああああああああああーーーーーーーーーーっ
これ、どうすりゃいいんだよおおお!!!!!

 

でも、これは友人には相談しない。
どうせ 「死ぬわけじゃねえし」 とか言われるに決まってるもん。

 


こういうので掃除!

ホーム > 思い出話 > 経験

フィード
メタ情報

Return to page top